2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

AdSense


AdSense


SNS

  • SNS

2022年11月27日 (日)

旅行や出張に持って行くための携帯用透明水彩用小型パレットを自作する&早速絵を描いてみる

以前,このような感じで透明水採用の携帯用小型パレットを自作しました.一応それなりに使えて便利ではあったのですが,コロナの影響もあって出動機会が少なく….まぁこればっかりは仕方が無いですね.そしてジワジワと感じていた不満点としては,『もっと沢山の色を持ち歩きたい』がありました.

混色して色を作って…というのも可能ですが,何分ミニマムなサイズにしたこともあり,パレット上で混色作業に使用出来るスペースが狭く…という感じで,携帯性を追求した結果痛し痒しな状態に.その一方で絵具メーカーの既製品,それも固形水彩のセットであればシッカリしたものもあるのですが,筆とのセットの製品が大半でサイズが大きく,そして値段もかなり高価.勿論背水の陣で本腰を入れて投資して…というのもアリですが,2万5千円するターレンスの24色セットや1万5千円ほどのホルベインの24色セットを見ると少々腰が引けます(共に値段に見合う価値はあると思いますが).そういう目で見ると,ウインザー&ニュートンの24色セットが約6千円というのはかなり安く感じるなぁ…と,いう時点でかなり金銭感覚が麻痺しかかっているかも…いかん,いかん(笑).

あと,固形水彩はやはり割高になるので前回同様,自分でチューブからハーフパンに入れて行きたいんですよね.前述のセットを購入し,固形水彩を使い切った後でそうするのも手だけど…とか悩んでいたらAmazonでPH PandraHallのパレットを見付けまして,『あらやだ奥様,サイズも値段も手頃じゃない』って感じになりまして反射的にクリックした次第.

なお,ハーフパンでの多色持ち運び用としては,このハーフパンこのマグネットシートを貼り付けてこのケースに収納・貼り付けて…という感じで45色入れて…というのも流行っているっぽいです.2万円程するホルベインの108色全色セットも機会があれば使ってみたいなぁなんて思っていたら,Amazonで瞬間的に1万5千円に値下がりしていたので(普段は2万円弱),危うくクリックしかかりました.それにしても,Amazon安いですな.ホルベインの24色も5千円で売られている店が多いのに4千円切ってるし.

なお,現在開催中のブラックフライデーで今回使用したホルベイン24色セットが38% offになっているので,安く透明水彩を購入したい方はお早めに.

そして結論から書きますと,とても使い易いパレットが出来,岡山出張に持って行った際に余暇時間を使った趣味の時間を堪能できました.

そんなわけで,作り方(と,いうほど大層なものではありませんが)など紹介してみます.

Img_4009_r

» 続きを読む

2022年10月12日 (水)

仕事の『点』も『線』も管理出来て便利な机上に立てて使うブロックマンスリー&プロジェクト管理:ミドリ プラススタンドダイアリー

コロナ以降,オンライン会議が一般化したこともあり,社外の人とも以前と比べて気軽に会議が出来るようになりました.そしてコロナがある程度収束したタイミングでは堰を切ったように対面の打合せが怒濤の如く入り…な今日この頃です.他社の人からも似たような話を聞くのですが,職種によっては『私は在宅で打合せも少なく,自分のペースで集中して仕事出来てます!』なんて人もおられるかもですね.

で,私の場合は結果的に打合せによる時間拘束が多くなって『スケジュールがギッチギチに埋まってて余裕無いじゃん!』になるわけですよ.人と話すのがメインの仕事では無い筈!!なので,打合せや会議の合間を縫って自分の仕事をしたり部下の面倒を見たりするわけです.今の所ダブルブッキングや約束を守れなくて迷惑を掛けた的な致命的な事故は起きていませんが,うまく管理しないと事故りそうです.

現在はポケット一つの法則に反してデジタルとアナログでそれぞれ複数のポケットにスケジュールを投入して管理していますが,一番全容をパッと確認し易いのは卓上カレンダー.しかし今使用しているブロックマンスリーの卓上カレンダーは手狭な上に機能不全に陥り始めたので,今回B6変形版のミドリの『プラスス タンドダイアリー』を使用し始めた次第です.

使ってみて実感.これは便利だ.

221010001224_r

» 続きを読む

2022年10月11日 (火)

ericデザインのロルバーンとkitte

イラストレータ,消しゴムはんこ作家のericって知ってますか?

私はというと,味のあるアイコンチックなデザインにハートを打ち抜かれまして,氏のデザインした細々としたものを買い集めたり等している今日この頃です.そんな中,予め発売が告知されていて狙っていたものの,出遅れてしまって購入出来ずにいた製品がありました.そして先日『再入荷しました』の連絡があり,なんとか購入出来た次第.『ericの消しゴムはんこ』を読みながら入荷はまだかと待ち続けた甲斐がありました.

で,購入したのは『eric ロルバーンLサイズ B 37-505』と『eric 切れてるマスキングテープ paper craft 54-002』,『eric 切れてるマスキングテープ MY ROOM 54-001』の3つ.見て下さいよ,このデザイン.文房具スキーな人なら身震いするほど好きなデザインですよね,ね,ねっ.

221010010113_r

» 続きを読む

2022年10月10日 (月)

サライ2022年11月号付録の手帳:ブロックマンスリー付きの手頃なサイズの方眼ノート…みたいな?

毎年9月以降は翌年のスケジュール帳・カレンダー・手帳が市場に出回り始めます.それと連動するかのようにスケジュール管理や手帳術の本が出版されたり雑誌の特集に採り上げられたりします.そして雑誌によってはスケジュール帳が付録に付くことも.

文房具好きな人であればアウトドア雑誌の『BE-PAL』付録『トラベラーズダイアリー』を毎年楽しみにしている人が多いんじゃないかな.こちらでも以前採り上げたことがありますが,測量野帳サイズでよく出来ています.そのため毎年この号は売り切れが早いですね.昨年は通販で本体およびカバーが販売され始め,測量野帳ユーザーも含めて『この2冊入るカバーは欲しい!!』と,なった人が多いと思う.

で,BE-PALは主な購買層が若者の雑誌かなぁと思うのですが,もう少し(かなり?)上の年齢層向けと思われる雑誌に『サライ』という雑誌があります.こちらもBE-PALのように毎年手帳が付録の号が出ています.この雑誌,たまに雑誌の値段に見合わないような(笑)素晴らしい万年筆が付録になっているので文房具クラスタの人にも馴染みがあるかもしれません.

そして先日フラッと書店を巡回していたら,付録が手帳の2022年11月号が店頭に積んであったので購入してみました.

221009230743_r

» 続きを読む

2022年9月20日 (火)

家の中のネットワークを2.5GbEに置き換えて快適・高速化を試してみる&HeroBoxをNAS化

コンピュータネットワークの構築ってホント,楽になりましたよね.いつの時代の人やねんって言われそうですがw

PCを購入するとネットワークインターフェイスが普通に付いており,ケーブルをパチっと繋げるだけ.凝ったことをしようとしなければ,対向もルータやスイッチにつなぐだけで設定すら不要.そして(一昔前の価格を知っている人から見たら)ネットワーク機器が安い.それも1Gbpsの高速通信がデフォルトで.普通に使う分にはこの通信速度で不足はないでしょう.

しかしその一方で,大きなデータを扱う人は少しでも通信・転送時間を減らしたいため,常に高速なネットワークを望んでいます.例えば転送時間1時間だったものが,速度が10倍になって6分で済むようになればどれだけ作業がはかどることか….待ち時間の短縮は生産性に直結しますしね.

ふと周りも見回すと,一般家庭向けインターネット接続サービスでも1Gbpsを超える接続速度のプランを提供する会社が出てきており,WiFiでは2014年に規格化されたIEEE 802.11ac以降は理論値で1Gbps以上のトップスピードが出ます.いろいろな意味で1999年に規格化された1GbEの通信速度は環境・状況的にボトルネックになっており,現在の標準だけど『もう少し上』を目指す際の足かせになっていると言っても良いでしょう.

では…ということで『高速な10GbEに移行しよう』となるとそれなりに費用がかかります.企業ユースやハイエンドな個人(別名廃人w)であれば射程範囲内かもしれませんが,まだ製品が十分にこなれているとは言えないのも難点.例えば発熱の問題とか安定性の問題とか.

前フリが長くなりましたが,渡しの場合,仕事柄かなり大きなデータ(1回の実験で数TB~数十TB)を扱うことがあります.社内でジョブを回す場合はまぁ良いのですが,最近はどの会社でも一般化した『在宅勤務』の環境整備が急務になりまして….と,いうことで,2.5GbEのネットワーク構築について少し書いてみます.

このほかHeroBoxのオンボードNICが2.5GbEだったことに後から気付き,これをファイルサーバにした際のパフォーマンスチェックも行ってみました.

220902174703_r

» 続きを読む

2022年9月10日 (土)

レイアウトを変えました

これまで使用していたcocologのテンプレートが使いにくいので,シンプルなタイプに変更しました.何年ぶりだろう….これでようやくPCブラウザで見た場合の横幅がマトモになったかと.ただ現状が最終的なものとは考えていないので,今後デザインとかCSSとか少しずつカスタマイズして行くかもです. 一時はcocologからの引っ越しを考えていたのだけど,データの移行が大変なので惰性でそのままに….最近は更新頻度も低くて申し訳ないです.  ...

» 続きを読む

2022年8月29日 (月)

家のサーバやNW環境を停電に強い構成にするためにPoE化を考える:CHUWI HeroBox(2)

前回の続きです.

短期間限定セールだと思われるので先に書きますと,CHUWI HeroBoxは2万5千円に4千円引きクーポンとい感じが多いのですが,現在19.945円で売られています(2022/08/29).買い時をウォッチしている方は2万円を切ったタイミングで行くのが良いかと思いますので,今がその時かと.

さて,小型軽量オールインワンでファンレス・無音かつパフォーマンスもあるCHUWI HeroBoxをLinuxサーバとして動かし始めた件について前回書きました.マトモなスペックのサーバーが,各種サービスを24時間連続稼働で動かしているのに全くの無音というのはなかなか感動モノです.家庭内に置くマシンの場合,やはり騒音に対してはある程度配慮する人が多いでしょう.PC自作派の人であれば,少しでも発生する騒音を減らそうと静音の冷却ファンをチョイスしたりした経験があるんじゃないかな.HeroBoxの場合はCPUファンもケースファンもなく,自然対流で冷却します.そしてストレージもSSDにすればHDDの発する騒音からも開放され,無音なわけです.素晴らしい.

で,本体が小型軽量な点を生かし,リビングのテレビラック裏のワイヤーネットにぶら下げて設置したのですが,そのときにふと思いました.『ACアダプタ,邪魔だな…』と.また『この場所にUPS(無停電電源装置)置くとちょっと邪魔だな』と.更には,もっと全体的に考えて災害時/停電時に強い構成も取れるんではないかと考え(妄想?)が広がったわけです.

そのようなわけで,今回はその辺りを少し書いてみます.

220810174420_r

» 続きを読む

2022年8月16日 (火)

無音,ハイパフォーマンスなミニPCをLinuxサーバにする:CHUWI HeroBox(1)

皆様,今年の夏休み/盆休みは如何だったでしょうか.そして暑い中,お仕事を頑張っておられた方,お疲れ様でした.

私はというと本来の休みの半分くらいは仕事でバタバタしていましたが,それでも連続でゆっくり休めたのは久しぶり.本当は実家に帰省したかったのですが,コロナ禍かつ過去最大の第七波の真っ最中にというのはリスクが高いと考えて断念.都会住まいではないけど,普段あまり出歩いていないにも関わらずcocoalog.jp で見るとかなり感染した人とニアミスする頻度が増えているなぁと実感しています.早く6月の頃の水準にまで落ちてきて欲しいですね….

で,今回も『少し時間が取れると突発的に何事か発生し,空いた時間が吸い取られる』という法則が発動し,夏休みの宿題は家庭内サーバのリプレースと相成りました.ただ,結果的に素晴らしい環境が手に入ったので大満足です.得た環境の特徴を列挙すると,

  • Windowsとして普通に使え,Linuxも苦労なくインストール出来る
  • パフォーマンスも良好で,普通にサクサク使える
  • オールインワンで小型軽量のミニPCに全てが詰まってる
  • ポート類が豊富で外部拡張が可能
  • M.2のSSDのほかに2.5inch HDD/SSDを追加でインストール可能
  • ファンレスで静音ではなく無音
  • 低消費電力でPoEでも使える
  • 価格も安く,拡張しなければ約2万円でフルセット

です.

半月前まではリビングの片隅でブンブンとファンの音を鳴らしていたミニタワーのPCが無くなり,現在はテレビラック裏のワイヤーネットに一式がぶら下がっています.

そんなわけで,CHUWI HeroBoxを使用した家庭内Linuxサーバは中々に快適だったのでレビューしてみます.Officeくらいであればサクサク動くので,WindowsのままでデスクトップPCと使うのもアリかもです.

220816135443_r

» 続きを読む

2022年8月 4日 (木)

旅行先でも写真を綺麗に印刷するためのポータブル フォトプリンタ:KODAK Mini2 Retro P210R

本ブログでは,過去に様々な機種の携帯可能なプリンタを紹介してきました.調べてみると,最初に採り上げたのはPoraroid PgGo.その後LGのPocket Photo等も試しつつ,持ち運べないこともないフォトプリンタとしてCanonのCP800を紹介したり,直近ではエレコム eprieを紹介したりしました.

最初の記事は12年前かぁ…と,思うと隔世の感がありますが,『モバイルプリンタ』に関しては当時も今もあまり変化がない感じです.

おそらく国内で携帯型のフォトプリンタとしてはCanon iNSPiCのシェアが大きく,次くらいに(?)FUJIFILMのスマホdeチェキのシリーズが来る感じかなと思います.前者はZINK技術を使用したプリンタ,後者はチェキ用のフィルムを使用したプリンタです.

で,ZINKの発色性や印刷品質に関しては機種や用紙を変えて本ブログでも何度か採り上げている通りですが,『味がある』系です.要は,スマホ画面で見るシャキーンとした発色とカリカリな解像感そのままで印刷されることを期待したら落胆する系です.好みの問題もあると思うけど.

そしてチェキの方は,発色その他はキレイなのだけど,基本は『写真』なので,人にあげたりアルバムに挟んだり壁に貼り付けたりするには良いけれど,手帳に貼り付けるにはちょっと分厚くてデカくて使いにくい感じ.良くも悪くもチェキな感じです.

そんなわけで『発色が綺麗で解像感もあり,手帳やノートに貼り付けられる』フォトプリンターは,個人的には昇華式プリンタ一択だと考えています.でも,『モバイルフォトプリンタ』市場はそれほど大きくなさそうなので,eprieのようによく出来た製品でも,あまり売れずに後継機種も出ずに終了ということもありえます.すると専用品でもあるインク・用紙一体型のカートリッジの供給が止まるので,ユーザとしては悲しいことに.

と,いうことで,CanonかEPSON,もしくはワールドワイドなメーカーがモバイルフォトプリンタ出さないかなぁと思っていたら,KODAKが出してくれましたという感じです.新型コロナの流行と収束の振れ幅が非常に大きいけど,次第に出張や旅行に出ることも増えるかなと思ったタイミングで昨年購入した次第です.

結論を先に書くと,メチャクチャ満足度高い製品です.買ってよかった.

Img_1139_r

 

» 続きを読む

2022年7月15日 (金)

持ち運びやすくて使い易い浸透印.完璧な手帳のお供:ポチっとシックス

『ポチッとシックスが出るぞー』と,アナウンスが出た後に速攻で予約し,ゲットしたのは今年の1月.かなり人気が出たようで,その後一時期はネット上は注文すら出来ず,店頭にも在庫無し状態がしばらく続いていたように思います.

その後流通の状況が落ち着き,現在は普通に店頭で見かけるしAmazonでも購入出来るようになる等入手性が良くなったのでレビューしてみます.

この浸透印のセット,控えめに言ってすごく良いです.

151_20220715193101

» 続きを読む

2022年7月 6日 (水)

ただのメタルペンだと思っていたら凄まじい進化と使い易さ:サンスター metacil(メタシル)

何ヶ月か前にマクドで昼飯を食べながらtwitterを眺めていたら,TLにmetacilの話が流れてきたんですよ.そしてヨドで予約出来るとのことだったので,その場でカートに入れました.で,夕方に『あ,そう言えばカートに入れたまま決済まで進めてない』というのを思い出して見てみたら『予約終了』(予約数完売)の文字.空を仰ぎました.

その後ネット上で話題になり始め,Amazonでの扱いが開始されたと思ったら瞬殺で在庫切れになり,そして忘れた頃に一部カラーが僅かに在庫が復活したので『ブルー軸』を予約.1時間もしないうちに在庫が蒸発していたので,キワキワのタイミングでした.

先週まで9泊10日という国内出張(長距離移動有り)というかなりシンドイ目に遭っていたのですが,新潟のロフトに行ったら(*)『御一人様1本』というポップはありましたが普通に店頭に全色並んでいまして,『ネイビー軸』を購入.出張先では出来るだけ荷物を増やしたくないのですが,これは不可避でしょう(笑)

(*)出張先の近くにロフト,東急ハンズ,無印良品,文房具屋,書店があると必ず回ってしまいます.ただ今回の出張では横浜も回ったのですが,みなとみらいの東急ハンズが無くなっていたのは寂しかったな….最後に立ち寄ったのは3年程前の学会のときだったかも.

出張から帰ったらAmazonで予約していた分も届いていまして,合計2本になりました.そして実際に使ってみたら『これ,凄くない?』と,なりましたので,早速レビューしてみます.

Dsc09772_r

» 続きを読む

2022年6月17日 (金)

小さくて可愛いミニチュア文具:コクヨの『レトロブング』

先日,キングジムから『キング ミニ』(公式)という,キングジムの定番製品をミニチュア化した文具が出ました.早速予約して家には届いているのですが,開封の儀をせずに出張に出てしまったので,まだ遊べてません….この手のミニチュア物って,こちらで紹介したロフトの文具も含め,非常に精巧な物が多く,それでいて『使える』ようになっている物が多いため,実に素晴らしいです.ベリーエレガントです.ただ,サイズが小さくなると使い勝手が悪くなってしまう文具もあるため,デザインはそのままで別用途の文具化した製品もあります.これはこれでエレガント.

そして今回紹介するコクヨの『レトロブング』は,コクヨの女子文具シリーズ(公式)に含まれている製品で,発売は2020年でした.既に生産終了になっています.しかし一部は既に入手困難になっているようですが,今日ロフトで普通に売られているのを見かけたので,お蔵入りさせずにまだ入手可能な内にポストすることにします.

002_20220617204001

» 続きを読む

2022年5月 3日 (火)

充電式の格安多機能EDCライト.メインライト400lm,サイド50mlでUV-LED付き:T95 S11

直近のポストが2月末なので,気が付いたら2ヶ月ほど飛んでました.こんなに長い空白期間があったのは初めてかも.

それにしても…繁忙期となる年度末は兎も角として,年度が改まった後もトップギアのままで…っていうのは中々シンドイものがありますな.仕事面で暇過ぎるのは,それはそれで別の意味で不安になったりします.でも,適度な忙しさの波と言いますか,緩急と言いますか,もう少しこう何というか,手心というか…(笑)

さて,では気を取り直して,久しぶりに書くのはどれにしましょうかね…と,思ってネタフォルダをチェックしたら920フォルダ.かなり古く,賞味期限切れになってしまったネタもあるけど,資料的に便利に使えたりするのもあるんですよね…ああ,これなんか懐かしいなぁ…なんて中身を見始めたら時の経つのを忘れてしまう…危ない,危ない.

さて,改めて気を取り直し,今回はT95社製充電式EDCライトのS11をご紹介.

コレ,素晴らしい充電式の小型ライトなんですよ.

え?半透明で安っぽく見える?実はソコにも意味があるんです.

161_20220503160801

» 続きを読む

2022年2月27日 (日)

カロリーメイトがカバンの中で粉々になってしまう問題を解決する:カロリーメイトケースの試作

災害の多いニッポン,普段持ち歩く荷物の中に,ペットボトルに入った飲料水の他に,ちょっとした食糧も入れている人は多いですよね.私もその一人です.そして悩ましいのは食糧として何を持ち歩くか.自分的にはカロリーメイトがベストと考えていまして,理由は…

  • 1本100kcalであり,4本1箱のタイプは2本ずつ個包装されていて管理しやすい
  • 『バランス栄養食』と言うだけあって,ビタミンやミネラル摂取にも配慮されている
  • 入手性が良い
  • 値段が安い
  • 常温保存可能で賞味期限が長い
  • 大きさが手頃で軽い
  • 連食してもシンドくならない味と食感(少なくとも私には)

改めて書いてみると,非の打ち所が無く,完璧じゃないですか.

いえね,シン・エヴァンゲリオンでシンジが食べてたデイトレックスの試食レポや,救難食糧ER9の試食レポ等もしています.でもやはり非常食は非常食であり,好き好んで食べるものでは無いよなぁという感じであります.例えば災害時だけなく,『食事をとる時間が無いー』とか,『こんな時間に開いてる店は無いけど/近くに店が無いけど腹減ったー』みたいなときにも食べることを前提にカバンに入れたいのはカロリーメイトなんですよ.

しかし,カロリーメイトには致命的な欠点があります.それは脆さ.カロリーメイトをカバンやリュックに入れて持ち運んだことがあるのであれば,『さぁ食べよう』と,取り出したときに箱ごと圧迫されて粉々になってしまったカロリーメイトとご対面したことあgあるでしょう.それも1度や2度では無い筈だ.

そんなわけで,inゼリー即効元気のみを持ち歩いていた時期もありました.しかし…カロリーメイトがいいんです.

検索してみると,ぺちゃんこに押し潰されたカロリーメイトの画像と共に,巷にはカロリーメイト保護ケースを待望する声に満ち溢れています.しかし何故か純正はおろか,メーカー製かつ安定的に供給されている製品はありません.そして自作ケースの報告が無いことはないのですが,既製品を用いた物は形が大きくて携帯性が損なわれることが多い.写真を見て『おっ!』という物は大抵は製作に手間がかかるか,3Dプリンタが必要.

そんなわけで,廉価かつ誰でもちょっとした手間さえかければ作れるケースは無いかなぁ…なんてことを,たまに思い出しては考える日々でした.そんなある日,ふと閃きまして,ケース型は必須でなく,バンパー型で十分と思い至りました.押し潰されてて粉々になるけれど,物が突き刺さって潰された経験はほぼ無いからです.小物をポーチ等に入れてカバンやリュックに整理して収納するようになってからは特に.

そんなわけで思い立って製作したのは下の写真の物.

完成後,カバンを床に落としたり荷物を詰め込みまくって圧縮して出張したりetcの怒濤の2週間オーバーのバトルプルーフを経て,完璧にリュックの奥の方に押し込まれつつも内側に収めたカロリーメイトを無事に守り切りましたので,作り方をご紹介致します.

060_20220227003101

» 続きを読む

『プロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆』を持ち運ぶためのペンホルダを作る

昨日は『プロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆』を紹介しました.久しぶりに琴線に触れる万年筆を入手して気分が高揚しましたが,いざ持ち出して/携帯して使おうとしたところ,悩ましい問題が.普通のペンケースに入れようものなら,他のペンとぶつかったり擦れ合ったりして傷が付いてしまうことは明らか.では,万年筆用のペンケースに入れて…となると,保護性は高いけどゴツイものばかりで,この万年筆の最も抜きん出た特徴である携帯性をスポイルしてしまう.『首から提げる一本挿し』タイプで結構良さげな物もありましたが,当たり前と言えば当たり前ですが,普通のサイズのペン用に作られているため,この万年筆を入れると長さ方向でブカブカになることが想像に難くない.

そんなわけで,無い物は作りましょう.道具も材料も手元にあるし,足りなければAmazonでポチれば良いわけですから~.

と,いうことで,以前やったノリで,今回も革で自作をすることにしました.

060_20220226224201

» 続きを読む

«ミニサイズだけど本格的な万年筆:セーラー万年筆のプロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆 EF