« 2020年10月 | トップページ

2020年11月

2020年11月23日 (月)

小さくてカワイイ上に意外と使えるバインダー:マルマン創業100周年記念アイテム ミニミニバインダー/ミニミニルーズリーフ

マルマン創業100周年記念(公式特設サイト)でマルマン100th限定ITEMですが,第一弾の製品は発売後しばらく経っても普通に購入出来たため,ちょっとナメてました.

第二弾も普通に買えるだろう…と,思っていたら『100th × ミニミニバインダー』および『100th × ミニミニルーズリーフ』が,あっという間に購入困難に.公式ショップなら…と,思って見ると,『売り切れました』と『入荷次第、再販売いたします』の両表示.どっちやねん.再販を,強く強くひたすら強く望みます.

『出遅れた~』と,お嘆きの方がおられるかもしれませんが,一応まだ流通在庫が少しは残っているようで,入手の可能性は(若干プレミアが付いている場合もありますが)絶望的ではありません.また,リアル店舗の店頭にも店によっては残っていると思います.なかなか昨今の状況では文具店行脚は厳しいと思いますが….

そんなわけで,何とかギリギリ購入出来ましたので,『小さい文具スキー』な方々のために,ミニミニバインダーを急ぎレビュー.定番商品のミニバインダーの半分サイズのカワイイやつです.ただし,バインダーの"do it …"はLoftの通販最後の1個の在庫を確保出来たのですが,『マルマン メモ 100周年 記念 限定 筆記紙 ミニミニルーズリーフ なつかしセット』はまだ未着….

025_20201123212101

 

続きを読む "小さくてカワイイ上に意外と使えるバインダー:マルマン創業100周年記念アイテム ミニミニバインダー/ミニミニルーズリーフ"

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

小物の整理とか文房具の収納とかテレワーク中の仕事セットの家庭内移動に最適:ZUAN LOVE! 「図案スケッチブック」インテリアトートBOOK

文具沼の界隈で話題になり,Amazonで見たら品切れで,買いに走ったら店頭に無く,途方に暮れていたらAmazonで再び在庫復活(11/20)していて購入出来ました.付録付きの雑誌って,規定数捌けたらそれで終わりという感じかと思っていたのですが,Amazonで数量表示されないくらいのまとまった数量で再入荷ってあるんですね.

あぁ,そう言えば,戦車系模型雑誌のArmour Modellingの今月号も,特集がかなり攻めた内容だったためか流通在庫が蒸発したみたいで,再版されるとのこと.月刊誌でこれは凄い.前回の(プラモデル物の)女性フィギュア特集号も瞬殺になり,直後に出版された別冊まで在庫が乏しくなっている(?)よう.二匹目のドジョウでしょうか?

Armour Modellingって,ミリタリ系ジオラマのオッサン兵士の汚し塗装は…なんて解説が真面目に延々とされる硬派な雑誌なんですよ.それなのに,今月号はモデルの水着写真が並んでいて女性メイクの仕方やプロポーションの調整の仕方(もちろん,プラモデルのですよ!)が真面目に論じられています.表紙もちょっと誤解を受けそうな感じなので,今号は別の本に挟んで買う愛読者も多いのではないかと.

私なんて…偶然書店を出たところでバッタリ同僚に出くわし,『tadachiさん,何買ったの?私は…今月号のJShipsにカレンダーが付いていてね.ほら』(袋から出して見せられる)に対し,『わ,私は模型の雑誌を…』(袋から出せず)なんてやりとりをする羽目になりました(実話).閑話休題.

で,この手の雑誌の付録って,帯に短し襷に長しな物が多いですよね.『あ,便利かも』と,思って買ってみたら,『思ったのと違う…』とか.コストの関係か,『もうちょっとココがこうなっていれば…』という点を詰め切れていない印象があります.

そう言う意味では,この雑誌の付録は控えめに言って,『ヤバイ』です.付録だけ定番商品として販売しても問題無いレベルです.単に『マルマン創業100周年万歳!』と,記念品を購入した感覚で箱を開けると,良い意味で裏切られます.付録でこれだけの満足度を得られたのは何年ぶりだろうか…と,いうレベルです.

では,前振りが長くなりましたが,ご紹介.

023_20201122180201

続きを読む "小物の整理とか文房具の収納とかテレワーク中の仕事セットの家庭内移動に最適:ZUAN LOVE! 「図案スケッチブック」インテリアトートBOOK"

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

mini5の時代が本格的に到来.デザイン秀逸で使い勝手も抜群なmini5:PLOTTERのmini5

最小サイズでコンパクトなシステム手帳であるmini5/micro5のブームが本格的に到来です.昨年あたりから,複数のメーカーからリフィルやバインダーの発売ラッシュです.『私は大好きなんだけど,mini5は市場的にはもう終わりかな…』なんて思っていた時期もありましたが,ここに来て不死鳥の如く蘇りました.関連製品を一気に終息させてユーザーをバサーッと切り捨てたと思われた能率協会も,こんな感じで新製品を出して様子を伺っているし….

で,今回のブームで感じるのは,多くのメーカーで

  • 単なる『システム手帳』製品ラインナップ拡充ではない
  • 実用性オンリーの新製品が少ない
  • 色気がある製品が多い

と,いった所でしょうか.

要は,『スーツ族』や『オジサン層』にのみアピールする製品ではないということです.

昨今の文具ブームの根底には,『個性』や『コダワリ』というものが流れているように思います.要は,『みんな同じ物を使う』とか,『規格化された間違いの無い定番』というのと真逆で,『自分のスタイルに合った人と違うもの』が好まれると言いましょうか.

そんなわけで,使い勝手が良いことは当然として,個人の趣向が非常に反映される『デザイン』は非常に重要なファクターなわけです.没個性ではダメで,かと言って奇を衒ったものももダメ.理想的には,『持っていて嬉しく,使っていて楽しく,人が「おっ」と思うようなもの』です.そしてこんな理想的なmini5のバインダーがPLOTTERブランドで出ましたよ(歓喜).

038_20201101221301

続きを読む "mini5の時代が本格的に到来.デザイン秀逸で使い勝手も抜群なmini5:PLOTTERのmini5"

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ