2021年4月 6日 (火)

超小型偏愛/欲望ノートの自作:ミニサイズトラベラーズノートを自作する<リフィル・完成編>

と,いうことで,続きです.

前回はトラベラーズノート風の超小型カバーを製作しましたが,カバーだけではただの飾りです.それはそれで良いのですが,やはり実用品にしたいですよね.ミニチュア/アクセサリーとしては秀逸だった10周年記念缶のトラベラーズノート(レビューはこちら)ですが,実用品としては「?」でした.そんなわけで,今回はギリギリ実用性を維持すると思われる,A8サイズで作成しました.

あと,皮だけでなく中身も無いと意味がありません.(とりあえずの)完成形は以下のような感じなのですが,写真を見ても分かる通り,きちんと使用出来る中身(リフィル)も作ってみました.

159_20210404204101

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

超小型偏愛/欲望ノートの自作:ミニサイズトラベラーズノートを自作する<カバー編>

小型の手帳に『自分の好きなコト・モノ』を詰め込んで持ち歩けたら幸せだろうなぁなんて思っています.そんな中,3リングの小型手帳を入手して少し使用してみたのですが,ちょっと私の用途には合いませんでした.また近々書こうと思うのですが,期待し過ぎだったのかも.あの手帳,きっと好きになる人が多いと思う.

ところが,この辺りで紹介したメモ帳,バインダー,ノート等を含め小さいモノを集中的に触りまくったせいで,ワタシの中で消火不能なレベルで『小さいモノ熱』がメラメラと燃え上がってしまいました.しかし,どれもが完全な満足は得られず.そして『満足できる物が無いなら作ってしまえ!』と,なりました.

そして出来たのが下の写真のような手帳です.トラベラーズノート風の小型ノートです.リフィルサイズはA8です.良い感じでしょ?

そしてこのタイプのノートの自作であれば,高価な道具が不要で,材料費も大してかかりません.そして製作時間も1時間くらいで,慣れたらその半分でも出来るかも.要は,とても楽に出来ます.

そんなわけで,妻には『100均でも買わない.興味ない』と,言われて凹みましたが,その他からは好評でしたので,まずはカバーの作り方に関して紹介してみます.

177_20210404204001

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

久しぶりに『オッ!』と,唸らされたトラベラーズノートの新作の便利なノート達:トラベラーズノート B-Sides & Rarities

『トラベラーズノート』.1枚革でノートリフィルを挟むという,単純かつワイルドな製品ですが,根強い人気でファンが沢山おり,かく言う私もその一人です.パスポートサイズとレギュラーサイズの2つを持っていますが,メインはパスポートサイズ.革も良い感じの艶と質感に育ってきました.

さて,その一方で,昨年出来たトラベラーズファクトリー京都早速詣でて限定品を買い漁ったりしていましたが,10周年缶以降は衝撃を受ける製品が少なくなって来た印象.正確には,旅人用の万年筆のように,周辺の製品では『オッ』というはあるんです.でも,ノートの使い方や本質を変えるような衝撃を受けるような製品は,ここ何年も出ていない印象.コラボデザイン表紙が素晴らしいノート等が出てはいますが,ノートとしての本質的な部分は同じわけで….

とは言え,『紙に書く.それだけ.それ以外に何がある?』と,問われると,『そうかもしれないな』と,思ってしまうわけで,衝撃を受けるような進化は難s……今回の15周年記念の限定(?)新製品には衝撃を受けたぜ!

と,いうことで,『トラベラーズノート B-Sides & Rarities』をご紹介.

092_20210330225001

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

普段使い可能なA7サイズのエヴァノート:エムプラン リングノート エヴァンゲリオン ダブルリング A7 4柄アソート

先日はRollbahnのエヴァノートをご紹介しましたが,今回は小型でいつも携帯出来るサイズのA7サイズをご紹介.

このノートの良い点を先にざっと挙げておくと,

  • 小型で常に持ち歩けるサイズ
  • 表紙が『如何にも』ではないため,普段使い出来る(柄もある)
  • 価格が安く,ロルバーンと比べても同じくらい

と,いった所でしょうか.

では早速見てみましょう.

005_20210330224001

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

ゼブラから出た,クッキリ発色のゲルインク ボールペン:SARASA R

2020年2月,三菱鉛筆からクッキリ発色インクを採用した『uni-ball one』が発売になりました.こちらのページに詳しく解説がありますが,『ノートを書く際に,濃くクッキリと書けると記憶に残りやすい』ということで,エビデンス付きです.

そんなわけで,発売後大ヒット商品になったようです.勉学に励む学生だけでなく,大人にも人気.多色展開もされているのですが,まるでマニアを狙い撃ちしたかのように定期的に発表される限定色セットは,狙い通り文具沼の住人を撃ち抜きまくり.ネット販売ではすぐさま蒸発し,血眼になってリアル店舗を探し回る難民を沢山生んでいます(転売屋に負けないで!!).

そんな中,3月22日にZEBRAから,『濃くあざやかに書けるインクのジェルボールペン』と銘打って『SARASA R』が発売になりました(公式 そして特設?ページ).見た目はよく似ていますが,その実力はどんな感じでしょうか.試してみましょう.

051_20210330223701

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

シン・エヴァンゲリオン劇場版 オリジナル ロルバーン:欲しいでしょ,買うでしょ,揃えるでしょ.

この時期,『観た?』で話が通じるバイト君が目出度く大学院卒業となり,就職の関係で東京に行ってしまうので寂しい今日この頃です.

と,いうことで,皆さん『観た?』

002_20210324211101

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

細い字や線を書きたい人や,ジェットストリーム エッジ0.28mmがうまく使えなかった人へ:JETSTREAM EDGE 0.38mm

私の周りを見回すと(←ちょっと偏ってるかも),『細い線を引きたい!小さな字を緻密に書きたい!でも,書き味にもペン本体にも妥協したくない!』なんていう感じの人が意外と多いです.日本語,それも漢字って画数が多いですよね.同じ漢字文化の中国の人は,ノートや手帳に字を書くときに小さく書いて詰め込まず,大きくざっくり書くって聞きます.その一方で日本人は,小さい所には小さくミッチリ書くじゃないですか.そんなわけで,細い線が書けるペンの需用が多いのかなと思います.

そのような背景もあてか,2019年の年末にJETSTREAMから0.28mm芯を使用した『JETSTREAM EDGE』が出ました.そのときのレビューはこちら.発売が年末だったこともあり,売り切れ後の在庫の復活が(年明け後)かなり時間を要し,EDGE難民を多数出したほか,限定色の争奪戦も熾烈を極めていました.

そしてEDGEが安定的に供給されるようになったと思ったら追加の限定色の発売,そして昨年末は3色ペンの『JETSTREAM EDGE 3』の発売(レビューはこちら)と続きました.

ある意味,これで死角無しとなったわけですが,0.28mmのEDGEが出た時に『JETSTREAMは好きだけど,EDGEはムリ』という人も一定の割合で出ていました.筆圧が強い人や,ペンをかなり寝かせて書く人は,0.28mmのEDGEを使うと線が掠れやすいんです.ペン先の構造上,これはある意味仕方が無いかな…と,思ったりする部分もありますが,三菱鉛筆さんはそんなジェットストリーマーを見捨ててはいませんでした.0.38mmのEDGEの登場です.

004_20210314204801

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

出先でも水彩を気軽に楽めるセット:ウィンザー&ニュートン コットマン ハーフパン12色水筆付き

急に絵を描くたくなることってあるじゃないですか.それもモノクロではなく,色を乗せた絵を.

最近は,凄まじい色数がラインナップされているマーカーやボールペンが出ていますので,ペンで描いた後でそれらを使用して色を塗ったり乗せるというのも良いと思います.見栄えの良い作品が手軽に出来るし,何と言っても道具の準備や片づけが楽.そしてツールの持ち運びも楽.でも,アナログツールとして,何かが『もうちょっと』足りない気がしてました.ただ,この『もうちょっと』が何処から来ているか考えると中々答えが出ませんでした.

意外とこの感覚,不便さと表裏一体なのかもとも思い,『少し不便な思いをした方が満足できる』なんて仮説を立ててみたけど,それとも違った.じゃぁ何だろう…と,思って何気に『コレ』を購入して使ってみたら氷解.そうなんですよ.『水彩画』っぽい出来を私は求めていたんですよ.同じ事を同じようにしても同じように出来ないかもしれないという感覚,そして何処かで派手に失敗すると全てが台無しになってしまうけど,小さな失敗をリカバーしつつ最終的にイメージ通り完成したときの達成感.そして文字通り透き通るような透明水彩のグラデーションや色が重なったときの綺麗さ.

とは言え,水彩はやはり準備や片付けが大変な感じがしますよね.5年ほど前に携帯水彩色鉛筆をレビューした通り,私も出来たら面倒な事は避けて通りたい.3年ぶりに新刊が出た『よつばと!(15)』でも,後片付けをするという交換条件で道具を買ってもらってましたしね.筆洗に水を入れ,チューブからニュッと絵の具をパレットに出し,描き終わったら道具を洗って綺麗にして乾かしてしまって…はやっぱり準備も片付けも大変です.

しかし,今は良い道具もあるんですよ.この辺りを端折れる.え?道具があっても画才がって?いいんですよ,楽しければ.自己満足上等じゃないですか.かくいう私も元旦に,下手の横好きを体現したかのような絵を披露してます(笑)

そのようなわけで,前述の『コレ』こと,『Winsor&Newtonの12色固形絵の具付きのパレット・水筆付きの携帯セット』をご紹介.

107_20210307144501

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

ミニマルデザインで見た目も質感も良く,そして使いやすい,ちょっと贅沢なジェットストリーム:JETSTREAM PRIME 回転繰り出し式単色ボールペン

みんな大好きな低粘度油性ボールペン,JETSTREAM.廉価な軸から高価な軸,単色から多色まで様々な軸が出ています.リフィルも,4Cやパーカータイプ等,他メーカーの軸に使用できるタイプがラインナップされています.身の回りのペンをJETSTREAMだけにして生活することも可能でしょう(笑)

ただ,高級ラインの軸に関しては,これまで(ワタシ的には)不作でした.一応PRIMEというラインがあり,例えば2013年には3+1が出ました.こちらでレビューした通り,クリップに安っぽい変な光り物を付けられてしまっていて,色々と台無しでした.忌憚なく書かせていただくと,チープな製品を高級に見せようとして,おもちゃの宝石チックなのをワンポイントで付けて綺羅びやかにしようとして,逆に趣味が悪くなってチープ感が倍増した製品ってあるじゃないですか.そのように見えてしまうんです.『あのワンポイントが無ければな~』って声があちこちに上がっていたけど,本当にそんな感じ.百歩譲って女子ウケ(?)するとして,あの価格帯を購入する女史で,あの『本物でない』ワンポイントを好む人が居るんでしょうかね….

で,2018年にはパーカー互換のリフィルを引っさげてデビューした単色プライム.こちらもレビューした通り,軸が…やっぱり…ちょっと….こちらも忌憚なく書かせて頂くと,光れば良いと言うものじゃないんですよ.なんとなく,伝統あるヨーロピアンなメーカーの高級軸をイメージしているのかもしれませんが,ちょっとおじさんくさいと言いますか,垢抜けてないんですよね.

本気で見た目であっち系の軸を求めている人は,1本何万もするような欧米のメーカー製を購入するようでしょうし.それにああいった『レトロ,一歩間違うと古臭いデザイン』は,わざと『こういう歴史あるメーカーの古くから変えてないデザインなんです』というヒストリー込みで購入/使うものだと思うので,新製品でわざわざあっちに寄せてしまうのはちょっと違うんじゃないかとも思うんです.私の趣味趣向に照らして…という見方ですけどね.

と,普段と異なって毒舌で始まったのには理由があります.ようやくJETSTREAMの高級ラインから,納得の行く製品が出たんですよ!!

013_20210307131601

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

Rollbahnミニサイズにフィットするボールペンを探す

さて,今回は小ネタ.Rollbahnミニのダブルリングに挿せるミニボールペン探しです.

筆記する物とされる物,やはりセットにして一緒に持ち歩きたいですよね.ところが小型ノート/手帳の場合,フルサイズのペンをセットできないことが多く,『ペンは別に持ち歩け』と割り切っているペンホルダすら無い製品もあります.

Rollbahnもある意味ペンホルダがありません.しかし見て分かる通り,ダブルリング部分に十分ペンが収納できるわけです.では,ここにペンを挿して持ち歩くとして,どんなペンであれば使い勝手の良いのかなというのが今回のポストの趣旨です.それも小型のRollbahnミニサイズ限定で.

190_20210228195801

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

セリアで文具沼の住人が狂喜乱舞するような物が売られている件.多分限定.

大手三つ巴の100円ショップ.各社しのぎを削って激しく戦っているように見えるものの,微妙に各社のカラーの違いから棲み分けが出来ている部分があるような気がしないでもありません.そうなんですよ.最近セリアは非常にマニアックな製品をバンバン投入していて,ダイソーとは違う方向性.そして今回は文具沼の住人を狙い撃ちですよ.

噂を聞いて駆けつけた結果,こんな感じになりました(笑)

では,解説を殆ど書かずにジャンジャン写真で紹介していきましょうかね.

061_20210301200401

» 続きを読む

| | コメント (0)

手帳やノートを手軽かつキレイにグレードアップ:ミドリ スタンプ 回転印 リスト柄

汎用のノートを日々の記録用に使用している場合,大抵の人は日付を書いて,ToDo書いて…のような形のテンプレートがあるかと思います.フリーフォーマットに近いダイアリー手帳の場合も,日付や時間軸書き込みのステップは省略出来ますが,その後の定形の書き方を用意している人は多いでしょう.このとき,文字通りの『テンプレート』を使用して枠等を書く場合もあるでしょうし,簡単なものであればフリーハンドで書く場合も多いと思います.

ただ,『テンプレート』を使用して書き込みを行う場合は手間がかかりますし(まぁ,これもまた楽しい ひと時ではありますが),フリーハンドで書く場合は,それなりに時間をかけないと,少々見栄えが…になります.

こんなとき,定形の物を手軽かつキレイにスタンプ出来ると便利ですよね.そんなときに便利なのが,今回紹介する『ミドリ スタンプ 回転印 リスト柄』です.

106_20210228161901

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

ミドリの浸透印で手軽に習慣管理する:デザインフィル ハビットトラッカー柄

良い行動は『3日坊主』にせず,長期的に行い,そして気が付いたら習慣化させたいところ.『行動』は,例えば『朝起きたら1杯の水を飲む』とか,『寝る前に今日1日を振り返り,明日やるべきことを考える』のように,自分が良いことだと思った事は何でも良いです.何が良い行動であるかを考える事からがスタートです.その一方で,これまでやって来なかったことを急にやるわけですから,その時時の気分のムラでやったりやらなかったり…そして気が付いたら全くやらなくなってしまうことも多いでしょう.相当強い意思で事に当たらない場合は.

で,こんなときに習慣化を助けるツール,それが最近流行りの『ハビットトラッカー』です.

要は,やったやらなかったを可視化し,振り返りを容易にします.そして『ちゃんとやらなきゃ!』と,初心を思い出させたり,『これだけ出来た!』と,満足感を得させることによりより,習慣化を助けます.

そしてある程度習慣化すると,意識しなくてもやるようになります.まぁある意味,人は惰性の生き物ということなのかもしれないですね.

ただ,『ハビットトラッカー』は1項目1ヶ月単位でマークしていく方式が一般的なため,開始前に行う準備がちょっと面倒.更には習慣化したい行動が複数になると,事前準備が2倍,3倍の手間になるわけです.いっその事,縦罫線・横罫線でExcel表のようにして○×を書けば…とか思うかもしれませんが,実用性は兎も角,モチベーションのためには見栄えにも凝りたいところ.そんなわけで,ミドリの『ハビットトラッカー手帳』が人気を博していたりします.

しかし,自分が常用している手帳でハビットトラッカーしたいじゃないですか.それも手軽に.と,いうことで,発売直後は在庫が蒸発して入手難だったスタンプが普通に購入できるようになって来ましたので,ご紹介.

166_20210228161601

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

小型のカレンダーシールを使い,Rollbahnミニでスケジュール管理をしやすくする

今回は小ネタです.

普通のノート,普通の手帳(ミニノート)を使用していると,スケジュール系の事を書こうとして困ることありますよね.『今日』とか1日単位,もしくは1日で閉じた内容であれば良いのですが,『2週間先の水曜は…何日だ?』のような感じのとき,身近なカレンダーを探したり,スマホを開けて調べることが多いと思います.

でも最近は,多くのメーカーから付箋タイプの小型カレンダーが出ているので,それを使用するのが便利です.と,いうことで,1つご紹介.

091_20210223183701

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

Rollbahnのインデックスに最適:MIDORI INDEX CLIPS/インデックス クリップ チラット

ノートや手帳のインデックス,何を使っていますか?

私はかなり昔は手帳メーカーが出しているインデックス一択でしたが,その後付箋を使うようになり,そしてその後はブックダーツを使うようになりました.

なぜこのような遷移を辿ったかと言うと,例えばmini5やmini6のような小型のシステム手帳を使用した際に,インデックスページを使うと,当然の事ですが,その分収納可能なリフィルが減ります.おまけにインデックスページって分厚いじゃないですか.そのため,厚みを取らないように…ということで色分けした付箋を貼るようになりました.しかし今度は付箋が破れたり,気がつくと剥がれていたりetc,頻繁に出し入れする手帳で使うと,耐久性の面で使い勝手が悪く感じました.そして辿り着いたのはブックダーツ.非常に薄い上にシッカリと紙をホールドしますし,リフィルから殆ど飛び出さないし,耐久性もバッチリ.そして見た目も良い.完璧ですわ.

最近は,リフィルのサイズと手帳カバーのサイズがほぼ同じの『ジャストリフル』というカテゴリの手帳が増えています.特にこのようなタイプの場合,従来のインデックスを使用すると表紙から飛び出してしまうことがあります.そのようなわけで,手帳のインデックス/栞難民にとってはブックダーツが救世主です.ちなみに私の書いた直近のポストはこんな感じ.mini6に移行してから5年めかぁ….

しかし,ブックダーツは良い所だけでもありません.インデックスに指を引っ掛けてパッと開くというワンアクションが出来ないのです.そのため,慣れると『まぁこんなもんかな』と思うのだけど,ちょっと気持ちが引っかかると『何とか改善出来ないかなぁ』とも思ったりします.

そのようなわけで,ブックダーツのような使い勝手で,見た目もおしゃれな感じで,そして指を引っ掛けてパッと開けるインデックスが無いかなぁ…なんて思っていたらありました.MIDORIの『インデックス クリップ チラット』です.

066_20210223183801

» 続きを読む

| | コメント (0)

«DELFONICSの魅力的なミニボールペン2種:『レジェンド ボールペン リトラクタブル』と『レジェンド ボールペン ノック』