2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

AdSense


AdSense


SNS

  • SNS

2024年3月31日 (日)

手帳にミッチリ精細に書けるフリクションが登場.インクも8色あり:フリクションシナジーノック(FRIXION SYNERGY KNOCK)

前回のエントリーでは,フリクションの弱点であった『インクの色の濃さ』と『筆記距離の短さ』を大きく改善した『フリクションボール ノック ゾーン』について書きました.

私の周りにもフリクションをメインのペンにしている人が結構居るのですが,その大半はノートの筆記に使用していて,『消せる普段使い用のボールペン』としての利用をしています.ある意味,このような用途には『フリクションボール ノック ゾーン』はとてもマッチするペン・リフィルと言えるでしょう.

そしてノートへの筆記以外に『消せるボールペン』としてとても活用されている用途と言うと,おそらくスケジュール帳や手帳でしょう.この手の内容はちょくちょく変更があるほか,『○月○日』や『○時』のような筆記エリアが固定かつ筆記面積が限られているために変更があった場合は消してから書く必要があることが多く,更には可能であれば内容によって2~3色,色分けして書きたい(シャーペン1本と消しゴムで…は使いにくい).

しかしフリクションはこれまで最も細いタイプでもボール径0.38mm.数字だけ見ると良さそうに思えますが,インクフローの関係で実際の線幅は手帳用の細字ゲルインクボールペンと比べてかなり見劣りがしました.しかしフリクションでボール径が小さいタイプが出ても色が薄くて読みにくいだろうしなぁ…と,常々思っていたところ『フリクションシナジーノック』の登場です.ボール径は3タイプあり,一番小さい物で0.3mm也.これは期待するしか…ということでレビュー.

001_20240331175201

» 続きを読む

2024年3月24日 (日)

濃くて長く書けるフリクションボール ノック ゾーン:FRIXION BALL KNOCK ZONE

文具好きな人であれば,『え?このタイミングでそっち?』と,思われるかもですが,理由があるんです.まずはこちらから紹介させてくださいまし.『フリクションボール ノック ゾーン』(公式).発売は2022年の年末.前評判が良かったので私も予約して購入しました.そして案の定品薄になって一部の軸は2023年に入って何ヶ月かしないと購入出来なかったくらいの人気になってました.

さて,書いて消せるボールペンというとフリクションが知名度もシェアも圧倒的のようです(累計販売本数30億本)が,実に便利で使い易い一方で,『ちょっとココが…』という点もいくつかあり,具体的に3点ほど挙げると

  • 色が薄い
  • インクの減りが早い(インクがすぐ無くなる)
  • 筆記線が太い(細くない)

という不満があります.ヘビーユーザーは特に感じていることでしょう.

そしてこれらの点に対して改良を加えたフリクションが,『フリクションボール ノック ゾーン』です.

Web_112_r

» 続きを読む

ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:リフィル編

と,いうことで,ダイソーの3穴バインダーのリフィル編+α.

以前は推し活方面で3穴手帳が広まったせいかバインダーの種類は豊富になったものの,リフィルの種類もしくは入手性が…自作しないと…だった状態でしたが,ダイソーの容赦ない全方位展開(笑)で一気に解決しました.唯一不足しているのは普通の紙のリフィルかな.これについては後述.なお,ミニルーズリーフとも呼ばれる9穴ともリフィルを共有出来るので,9穴用のリフィルも合わせて紹介.

Web_019_r_20240324171701

» 続きを読む

2024年2月18日 (日)

ダイソーのミニバインダー/推し・オタ活手帳こと3穴バインダー:バインダー編

海外で人気であった3穴バインダー,日本では『推し活』用ののバインダーとして広がり,そして定着した感があります.私が初めて触れたのは海外から取り寄せたバインダーで,値段の割に(笑)シッカリした作りで,例えばバインダーが樹脂製でなく金属製でしっかりしていたのに驚きました.その後本ブログでは『レイメイ藤井のKeptミニバインダー』,そしておそらく日本国内での普及に大きな役割を果たした『セリアの3穴バインダー』を紹介しました.

国内で3穴が出た当初は『リフィルは自分で勝手に作ってね』な状態で,推し活に血道を上げるような人でなければ中々食指が伸びなかったと思います.しかし気が付くとカードやチェキケース,普通のメモリフィル等様々なリフィルが潤沢かつ入手性も高くなって出回っています.それも初期の頃には足元を見たような値付けでAmazon等で売られていましたが,今は普通にリーズナブルな価格帯で購入可能です.

さて,改めて整理してみますと,一般的な『3穴バインダー』の特徴は,

  • 大きさはB8~B7サイズ
  • 径の大きな金属製バインダーでリフィルをたくさん挟める
  • 透明/半透明のビニール製の表紙でカスタマイズしやすい
  • フラップ式でボタン留め
  • ルーズリーフと同じピッチの3穴(※28.5mm間隔)
  • ルーズリーフ用のパンチでリフィルが作れる
  • マルマンのミニミニリーフが使える
  • 廉価

と,いった所でしょうか.ただ,国内で先鞭をつけたkeptは良い意味で異質で,値段は約千円と他の製品と比べると高めだけど,全体作りがシッカリしています.そして発売当初の超品薄な状態も抜け,今はバリエーションも豊富になっていますので『失敗したくない人への3穴バインダー』としてオススメ.

さて,かなり前振りが長くなりましたが,これだけ成熟した市場にダイソーが参入しないわけがありません(笑).私の記憶では昨年にバインダーだけでなくリフィルも含めてドカッと発売になりました.そしてダイソーらしいというか,やるときは徹底的にやり,そしてちょっと捻りも効かせた製品群になっているのでご紹介.

文房具って基本的に消耗品じゃないですか.なので高級万年筆のように大切に長く使うものは別として,擦り切れるくらいガシガシ気兼ねなく使えるのが良い製品だと思うんですよね.そういう意味ではダイソーが扱いはじめた事は大きいなと.

いきなり ごちゃーっ とした写真で恐縮ですが,今回買い求めた物はこんな感じ.そしてまずはバインダーに関して紹介します.

Web_019_r_20240207195001

» 続きを読む

2024年1月28日 (日)

丁度良い長さで使い易く,かつ携帯性も良くなったメタシル:サンスター metacil pocket(メタシルポケット)

例年は大晦日から元旦にかけて絵を描いてアップしたりしていましたが,今年は元旦からお正月気分が吹き飛ぶ感じで何とも….そして今月はいきなり立て続けに学会があったりしていたせいで,年末の忙しさがリセット無しでそのまま続いているような今日この頃です….

さて,出張があると何気に出張先の近場の文房具屋や本屋,気になる映画があるときには映画館を夜にフラフラすることが多いのですが,そういうときに店頭で出会い,ノーマークだった製品にハートを打ち抜かれることもあります.

今回紹介するメタシルポケットもその一つです.

2年前に衝撃的なデビューを果たしたメタシルですが(そのとき書いたエントリーはこちら),その後ノック式が出たり等しましたが似たような製品が他社から出たりしたこともあって少し影が薄くなった感じでした.ただのメタルペンではなく,合金に黒鉛を混ぜることにより色が薄いという欠点を改善して…という画期的な改良を行ってはいるものの,アイデアを真似た廉価な製品が出てきてしまうと,どうしても差別化しにくい実用品では勢いがなくなってしまいます.『モノ』としての魅力という意味ではメタシルの軸の質感は素晴らしいと思ってはいたのですが….

で,多くの人が同意してくれると思うのですが,鉛筆って真っ新の状態では長過ぎる感じがあるじゃないですか.そして使うに従って削られて短くなっていき,ある程度使い込んで短くなった長さで『この長さが丁度良いな』という長さがある.そしてそこを超えて短くなると再び使いにくくなる.

そしてこの『メタシル ポケット』は,持ってみるとその『使い易い長さ』なんですね.手にシックリ来る.そして携帯性も向上.改めて考えるとオリジナルのメタシルは『真っ新の鉛筆の長さ』に近くて長過ぎな感じがして来ます.

そんなわけで,『これがメタシルの完成形では?』と,感じた『メタシル ポケット』のレビュー.

Web_022_r_20240128194201

» 続きを読む

2023年12月26日 (火)

ひとり手帳会議2024(2)

ふと気がつくと来週はもう年が明けてるじゃないですか.危ない,危ない.

と,いうことで前回の「ひとり手帳会議2024(1)」の続き.とは言え,これ以上増やしても使い切れないだろうということで自嘲気味,もとい,自重気味にしていたので今回紹介するのは

  • NOLTY ライツメモ小型版(1180)
  • NOLTY 能率手帳1 小型版(1111)
  • HANDY PICK スタンダードタイプ DIARY 2024

の3種類.ある意味安定感のある3冊です.

Web_121_r

» 続きを読む

2023年12月 5日 (火)

カール事務器のルーズリングを使い,リフィル交換可能なロルバーンとスケッチブックB6を作る

前回はダブルリングの卓上カレンダー/手帳のリフィルの連結・移植について書きました.ダブルリングを一旦広げて中身を入れ替えた後に再び戻すという,文字通り『ちからわざ』の作業なので,あまりエレガントでは無いですね(笑)

そのようなわけで,今回はリフィル交換可能なリングに置き換える方法について紹介します.

Web_278_r

» 続きを読む

2023年11月26日 (日)

リング型スケジューラーを複数年分連結して便利に使う:ミドリ プラススタンドダイアリー

前回に続いて『ひとり手帳会議2024(2)』を書くつもりが,まだ実は手帳が増え続けている上に手元に届いていない製品もありまして…(笑).そんなわけで今回は2024年に向けての小ネタを.

2年前に『プラススタンドダイアリー』の紹介記事を書きました

この卓上型カレンダーと言うか手帳,当初はこれまでずっと私の仕事場での卓上カレンダーのド定番であった富士XEROX/現:富士フィルムビジネスイノベーションの卓上カレンダーの牙城を崩せるのだろうか…なんて感じで使い始めたのですが,気が付いたら手放せなくなる程使い込んでいました.そして宿泊アリの出張の際にも必ず連れて行くほどに.

そんなわけで使い始めて最初の1年である2023年が終わろうとしているのですが,ここでハタと困ったことが.この時期は年を跨ったスケジュールを入れることがあるほか,何かと今年と来年の2冊を行ったり来たりで書き込むことが多く,常に併用するのは正直かなり手間.場所も食いますしね.

そんなわけでシステム手帳等のバインダー式は移行が楽で良いなぁと思いつつも,その一方でリング型のメリットもあるわけです.何よりコンパクトで360度開く上にデザイン性も良い.『プラススタンドダイアリー』に関して言うと,『真鍮色』のシンプルなダブルリングがデザインのポイントなわけで,個人的にはダークネイビーの表紙とのコントラストが大のお気に入り.そんなわけで,2023年のカレンダーを2024年のダイアリーに移植することにしました.

Web_001_r_20231126151501

» 続きを読む

2023年10月 8日 (日)

ひとり手帳会議2024(1)

8月や9月以降,12月もしくは10月始まりの翌年用の手帳が次々と発売になりますよね.「今年もこの時期が来たかぁ~」なんて思いながら「ほぼ日手帳のラインナップ」を見てカチカチしたり.

自分に合った定番手帳を見付けた人は同じ物を…という形でリピートされると思います.その一方で,文房具好きな人は複数の手帳を併用したり,新しい製品や興味を持った手帳を見付けたら「これもちょっと味見」的な感じで手が出てしまい,気が付いたら複数冊持ってたりすると思います.心当たりのある人,多い筈.そしてこのシーズンになると,稼働率の低かった手帳を眺めて罪悪感に苛まれたり…こちらも心当たりのある人,多い筈(断言)

後悔先に立たずデス.仮に稼働率が低い手帳があったとしても,それはそれで経験を積んだと思いましょう.そして前を向いて歩きましょう(笑)

とりあえず「ひとり手帳反省会2023」を終え,気温がなかなか秋にならないけれど暦の上では秋が深まった頃に来年の手帳をある程度絞った上で購入し,「ひとり手帳会議2024」に臨みました.絞った…絞った筈なのですが気が付いたらこんな状態に.

とりあえず少し確認/紹介して行きましょうか.

Web_156_r

» 続きを読む

2023年8月31日 (木)

小型で1万mAh,30W出力可能なモバイルバッテリで出張セットのアップデート:CIO SMARTCOBY PRO-30W

電池が尽きると非常に困るデバイスが身の回りに増えましたよね.スマホが代表格ですが,普段の行動範囲・活動内容なら朝晩の充電で問題無い場合でも,ちょっと旅行や出張等,移動範囲が広かったり激しく使用したりすると電池のゲージがガンガンと減っていく.そして出先で電話待ちなのに『低電力モードに移行しますか?』のメッセージを見てヒヤヒヤした事がある人は多いでしょう.

そんなわけでモバイルバッテリを持ち歩く人は多いと思うけど,昔と比べてデバイスの消費電力もデバイスのバッテリ容量も大きくなっているわけで,一昔前の『サイズが小さいけど容量も小さい』タイプは持っていても焼け石に水な状態.やはり最低でも容量が1万mAh欲しいし,可能であれば2万mAhあると嬉しいですね.

あとモバイルバッテリのサイズや容量以外にも,出力端子や満充電に要する時間も重要.今時のデバイスはUSB-Cが増えてきたけど,やはりUSB-Aケーブルが挿せないと不便なシチュエーションも多い.あと,モバイルバッテリは使用頻度と共に性能が低下する消耗品なので,定期的に交換もして行きたい.

そんなわけで,丁度イマドキのモバイルバッテリに交換しようかなという時期であったため『CIO SMARTCOBY PRO-30W』を購入してみました.

CIOは日本のメーカーで,カタログスペックを追い求めるのではなく,派手な部分ではなくても使い勝手等が練られている製品が多いです.そして本製品は2年近く前に発売になった物ですので新製品という感じではないのですが,逆に言うと製品寿命が短いジャンルの製品なのに長期にわたって売れ続けている安心感のある製品とも言えるでしょう.

と,いうことでご紹介.

Web_082_r_20230831135201 

» 続きを読む

2023年7月25日 (火)

表紙が変わると気分も変わる:ダイアログノートの『綺羅星紙』と『カモフラージュ』

文房具好きの人には改めての説明は不要だと思いますが,『DIALOG NOTEBOOK』というA6サイズの方眼ノートがあります.ノートの特徴についての説明は『10秒でわかかるダイアログノート』を見て頂くとして,その周辺に関してもより広く深く知りたいという方には『時間をもっと大切にするための小さいノート活用術』や『毎日を自分らしく生きるための 小さいノート活用術みんなの使用例74』の2冊の書籍を読んでみてください.超オススメです.いや,購入マスト.シリーズの『仕事がはかどり暮らしが整う おうちワークの文具術』も良い本デス.しっかり読み込むと得るものがあるし,眺めているだけでも楽しくなります.

さて,小型ノートの活用と言うと『情報は1冊のノートにまとめなさい』に連なる書籍がおそらく体系的に解説されたものとしては初出かと思うのですが,出版された後に燎原の火のようにこの手法が一気に広がったのを思い出します.ただこの書籍は,(敢えてメーカー名を書きませんが)存在する製品であるところのA6ノートをどう使うかという方法論で,既製品ではちょっと痒いところに手が届かない歯痒い部分もありました.そしてダイアログノートは文房具好きの高橋氏が拘り抜いてプロデュースした小型ノートで,このような既製品に不満に感じる部分が(少なくとも私にとっては)解決しまくりで満足出来まくりのノートです.

で,ダイアログノートを普段使いをし始め,このジャンルのノートとしては特段不満は感じていなかった…というか満足していたのですが,煌びやかな表紙のバリエーションが発表になると聞くとそれはそれで食指が動きます.そして少々迷っている間に『限定版ダイアログノートプレミアム「綺羅星紙」 』の争奪戦に出遅れました.しかし『再入荷のお知らせ』の登録をしていたところ追加販売のお知らせが届き,今回は躊躇無く即決してカートへ.ついでにコレコレコレも…という感じでまとめ買いしてオーダー.そして殆ど日を開けずに新しく出た『限定版ダイアログノート「カモフラージュ」』もオーダー.

私は日常使いの文房具に関しては基本的にシンプルな物を好んでいますが,これは良い製品だ(マ・クベ風に).

そんなわけで,少し時間が経ってしまったけど簡単にレビュー.

3Web_068_r

» 続きを読む

2023年7月23日 (日)

RHODIAとBICと東海道新幹線がコラボしたメモセット:『100系トラベル筆記セット』

ワタクシ,今年度に入って非常に出張が多いのですが,何故か乗っている新幹線が時刻通りに到着しない率が高くなっている気がします….

原因は車両故障であったり豪雨であったり接触事故であったり様々なのですが,同僚に『止まった』と連絡入れると『またかw』と返されるくらいの率です.それにしても,天候悪化が予想され午後から計画運休の見通しで…というアナウンスが予めされていれば便を早めるなどの対応が可能ですが,突発的な場合は何ともし難いですね.例えばのぞみが止まらない駅に何故か停車して『?』となっていたら『…運転再開の見通しが立っておらず…』というアナウンスを聞いたときとか(*1),『当駅を1時間30分遅れで…』(*2)というアナウンスを聞いたときの悲しさは何とも言えません.通常の電車の遅れと異なり,先が見えない事が多いので余計辛いですな(*3).

(*1)昼食とか夕食の微妙な時間帯に乗車して,飲み物や食べ物を買っていなかったときは乾きや空腹を感じて特に辛い.
(*2)豆知識:特急・急行列車が,到着時刻より2時間以上遅れた場合は,特急・急行料金の全額が返金になる
(*3)通勤電車の遅れに対しては,3分遅れで14%,10分遅れで67%の人がイライラを感じるそうな(CITIZN調べ

とは言え,ジタバタしても仕方ないときはあるわけで,そんなときは気分を切り替えて楽しく時間を潰したり対策を考えたりましょう.

で,前振りが長くなりましたが今回が紹介する『100系トラベル筆記セット』は,帰りの新幹線に乗るべく品川駅に19時頃に着き改札を通った後に『下りの駅で接触事故発生で運転再開の見通しが立っておらず…』のアナウンスを聞いたときに売店で買った物.とりあえず乗車出来るようなので駅弁と飲み物を…と,ふと見たら売られていたので勢いで(笑)買ってしまったものです.

勢いで買いましたが,実際にモノを見てみると中々良い感じです.青と白のツートンカラー,フランスの筆記用具メーカーのRHODIAとBICとの新幹線をテーマにしたコラボです.

Web_212_r

» 続きを読む

2023年6月24日 (土)

全方位敵無しの持ち歩き用ロルバーン フレキシブル:ロルバーン フレキシブル 360°M

すっかり更新が月一ペースになってしまいました.うーん.週一くらいに戻さないと,大量のネタがそのままお蔵入りになってしまう….

さて,『ロルバーン フレキシブル』は,3年前に初代を紹介しました.リフィルを交換出来るRollbahnということで非常にインパクトがありました.しかし使い続けてみると,いくつか不満が出てきました.例えば表紙の質感が『もうちょっと捻ったのないかな…』とか,『ロルバーンなのに360度パカッと折り返せない』という点.そしてDELFONICSはそれらユーザーの声をすぐに察知したようで,『ハンス』と呼ばれる布生地のような表紙のカバーを発売したり,カバーを2枚分割してサンドイッチ構造にして360度折り返せるタイプを発売したりしました.フットワークの軽さは流石.

ええ,当然私はその都度買い増しましたとも(笑).そしてブログで書こうと思い,写真素材も沢山…紹介する機会を逸した感じですが(涙)

で,私のリングノートタイプのロルバーンが活躍するシチュエーションは机の上ではなく,持ち運んでの手帳的な利用シチュエーションです.そのため『A5』や『L』サイズだとちょっと大きいんですよね.Mサイズ以下のもの出ないかなぁ…なんて思っていたら…出ましたよ!! 『質感の良い表紙』『360度開く』『小型のMサイズ』と3拍子揃ったロルバーン フレキシブルが!!(興奮)

そんなわけで,見てみましょう.

Web_206_r

» 続きを読む

2023年5月20日 (土)

絵柄の素晴らしいレトロなタロットカードと本

皆様お久しぶりです.

先月末は新型コロナに感染して40度の熱が3日間…という中々にシンドイ10日間を過ごしていました.5類になる直前のため医療費面では助かった部分がありますが,出来る事なら一生無縁でありたかったですねぇ.年配の同僚で無症状の人も居たりしたのでちょっと期待(?)したのですが,ワクチン打っていても症状の出方は人それぞれのようで.

さて,かなりブログネタがたまってしまい,どこから手を付けたら…という感じなのですが,年初にアップしようとしてそのままになっていたタロットカードについて紹介してみます.

昨年夏にパシフィコ横浜に某学会で出張していたのですが,その際に丸善の一角にズラッと並ぶタロットカードを見付け,どれか買おうと思いつつ店に通いつつ絵柄を吟味していたら最後日バタバタで次の学会へ移動することになり買えず.しかしその後もタロットカードが頭から離れずで結局ネットで注文致しました.丸善さんごめん.

本体はこの辺り(リンク先は日本語解説書付き正規品)と同じですが,並行輸入品はショップがおまけを付けたりしている感じです.私は楽天のこちらで購入したのですが,袋など色々付いてきました.

そしてその後『良い本無いかなぁ』と思っていたら,『はじめてのタロットBOOK』という本と書店で出会い,中身をパラパラ見たら一目惚れ.

と,いうことで,タロットカードと書籍を紹介してみます.

Web_011_r_20230519233501

» 続きを読む

2023年4月 2日 (日)

何気に握りやすくて書きやすい『ぽてっところん』ボールペン.バイカラー軸化でカスタマイズ:ユニボールワンP

三菱鉛筆がユニボールワン(公式)を発売してからもう2年.クッキリ&濃い発色のインクを使用し,立命館大学との共同研究で記憶再生課題の正答率が高くなり,勉強に使うと良いよということをアピールしていました.が,そういった部分では無くて,純粋にインクの発色や書き味,そして線の細さなどに魅力を感じて使い始めた人も多く(私もその一人),現在人気の高いペンとなっています.

そして発売後に軸や季節毎(?)に発売される限定インク色等の展開していましたが,そろそろ他との差別化がマンネリ化して来たかな…と,思っていたら,コロンとした軸の『ユニボールワンP』の発売です.

早速人気爆発で品切れやプレミア価格になっている場合があるようですが,バイカラーの作り方も含めてレビューしてみます.

Web_002_r_20230402202701

» 続きを読む

«手軽に使えるコーナーパンチの完成形:サンスター文具 ツメカケ