« Amazonの在庫が復活.買えなかった人は今のうちに:BE-PAL 2019年12月号の測量野帳サイズスケジュール帳 | トップページ | 凄まじく使い易いので定番化を希望:NOTY能率手帳70周年記念 限定アイテム デイリーブックとメモティ »

2019年12月16日 (月)

フリクションとの相性が良く,ジブン手帳らしからぬ落ち着いた色合いのミニマルな新製品:ジブン手帳 Lite mini 2020

『24時間目盛りが振られたバーチカル』,『何でも書き込んで・詰め込んでライフログ』,『方眼原理主義』というコンセプトが私のストライクゾーンど真ん中なため,何気に新製品が出る度に購入している『ジブン手帳(公式)』.2年前にはBiz miniについてレビューしましたが,結論を先に書きますと,1年間使い切ることが出来ませんでした.原因は単純で,複数の手帳(持ち歩き,卓上など多種)をあれこれ使っている中で,丁度良いポジションを占めることが出来なかったからです.

使いにくかった理由をいくつか挙げますと,

  • 持ち歩き手帳サイズではないため卓上手帳として使用したが,そうすると機能が帯に短し襷に長し
  • ガシガシ使うためには書き直し可能なフリクションを多用することになるが,トモエリバーとの相性があまり良くない
  • オリジナルと比べると色合いが落ち着いているが,それでもまだ派手

等です.

少し補足すると,卓上手帳として使う場合は持ち歩かないので『いつも手元に持っておきたい情報』を書かなくなりました.そして手帳という性質上,例えば頻繁に変更されるスケジュール等,書き込まれる情報はコロコロ変わる場合があり,フリクションは必須.しかし手帳用用紙の王様であるトモエリバーですが,フリクションのイレーサーで擦ると,すぐにヨレたり伸びたりしてしまうわけです.これではガシガシ使えない.そして最後にリフィルのデザインですが,これは好みの問題とも言えますが,目にしたときの刺激が多過ぎると,ちょっと使いにくいなと.

正直,『もうちょっとなんだけどな…』という非常に惜しい感覚です.

そんな中,出張中にフラッと渋谷のハンズに立ち寄ったらジブン手帳が山積み.そして新製品のLite miniも.実物を見て・触ってみて,『これだ!』と,思った次第.

私が購入したのは9月でしたが,巷では『Lite mini』だけ(?)異様に売れているようです.12月現在,店頭在庫切れになた店舗も多い感じで,Amaoznも厳しい感じ.楽天を見てみてもナガサワ文具センターに少し在庫がある程度.そんなわけで紹介が少し後手に回ってしまった感じですが,『良い物は良い』ということでご紹介.

093_20191216201701

 

公式のLite miniのページにカラバリがズラリと並んでいますが,ネイビ,ライトブルー,ライトピンク,ベージュの4色展開です.

ライト系の2色は,軽やかさをアピールし,文具沼に落ちていない女性層もガッツリさらう気満々なカラー.そしてベージュはユニセックス的と言いますか,重くも軽くもなく自然体な物を求める層.残る1色のネイビーは,『ピンクとか持てへんし』な男性向けカラーと言えましょう.

スーツ着た普通のオジサン/ニイチャンが,スケジュール確認をするためにブリーフケースからライトピンクの手帳を出したらドン引きです(※効果には個人差があります.この感覚はあくまでも個人の感想であり,ライトピンクが表紙の手帳の効果・効能を示すものではありません).レッドならまだOKなんだけどね.

101_20191216201701

『ミニマルなLite版が登場』『THIN PAPER』

そう.『THIN PAPER』めっちゃいいです.フリクションとの相性バッチリです.

ジブン手帳公式ガイドブック 2020』にTHIN PAPERのサンプルが付いてくるのですが,フリクションで試し書きしてハートを打ち抜かれました.紙そのものは手帳用紙のために薄いのですが,フリクションのラバーで擦って消字した際に殆どヨレない.

手帳で気分が下がる3大シチュエーションって,1)消せないペンで書いていて盛大に間違ってしまったとき 2)インクが裏に抜けてドボドボになってしまったとき 3)そしてフリクションを消していてヨレてビリッと紙が破けてしまったとき じゃないですか.異論は認めません.そして最初の一つは如何ともし難いけど,後者2つに関してはTHIN PAPERはは超優秀です.

094_20191216201701

ミニマル指向になっても,『LOG YOUR LIFE』.そしてLiteのロゴが何とも良い味を出しています.

096_20191216201701

一昔前は手帳と言えばレフト型ばかりでしたが,最近はバーチカルが市民権を得たように思います.いや,一大勢力になっている気が.

しかしバーチカルはレフト型と比べて微妙なフォーマットの違いによるバリエーションが多く,ユーザーによるカスタマイズの余地が広いため,逆に使い方に迷う人も多い感じ.そういう迷い人に対しては,『ルールは無いので自由に使って』ではなく,『こんな使い方も出来るよ』というサンプルが重要.それがこの帯.

そうそう.『あえて、バーチカル手帳として使わない(みんなの手帳部)』を読んだときは新天地を見た感覚に捕らわれたのだけど,バーチカルは本当に奥が深いし懐も深いです.

099

ネイビーに金文字が映えます.表紙はポリウレタン製で,手触りも良いです.

103_20191216201701

それでは中を見てみましょう.

104_20191216201701

一枚めくった表紙の下には名前欄と連絡先欄.

105_20191216201701

次にイヤープランナー.まるで能率手帳ビジネスマン向け手帳の大手かと見紛う落ち着いた色使いです.

あ,突っ込まれる前に先に書いておきますが,ホワイトバランスの関係でクリーム色に写っていますが,紙の色は白です.

107_20191216201701

一応背景に白を除いて3色使われていますが,目に刺さるような派手さは無く,おとなしめです.

そして何より方眼!.これ大事!!

108_20191216201701

ページを捲ると2020,2021年のカレンダーと『今年の目標』ページ.『目標』と『実現するための行動』を『仕事・勉強』や『資格・教養』のようなカテゴリ毎に書かせ,目的と行動を明確化させるようにしています.

行動に落とし込ませるのって大事ですよね.でないと,『目標』が『願望』のままで終わることが多い.

109_20191216201701

そして『フリーリスト』.

110_20191216201701

フリーリストは複数ページあります.『今年するリスト』や『読んだ本リスト』のように,昨今のライフログ系の手帳では用途を固定したページが複数用意されている手帳が多い感じ.しかし『Lite mini』では,汎用的なリストページにすることにより,ボリュームを抑えています.用途を固定されてしまうと,使わない余白が広くなってしまう事が多いので,これはページ数の限られた手帳にとっては,良い方向性かなと思います.

111_20191216201701

そしてブロックマンスリー.このページもジブン手帳らしからぬ(笑),淡い落ち着いた色合いです.

112_20191216201701

方眼基調で左側にリストボックス付きの段.本体は月曜始まり.

113_20191216201701

下にはガントチャートとして使える行.このフォーマット,うまく使うと便利なんだよね.

行は7行.グラフに使うも良し,ガントチャートにするも良しです.

114_20191216201701

各日の箱には六曜が書かれているほか,気分を記録するアイコンが書かれた箱も用意されています.

115_20191216201701

飛び出したインデックスは何かと使いにくいので,このような印刷タイプが好みです.本体を少し曲げると見やすくなり,大体スッと目的の月を開けます.

116_20191216201701

ブロックマンスリーは2021年3月まで.年度を意識してますな.

117_20191216201701

そしてメインコンテンツのバーチカルウイークリー.

これもジブン手帳らしからぬ派手ででない淡い色合い.Bizであった,タイムラインに打たれたゴツイ●や○も無し.良い感じ.そして左端には上にカレンダー,そしてその下にマンスリー同様にリスト用スペースが1段.

118_20191216201701

各日の最上段には転記をマークする欄とチェックリスト用のスペースがあります.

あと,ジブン手帳は0時から24時まで24時間分の数字がタイムラインに打たれています.忙しい人や夜型の人にはコレ重要.あと,0時から6時は1時間方眼1マスですが,6時から24時までは2枡.

121_20191216201701

下にも余白があるので,単純にスケジュール以外にも色々と使えます.また,ここにも気分を記録出来る欄アリ.

122_20191216201701

バーチカル最強!!

123_20191216201601

そしてバーチカルウイークリーは2021年1月10日まで.

124_20191216201601

その後ろは方眼ノート.

125_20191216201601

ガシガシ使うには全然足りない分量ですが,必須な情報を書いておく用途や,『メモしたいのにノートが手元に無い!!』のような緊急事態には役立ってくれるでしょう.

そう言えば子供が朝によくZipを観ているのですが,私が群馬に出張する直前に『マーティンが群馬に行くって言ってたよ.もしかしたら会えるかもね』って言ってまして…前橋駅でエスカレータを降りつつ外を見たら,青いツナギを来た人が撮影してまして…握手して一緒に写真撮ったりしてもらったのですが(何てミーハーな私(^^;),そのときサッと出せるノートも手帳も無くてサインを貰い損ねて子供達に怒られました.そう,こんなときにジブン手帳の方眼ノートページが必要!!(笑)

マーティンは気さくで雰囲気の良い好青年でした.カメラ回ってない所でもあの好青年キャラって凄いよね.

126_20191216201601

そして最後に『今年の振り返り』ページ.見開き左はジブンの,右は家族の各月の出来事を書くようになっています.

127_20191216201601

そしておしまい.

128_20191216201601

手帳は財産.ジブン手帳でも,落としたときに拾ってくれたら謝礼を…を書く欄が用意されています.

129_20191216201601

裏側にはメーカー名と製品コードが金文字で.

そう言えば…ぺんてるを争ったコクヨとプラスの争いは,コクヨが株式の50%を確保出来ずに破れたとのこと.怪文書が飛び交ったりとか,文具業界に激震が走りましたねぇ.

130_20191216201601

さて,『Lite mini』には『mini』という冠が付いていますが,実は結構大きめです.

右はレギュラーサイズのトラベラーズノートのリフィル.一回り小さい感じですが,サイズとしては『B6スリム』です.まぁジブン手帳のオリジナルのサイズは『A5スリム』なので,それに比べたら小さいですけどね.

131_20191216201601

下の写真は,バーチカルかつ方眼の方眼による方眼好きのための手帳こと『NOLTY 来爪も小型版』(昨年のレビューはこちら),手頃なサイズで沢山書けるし使い易いと評判で,同盟軍まで出来ているNOLTY リスティ1』との大きさ比較.

リスティとほぼ同じだけど,少しばかり縦横に大きいサイズです.

いやぁ~しかし今年も沢山2020年の手帳買っちったなぁ…(笑)

132_20191216201601

まとめ

そのようなわけで,『ジブン手帳』のコンセプトや内容に興味があるが,大きさやリフィルの見た目の派手さに二の足を踏んでいた人達にとってはとても良い製品の登場と言えましょう.

私の好みのポイントでもあるのですが,『方眼』と『バーチカル』を押さえ,そしてそこに『ライフログ』というテイストを追加し,それらに対して相反する要素であろう『携帯性』まで維持しています.携帯性を追求すると,筆記エリアまたはボリュームを削ることになります.何を削り,どこを残して維持するかという塩梅が重要になるかと.まるでウイスキーのブレンダーみたいな感じですな.また,逆に思い切って削ることにより使い勝手が増す場合もありますしね.実に奥深い.そいう意味では,『ジブン手帳 Lite mini』は絶妙なバランスの上に成り立ってる素晴らしい製品と言えましょう.

そして双璧をなすのは,おそらく『NOLTY リスティ1』.その使い易さは多くの熱烈なファンに支持されています.サイズもほぼ同じ.実は『手帳』と『ノート』の中間的なこのサイズは,実に良い安定点なのかもしれません.

と,いうことで,『ジブン手帳 Lite mini』,オススメです.これまで『ジブン手帳』の使用に躊躇していた人や,卓上手帳の使い方に今ひとつ魅力を感じなかった人は,特にチェックしておくべき手帳かも.問題は…入手性かなぁ.近場のLOFTもハンズもLite miniだけゴッソリと無くなってます.欲しい人は…文房具屋巡りをしてみて下さい.文房具の神様が,きっと在庫のあるお店に導いてくれる筈です.文具愛があれば(^^;

|

« Amazonの在庫が復活.買えなかった人は今のうちに:BE-PAL 2019年12月号の測量野帳サイズスケジュール帳 | トップページ | 凄まじく使い易いので定番化を希望:NOTY能率手帳70周年記念 限定アイテム デイリーブックとメモティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Amazonの在庫が復活.買えなかった人は今のうちに:BE-PAL 2019年12月号の測量野帳サイズスケジュール帳 | トップページ | 凄まじく使い易いので定番化を希望:NOTY能率手帳70周年記念 限定アイテム デイリーブックとメモティ »