2021年12月 5日 (日)

86(エイティシックス) レギンレイヴのプラモデルが作りやすくて見栄えも良く,ギミックも面白い件

気が付いたら12月ですよ,年末ですよ.一気に仕事の繁忙期に突入し,振り返ってみたら11月は1エントリーしか書けてなかったんですよ.文房具系を中心に新製品のネタは沢山仕込んでいるのだけど,なかなか書けてないですよ.旬な時期がある製品もあるのでマズイっすね.

と,いうことで,8ヶ月程前に…もうそんなに経っているのか…ポストした86(エイティシックス)のジャガーノートプラモでルですが,その後アニメ放送第二期では搭乗機が変わり,バンダイから新搭乗機のプラモデルが発売になりました.

2期の放送前に予約開始になっていたのは知っていたのですが,『こんな忙しいのに,いつ作るんだ?』と,思って当初は自重していました.しかし,発売日前に入荷数が捌けたようでAmazonで購入出来なくなったのを見たら(今は買えます),『手に入る内に入手しよう,その上で,作れるときに作ったらええやん』って感じでECサイトを彼方此方探し,何とか発売日に購入.

価格がジャガーノートの約2千円からレギンレイヴの3千円へと大きくアップしましたが,届いて納得.箱の容積が倍とは言いませんが,巨大化してました.そして箱を開けてみたら,機体も一回り以上大きくなっていることを確認.アニメを見ているだけだと分からないけど,並べてみると『デカっ』という感じです.ジャガーノートを『コクピットに移動用の細い脚を付けた機体』だとしたら,レギンレイヴは『ゴリマッチョ』って感じですかね.

そんなわけで,放送の方は佳境に入りつつあるけど,『1/48スケール HG 86-エイティシックス- レギンレイヴ(シン搭乗機) 』を簡単にレビュー.

131_20211205202201

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

携帯性だけではないんです:ロルバーン(Rollbahn) ダイアリー スリム

テレワークの一般化,そして奥行きが少ない机でノートPCを開きつつ手前にノートを…という流れから,横型手帳やノートが一気に普及しました.その一方で,縦型手帳の人気が一気に落ちたのかと言うと,必ずしもそうでもないようです.特に縦型でもスリムタイプは携帯性もよく,意外と場所を取りません.そしてリング型であれば,折り返して使うことも可能.

そんなわけで,昨年も大人気だったRollbahn/ロルバーン ダイアリー スリムですが,今年も人気が衰えず,既に公式オンラインショップは全色完売のようです.私も興味はあったのですが,昨年は買えずに『ぐぬぬ…』と,なりましたので,今年は8月早々の発売直後に購入しました.

では早速中身を見ていきましょう.

236_20211110133501

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

百均で売られているリフィルを使用し,RHODIA/ロディア3穴バインダー用の下敷きを作る

昨日,RHODIA/ロディアの3穴バインダーのエントリーを書きました.

ノートに限らずメモや手帳でもそうなのですが,紙の束になっている状態で上から筆記すると,とても書きにくいときがある.筆圧が高いと沈み込みすぎたり,下手をすると紙を破って突き抜けてしまう.そして書いた後で紙を捲ると,下の用紙が凸凹していてあまり美しくない.

このような問題があるため,筆記時には下敷きを使う人が多いと思います.しかし当然ながら(?),『3穴バインダー』にはそんな気の利いたアクセサリーは(まだ)発売されていません.かと言って,プラ板を加工してゼロから自作するのも手間.作るにしても,バインダーで使うわけですから,きちんと穴が空いていてバインダーに綴じることが出来,そしてスリットがあって簡単に脱着も出来るようにしたい.

そんな都合の良い物が…あるじゃん! と,いうことでご紹介.

104_20211026154401

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月26日 (火)

モノとして素晴らしく,そして使っていて楽しい:RHODIA/ロディアの3穴バインダー


舘神氏の『このバインダーは、やばいんだー!』というタイトルの記事をたまたま読み,タイトルのネーミングセンスも含めてw色々な意味で感心し,そして今年新発売となる『ロディア3穴バインダー』の写真を見てハートを打ち抜かれました.たしか日本国内では11月に正式発売という話だったと思うけど,伊東屋の銀座店で10月7日から『システム手帳サロン2021』があり,そこで先行発売とのこと.何とか東京出張のついでにとスケジュールを確認するも(半分本気),身動きが取れない状態.そして『ぐぬぬ…』となりつつ,ガラスペン&M5マニアとなった妹を唆そうと思っていたらオンライン販売もあるとの情報.オンライン発売開始の10月8日に時計とにらめっこしつつ10時を待ち,注文可能となったと同時に手早くカートに入れて注文.

途中でサーバーが急に重くなったりエラーを返して来たりしまして,ネット経由で見えぬライバルの鼓動を感じ,心の中で鳴った効果音はコレでした.そして『カートに入れただけでは購入にはならないですよ(在庫キープではないので,決裁まで完了しないと購入出来るとは限りませんよ)』という話も聞いていたのでヒヤヒヤしましたが,何とか注文成立.その後(コロナ禍の関係で)オンラインショップの発送が遅れ気味なのは知っていたけど,なかなか届かずに『もしかしたら買えてなかった?』なんて焦っていましたが,1週間程経ってから無事に届きました.熱く長い戦いだった…外は急に寒くなったけど.

注文後ウォッチしていたら,バインダーの方は牛革タイプが30分程で在庫切れになり,ゴート革の方は色によっては昼くらいまでは在庫がありましたが,気が付いたら在庫切れ.同志の皆様,お疲れ様でした.

そして届いたバインダーはこちら.

142_20211026155202

良い感じです.

168_20211026154201

では,レビューをば.

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

ようやく発売になった百均の本気:セリアの3穴バインダー(元林社製)

韓国雑貨として世に出て,日本でも流行り始めている3穴バインダー.ようやく百均のセリアから真打ちが発売されました.

下の写真は,左からwishで輸入したもの,中央がセリアのB7サイズの3穴バインダー,右が先日ポストしたレイメイ藤井のkeptシリーズから出た3穴バインダーです.

068_20211019175701

日本の流行の震源地はヲタク女子のようなのですが,カードサイズの推しの写真を入れて持ち運ぶというのが最も一般的な使い方の様子.海外ですと,(元々韓国雑貨ということもあって)韓流アイドル愛に満ち溢れたバインダーの写真をネットで見ることが多いのですが,国内ですと二次元だろうと三次元だろうとどっちでも良くて,とにかく『推し!』なキャラなり人なりの写真をたくさん詰め込んで,バインダー自体もデコレーションして…という写真をよく見ます.なので,一応スケジュール手帳的なリフィルも売られてはいますしサイズ的には手帳ですが,カード/写真帖的な使用方法がメインのバインダーです.

一言でいうと,トレーディングカードバインダーのカスタマイズの幅を広げ,そしてオシャレにしたような感じかな.

これまでは入手経路が限られていたり,国内のネット通販ではえらく高額で売られていたり等していて買いにくかったのですが,国内メーカー製のkeptがようやく店頭に潤沢に並び始めて入手性の問題はクリアされたように思います.ただ,コレクションが1冊に収まらずに2冊,3冊と増やそうとしたら,(製品クオリティ的には納得の価格だけど)1冊千円は少々高価.3穴バインダーは今後中高生層にもブームが広がりそうな予感がしているのだけど,そうすると,より低価格な製品が多くの人から求められるわけです.また,keptシリーズではリフィルの販売が無いため,『自作しろということか?』状態.

個人的に期待することとしては,廉価なタイプで裾野が広がり,中堅製品だけでなく高級感を持ったオトナ向けの製品も出始めるっていう流れが出来たら最高だなと考えています.そして,『3穴バインダー』という規格が定着すれば,安心して使い続けられる.

ちょっと前フリが長くなりましたが,セリアから同時発売になったリフィルも含めて見てみましょう.

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

新しい小型3穴バインダーの世界:レイメイ藤井のkeptミニバインダーで始まる小型3穴生活(2)リフィル自作編

と,いうことで,Keptミニバインダーの紹介に続いてリフィル自作編です.

立派で使い易いバインダーを発売したのに,僅かばかりのリフィルがバンドルされているだけで,後は何処かから探して買ってくるなり自分で作成するなりして自分で何とかせよという放置プレイ.あぁ,なんて潔い姿勢なのでしょう.

無い物は作ろうということで,主な用途となろうであろうカードサイズの写真ホルダーリフィルを自作してみます.普通のメモ用紙や画用紙リフィル等に関しては,先のページに書いたとおり,マルマンのルーズリーフミニを半分に裁断することで簡単に量産出来ますので.

056_20211011120301

» 続きを読む

| | コメント (0)

新しい小型3穴バインダーの世界:レイメイ藤井のKeptミニバインダーで始まる小型3穴生活(1)バインダー本体編

昨年,『マルマン創業100周年記念アイテム ミニミニバインダー』を紹介した際に,海外で流行っている3穴のバインダーの話に触れました.先のページにも書いたとおり,当時国内の通販で購入すると千円オーバーが普通だったため,wishで発注し,送料込みで565円で購入しました.初めてのwishの利用だったため,(本当に届くのか心配で)ドキドキでしたが,約2週間で普通に届きました.

で,届いた後にレビューをアップしていないことからもお分かりの通り,あまり気分は上がらなかったです.理由は2つあって,1つは私にとって便利な用途が思い付かなかったこと.もうひとつはバインダーが思ったよりもチープだったことです.

後者は特に大きくて,500円とか千円出してまでコレを購入することを人にオススメ出来るかと言うと,かなり躊躇する感じでした.『物』として魅力があれば『何としてでも使おう』とか,『傍らに置いておきたい』という不純な動機が湧き上がるため,用途に関しては何とかなります(笑い).そして逆に100円~300円であれば色々と納得出来るのだけど…とか書こうと思っていたら,セリアで元林社の製品が10月6日から販売開始とのこと.それもwishで私が購入した物よりも品質が良い.入荷する店舗が限定的?なようなので,欲しい人は店舗で注文してみて下さい.私も発注したのですが届いてません.関東圏では入手報告がチラホラ上がっていますが…orz…閑話休題.

そして本題ですが,機能はそのままで,チープさを吹き飛ばす製品がレイメイ藤井から今秋の新製品として出ました.中身が見える透明な製品のシリーズであるkeptシリーズからです.製品仕様は公式ページを見て頂くとして,正直写真を見ただけでは食指が動きませんでした.しかし,ハンズのネット通販の在庫が短時間で蒸発.その後実物を見てみようかなとリアル店舗に出向いて手に取って見たら…『これは良い物だ』と,なり,そのまま購入に至りました.

写真だけだと全てを伝えにくいのですが,見た目の面でも使い勝手の面でもチープさが払拭されています.

縁取り的に色付きの別素材を使用する事により,デザイン的にも全く別の製品のようです.そしてカバーの縁が補強されることにより,フニャフニャで使いにくかった手帳がシャキッとしています.更には,若干横幅が広がり,3穴用のカードリフィルの端を曲げずに綺麗に収まります.

『3穴ミニバインダーのコンセプトの最適な形態はコレ』と,Keptミニバインダーに示された感じがします.そして『価格の千円は高いんじゃ?』とか思っていたのですが,手にして納得です.

では,細かな部分を見ていきましょう.

001_20211011120501

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

方眼好きのためのNOLTY手帳:NOLTY ポケット カジュアル メモ(1516)

能率手帳協会から出た新製品である『NOLTY ポケット カジュアルメモ』を購入してみました.

表紙のカラーはライム色のみ.そしてメインのページは,方眼メモをウイークリーに変型させたようなフォーマットです.

一般に『手帳=スケジュール帳』的な使われ方をすることが多く,『メモも出来ない事はない』的な製品が多い中,この手帳は『メモ』がメインです(断言).それも『レフト型の右側メモページを方眼にしてみました』的な,方眼のハーフ・アン・ドハーフではなく,まず方眼ありきで,ウイークリーの日付をその上に印刷してみましたという感じで方眼成分多めです.方眼原理主義者としては,フォーマットを見ただけでノックアウトです.そして普通の手帳で『メモが書ける割合が少ない』や,『もっと自由なフォーマットで書きたいのに!』と,思っている人には福音となる手帳でしょう.

では,中身を見てみましょう.

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

専門家にもそうで無い人にも:心理学手帳

2022年の手帳の販売が始まっています.この時期最も目にするのは,書店で見かけることが多い日本能率協会のNOLTY高橋書店の手帳でしょう.しかし,世の中にはホントに色々な種類の手帳が出ています.趣味系の手帳,県民手帳,業界手帳,学会手帳etc.そしてこれら一般的でない手帳(?)の場合,大抵はスケジュール管理がおまけと思える程に充実した便覧が付いて来ます.手帳によっては,『これ,1冊の書籍にしたら単体で売れるんでは?』と思えるような物も.例えばコチラでも紹介したブルーバックス科学手帳等もそうです.個人的には,理科年表手帳とかあれば…いやいや,鈍器手帳になってしまう(笑)

で,今回ご紹介するのは,『心理学手帳』です.公認心理師や臨床心理士の試験対策にも良いと評判ですが,心理職以外の人でも,心理学に関心のある人には是非手に取って欲しい内容の書籍手帳です.

265

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

キーボードの手前に置いて横に開ける,ガッツリノートとしても使えるスケジュール帳:Rollbahn(ロルバーン)ダイアリー横型

今年も新しい手帳のシーズンが始まりました.

この時期に発売になる大抵のスケジュール帳は,10月始まりの製品が多いのですが,この始まり月には諸説あり,例えば

  • 海外では10月が新学期の始まる時期だから
  • 9月末決算で,10月から新しい事業年度が始まる会社が多いから

と,言われています.

日本の歴史的経緯で言うと,江戸時代までは12月末締めの会社(それも太陰暦で…)が多かったわけですが,明治以降は役所の3月末締めに合わせて4月から新年度というのが一般的になったとのこと.とは言え,会社法上は事業年度を何月にしても良く,令和元年のデータでは,3月決算の会社が最も多くて18.3%.次に多いのが9月決算で10.9%,3番目は12月決算で10.4%とのこと.数字を見ると極端には偏っていないのだなと思う一方で,会社の数だけを見ると,10月から,もしくは1月からの会社は『4月から新事業年度だー』と,いう会社の数を超えています.意外.

そして10月~翌年12月までのスケジュール帳であれば,10,11月末決算の会社も含めると日本全体の約3割の会社の事業年度をカバー出来るわけです.つまり,メーカーとして10月始まりと4月始まりの2つのラインナップがあれば,日本の会社の5割近くをカバー出来るわけです.

一方で,1月始まりのスケジュール帳を9月や10月頃から販売するのは,やはり販売期間の関係でしょうね.12月に発売となると,年末商戦の売り場面積の争奪戦にも巻き込まれるでしょうから,よりタイトな戦いになります.『売れ残っても翌年に売れば良いし…』なんてことにはならない製品ですし,シーズンを過ぎたら半額以下にディスカウントしても売れないことがありますから.

さて,長い余談から入りましたが,最近多彩な表紙のバリエーションで『Rollbahn沼』に飲み込まれる人が続出しているロルバーンですが,こちらからもスケジュール帳が発売になりました.

ここ2年ほどのトレンドとしては,テレワークの普及に伴って,横型のノート等が流行りはじめています.テレワークで使用する家庭用の机の場合,会社用の什器と比べて奥行きが短い場合が多く,ノートPC/キーボードの手前に普通のサイズのノートを置けない場合が多い.そしてPCの横にノートを置くと場所的に内容を参照しにくく,ノート取りもしにくい.じゃぁ小型ノートをキーの手前に…という感じにすると,今度は筆記面積が狭すぎる.

個人的にロディアのNo.8をキーの手前に置くと使い易いヨと布教していた時代もあったのですが,一般に『変態的』と言われていたその形状は時代を先取りしていたのかもしれん(笑)

そしてロルバーンからも横型のスケジュール帳が発売になりました.流れとして必然ですよね.

210_20210909182701

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

木の温かみと感触が筆記を楽しくする:+LUMBER by Hacoaの回転式木軸ボールペン&リフィルの交換

ペンって,基本的にペンケースにしまって持ち運ぶじゃないですか.そして殆どの場合,使用中にしか他の人に姿を晒すことはありませんよね.その一方で,『見せペン』的に使われるペンもあるけれど,このカテゴリは舶来物の高価な高級ペンであることが多い.

それはそれで良いのだけど,『高価なペンだよ』的なオーラを出すのではなく,価格とは別のベクトルで良い雰囲気を出すペンを所有し,見える場所に置いて(使っていないときには)眺めたり,自分の趣味趣向を穏やかに周りに知らしめるための(笑)『見せペン』として使ってみたいじゃないですか.更には,そのペンが見た目だけでなく,筆記用具として使って楽しいし実用性もある物であれば最高ですよね.

少し違った書き方をすると,スーツではなくカジュアルでもなく『クリエイター』という言葉が合い,そして実用一辺倒ではなく色気のあるペン.『+LUMBER by Hacoaの回転式木軸ボールペン』はそんなペンです.

下の写真を見てときめいたら,その感覚は大事にする必要があるかしれない.『心地よい』という感覚って大事ですから.

023_20210908153901

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

『知的生産の技術』の魔力と呪縛とその先

ちょっとキャッチーなタイトルだけど,トピックを最初にまとめると以下の通り.

  • 『知的生産の技術』が書かれた時代背景等を考える
  • 『科学的』という考え方
  • 今求められていること,今後求められること

1969年に出版された梅棹忠夫著『知的生産の技術』ですが,あまりに偉大過ぎ,いきなり高い頂として世に出てしまったため,聖書的な扱いを受けているように思います.そして半世紀以上経った今でも,そのままの形で解釈しなければ…という原理主義的呪縛があるのではとも考えています.

で,本エントリーは,この偉大な書籍のエッセンスは受け継ぎつつ,現代風に考え,そして発展させるべきではないかというのが主旨です.

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

ちっこくて可愛い18禁ガスガン:東京マルイ コンパクトキャリー No.1 LCP

趣味の道は沼の道.極めた者は沼の底… なんて話があるかどうかは分かりませんが,一つ一つが沼なのに,複数の趣味を持つと色々とキツイですね.主に時間と懐が.

そんな私の趣味(?)の一つがエアガンだったりするのですが,サバゲーに参加して…という感じではなく,お座敷シューターです.それも結構波があり,全く触らない時期が何ヶ月もあったかと思ったら,魅力的な製品が新発売になって再び大きく燃え上がったりを繰り返している.そして今年はその燃え上がる年のようです.

まずは下の写真を見て下さいよ.『東京マルイ コンパクトキャリー No.1 LCP 18歳以上 ガスガン』です.

もうね,小さい精密なメカが大好きな私としては,見た瞬間に一目惚れなわけですよ.ブローバックしないので,銀玉鉄砲の大きいのと言われればそうかもしれないけれど,この質感ですよ.ヤバイです.今年発売になったモデルなのですが,一部ショップでは在庫が蒸発しており,既に流通在庫も少なくなっているというのも納得です.

そんなわけで,紹介してみます.

207_20210823200701

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

マーカーとペンが1本になる便利さ:サンスター文具 Pen & marker Ninipie(ニニピー)

日本会社の製品開発は足し算で,海外メーカーは引き算だ…なんて話をよくされます.

その代表的な例としてよく引き合いに出されるのは,CDラジカセ.

最近は大型店舗でも探さないと見付からないかと思いますが,カセットテープやMD,CD,AM/FM ラジオ,場合によっては小型テレビまで内蔵したものがあります.オールインワンでコンパクト.コレさえあれば大抵の音源から再生することが可能という利点はありましたが,全機能を使う人は殆ど居ないため,大抵は無用な重しとなる機能も.

このような『全部入り』の製品,デジタル・オーディオ・プレイヤーやストリーミングサービスが流行るまでは殆どの人が使っていました.あと気が付いたらMDが生産完了になってるし,MDでトドメを刺されたと思われたカセットテープがリバイバルですか.性能が全てじゃないってことなんでしょうね…閑話休題.

で,社会人ですと何となく経験があると思いますが,会社で企画会議を行う場合,参加者から出たアイデアをアレもコレもで全て盛り込もうとしてしまい,気が付くとブクブクと仕様が太ってしまうことがよくあります.前述のCDラジカセとはちょっと違いますが,ソフトで異様に多機能で細かな所まで操作・設定出来るけど,複雑過ぎて使いにくい製品やサービスってあるじゃないですか.その裏側にあったであろう企画会議や,職人さんの(悪い意味での)拘りが何となく想像出来ます.

一方海外のメーカーでは,全部が全部とは言わないけれど,重要でない機能をバッサリ削り,本質的で尖った所を果てしなく伸ばしている製品がよくあります.一言で表現すると,『シンプルで素晴らしい』.古来の日本の職人が作る製品もそういう物が多かったと思うのだけどな.

あ,もちろん海外製品でも,沢山の物を1つの製品に詰め込んでいる物もあります.代表的な物としては,ビクトリノックスレザーマンのようなシングルツールマルチユースのツール.ただ,これらはちょっと違います.これらは『本質』が『多機能』であり,必然的にこのような形になっています.

そして『アレもコレも』で無理矢理組み合わされた製品は,『キメラ』なんて呼ばれることがあります.そして大抵は,組み合わされた一つ一つの機能が単機能製品と比べても使いにくくなってしまう.道具としてのポテンシャルが足し算とならずに引き算になってしまい,奇抜なだけで使いにくい道具になってしまうことが多いのです.

しかし極希に,『コレとコレを組み合わせるか?』と,初見でビックリし,『いや,ダメでしょ…』とか思って使い始め,使ってみたらその相乗効果の凄まじさに驚愕する製品もあったりします.

サンスター文具の『Ninipie(ニニピー)』もそのパターン.ペンとマーカーをこんな形で組み合わせた筆記用具って,普通は正気の沙汰には思えないでしょ(笑).どう見ても使いにくそうだし,そもそも便利に使えるシーンをパッと想起出来ない.でも,実際に使ってみるとジワジワ来ます.ホント,凄いんだ,このペン.

と,いうことでご紹介.

097_20210823145601

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

ノートとかtodoistとかアウトライナーとかの話

先日,新書の『すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術』に関連したエントリーを書いたのだけど,ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論』と共に重版になったようですね.良書が多くの人に読まれている&反応も良いようで,実に目出度い.

国民生活時間調査を見ると,40代未満はインターネットに触れている時間と比べて書籍(電子書籍含む)に触れている時間が短い.そして全国大学生活協同組合連合会が行った第56回学生生活実態調査からは,1日の読書時間がゼロという全く本を読まない人の割合が約50%!!と凄まじい割合.大学生の時期って,最も本を読む/読める時期だと思うのですが.2016年に下げ止まっているように見えますが,それでもこの割合は衝撃的.

ただその一方で,60分以上読む人の割合は2018年から上昇し始め,2020年調査では28%になっています.書籍離れ(敢えて「活字離れ」とは書きません)が何十年も続いていたが,ここに来てようやくジワジワと若い世代が本に戻ってきている感じがします.良い傾向ですな.

さて,今回はモノの紹介ではなく,前回書き切れなかったタイトルの件に関して少し書いてみます.

» 続きを読む

| | コメント (0)

«危うい状況を脱するための蜘蛛の糸&転ばぬ先の杖:『すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術』