« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

年末に登場の細書きボールペンの大本命:ジェットストリーム エッジ

『消せるボールペン』は『フリクション』,『ヌラヌラと書いて快感ボールペン』は『ジェットストリーム』というのが(個人的には,もっと色々なペンをプッシュしたい所ですが)巷では定番化している今日この頃.そんな中,ジェットストリームの新ラインとして,年の瀬も押し迫った12月20日に新製品が出ました.その名も『JETSTREAM EDGE』(公式)です.

このラインの売りはというと,何と言っても『0.28mm』の超極細.そして筆記位置が確認しやすい新開発の『ポイントチップ』.そして明らかにメモリアル的な特別なオーラを纏っているその軸の高級感.

発売日前に情報がバンバン流れ,そしてあちこちでデモ等がされていたこともあって,店頭に並ぶ前から既に火が付いていた感じです.数日前倒しで販売を開始した店舗での購入報告が上がり始めるや否や,文具クラスタ住人の争奪戦が勃発し,あちこちの店で店頭在庫が急激に無くなりつつあります.現在は年末年始の休みで出荷が止まっているでしょうし,潤沢な数量が流れるにはしばらくかかるでしょうから,『今すぐ欲しい』と思った人は見つけ次第速やかに確保した方が良いでしょう.

私も二本程購入したので簡単にレビューしてみます.

001_20191231153501

続きを読む "年末に登場の細書きボールペンの大本命:ジェットストリーム エッジ"

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

12周年ベストセラー文具の42年間で完結した映画シリーズグッズ:STARWARSの『そえぶみ箋』

昔は技術者必須の基礎知識として挙げられていたSTARWARSですが(もう一つはスタートレック),12月20日封切りの『スカイウォーカーの夜明け(公式)』でシリーズ9作,42年の歴史に幕が下ろされました.

一応全作品をリアルタイムで映画館で観た者としては(IV~VIの辺りはちょっと記憶があやふやな部分もありますが),感無量です.ルーカス自身の父親との確執が生み出した(裏ネタはコチラが詳しい)素晴らしい作品群(Ep. IV~VI)が,プライベートで父親と和解したことで途端にフニャっとし(Ep. I~III.それでもIIIでは持ち直したかな),『全9作なんて言った覚えはない.6作で完結』なんて発言が出たと思ったらディズニーに権利が売却され,そして続編が作られることに期待に胸を膨らませた挙げ句に大勢のファンを絶望へ突き落とした(Ep. VII~VIII).

まぁ何はともあれ,完結して良かったです.賛否両論はあるし,米国のレビューサイトでは『Ep. VIII』がシリーズワースト2のスコアが付いたというニュースも出ていたけど,個人的には世界観と言いますか雰囲気ぶち壊したEp.VIIよりはマシだったかなという気がします.内容は…映画館で自身の目で見て確認してみて下さい.May the Force be with you...

そんなわけで,今作にはあまりグッとクルものが無くてですね,特別版のパンフは記念に購入しましたが,グッズ売り場はスルー…のつもりでいたら見付けてしまったのでレジにUターン.『そえぶみ箋』です.この他,ストームトゥルーパーもあったけど,自重してR2D2とダースベイダーの2種を捕獲.

112_20191222204801

続きを読む "12周年ベストセラー文具の42年間で完結した映画シリーズグッズ:STARWARSの『そえぶみ箋』"

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

凄まじく使い易いので定番化を希望:NOTY能率手帳70周年記念 限定アイテム デイリーブックとメモティ

いえね,ずっと愛用していたmicro5を廃番にされたとき以来,ちょっと能率協会の製品ウォッチをサボってたんですよ.せいぜい店頭に並んでいるのを見て購入するくらい.とは言え,『ライツメモ』(昨年のレビュー)は私の方眼センサーが反応したので,速攻で購入しましたが.

するとどうでしょうか.今年は能率手帳周年記念限定アイテムが出ているとのこと.うはー.出遅れたーって感じ.そして酸っぱいブドウではないですが,『でも,どうせ限定アイテムって信者向けで実用性がイマイチなコレクションしておくためだけの製品なんでしょ?』なんて思いつつ公式ページを見たら….ヤバイですね.ハートを打ち抜かれました.これは調達しないと絶対後悔するヤツです.

限定アイテムとして出たのは,『デイリーブック』,『メモティ』,『4年日誌』の3種類.それぞれ2色,5色,5色のカラバリまで用意されていて,気合いの入れ方が半端ではない.この分だと,100周年記念限定アイテムなんて出た日には,本当のゴールドな能率手帳が出そうな勢いだ(笑).長生きしなければ….

まぁ冗談はさておき,内容はというと,それぞれ1日1ページの小型手帳,年間カレンダーを一枚入れただけで後は方眼ノートの小型手帳,そして文字通りB6サイズの4年日誌です.

私はデイリーブックとメモティにハートを打ち抜かれました.何が良いかというと,能率手帳で『小型』と表記されるサイズなんですよ.95mm*144mmなんですよ.このサイズで作りの良いダイアリータイプの手帳って少ないじゃ無いですか.それを能率協会が70周年にかこつけて本気出したわけですよ.素晴らしい製品になる以外の選択肢は無いじゃないですか.

001_20191217203801

続きを読む "凄まじく使い易いので定番化を希望:NOTY能率手帳70周年記念 限定アイテム デイリーブックとメモティ"

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

フリクションとの相性が良く,ジブン手帳らしからぬ落ち着いた色合いのミニマルな新製品:ジブン手帳 Lite mini 2020

『24時間目盛りが振られたバーチカル』,『何でも書き込んで・詰め込んでライフログ』,『方眼原理主義』というコンセプトが私のストライクゾーンど真ん中なため,何気に新製品が出る度に購入している『ジブン手帳(公式)』.2年前にはBiz miniについてレビューしましたが,結論を先に書きますと,1年間使い切ることが出来ませんでした.原因は単純で,複数の手帳(持ち歩き,卓上など多種)をあれこれ使っている中で,丁度良いポジションを占めることが出来なかったからです.

使いにくかった理由をいくつか挙げますと,

  • 持ち歩き手帳サイズではないため卓上手帳として使用したが,そうすると機能が帯に短し襷に長し
  • ガシガシ使うためには書き直し可能なフリクションを多用することになるが,トモエリバーとの相性があまり良くない
  • オリジナルと比べると色合いが落ち着いているが,それでもまだ派手

等です.

少し補足すると,卓上手帳として使う場合は持ち歩かないので『いつも手元に持っておきたい情報』を書かなくなりました.そして手帳という性質上,例えば頻繁に変更されるスケジュール等,書き込まれる情報はコロコロ変わる場合があり,フリクションは必須.しかし手帳用用紙の王様であるトモエリバーですが,フリクションのイレーサーで擦ると,すぐにヨレたり伸びたりしてしまうわけです.これではガシガシ使えない.そして最後にリフィルのデザインですが,これは好みの問題とも言えますが,目にしたときの刺激が多過ぎると,ちょっと使いにくいなと.

正直,『もうちょっとなんだけどな…』という非常に惜しい感覚です.

そんな中,出張中にフラッと渋谷のハンズに立ち寄ったらジブン手帳が山積み.そして新製品のLite miniも.実物を見て・触ってみて,『これだ!』と,思った次第.

私が購入したのは9月でしたが,巷では『Lite mini』だけ(?)異様に売れているようです.12月現在,店頭在庫切れになた店舗も多い感じで,Amaoznも厳しい感じ.楽天を見てみてもナガサワ文具センターに少し在庫がある程度.そんなわけで紹介が少し後手に回ってしまった感じですが,『良い物は良い』ということでご紹介.

093_20191216201701

 

続きを読む "フリクションとの相性が良く,ジブン手帳らしからぬ落ち着いた色合いのミニマルな新製品:ジブン手帳 Lite mini 2020"

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »