2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AdSense


AdSense


SNS

  • SNS

« 表紙が変わると気分も変わる:ダイアログノートの『綺羅星紙』と『カモフラージュ』 | トップページ | ひとり手帳会議2024(1) »

2023年8月31日 (木)

小型で1万mAh,30W出力可能なモバイルバッテリで出張セットのアップデート:CIO SMARTCOBY PRO-30W

電池が尽きると非常に困るデバイスが身の回りに増えましたよね.スマホが代表格ですが,普段の行動範囲・活動内容なら朝晩の充電で問題無い場合でも,ちょっと旅行や出張等,移動範囲が広かったり激しく使用したりすると電池のゲージがガンガンと減っていく.そして出先で電話待ちなのに『低電力モードに移行しますか?』のメッセージを見てヒヤヒヤした事がある人は多いでしょう.

そんなわけでモバイルバッテリを持ち歩く人は多いと思うけど,昔と比べてデバイスの消費電力もデバイスのバッテリ容量も大きくなっているわけで,一昔前の『サイズが小さいけど容量も小さい』タイプは持っていても焼け石に水な状態.やはり最低でも容量が1万mAh欲しいし,可能であれば2万mAhあると嬉しいですね.

あとモバイルバッテリのサイズや容量以外にも,出力端子や満充電に要する時間も重要.今時のデバイスはUSB-Cが増えてきたけど,やはりUSB-Aケーブルが挿せないと不便なシチュエーションも多い.あと,モバイルバッテリは使用頻度と共に性能が低下する消耗品なので,定期的に交換もして行きたい.

そんなわけで,丁度イマドキのモバイルバッテリに交換しようかなという時期であったため『CIO SMARTCOBY PRO-30W』を購入してみました.

CIOは日本のメーカーで,カタログスペックを追い求めるのではなく,派手な部分ではなくても使い勝手等が練られている製品が多いです.そして本製品は2年近く前に発売になった物ですので新製品という感じではないのですが,逆に言うと製品寿命が短いジャンルの製品なのに長期にわたって売れ続けている安心感のある製品とも言えるでしょう.

と,いうことでご紹介.

Web_082_r_20230831135201 

箱はこんな感じ.『何の箱やねん』的な煌びやかなものではなく,ある意味質実剛健な感じ.好感が持てます.

Web_071_r_20230831135201

この製品の売りは,『カードサイズ』『30W出力』『パススルー充電対応』です.

30Wあると,MacBookAirで緊急時に使えます.

Web_074_r_20230831135201

そして出力はUSB-CとUSB-Aが1ポートずつ.容量は1万mAh.

Web_072_r_20230831135201

中身はこんな感じ.日本のメーカーのため,『きちんとした日本語の』日本語マニュアルもしっかり付いています.

Web_076_r_20230831135201

本体の充電やデバイスの充電に使用出来るケーブルも1本付いています.

Web_077_r_20230831135201

端子はUSB-C to USB-C.

Web_079_r_20230831135201

バッテリ残量表示用のLEDはパーセント表示になっており,急速充電時は『シュッツシュタッフェルのSS』『⚡⚡』が表示されます.

Web_090_r_20230831135201

本体.底面積はカードサイズですが,ややズングリと言いますかコロンとした形状.重量は180gなので,軽くは無いけど重くも無いかな…という感じ.

Web_082_r_20230831135201

こちらサイドにUSB-Cのポート.充電と給電の兼用です.

Web_083_r_20230831135201

こちらの側には残量表示LED(保護フィルムはまだ剥がしていない)と電源ボタン.電源オフは電源ボタン長押しです.

Web_084_r_20230831135201

USB-Cと反対側にUSB-Aのポート.

Web_085_r_20230831135201

スペック等はコチラの面に書かれています.PD出力時の電圧・電流の一覧が書かれているのは便利ですね.

主要な部分を文字起こしすると,

内蔵バッテリの充電(USB-C入力):5V3A/9V2.22A/12V1.5A(20W MAX)

USB-C出力:5V3A/9V3a/12V2.5A(30W MAX)

USB-Aでは5V5A出せるようですね.分岐ケーブルを使うときに便利かな.

Web_086_r_20230831135201

いつも思うけど,CIOのロゴは格好良いですなぁ.

Web_087_r_20230831135201

まずはバッテリを充電しましょう.初期状態で残量41%でした.スマホ電池切れの緊急事態のときに,店頭で購入して箱出しで充電出来て一息付ける感じの量.あと,USB-Cでの充電時にPD対応の充電器を使用すると急速充電可能で,『⚡⚡』のマーク(写真のLED右上の緑表示部分)が表示されます.

Web_091_r_20230831135201

それにしても残量が%単位で表示されるのは(あまり意味が無いかもだけど)地味に嬉しい.

Web_089_r_20230831135201

PD対応の本製品をPDで充電した場合は公称値で2.2時間で満充電となっています.大容量の内蔵バッテリを5V2Aでチマチマと一晩寝かして充電していた頃が懐かしいですな.

Web_101_r_20230831135201

さて,このモバイルバッテリの売りの一つである『パススルー充電』ですが,これは『内蔵バッテリを充電しながら給電も出来る』事を意味しています.つまり,『スマホもモバイルバッテリも充電したい.しかしUSB充電器が一台しかない』というときに,『まずはどちらを充電して…』のようなことをせずに数珠つなぎにして同時に充電出来る機能です.便利.

Web_100_r_20230831135201

ただ,本製品の場合はパススルー充電の際に充電のために出力兼用のUSB-Cを使用するため,自ずとUSB-Aで出力する事になります.そして下の写真を見ても分かる通り,パススルー充電の場合は内蔵バッテリが急速充電されません.更にはこの状態ではUSB-Aの出力が5W~10Wくらいの出力な感じ.

キチンと計ってはいませんが,短時間で少しでも多く充電したいということでしたら,まずはPDでモバイルバッテリを急速充電し,その後にモバイルバッテリからデバイスを充電する…の方が効率が良いかもです.この他,『USB-C 1ポートのUSB充電器に数珠つなぎで繋ぎ,ほっとけば全部充電出来てる』的な使い方も良いかなと思います.

Web_098_r_20230831135201

出張セットの更新

さて,唐突ですが私の出張セットを納めたポーチの中身を紹介.

このポーチは無印良品の『ナイロン広口ラウンドポーチ』のグレーです.ダブルジッパーでガバッと開き,そして開けやすく,容量も適当で良いポーチです.メッチャ使い勝手が良いのですが,どうも廃番っぽいですね….

値段が大きくアップするけど,Bellroyのこのタイプのポーチに近い感じ.

Web_093_r_20230831135201

元々の中身はこんな感じ.

列挙すると

です.現在はBluetoothイヤホンはAnker Soundcore Liberty 4に変更したりしてますが,この話は何れまた.

リュックやブリーフケースの取り出しやすいところにポンと入れておき,新幹線に乗ったらイヤホンとUSB充電器を出してiPhoneを充電しつつ音楽を聞き,必要に応じてノートPCも繋いで仕事を…的な感じで使っています.この他緊急用にスマホ,AppleWatch用のモバイルバッテリとドライバ,腕に巻いているApple Watchのバンドが切れたときの緊急用のバンドという感じですね.あと昔は充電ケーブルを端子別に黒/白で色分けしていたけど今は全部黒になってるなぁ….

そしてモバイルバッテリは元々こちらで紹介したAnker PowerCore Fusion 5000を使用しており,モバイルバッテリと充電器を兼用していました.しかしある日新幹線内でいざ使おうとしたところ故障していてバッテリとしても充電器としても使えなくいて途方に暮れました.そのときにRAVPower製に更新すると共に『別々に持った方がリスクに強い』ということで別途USB充電器も持つことにしました.

Web_094_r_20230831135201

あとこの製品はとても便利なのでまた紹介記事を書こうと思いつつそのままになっているのですが,このサイズでUSB-Cが3ポートとUSB-Aが1ポートのCIO LiNob Share USB 65W USB充電器もめっちゃ便利です.更には65Wとパワフルで,ノートPC(大抵30W or 45Wが求められる)を使いながら別デバイスも充電出来る余力があるのも良いです.

あと最近遭遇率の高い東海道新幹線の新型のN700S,コンセントの口が従来のA/E席の窓側の床ではなく(グリーン車同様に)肘掛け部分に下向きで付いているのですが,このUSB充電器の重さであれば脱落せずにぶら下がっていてくれるのもポイント高いです.

Web_097_r_20230831135201

と,いうことで,RAVPower製のモバイルバッテリ兼USB充電器は引退させ,担っていた機能は

へ完全に引き継ぎました.

あとはケーブル類を少し整理する方向で考えています.問題はmicroUSBですよねぇ.身の回りのデバイスを見るとまだまだmicroUSBを使用している機器はある.ケーブルを『USB-A - microUSB』にするか,『USB-C - microUSB』にするか悩ましいなぁ.

あとこの他に泊まりの出張用のセットもあるのだけど,こちらは今回紹介したセットと一部機能を重複させています.一言で言うと,宿での据え置き環境構築用.なので結果的にUSB充電器等を複数持つことになり,何かあったときもバックアップ出来る状態にしているほか,ケーブル関係は冗長なくらい準備しています.

あと一応情報として書いておきますと,本モバイルバッテリの後継となる『SMARTCOBY Pro SLIM』のクラウドファンディングが始まっています.筐体が薄くなってポート数が増えて出力も大きくなって…という良いこと尽くめのように思われるので,12月まで待てる人は急いで(何か矛盾する言い方w)応援してみてください.私も応援中.逆に『12月まで待てない.今使える便利なモバイルバッテリが欲しいんだ』という方には,CIO SMARTCOBY PRO-30W,オススメです.カバンに入れて常に持ち歩くと安心&便利.

« 表紙が変わると気分も変わる:ダイアログノートの『綺羅星紙』と『カモフラージュ』 | トップページ | ひとり手帳会議2024(1) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

PC」カテゴリの記事

iPhone/iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 表紙が変わると気分も変わる:ダイアログノートの『綺羅星紙』と『カモフラージュ』 | トップページ | ひとり手帳会議2024(1) »