手帳

2019年9月28日 (土)

EVAファンは買うべし.この手帳を買うべし:「EVANGELION×ほぼ日手帳 2020Weeks」

金木犀の香りが何処からともなく漂い鼻孔をくすぐるのに,外は汗ばむ陽気でツクツクボウシが大声で夏はまだ去っていないと主張しています.しかし朝晩は確実に涼しくなってきているので,去りゆく夏が寂しくもあります.喉元過ぎれば暑さwを忘れるとでも言いましょうか.亜熱帯のような夏の暑さの元で行われる,来年のオリンピックは大丈夫なんだろうか….

まぁ気候は兎も角として,2020年の手帳が店頭に並び始めると秋の気配を感じますな.特に『ほぼ日手帳』が発売になる9月1日がやって来ると『あぁ,今年もそんな時期か』と思います.

別エントリに書くかもしれませんが,今年はオリジナルの『ほぼ日手帳』に関しては,とても無難な構成で購入しました.気になるカバーはあったのですが,使い勝手と価格で悩んでいたら完売し,再販待ち状態に.やはり文具好きな皆様も考えることは同じようで.質感良さそうですしね.

そんな『ほぼ日手帳』ですが,毎年購入するもサブウエポン的にしか使用せず,毎年『今年はどうしようかなぁ』なんて考えるWeeks.何だかんだで発売以来ずっと買い続けている気がします.あと,一昨年前はMEGA(紹介エントリー)も出ましたし,表紙だけではなく,新しいラインが出来たり微妙にコラボモデルが出たりしてるんですよね.

前振りが長すぎてもアレなんで本題に入りますが,そうなんです!2020年用として,EVANGELIONコラボが出たんですよ!

ご存じの通り,1995年に地上波で放送されて社会現象にもなるようなカルト的人気を博し,1997年からは2部作の劇場版が上映されてその結末に賛否両論と阿鼻叫喚の怨嗟の声を巻き起こしました(笑).そして2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として新たにストーリーを作り直した完全新作の劇場版が3部作…の予定が4部作で上映開始.ところが2007年に1作目,2009に2作目, 20012に3作目…と,なってその後音沙汰無しに.『俺たちが生きている内に完結するのか?』(TV版を十代後半で見始めていたら既に40歳前後だし,庵野監督は1960年生まれなので…)という声がファンの中で充満しつつある中,庵野監督が燃え尽きたとか病んでしまったとか色んな噂が飛び交いつつも『シンゴジラ』をキッチリ創って充電し,『特撮より新劇場版の仕事しろ!』の声が爆発しつつあったタイミングでコレですよ.

2020年6月『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公開(予定)

既に冒頭の映像は各地で上映済みですし,延期になったら暴動が起きるんじゃないかと思うので今回に限ってそれは無いと思う.

それにしても,完璧主義なクリエイターは単純な商業主義には合わないですなぁ.私は付いていきますけど(^^

そして1995年に放送が始まったEVAですが,四半世紀,25年の歳月を経てようやく新の,そして真の完結を迎えるわけですが,そんなメモリアルな年のためのスケジューラーとして出ましたよ.『EVANGELION×ほぼ日手帳 2020Weeks』.ファンなら行くしかないでしょう.

この手帳,少しボーナスページを付けただけのような安直なファン向けの手帳ではないんです.見てください.この神々しい表紙.

では紹介していきましょう.

020_20190928000001

続きを読む "EVAファンは買うべし.この手帳を買うべし:「EVANGELION×ほぼ日手帳 2020Weeks」"

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

測量野帳ファンなら今のうちに押さえておくべき:60周年測量野帳限定BOX

横幅が短くて掴みやすく,薄くてポケットにも入りやすく,表紙は固くて立ったまでも筆記でき,堅牢な設計で多少荒っぽく扱っても平気で,それでいて手頃な価格の手帳.それが測量野帳です.

今は文房具クラスターをはじめとした一般の人にもユーザーが多く,特に3mm方眼の『スケッチ』タイプが広く使われています.そしてユーザーはヤチョラーと呼ばれ,廃人度が増すごとにヤチョリスト(愛好家),ヤチョリアン(伝道師)というヒエラルキーを登って行きます(メーカー公式公認w).

本BLOGを始めた頃に紹介したPoICという情報組織化の手法も,測量野帳と5x3情報カードという道具があって初めて有機的に回すことが可能なシステムになります.

『優れた道具有るところに文化が生まれる』と,言い出したのは私ですが(笑),測量野帳は正にそれを体現したかの如くの状態です.緑のハードカバーに書き込まれた物が文化を創り,そしてそれが公開されることにより人が集まってより賑わいを増す.このエコシステムが回ることにより文化圏は広大になり,そして深度も深くなる.しかし常にその中心には測量野帳の存在があるわけです.

そんな測量野帳ですが,発売は1959年であり,今年で60周年とのこと.軽い目眩がするような驚きです.文房具は,他のジャンルの製品よりも長命かつモデルチェンジが少ない方だと思いますが,全然古くささを感じさせない身近な野帳が60周年ですか….

最近,文房具で『○周年限定モデル』という製品が毎年のように出ているような気がしますが,コクヨからも出ました.特設ページはこちら

やはり一番の注目は『60周年限定ボックス』でしょう.私もAmazonで予約が始まった直後に予約し,店頭に並び始めても待ち,発送予定日になっても発送されずにAmazon見たら『1~2ヶ月待ち』となっていたのに絶望した口です.

私は『またkonozamaかよ!!』と,諦めて別のショップで購入したのですが,すると発売予定日翌日に潤沢な在庫が何処からともなく湧いてきたようで,サクッと買える状態に.そんなわけで,『あ,出遅れた!でも欲しい!』という方はお急ぎなされ.Amazonであれば送料無料ですし.私は…辛抱できずに別で購入し,送料結構かかったのになぁ…(涙)

そんなわけで,『60周年限定ボックス』をレビューしてみます.

016_20190724164201

続きを読む "測量野帳ファンなら今のうちに押さえておくべき:60周年測量野帳限定BOX"

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

サイエンティスト的な魂を持ったヒトのための手帳:ブルーバックス科学手帳

『科学』というものに初めて触れた記憶というのは,おそらく多くの人の場合は小学校の理科の実験ではないでしょうか.薬品を混ぜると化学反応を起こし…とか,実験の時間はワクワクしっぱなしでしたよね.

そこで『目の前で起きる全ての現象は様々な物理法則の元に成されており…』という点に興味を持ったり,『全ての事象は数式の解を求めることにより解き明かすことが出来るのだ!!』的な所に突っ走っていったり,もっと素朴に『世の中の森羅万象を知りたい』と思った・考えた人が,『科学者』と呼ばれる方向に突き進むわけです.本職でなくても,少なくとも『魂』は.

あと,幼少の頃に読んだ書籍が切っ掛けとなって科学の道に進む人もいます.そして私の周りの『科学者』というカテゴリに入るであろう多くの人が子供の頃から読んでいたのが,講談社のブルーバックスシリーズ.青い背表紙で『科学をあなたのポケットに』をキャッチコピーとして1963年から発刊されています.既にシリーズは2千冊を超えているのだとか.凄い.

かく言う私もこのシリーズが好きで,最初に購入したのは『ゲームの理論入門―チェスから核戦略まで』という本.たしか中学の頃に読み,その内容(考え方,判断の仕方)は自身の血肉になったことを実感出来ました.そしてその後,このシリーズの執筆者陣の末席を汚すことになり,読者に向けて科学を語ることになろうとは当時思いも寄らなかったけど.

ちなみにブルーバックスの『発刊のことば』には,このような事が書かれています.

科学をあなたのポケットに

 二十世紀最大の特色は、それが科学時代であるということです。科学は日に日に進歩を続け、止まるところを知りません。ひと昔前の夢物語もどんどん現実化しており、今やわれわれの生活の全てが、科学によってゆり動かされているといっても過言ではないでしょう。

 そのような背景を考えれば、学者や学生はもちろん、産業人も、セールスマンも、ジャーナリストも、家庭の主婦も、みんなが科学を知らなければ、時代の流れに逆らうことになるでしょう。

 ブルーバックス発刊の意義と必然性はそこにあります。このシリーズは、読む人に科学的に物を考える習慣と、科学的に物を見る目を養っていただくことを最大の目標にしています。そのためには、単に原理や法則の解説に終始するのでなくて、政治や経済など、社会科学や人文科学にも関連させて、広い視野から問題を追求していきます。科学はむずかしいという先入観を改める表現と構成、それも類書にないブルーバックスの特色であると信じます。

野間省一の言葉です.文中の『科学的に物を考える習慣と、科学的に物を見る目』という言葉が,梅棹忠夫の『知的生産の技術』の根底に流れているエッセンスと相通じるものを感じます.

しかし『科学』と言いますか,『数学』や『物理』等は試験勉強向けの理論的な座学中心になって来ると,途端に興味を失う人が多いんですよね.昨晩娘の勉強に付き合わされたときに,『この数式をグラフ化すると,こんなエレガントなものになるのだ~』的な説明をしても全く感動されなくて驚愕しました…閑話休題.

と,いうことで,前振りが長くなりましたが『ブルバーックス科学手帳2019』の紹介です.

025

続きを読む "サイエンティスト的な魂を持ったヒトのための手帳:ブルーバックス科学手帳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

バーチカル・方眼好きのための小型手帳版『NOLTY ライツメモ小型版』&本体を加工せずに能率手帳にゴムバンドを簡単に付ける方法

NOLTYですが,廃番になる製品もあれば,新製品としてデビューする物もあり….

バーチカルで小型な手帳で興味深いものはなかろうか…と,店頭で探索していたときに見付けて購入.『ライツメモ 小型版』です.

グレー(1181)とダークネイビー(1180)の2色展開ですが,私が見た店ではダークネイビーが品切れだったのでグレーを購入.別の店でダークネイビーの在庫を見かけたのだけど…こちらの方が良かったかも…と,少し思い始めた私がいます(笑)

001

続きを読む "バーチカル・方眼好きのための小型手帳版『NOLTY ライツメモ小型版』&本体を加工せずに能率手帳にゴムバンドを簡単に付ける方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

[2019年版]毎年購入している手帳の更新:mini6用リフィル

日本能率協会がmini5のラインナップを廃止した関係で,泣く泣くmini6へ移行して2年経ちました.基本的にはこのときに検討した方針で進めていて,

  • カレンダー
  • マンスリーブロック
  • イヤープランナー
  • (見開き両面1ヶ月リスト式)

が現在のスタメン・レギュラーなリフィルです.

当初はバーチカルのリフィルも挟んでいたのですが,バインダ径の厚みの関係で断念.

現在『レイメイ藤井 Davinci アースレザー ポケット』を使用しており,バンド無しタイプとしては珍しい11mm径と少し大きめ.しかし2~3年分のブロックマンスリーと適度なメモリフィルを入れようとすると,やはり容量が不足気味.これが15mm径ならバーチカルも余裕で綴じていたと思うのだけど,そうすると手帳がゴツくなって携帯性が悪くなってしまう.泣く泣く諦めました.

と,いうことで,今年購入したラインナップはこんな感じです.来年購入時の備忘録としてリンク込みで書いておきます.

060

続きを読む "[2019年版]毎年購入している手帳の更新:mini6用リフィル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

[2019年版]毎年購入している手帳の更新:ほぼ日手帳2019 オリジナル&ツール諸々

少しずつ2019年用に用意した手帳の話を書いて行きましょうかね.

まずは定番の『ほぼ日手帳』について.去年書いたエントリーはコチラ.去年はカバーをTSブラックにしましたが,今年はあまり魅力的なカバーが無く,本体だけ買い換えようと思ったのですが,お布施として『カラーズ/ネイビー』にしました.

あと,今回の購入品は下の写真の通りなのですが,『オリジナル』意外にも色々と買い込んでみました.

137

続きを読む "[2019年版]毎年購入している手帳の更新:ほぼ日手帳2019 オリジナル&ツール諸々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ミッキー好きならコンプを目指す?:サンスターのディズニー 測量野帳

『ディズニーのキャラクター』と言えば,『ミッキー』でしょう.異論は認めません.

今年は東京ディズニーリゾート35周年ということで盛り上がっているようですが,伊東屋の店頭でふとレジ近くのテーブルを見ると…ミッキーが並んでいました.全然ノーマークだったのですが,サンスターからこのような製品(公式)がいつの間にか出ていたようです.

一部店舗だけでの販売かも…と,思ったのですが,家の近くの普通の(?)文房具屋では見かけなかったものの,Amazonでも売られていました

1冊540円也.ディズニー製品としては良心的な値付けです.これは買うしか…と,いうことで,8タイプあるうちの,このタイプを購入.一瞬大人買いしようと思ったのだけど,今回は自重(^^;

353

続きを読む "ミッキー好きならコンプを目指す?:サンスターのディズニー 測量野帳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

名実共にダイスキンになった新しい表紙のダイスキン:木目調と大理石調のダイスキン手帳

ちょっと話題になっていたので,ダイソー詣でをしてみました.新しいダイスキンです.過去にカラバリは何種類か出ていましたが,今回は変化球で来ました.木目調と大理石調です.

一応書いておきますが,『調』です.『○○風』と同じで,この場合は印刷です.檜の香り豊かなアロマ効果も狙った本物の木の表紙の手帳であるとか,いざとなったら武器にもなる重さズッシリ大理石の表紙の手帳というわけではありません.

572

続きを読む "名実共にダイスキンになった新しい表紙のダイスキン:木目調と大理石調のダイスキン手帳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

『とりあえずこれ1冊持って行けば何とかなる手帳』に究極進化:ほぼ日手帳 weeks MEGA

『ポケット一つの法則』と呼ばれるように,管理する必要がある物は『ここに入れておく』という感じで一元管理するのが基本です.特にスケジュールのような物だと,複数の手帳にバラバラに書こうものなら,転記漏れや転記ミスが発生すると,スケジュールのダブルブッキングや『あ,忘れてた』的な事故が起きかねません.

しかし,極限定的な使い方であれば,『使い分け』がとても便利です.例えば『仕事の手帳とプライベートな手帳』のような使い分けや,『バッファ的に使用する一方通行の手帳』のような使い方等.まぁ結局『コンテンツの同期』がトラブルの切っ掛けになるわけで,それが必要ない,もしくは正しく行える場合は使い分けも可という感じです.

話戻して『ポケット一つの法則』をスケジュールでやると,常にマスターとなる手帳を持ち歩かないといけないわけで,そこがネックになる場合もあるわけです(デジタル管理は敢えて無視w).例えばポケットに入らないサイズの手帳をマスターにした場合,ついつい持ち歩くのを忘れてアポが入ったことをメモ用紙に書いてしまい,それを転記し忘れる…なんてシチュエーションは容易に想像できますよね.

そんなわけで,私の場合は常に持ち歩き用手帳は小型の物にしており,少し前まではmini5,今はこんな感じでmini6です.マスターデータ管理も基本はコレ.

この他に遊軍手帳もいくつか併用しているのだけど,そのうちの一つが『ほぼ日手帳 weeks』です.こちらでレビューしたサンドイッチ ミッドナイトカバーを使い始めてから,とても気に入って使っています.そして前振りが長くなりましたが,2018年版から『ほぼ日手帳 weeks MEGA』というノートページが大幅に増えた物が出ました.

と,いうことで,早速購入してみたのでレビュー.

007

続きを読む "『とりあえずこれ1冊持って行けば何とかなる手帳』に究極進化:ほぼ日手帳 weeks MEGA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

スーツで使っても違和感が無くなったジブン手帳:ジブン手帳 Biz mini

タイトルには↑と書きましたが,スーツを着る機会はそれ程多くない私です(笑)

ジブン手帳は発売になった年に購入したことがあります.そのときに某女史から『当然買ったよね?どうだった?』と,ツッコミを受けたものの,レビューを書かなかったことからも分かる通り,使いませんでした.

内容は気に入ってたんです.でも,以下のことが引っ掛かって結局常用には至りませんでした.

  • 配色がカラフル過ぎる
  • デカイ

たったこれだけです.つまり,この2つがクリアされれば,気に入った手帳と言えるわけです.特に問題なのは大きさ.やはり手帳は手帳なわけで,ノートではありません.トラベラーズノートのレギュラーサイズ並みの大きさを手帳と呼ぶには抵抗があります.

ただ,ジブン手帳は年々ファンを増やしており,公式本も昨年から出るほどの盛り上がり.実は私も2017年,2018年と公式本購入しているのですが,本体購入には至っていませんでした.配色をシンプルにした『ジブン手帳 Biz(リンク先は2018年版)』が昨年出て(私にとっての)問題の一つは解決したのですが,まだ大きさが….

『もうちょっと小さければなぁ…』と,呟きつつ公式本を読むと,一回り小さくなった『ジブン手帳 Biz mini 』が載っています.あぁ,最後の砦(買わない言い訳)が瓦解してしまったので買うしかありません.仕方がねぇなぁ(ツンデレ)…と,いうことで購入した次第(笑).

027

続きを読む "スーツで使っても違和感が無くなったジブン手帳:ジブン手帳 Biz mini"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧