2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AdSense


AdSense


SNS

  • SNS

« 丁度良い長さで使い易く,かつ携帯性も良くなったメタシル:サンスター metacil pocket(メタシルポケット) | トップページ | ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:リフィル編 »

2024年2月18日 (日)

ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:バインダー編

海外で人気であった3穴バインダー,日本では『推し活』用ののバインダーとして広がり,そして定着した感があります.私が初めて触れたのは海外から取り寄せたバインダーで,値段の割に(笑)シッカリした作りで,例えばバインダーが樹脂製でなく金属製でしっかりしていたのに驚きました.その後本ブログでは『レイメイ藤井のKeptミニバインダー』,そしておそらく日本国内での普及に大きな役割を果たした『セリアの3穴バインダー』を紹介しました.

国内で3穴が出た当初は『リフィルは自分で勝手に作ってね』な状態で,推し活に血道を上げるような人でなければ中々食指が伸びなかったと思います.しかし気が付くとカードやチェキケース,普通のメモリフィル等様々なリフィルが潤沢かつ入手性も高くなって出回っています.それも初期の頃には足元を見たような値付けでAmazon等で売られていましたが,今は普通にリーズナブルな価格帯で購入可能です.

さて,改めて整理してみますと,一般的な『3穴バインダー』の特徴は,

  • 大きさはB8~B7サイズ
  • 径の大きな金属製バインダーでリフィルをたくさん挟める
  • 透明/半透明のビニール製の表紙でカスタマイズしやすい
  • フラップ式でボタン留め
  • ルーズリーフと同じピッチの3穴(※28.5mm間隔)
  • ルーズリーフ用のパンチでリフィルが作れる
  • マルマンのミニミニリーフが使える
  • 廉価

と,いった所でしょうか.ただ,国内で先鞭をつけたkeptは良い意味で異質で,値段は約千円と他の製品と比べると高めだけど,全体作りがシッカリしています.そして発売当初の超品薄な状態も抜け,今はバリエーションも豊富になっていますので『失敗したくない人への3穴バインダー』としてオススメ.

さて,かなり前振りが長くなりましたが,これだけ成熟した市場にダイソーが参入しないわけがありません(笑).私の記憶では昨年にバインダーだけでなくリフィルも含めてドカッと発売になりました.そしてダイソーらしいというか,やるときは徹底的にやり,そしてちょっと捻りも効かせた製品群になっているのでご紹介.

文房具って基本的に消耗品じゃないですか.なので高級万年筆のように大切に長く使うものは別として,擦り切れるくらいガシガシ気兼ねなく使えるのが良い製品だと思うんですよね.そういう意味ではダイソーが扱いはじめた事は大きいなと.

いきなり ごちゃーっ とした写真で恐縮ですが,今回買い求めた物はこんな感じ.そしてまずはバインダーに関して紹介します.

Web_019_r_20240207195001

3リングミニファイル

2種類買い求めたのですが,まずは『3リングミニファイル』.『推しを持ち歩く』というキャッチコピーがある通り,他社製品同様,推し活向けのグッズとして意識されているようです.

Web_020_r_20240207195001

他のエントリーで何度も書いていますが,リングピッチにはISOとJISがあるほか,一般に『3穴バインダー』と言っても所謂システム手帳のピッチとルーズリーフのピッチの製品があり…という感じで実は結構複雑です.

なので『推し活用3穴バインダー』と言うとほぼJISのルーズリーフと同じピッチになりますが,以前紹介したRHODIAの3穴手帳PLOTTERの3穴はシステム手帳のピッチなので注意が必要です.

文具沼の人が間違えることは無いと思うけど,一般向けにこの辺りが分かる表記にしないと,そのうちに混乱して問題が発生するかもですねぇ.

Web_021_r_20240207195001

この種のバインダーは『推し』のカード型グッズや小物を持ち歩くために使われることが多いので,そういった説明になっています.

Web_022_r_20240207195001

材質はポリプロピレン.ダイソーの型番はファイルの7620です.

Web_023_r_20240207195101

このバインダーの珍しい点は,素材と留め方.まず素材ですが,『3穴バインダー』はフニャッとしたビニール素材で作られていることが多いのですが,このバインダーは半透明のカチッと硬い素材になっています.そのため,中に挟んだものがフニャフニャ曲りにくいほか,パッと見で推し活系グッズに見えないように擬態することが可能です(笑)

Web_025_r_20240207195101

この種のバインダーではリフィルを詰め込まれることが多く,分厚くパンパンになることが多いので,表紙が開かないように留める機構が必須です.そして他社製品はフラップ式のボタン留めが一般的な一方,このバインダーはRollbahnやMOLESKINEのようにゴムバンド留めになっています.

Web_027_r_20240207195101

バインダーは見慣れた金属製のゴツいもの.約20mm径の大きなバインダーは素晴らしい収納性を発揮し,あなたの山のような推しグッズを束ねてくれることでしょう.

Web_026_r_20240207195101

表紙裏にはポケットがあります.

Web_028_r_20240207195101

バンドを留めるとこんな感じ.半透明の具合がちょうど良い塩梅で,裏のポケットに表紙に向けて何かを挟めばアピールできるし,擬態したい場合はポケットに不透明な物を挟んだり,何も挟まなければOK.

私は普通の文房具として使うので,裏ポケットに紙片を挟めるのは便利だし,中のリフィルが保護される硬めの表紙もありがたい.ある意味,『推し活向けバインダーを普通の文房具として使いたい人』向けにピッタリな製品かも.ノートリフィル等が出揃ってきた一方で,このような用途向けのバインダーって意外とこれまであまり無かったんですよね.

Web_029_r_20240207195101

反対側はこんな感じ.ゴムバンドはRollbahnのようにハトメで固定されています.あと,小型ノートとして利用する場合はリフターが欲しいかな…と,思うのだけど,自作しないと無さそうな感じ.

Web_030_r_20240207195101

3穴バインダークリアポケットタイプ

次に紹介するのは『三穴バインダークリアポケットタイプ』.

Web_031_r_20240207195101

こちらには『B7 size』の表記もあります.

Web_033_r_20240207195101

あと,控えめに『推し活を応援♪』の印刷.最後の『♪』がいい味を出してる(笑)

Web_034_r_20240207195101

前者は『ファイル』(バインダー)扱いの製品でしたが,こちらは『カードホルダー』扱い.ダイソーの型番は0441.

Web_035_r_20240207195101

素材は塩化ビニールです.

Web_036_r_20240207195101

フニャッとした透明の表紙,フラップ式のボタン留め,推し活用の3穴バインダーの定番フォーマットを踏襲しています.

Web_037_r_20240207195101

ボタンはこんな感じ.おそらく使っている際に一番最初に壊れるのはこの辺りかなと思うけど,中身さえ無事ならOKと割り切れますな.そういう意味では,バインダーが壊れて中身を落としたりぶち撒けたりする事故が怖いけど,金属製のバインダーならそれは発生しにくいと思われますので,カバーの耐久性は(中身に傷が入らない限りは)あまり求められない感じ.

Web_038_r_20240207195101

フラップはこのような形で留められているので,引っ掛けると容易に引きちぎれるかも.まぁでも100円やしね.消耗品として扱える価格帯なので問題なし.

Web_040_r_20240207195101

裏側から見るとこんな感じ.

Web_039_r_20240207195101

表紙は透明ですが,ポケットにもなっている部分の内側が若干半透明になっています.こういう小さな所の使い勝手も考えた工夫がいい感じ(セリアの3穴も同様).

Web_041_r_20240207195101

バインダーは共通なので,カバーが一回り大きいためバインダーの上下に大きな隙間が出来ます.

Web_042_r_20240207195101

ダイソーの3穴バインダー2製品の大きさ比較をすると以下のような感じ.『クリアポケットタイプ』が一回り大きいことが分かります.

カードサイズの収納であれば右側のミニファイルのサイズで十分なのですが,チェキ等入れるためにはB7サイズが必要になります.個人的にはB7サイズのプラ製カバーのバインダーもあったらな…と,思いますが,無い物ねだりしても仕方ないですね….

Web_043_r_20240207195101

中央にセリアの3穴バインダー(小型のB8版の方)を置いて比較するとこんな感じ.カバーがソフトタイプの製品の場合,ぶっちゃけどれも同じに見えます.そういう意味では,ハードカバーのダイソーの製品はちょっと異質かも.

あ,セリアのバインダーはそのままだとちょっとチープ感があったので,カーキのバイアステープを付けて…でもまだイマイチなのでステッチを……しかし解体しないなら手縫いしないと……五条くーん

Web_044_r_20240207195101

まとめ

この手のジャンルの製品の場合,市場がある程度成熟した後でダイソーがドカッと製品を投入して…という流れが多いように思います.そういう意味では,日本国内でも『3穴バインダー』が一定の市民権を得て,広く使われていると考えて良いのかもですね.あと消費者目線で考えた際にダイソーから製品が出るのメリットとしては,まず値段が安いこと,そして店舗が多いことから入手性が高くなる事辺りが挙げられるでしょう.

百均ではセリアの3穴バインダーが先発ですが,どの店舗でも置いてあるわけではなく,実際私がよく行く店舗では未だに店頭には置かれずに注文したら取り寄せてくれるという扱いです.一方でダイソーのバインダーは,大抵の店舗に置かれています.

個人的には,文房具として『普通に』(笑)使えるB8サイズのプラ製カバーの3穴バインダーの登場が非常に有り難いですね.この価格であれば消耗品と考えてガシガシ使えるし,壊してしまってもそれ程痛くないので,カスタマイズのベースにも使える.バインダー金具の部品取り用と考えても良いくらいに.

と,いうことで,三穴バインダーが近くの店で売ってないと嘆いていたそこの貴女!,三穴バインダーに興味はあるけど『推し活』が前面に押し出されていて手が出しにくかったそこの貴方!,ダイソーのコレなら問題ありませんし,必要に応じてオタ活の擬態にも使えるので是非導入を検討してみてください.

あとは…ダイソーから3穴バインダー用のパンチが出ないかなぁ….

リフィル編に続きます.

« 丁度良い長さで使い易く,かつ携帯性も良くなったメタシル:サンスター metacil pocket(メタシルポケット) | トップページ | ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:リフィル編 »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丁度良い長さで使い易く,かつ携帯性も良くなったメタシル:サンスター metacil pocket(メタシルポケット) | トップページ | ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:リフィル編 »