« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月19日 (日)

懐かしさと口惜しさと優しさの狭間:映画 ラストレター

映画に限らず,お涙頂戴物のストーリーってパターンがあるじゃないですか.

大抵は大切なものを失う.それも恋人であったり夫/妻であったり子供であったりのバリエーションはあるけど,最愛の人を失うのが定番.単に離れる『愛別離苦』ではなく,事故や病気でのインパクトのある死別が主流.あとはストーリーの幹に枝葉を付けるために『いかに失う者が主人公にとって愛情の対象であったか』を描き込んで感情移入を誘い,そして失ったときに激情を引き出す.そして如何に大切な存在であったかを誰かに語らせて更に追い打ちをかける.場合によっては,失った後から『こんな物が出てきました』とばかりに愛情の深さを知るエピソードを追加したりしながら.そしていきなり失う場合もあれば,分かっている終末がジワジワと近付いてきていることを感じさせ,徐々に感情を高ぶらせて最後に畳みかける場合もある.

なんて書いているとあまりにも単純だけど,実際に感極まるパターンって誰でも同じなんですよ.実際,大抵の人は『過去の悲しい出来事は?』と問われたら,仲の良かった人や愛する人との別れでしょうしね.

そして今回紹介する『Last Letter』(公式)なんですが,昨年劇場で予告を観たときに,『これは良い映画だ.観なきゃ』って直感があったんですよ.そして封切りを楽しみにしてました.何と言ってもその映像美,そして演技派の女優・俳優陣.私はあまり監督では観る映画を選ばないのですが,私の好きな邦画の一つである『Love Letter』の岩井俊二監督の作品の場合はちょっと違います.

そして何よりも感じたのは,単なる『愛する者を失った喪失感』がメインテーマではないなという感覚です.

仕事の合間を縫って18日に観てきたのですが,その予感は正しかった.邦画の底力を感じる実に素晴らしい作品でした.そして前述のような単純な話を表面的に追った話ではなくて,もっと複数の感情が複雑に絡み合った味わい深い作品でした.タイトルに挙げたような,懐かしさと口惜しさ,そして優しさ etc…etc….

良い作品なのでもっと多くの人に観てもらいたいという気持ちを込め,公式で公開されている以上のネタバレを避けながら少し紹介してみます.

続きを読む "懐かしさと口惜しさと優しさの狭間:映画 ラストレター"

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

アンダー500円でこのクオリティは凄いっす:BANDAI ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン

スターウォーズシリーズ最後の映画となった,『スカイウォーカーの夜明け』は少々残念な感じでしたが,それでも"STAR WARS"シリーズの輝きが色褪せるわけではありません.やはり傑作ですよ.

世界中に凄まじい人数のファンも存在するわけで,そして熱烈なファンが映画だけに満足するわけがありません.そんなわけで,凄まじい種類のグッズも販売されています.そんな中,私が敢えてご紹介するのはプラモデル.

あ,そこの奥さん,面倒くさそうだなんて思わないで下さい.もうちょっと読んでいって下さいよ.

プラモデルとは言っても接着剤不要で,ランナーから切り離したパーツをパチパチと組み上げるだけの物.パーツもごく僅かで,単に組み上げるだけであれば30分もかかりません.そして『ビーグルモデル』は500円~1,000円程度の手が出しやすい価格帯なうえ,完成したものは手のひらサイズでモニタ前とかにもディスプレイしやすいサイズ.

え?安っぽそうだって?

私も店頭でプラモの箱のサイズを見たときはそう思っていました.でも,ガンプラの経験で技術を究極まで進化させたBANDAIが本気で作ると凄まじいディテールなんです.そして簡単な塗装もすると…凄まじい完成度なんですよ.まぁ下の写真を見て下さいよ.これが1時間程度で塗装も含めて出来ちゃうんですよ.プラモの価格は500円切っちゃってて「あわせ買い対象商品」なんですよ

そんなわけで,あまりの出来の良さに感動したので勢いでご紹介.

035_20200115194901

続きを読む "アンダー500円でこのクオリティは凄いっす:BANDAI ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン"

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

ぺんてる オレンズネロの限定カラー

明けましておめでとうございます…を,6日の仕事始めの日に書く状況はアレですが,今年もよろしく.

シャープペンシルの究極進化した製品,『オレンズネロ』(1/6までのAmaのセール中.0.3mmも2千円切ってる!!)に関しては2017年にこちらでレビューしました.

  • 0.2mmの極細芯タイプと0.3mmのタイプがある
  • 筆記中に芯が折れない(折れにくい)
  • 一度ノックして芯を出したら自動で適切な長さに出続ける
  • 高級感漂う軸のデザインとカラー

というコンボでグイグイ攻めて来るシャープなため,発売直後から人気沸騰.そして1本3千円という価格にも関わらず流通在庫が蒸発.メーカーからの出荷本数が少なかったために在庫切れが長期化し,信じられない程のプレミア価格が付いて取引されていました.

その後状況は1年以上かけて落ち着き,現在は少し大きめの文房具屋に行けば普通に購入出来るようになりました.そして平穏な時間が過ぎて…とか思っていたら限定色の登場ですよ.既に人気色は取り合いになっていてプレミアが付き始めているようなので,欲しい人は急いで下さい.

私はというと,何とかブルーブラックの0.2mmが普通に定価で購入出来たのでレビュー.

003_20200106184501

続きを読む "ぺんてる オレンズネロの限定カラー"

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »