文房具

2020年6月30日 (火)

水性ボールペンの傑作のノック版:Vコーン ノック

水性ペンの金字塔と言っても良いと思うのだけど,『Vコーン』.『昔,ブログにちょっと書いたことあったよな~』と,思って調べてみたら12年も前でした.で,書いた記事はコレです.読み返すと色々と思うこともあるけど,まぁヨシとしよう.

さて,この『Vコーン』が凄いのは,

  • とにかく軽く書け,筆圧が低くてもスルスルと書ける
  • 書き出しや,速く書いたときでもインクが出なくてカスレることが無い
  • 直液式でインク残量がよく見える
  • 最後まで詰まらずに書ける

等の特徴の数々.

吸引式の万年筆が好きな人であれば,この直液式の軸のインクタンクを見るだけで一目惚れして箱買いし,そして書き味の滑らかさに感動することでしょう.JETSTREAMがヌラヌラなら,Vコーンはスルスル.ホント,素晴らしい書き味です.

で,私も箱買いして常用していたのですが,ボールペンなのにキャップ式というのが利便性を若干損ねている感じがし,次第に一軍選手ではなくなってしまいました(今のエースはコチラで紹介したPILOTの『キャップレス』).バリバリと書き続けるときには問題無いのですが,初動でワンテンポ遅れるのと,持ち運びのときにキャップがきちんと固定出来ていなくて鞄の中でエライことに…というのが特に大きな原因.ただ,たまに今も『Vコーン』を手に取って書くときがあるのですが,10年以上前に買ったペンなのに乾燥もせずに未だにスルスル書ける耐久性と使い勝手は流石だなと思います.

こんな素晴らしいVコーン,ノック式になったらなぁなんて昔は思っていたのですが,10年越しの願いが届いたのか,『Vコーン ノック』の登場です.名前がそのまんまな点は,実に潔いです.これは試さなければ!と,いうことで早速行ってみました.

001_20200630194701

続きを読む "水性ボールペンの傑作のノック版:Vコーン ノック"

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

JETSTREAM EDGE/ジェットストリーム エッジの新たな限定色が3色発売

昨年末の発売直後,ホソジ・スキーな方々によって刈り尽くされ,一時期深刻な品薄になったJETSTREAM EDGE.私も昨年レビューしましたが,現在は通販でも普通に購入出来るようになっています.その一方で,もう一つの台風の目となった『フリクション ポイントノック04』は,まだ相変わらず需用に共有が追い付いていないようで,多色セットは(複数本のセットとしては)安く購入出来るものの,単品ではまだまだ入手しにくい感じ.特にリアル店舗ではリフィルも含め,色によっては店頭展示コーナーが空っぽ状態です.

巷の人気や話題を見ても,JETSTREAM EDGEとFRIXION POINT KNOCK04のコンビの無双状態はまだ当分は続きそうですね.

で,話戻してJETSTREAM EDGEですが,発売当初に1色だけ限定色がありました.オレンジ色の軸なのですが,文具マニアが立ち寄るであろう文房具店では売り切れ続出で,『限定色』のみ在庫が無くなっている店舗も散見しました.マニアの間で人気は根強いようで,現在はプレミアが付いて3,000円前後で売られています

売っても良いと思っている&持っている人が居て,欲しい人が居ると市場が成立し,そしてその需給バランスとチキンレースで価格が決まって行きます.それが現状では,定価の2~3倍という所でバランスしているのでしょう.そして今後は『何としても欲しい人』は一定数居るものの,『入手出来たけど売らない人』や『売りたいけど持っていない人』が増え,時間が経つにつれて値上がりして行くのでしょうね.

で,こんなタイミングで次なる文具村への餌が投入限定色が発売になりました.

普通の流れであれば,アンテナの高い人はメーカーのリリース直後に予約を入れて購入し,入手情報をSNS等で見て知った少し出遅れた人がネットで買おうとして売り切れに愕然とし,買いそびれた人がリアル店舗を行脚して…というパターンが多いです.しかし今回はまだネット通販で購入可能で,また,マケプレの価格が送料を考えたら比較的良心的です.ただ,今後雑誌に大々的に採り上げられる頃には入手困難,または数倍の値になっている可能性があるので,興味のある方はお早めに確保してみて下さい.

今回発売になった限定色は,レッドライトブルーイエローです.そして私はレッドとライトブルーを購入.

021_20200621193801

続きを読む "JETSTREAM EDGE/ジェットストリーム エッジの新たな限定色が3色発売"

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

トラベラーズファクトリー 京都がオープンした件

僕たちが愛してやまない『トラベラーズノート』.その『トラベラーズノートと仲間たち』の世界を深く追求するための基地として作られたのが『トラベラーズファクトリー』.

オンラインショップの方のお世話になっている人が多いと思いますが,リアル店舗もあり,中目黒,東京駅,成田空港の3店舗展開でした.東京駅の地下街にある『トラベラーズファクトリー ステーション』は出張で東京駅経由になるときは必ず巡礼するし,成田空港の『トラベラーズファクトリー エアポート』も,仕事で行った際に立ち寄りました聖地の中目黒へも何とか行かねばと,思っていたら,『トラベラーズファクトリー 京都』がオープンするとのこと.それも今日.6月11日.

そんなわけで,仕事の帰りに寄ってみました.

051_20200611203301

続きを読む "トラベラーズファクトリー 京都がオープンした件"

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

カモフラ柄ゴムバンド:中身も良いけど,入れ物の缶が素晴らしく欲しくなる

中身よりも外側が欲しい物ってありますよね.いや,『中身がソコソコでも,イケメン/美人が良い』という話ではなくてですね(笑)

今回紹介するのも,中身はさておき,それを収納している外側に思い切りツボを押され,そして購入に至った品です.

まずは,何も言わずに下の写真を見て下さい.何も語らなくても伝わりますよね.定番の『オーバンド』の缶ケース入りは当然の如く購入し,持っていますが,素晴らしかったです.そのデザイン違いのカモフラ柄ですよ.この缶ケースが欲しいんです!!.缶ケースだけでも欲しいんです!!中身は空でも構いません!!!(暴言)

と,いうことで,『見た,クリック,届いた』の三段活用が完了しましたので,ご紹介.

034_20200604121601

続きを読む "カモフラ柄ゴムバンド:中身も良いけど,入れ物の缶が素晴らしく欲しくなる"

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

きっと好みの色,あり〼:サラサ グランド

とても魅力的な製品にも関わらず,発売直後にネット通販から瞬殺.そうこうしているうちにコロナ禍が…という感じで紹介しても文具屋に行きづらいタイミングになってしまい,アップがこんなに遅くなってしまいました.が,とても魅力的な製品なので猛プッシュで紹介しますよ~.

『サラサ/SARASA』はゼブラのジェルボールペンのラインですが,文字通りサラサラっとした書き味が持ち味.そして耐水性のある水性顔料インクを使用し,濃くて滲まない鮮やかな発色が売りです.で,元々サラサも多色ラインナップしていたのですが,『高級感溢れるオトナのサラサ』というキャッチフレーズで出たラインナップが今回紹介する『サラサ グランド』(公式)です.

ビンテージカラーのインクを搭載し,軸もインク色に揃えるという凝りよう.発売になった11色の中から好きな色があれば,これは行っておくしかないでしょう.かくいう私は,『ブルーブラック(インク色)/ダークブルー(軸色)』(下写真)と『キャメルイエロー』の2本に行ってみました.

008_20200601192801

続きを読む "きっと好みの色,あり〼:サラサ グランド"

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

ToDoとランク付けを手軽にするためのオーダー浸透印で大人のスタンプラリー

今回多くの人が体験した『在宅勤務』は,『働き方』という面と『自己管理』という面で,個人に様々な変革を強要したように思います.出社して働いていれば,ある意味気持ち的にも環境的にも切り替えられます.そして業務的な管理に関しても,人によっては管理者に,もしくはチームで他者から管理される手法が機能していたでしょう.ある意味,難しく考えなくても/惰性である程度車輪が回り続けます.ところが『在宅で』となった瞬間,普段の生活との境目がなくなり,そして他人の目も無くなるわけです.今更な話ですが,自分で色々と管理出来ないと,とんでもなく生産性も効率も落ちていきます.

気持ちの切り替えと集中の維持に関しては,何らかのルーティン/儀式を行い,例えば家の中でも仕事をするときは服装や場所を変えて…というのが効果的です.そして『自己管理』という面では,『今日やること』をリストアップし,『今日出来たこと』をマークしていくのが実にアナログでローテクですが実は結構有効です.

あと,私も管理者の端くれなのですが,在宅勤務開始早々,『在宅になって効率が落ちた,うまく思ったように仕事を進められない』という不安感が混じった声が結構上がって来ました.色々とICTを活用した工夫はしていたのですが,『「やろうとしていたが出来無かった」ではなく,「何が出来た」を積み上げて』というアドバイスが地味に有効でした.

あと,巷では『在宅勤務で効率が上がった』という話題をよく聞きますが,皆が皆そうではないし,逆にこういった雰囲気が支配的になると,『私は効率が上がらない.ダメな人だ…』なんて凹む人が出てくるわけです.更には,顔を合わせていないので目が行き届かず,気分の落ち込みからメンタル的に大変な事になってしまう可能性もあるわけです.なお,このスパイラルに落ちかけている人には『頑張れ』の一言も禁句です.精神的に追い詰めることになりますから.私の所では,まずは『在宅勤務は効率が落ちるもの』という共通認識でスタートしたので,比較的うまく回った感じかなと思います.

と,いうことで重い話からスタートしましたが,今回は手軽に『今日はこれをやろう』をリスト化し,『今日はこれが出来た』を記録として積み上げることが出来,そして視覚化して使えるツールについて.バレットジャーナルじゃないけど,視覚化出来るって重要です.

002_20200529190401

続きを読む "ToDoとランク付けを手軽にするためのオーダー浸透印で大人のスタンプラリー"

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

コンパクトなのに凄いTSUTAYAの多機能ペン:Soft Sonic スリム多機能ペン

TSUTAYAがHEDERAというブランドを冠し,オリジナルの文房具を販売しています.

3年ほど前から出ていたように思うのですが,どうもデザイン指向,それもキラキラ女子(?)向けっぽいような文房具で,どうもオッサンな私がビビッと来るような製品はありませんでした.ところが今回の第3弾ラインアップ(発売は2019年10月31日)は違いました.

店頭で『お,また出てるな』と,見かけて通り過ぎかけたのですが,今回のシリーズはこれまでとカラーが違うような気がします.公式ページを参照して頂くと同意頂けるように思うのですが,(全部では無いけど)『カワイイ』ではなくて『カッコイイ』テイストが含まれた製品があり,そして『デザイン』ではなくて『実用性』という方向性をビシッと向いた製品が増えたような気がします.

そんな中,私がハートを打ち抜かれたのは『Soft Sonic スリム多機能ペン』です.ぱっと見,普通のマットブラックな回転式ボールペン.でも実は2+1の多機能ペンで,おまけに携帯性に富んだサイズ感なんです.

040_20200401194601

続きを読む "コンパクトなのに凄いTSUTAYAの多機能ペン:Soft Sonic スリム多機能ペン"

| | コメント (2)

2020年3月29日 (日)

台湾製のアルミで出来た重厚なエナージェル用六角形軸:六角形エナージェルBLN665C-AE

スルスルと書きやすいゲルインキ.多くのメーカーから様々な製品が出ていますが,ぺんてるのエナージェルもその一つ.

過去にこちらに『エナージェル フィログラフィ』,そしてこちらでは『エナージェル インクフリー』について紹介しました.

インクおよびリフィルの完成度もさることながら,前者は色合い,質感,価格,どれをとっても素晴らしいの一言に尽きるフォーマル向けな軸.そして後者はインクのカラバリ展開という面で,これまであまり市場に無かった非定番色に,実は凄まじい人気・可能性があることを示しました.

私は元々てエナージェルユーロをヘビーローテーションで使っていました.しかし上記製品により,単なる使い易い実用品としてだけではなく,所有・使うことの喜びであったりとか,珍しいインク色を使うことによる利用の幅の広がりを実感しました.そしてこの延長線上には,インク色を含めたリフィル,そしてリフィルを納める軸の組み合わせによる更なるバリエーションと可能性が生まれるのでは…なんてことを考えて居ました.

例えば非常にシックで高級な軸なのに,実際に書いてみたら『えっ?』というようなポップなカラーでスルスルと線が引かれていく…のような意外性をもたらす組み合わせとか.こういうのって,使う側も使っているのを観ている側も楽しいですよね.

そんなわけで,エナージェルの『限定色』と謳われて店頭で蒸発しまくった挙げ句に定番色化(謀ったな!シャァ!(笑))した『ターコイズブルー』を納める軸として選んだのがコレです.『六角形エナージェル』(正式名称なんだろうか?(^^;)

006_20200329201601

続きを読む "台湾製のアルミで出来た重厚なエナージェル用六角形軸:六角形エナージェルBLN665C-AE"

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

淡い色かつ消せるマーカーは最高です!!:フリクションライト ナチュラルカラー

一昔前までは,『マーカー』と言えば蛍光色または派手な色でマーキングした場所を目立たせるための補助筆記用具でした.しかし時代は流れ,気が付くと『カラーペン』的な使い方をされる製品が増え,そして淡い色のマーカーも増えてきています.

その代表的な製品がゼブラの『マイルドライナー』.製品名の通り,発色はマイルドです.

とは言え,マーカーはカラーペンのように単体で絵や文字を描く/書くために使われることは少なく,あくまでも主役は別に居た上での助演です.ワンポイントで色を添えたり,何らかのテンプレートに色を塗ったりするために使われています.ただ,実際に使い始めてみると,色が淡いが為に多色を併用してもゴチャゴチャしにくく,それでいてキチンと色分けも出来ます.控えめに言って,とても便利.

そんなわけで,文章の重要な部分のマーキング用にビビットな色のマーカーを使用してばかりいたのに,気が付くと淡い色のマーカーを多用するようになっている私です.

しかし,一般のマーカーは一旦書いたら消せないため,引く場所を間違えないように…のように,気を遣って慎重に使うことが多い.そうすると,失敗を恐れて大胆な使い方が出来なくなり,色々とチャレンジできなくなるんですよね.かと言って,練習・検証用を用意して試行錯誤するのもアレだし…と,常々思っていたらフリクションから出ました.

製品名は『フリクションライト ナチュラルカラー』.

そうそうコレですよ.私が欲しかったのは.

  • 淡い色のマーカー
  • 多色ラインナップ
  • 消せる

最強です.

001_20200325200801

続きを読む "淡い色かつ消せるマーカーは最高です!!:フリクションライト ナチュラルカラー"

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

伊東屋 渋谷店が売り尽くしセール中

今週は1週間出張で出ずっぱりなのですが,渋谷で1泊したついでに伊東屋の渋谷店に行ってきました.

「売り尽くしセール」とのことで,店内商品30%オフ.平日の昼間に行ったのですが,同族と思わしき(笑)方々でごった返していて凄い熱気でした.ただ,セールが始まって結構経っているのと,今月いっぱいで閉店ということなので,既に空になった棚も目立っていました.今日(3/17)見た感じでは,ブランド物のペンや普通(?)の筆記用具,伊東屋オリジナルの文具に関してはまだ十分に残っていました.

閉店の理由ですが,渋谷店の入っている東急百貨店東横店が,渋谷の再開発に伴って85年の歴史に終止符を打ち,閉店することになったためとのこと.渋谷の街はすっかりITの街になって変わってしまいましたが,こちらのページを見ると懐かしく思う人も居るのではないかと.

それにしても,渋谷の再開発に伴う工事は凄まじく大規模ですな.迂回路が分かりにくく,泊まるホテルの看板が見えてるのに渡りたい道路が渡れずにドンドン遠ざかってしまったときには,(夜中まで打ち合わせして,重い荷物を引き摺って歩いていたので)涙が出そうでした….

で,私はペンのリフィルやmini6のリフィルを中心に刈ろうと(笑)意気込んで出撃したのですが,ジャストサイズのmini6リフィルは蒸発していて影も形も無く,そして黒や赤や青色のリフィルはかなり残っている一方で,ブルーブラックは最初から在庫が無かったかのような状態.うーむ.これは私と趣味趣向を同じくする客が沢山訪れていたに違いない….

下の写真は購入時に貰える手提げ袋.ハチ公をあしらった秀逸なデザインなので,記念に袋だけでも欲い…という人も多そうですな.

Ito2

続きを読む "伊東屋 渋谷店が売り尽くしセール中"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧