« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月 5日 (月)

測量野帳ファンなら今のうちに押さえておくべき:60周年測量野帳限定BOX

横幅が短くて掴みやすく,薄くてポケットにも入りやすく,表紙は固くて立ったまでも筆記でき,堅牢な設計で多少荒っぽく扱っても平気で,それでいて手頃な価格の手帳.それが測量野帳です.

今は文房具クラスターをはじめとした一般の人にもユーザーが多く,特に3mm方眼の『スケッチ』タイプが広く使われています.そしてユーザーはヤチョラーと呼ばれ,廃人度が増すごとにヤチョリスト(愛好家),ヤチョリアン(伝道師)というヒエラルキーを登って行きます(メーカー公式公認w).

本BLOGを始めた頃に紹介したPoICという情報組織化の手法も,測量野帳と5x3情報カードという道具があって初めて有機的に回すことが可能なシステムになります.

『優れた道具有るところに文化が生まれる』と,言い出したのは私ですが(笑),測量野帳は正にそれを体現したかの如くの状態です.緑のハードカバーに書き込まれた物が文化を創り,そしてそれが公開されることにより人が集まってより賑わいを増す.このエコシステムが回ることにより文化圏は広大になり,そして深度も深くなる.しかし常にその中心には測量野帳の存在があるわけです.

そんな測量野帳ですが,発売は1959年であり,今年で60周年とのこと.軽い目眩がするような驚きです.文房具は,他のジャンルの製品よりも長命かつモデルチェンジが少ない方だと思いますが,全然古くささを感じさせない身近な野帳が60周年ですか….

最近,文房具で『○周年限定モデル』という製品が毎年のように出ているような気がしますが,コクヨからも出ました.特設ページはこちら

やはり一番の注目は『60周年限定ボックス』でしょう.私もAmazonで予約が始まった直後に予約し,店頭に並び始めても待ち,発送予定日になっても発送されずにAmazon見たら『1~2ヶ月待ち』となっていたのに絶望した口です.

私は『またkonozamaかよ!!』と,諦めて別のショップで購入したのですが,すると発売予定日翌日に潤沢な在庫が何処からともなく湧いてきたようで,サクッと買える状態に.そんなわけで,『あ,出遅れた!でも欲しい!』という方はお急ぎなされ.Amazonであれば送料無料ですし.私は…辛抱できずに別で購入し,送料結構かかったのになぁ…(涙)

そんなわけで,『60周年限定ボックス』をレビューしてみます.

016_20190724164201

続きを読む "測量野帳ファンなら今のうちに押さえておくべき:60周年測量野帳限定BOX"

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »