« 零式艦上戦闘機の各型の1/144スケールプラモデルを作りまくってズラリと並べて飾ってみる | トップページ | 定番化された年間カレンダー付き方眼ノート:NOLTYメモティ »

2020年9月 6日 (日)

mini5ファンなら買うべき:mini5に参入したレイメイ藤井のリフィル諸々

このような経緯でmini6のレイメイ藤井製のDavinciシリーズを使い始めたのですが,mini5から移行して早くも3年になります.

一時は126mm*76mmというジャストリフィルサイズの特殊性に,『普通のサイズ(126mm*80mm)にした方が良かったかも…』なんて思うときもありましたが,使用するリフィルが固定化したので不満は概ね無くなりました.そして今回も2021年用として

を購入.全部を持ち歩き用の手帳にセットするわけではないのですが,それの話はいずれまた.それにしても,廃番を気にせずに毎年購入出来るって素晴らしいですな.

で,8月から『そろそろ2021年のリフィルが出てるのかな』なんてソワソワしながらレイメイ藤井のサイトを見に行ってみたら,mini5に参入してました.いきなりでビックリ.最近のmini5ブームを見て,腰を上げたのでしょう.最近はメインから外してしまいましたが,mini5ファンとしては嬉しい限り.スピーディーな意思決定,素晴らしい.

ただ,残念ながら私はメインをmini5から移行してしまったので,改めてバインダーを買い換える程の勢いは無く,まずはmini5参入のご祝儀的にリフィルをいくつか買ってみました.方眼系が充実している辺り,なかなか勘所を押さえている感じです.

では,早速レビューをば.

160_20200906001201

まずは『フリーマンスリースケジュール(ブロック)DMR343』.一番上の行の『mini5サイズ』の文言が輝いて見えますな(^^

手帳と言えばスケジュール管理を主な用途として使用している人が多いと思いますが,ブロック式のマンスリーがあれば大抵の人は不自由は無いでしょう.そして日付無しであれば,ストックしておいて『いざという時(敢えて言うまい)』に備えたり,例えば『1月は2レイヤー欲しい』というときに1月,1月,2月,3月…のように使うことも出来ます.

161_20200906003401

敢えてリフィルだけ並べるとこんな感じ.日付が入っていないのでノッペリとした印象を持ちますが,フォーマットとしては土日サイズが小さい等のクセが無く,とても良い感じです.

171_20200906003401

左側は月/火/水の3日分.ブロック内の日付を書く所にアンダーライン.そしてページの一番上には1行分の空白アリ.左上に『月』を書く感じ.

172_20200906003401

右側は木/金/土/日の4日分.そして最上部は『月』や通し番号を書く等に使える空白あり.

173_20200906003401

そして左側ページの月曜の左側にはリスト型の項目が縦に並んでいます.

174_20200906003401

1~31まで数字が振られているので,各日に対応させて数値データを入れたり,ハビット・トラッカー(Habit Tracker:出来た/やったをマークして良い習慣を維持する小技)に使ったりすると便利そうです.

175_20200906003401

で,右下には少しまとまったメモ欄.

なお,一連のリフィル全てがそうですが,用紙は薄めのトモエリバーなので,フリクションでガシガシと書いたり消したりする場合は少し気を遣うかもです.ヨレたり破れたりに注意.

176_20200906003401

次は『無地ノート DMR328』.無地はリフィルの基本です.

163_20200906003501

淡いクリーム色の普通の無地ノートです.『普通』というのが大事.

178_20200906003601

次は『方眼罫ノート(5mm方眼)DMR335』.方眼は至高のフォーマットです.異論は認めません.

165_20200906003501

うん.これもまぁ普通の方眼ノートです.

mini5の場合,5mm方眼というのはマス目が大きく見えますな.

190

そして『方眼罫ノート(3mm方眼)DMR336』.

167_20200906003501

ピッチは3mmと細かいのですが,mini5で使うとしたらこのくらいの方がバランス的に丁度良い感じがします.

183_20200906003801

最後に『十字方眼罫ノート(5mm方眼)DMR341』.

169_20200906003501

これはちょっと特殊な感じですが,ドット方眼の亜種という感じ.実際に遠目に見ると,一見ドット方眼です.

180_20200906003601

そして一連のリフィルを並べてみるとこんな感じ.上が3mm方眼,左が5mm方眼,右が5mm十字方眼.

アップにすると,5mm十字方眼が本当に『十字』であることがよく分かります.ドット方眼ってドットが小さすぎると殆ど無地ノートになるし,その一方でドットの印刷が濃いと少しうっとうしいときがありますよね.そういう意味では,リフィルサイズの小さなmini5の場合,薄めの十字ドットというのは丁度良い感じなのかも.

あと,こちらで紹介したリフィルのように,ドット方眼だと思ったら"L" "♡" "V" "E"って書いてあるっていうのも捻りがあって好きですわ.mini5ってカテゴリは,趣味と実用性の微妙/絶妙なバランスのリフィルやバインダーが多いですな.個人的には,実用性バリバリに見せていて,実は遊び要素が入っている粋な感じの物が好きです.

193_20200906003201

最後に1つ気になった点を書くと,まずは下の写真を見て下さい.上はゴールドの小口で悶えてしまうmini5のシリーズが出たbindex,下が今回紹介したDavinciです.

メーカー名と型番をリング穴の間に印刷するのが定番のようなのだけど,mini5の場合は文字を小さくするかインクを薄い色にしないとかなり目立ちます.実用性を損なうことはないのだけど,パット見,Davinciの方はフォントが肉厚なこともあって少々クドく見えるかもです.ここは改善希望.

195_20200906003201

まとめ

と,いうことで,レイメイ藤井のDavinciシリーズとして発売になったmini5のリフィルの紹介でした.

改めて列挙すると,今回は

を紹介しましたが,この他に

が出ています.これだけあれば,普通の用途であれば困らないでしょう.

日付入りのカレンダーリフィルが無いのが少々不満ですが,bindexがmini5関連を一気に廃番としたときの悪夢を覚えている人にとっては,mini5用のリフィルやバインダーを提供する会社が1社増えることは大きな安心材料かもしれません.特に『薄い&トモエリバー&淡いクリーム色』で廉価なリフィルを求めている人にとっては,『待ってました!!』な製品だと思います.

と,いうことで,mini5ワールドを盛り上げたい人は買って応援すべきでしょう.そしてmini5シリーズの売れ行きが好調になり,レイメイ藤井も腹を括って(笑),日付入りブロックマンスリーを販売するようになることを強く願っています(^^

|

« 零式艦上戦闘機の各型の1/144スケールプラモデルを作りまくってズラリと並べて飾ってみる | トップページ | 定番化された年間カレンダー付き方眼ノート:NOLTYメモティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 零式艦上戦闘機の各型の1/144スケールプラモデルを作りまくってズラリと並べて飾ってみる | トップページ | 定番化された年間カレンダー付き方眼ノート:NOLTYメモティ »