« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

ToDo管理用の便利なツール:コクヨ 2トーンカラーmark+(マークタス)

『mar+』と書いて『マークタス』と読ませるというのは,公式ページを読んで初めて知った.文房具は相変わらずそれ系のネーミングが多いらしい(笑)

と,いうことで,気が付いたら大晦日ですが,皆様如何お過ごしでしょうか.もう1週間ほど無いと年末年始の休みにしておきたかったToDoリストがこなせないなぁと焦っている私です.

さて,ここ数年ほど,特に『色』を売りにした文房具が多く発売されている気がします.そしてマーカーに限って言えば,昔は『ビシッとくっきりと発色する/蛍光色が目立つ』というのが唯一無二の方向性であったように思うのですが,マイルドライナーが出た以降は,『マークして目出させる』以外の用途のマーカーが数多く出てきたように思います.大雑把に書くと,『色を付けてデコレーションする』という方向性です.

このような用途のマーカーの場合,1ページ内に複数色を使うことが多くなります.そのため,あまり派手な色だとギラギラしたページになってしまって使いにくい.そのため,淡い色が求めらるわけです.そのため,『少しくすんだ色』や『淡い色』のマーカーが多くなってきており,用途が『(目立った色で)マークするペン』というネーミングと乖離して来ている感じです.

で,そろそろ淡い色のマーカー製品も飽和しつつあるんじゃないかな…と,思っていたときに発売になったのが『mark+』でした.正直,『雨後のタケノコの1製品かな.2色を1本にというヒネリだけの製品かな』と,思っていました.

コロナ以降は生活スタイルが変わってしまったのですが,今年の春先までは,出張帰りに大抵は京都のヨドバシに寄り,文房具の新製品が並んでいたら買って帰るというルーチン(笑)をこなしていました.記録を紐解くと,mark+は2020年の3月頃ですな.

で,そのときは『ん~.やっぱり普通のマーカーかな…』と,一旦お蔵入りにしていました.で,ある雑誌の記事でToDo管理にすごく便利という話を読んで引っ張り出してきて使ってみて感心.そして改めて公式ページを読んで『ほほぉ』と,納得した次第.正直すまんかった.

と,いうことで,ポストの方もお蔵入りさせずに加筆修正してアップ.

001_20201231164901

続きを読む "ToDo管理用の便利なツール:コクヨ 2トーンカラーmark+(マークタス)"

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

2021年の手帳をまとめて3種:ジブン手帳Lite mini/Rollbahn LOG CHART/Edit手帳 B7変型

2020年も残すところ10日じゃないですか!!

そんなわけで,20201年向けに買い込んでいた,『ジブン手帳Lite mini』,『Rollbahn LOG CHART』,『Edit手帳 B7変型』をまとめてレビューしてみます.

続きを読む "2021年の手帳をまとめて3種:ジブン手帳Lite mini/Rollbahn LOG CHART/Edit手帳 B7変型"

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

原点回帰の究極の鉛筆:鉛筆シャープ/enpitsu sharp

シャープ(メカニカルペンシル)と言えば,学生がゴリゴリ使う0.5mm芯の筆記用具…というイメージだったのは遙か昔の過去の話.『芯ホルダ』ではなく,『太芯シャープ』というジャンルの製品が出てからユーザ層が広がった感じがします.そして『鉛筆シャープ』という,そのままズバリな名前の製品が登場してからは,キワモノではなく製品カテゴリとして一般に認知されたように思います.芯の太さも0.3mmや0.5mmのような国内で一般的な太さの他,0.7mmや0.9mm,1.3mmという複数のサイズが出ており,用途に合った太さを選べるのも魅力.

雑誌付録などにもなった当初は,『学童用か?』的な安っぽい(失礼!)プラスティッキーな軸が多かったのですが,その後スーツ族が使っていても違和感の無い軸が出て,私もこんな感じで愛用していました.私はガシガシ使う際に,絶妙なバランスで0.9mmが使い易く感じています.

で,『まんま鉛筆のようなenpitsu sharp』が出ると聞き,予約した次第.え?限定セットとして白セット黒セットが出る?も?なんて感じで,(ささやかな額だけど)特許料の収入もあったので,大人買いしてみました.

052_20201216195501

続きを読む "原点回帰の究極の鉛筆:鉛筆シャープ/enpitsu sharp"

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

野帳やシステム手帳各種サイズに対応する,一年を俯瞰出来る蛇腹式のブロックマンスリー:じゃばらんだ

このままでは,手帳関係を紹介しきれないうちに今年が終わってしまう…と,いうことで,焦りつつスケジュール帳ネタ.

今回紹介するのは,『じゃばらんだ』(公式)という蛇腹式のスケジュールリフィルです.形状的には,私も愛用しているこのようなタイプの蛇腹式のイヤープランナーのように見えます.でも,所謂リスト式が並んだ『イヤープランナー』なフォーマットではなく,ブロックマンスリーの連結なんです.そしてこの製品の凄い所は,多彩なサイズがラインナップされている事.A5スリム,バイブル,ミニ6,ミニ5野帳の5種ラインナップなんです.大事な事なので繰り返し書きますよ.ミニ5野帳サイズもあります.ほぼ全てのシステム手帳ユーザの他,野帳ラーまで射程範囲内です.

この時期,BE-PAL12月号付録のスケジュール野帳を楽しみにしている人も多いと思います.しかし,ノートページを使い切ると途端にデッドウエイト付きのスケジュール帳になってしまう.そのためもあり,通常の野帳との2冊持ちが推奨されているような感じ.しかし,野帳用『じゃばらんだ』を使用すれば,好きな野帳にスケジュールページリフィルをセット出来,そして野帳を使い終わったら次の野帳にスケジュール部分だけ引っ越すことが出来ます.詳しくは,公式のYoutubeでのじゃばらんだ野帳セット方法解説動画参照のこと.

そして去年までは『じゃばらんだ』は生産量が少なく,入手しにくい状態でしたが,今年(2021年版)は一部機械折りを使用して十分な生産量が確保されたとのことで入手しやすくなっています.私は『スライド手帳ネットショップ』からネット通販で購入.当然mini5です!!

と,いうことでご紹介.

055_20201203173901

続きを読む "野帳やシステム手帳各種サイズに対応する,一年を俯瞰出来る蛇腹式のブロックマンスリー:じゃばらんだ"

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »