2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AdSense


AdSense


SNS

  • SNS

« 旅行や出張に持って行くための携帯用透明水彩用小型パレットを自作する&早速絵を描いてみる | トップページ | 謹賀新年(2023) »

2022年12月29日 (木)

カバンやリュックと常に一緒に持ち歩きたいバックハンガー:HERO CLIP

気が付いたら年末ですよ.あと数日したら2023年が始まります.実時間と感覚的経過時間の差が恐ろしいです.そんなわけで,『年内にはやりたいな…』と考えていた宿題をかなり来年に持ち越しそうな状況に焦っております.

さて,新型コロナの関係で色々と生活様式は変わりましたが,緊急事態宣言が出ていた頃と異なって家にずっと篭もって…という感じではなくなった人が多いのではないでしょうか.会社によってはフル在宅の方も多いと思いますが,出社中心になった会社も多いんじゃないかな.そして新幹線の混み具合や(一時大幅に値を下げていた)ビジネスホテルの価格の戻し具合(涙)の状況を見ていると,出張族の移動もかなり活発になっているような感じがします.

# とは言え,年末に向けての第8波の状況を見て今年は帰省を断念しました….

そして仕事かプライベートかの違いに関わらず,外出時に手ぶらという人は少なく,大抵はリュックやブリーフケースを持ち歩くと思います.そして外食のときは特にそうなのですが,この荷物の一時置き場に困ったことがある人は多いと思う.飲食店での床直置きは気持ち的に嫌だし,特にコロナ以降は出来るだけ不要なものとの物を介した接触でも避けたい.

まぁそんなわけで,出来るだけ衛生的かつ安全に荷物を出先で置きたいわけです.そんなときに便利なガジェットに『バックハンガー』というものがあります.こちらは10年程前(!!)に書いたエントリーですが,当時はClipaがデファクトと言って良い感じでした.使い勝手も耐荷重も申し分なく,見た目もシンプルで良い.そして当時から使い続けている私のClipaは未だにガタが来ておらず,耐久性もバッチリ.未だに現役で使えます.ある意味完成されたClipaはデザインを変えずに当時そのままの製品として今も販売されていることからも完成度の高さが伺えます.

その一方で,ずっと同じ物を使っていると『他に良い物出てないかなぁ』なんて回りが気になったりするものです.『不満は無いけどもっと上があるんじゃないか…』みたいな感じとでも言いましょうか.

そんなわけで,評判の良いHERO CLIPを試してみました.

221101233558_r

HERO CLIPには大きさの違いでLarge,Medium,Small,Miniの4タイプがあり,それぞれにいくつかのカラバリがあります.このネーミングでは,L/M/Sはともかく,『SmallとMiniはどっちが小さいの?』という疑問も湧くかと.そんなわけで,各サイズのスペックを表にまとめてみると以下のような感じ.

タイプ 大きさ(折り畳み時) 重量 耐荷重(静止荷重)
Large 104x133mm 100g 45kg
Medium 79x94mm 57g 27kg
Small 62x78mm 34g 22kg
Mini 50x60mm 20g 18kg

と,いうことで,Miniの方がSmallよりも小さいです.また,Clipaは48gで耐荷重15kgであったことを考えると,HERO CLIPはMiniで本体重量半分にも関わらず耐荷重は2割程大きいことになります.スペックの数字的には優秀.

あと,ネットでオーダーすると大きさの感覚が分からずに大きすぎ/小さすぎな物を購入してしまう危険性がありますが,日常使いであればSmallまたはMiniで十分でしょう.そんなわけで,私はSmallMiniの2サイズを各1個ずつ,色は共にレッドを選択して購入しました.物は日本正規代理店のハイマウント扱いの物.

221101233156_r

SmallとMiniで1サイズしか違わないのですが,こう並べてみると一回り以上大きさが違う感じがします.『大は小を兼ねるし~』と,Largeを購入していたら…かなり持て余していたと思います.

221101233207_r

裏側に説明書.持ち運び形態への変形方法は慣れるまでは手間取るかも.

221101233218_r

パッケージから取り出して本体を並べるとこんな感じ.レッドは落ち着いた赤なので,目印程度に適度に目立つけど目に痛いような目立ち方はしない良い色合い.

221101233338_r

ではいじってみましょう.

まず机に引っ掛ける色が付いたアームはこの写真で言うと左右に角度を変えられ,状況に応じて開いたり閉じたり出来ます.

221101233349_r

そしてアームとカラビナの間のグレーの樹脂製のジョイントは360度回ります.

221101233412_r

テーブルに引っ掛ける部分となるアームの先端部には樹脂製のパーツが付いています.机を引っ掻いて傷付けることはありません.ただ,ゴムのような素材のclipaよりも『食い付き』が悪いので,傾いたテーブルだとツツツ…と滑るかも.

また,出っ張っているためにフェンスワイヤーのような所に引っ掛けることも出来ます.

221101233418_r

そしてカラビナ側はワイヤーでロック出来ます.なので,clipaと異なり本体が傾いても荷物が脱落することはありません.買い物袋などを引っ掛けた状態で雑に扱っても落ちないので,構造的には便利.

221101233422_r

机に引っ掛ける際にはこの形態ですが,持ち運ぶときにこの形状のままですと邪魔ですよね.

221101233442_r

あ,無理矢理こんな感じで捻ってもコンパクトになりません.

221101233451_r

知恵の輪ではないけれど,まずはこの形にして…

221101233525_r

アーム部分を横からカラビナに合わせる感じで…

221101233550_r

カチッとはめます.この状態であれば少しゴツイ カラビナと同じなので,持ち運びの邪魔になることは無い筈.

221101233558_r

ちなみにワイヤーの部分はこんな感じで食い込むようになっており,かなり頑丈に作られています.重い物を吊ってワイヤーが変形してスポッと抜けるような事故は起きにくいでしょう.

221101233613_r

持ち運びする状態で並べるとこんな感じです.

221101233702_r

そして実際の使い方ですが,このような形でアームを机の天板に引っ掛け,荷物をカラビナ側に引っ掛けてぶら下げます.アームの直径以上の天板の厚さの机に(安定して)荷物をぶら下げることは難しいのだけど,Miniでも十分なサイズがありますので,大抵の机やテーブルであれば大丈夫でしょう.

このような吊り方のほか,カラビナ側をリュックやキャリーバックの取っ手に付けて買い物袋などをアーム側に引っ掛けるような使い方も可能です(角度を調節すると意外とズリ落ちない).その他にも,アームを洗面所のタオル掛けやフェンスに引っ掛けて…のような使い方も可能.まぁ引っ掛けられる所/掴める所であればどこでも吊り下げられるという感じです.便利.

221101233808_r

ただ,天板がツルツルだとアームの先端が滑ってしまうかもしれないのでちょっと不安が.荷物が鉛直方向にぶら下がっていればグラつくことは少ないと思いますが.

221101233812_r

Clipaと並べるとこんな感じ.こう並べるとHERO CLIPのMiniは小さく感じますね.

221101233846_r

写真のようにカバンの手提げ部分にカラビナ代わりに引っかけておくと邪魔にならずに持ち運びやすいです.デザイン&カラーがカバンの目印にもなる点も便利.また,このまま普通のカラビナとしても使えます.書いていて良いこと尽くめのような感じが(笑)

221101233936_r

まとめ

HERO CLIPについて簡単にまとめると,

  • 小型軽量
  • 耐荷重が見た目では想像出来ないほど大きく高性能
  • アームとカラビナのような構造で,カラビナ側からは荷物が外れにくい
  • アームを回転・開閉出来,安定した形に調整しやすい
  • デザインがオシャレでカラーがワンポイントになって良い
  • 普通のカラビナとしても使え,汎用性もある

といった感じ.出先でのカバン置き場に悩んだことのある方には,手放しでオススメ出来る製品です.Clipaと比較しての欠点は,机に吊り下げる際にはアームを横にクルッと回すワンアクションが必要になることでしょうか.まぁ慣れたらパッと開けるので大した問題にはならないと思いますけれども.

私の現在の使用状況で言うと,ブリーフケースにMini,リュックにSmallを取っ手に付けて(何れかを)いつも持ち歩いています.持ち運んでいるときは存在を忘れると言いますか,本当に空気のような存在感です.その一方でいざ必要になったときには,『こんなこともあろうかと.オレ,ここにおるで』という感じで絶大な安心感であります.HERO CLIPオススメであります.

 

おそらく本エントリーが今年最後のポストになると思います.今年も一年お世話になりました.

皆様よいお年をお迎えください.

« 旅行や出張に持って行くための携帯用透明水彩用小型パレットを自作する&早速絵を描いてみる | トップページ | 謹賀新年(2023) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅行や出張に持って行くための携帯用透明水彩用小型パレットを自作する&早速絵を描いてみる | トップページ | 謹賀新年(2023) »