2022年5月 3日 (火)

充電式の格安多機能EDCライト.メインライト400lm,サイド50mlでUV-LED付き:T95 S11

直近のポストが2月末なので,気が付いたら2ヶ月ほど飛んでました.こんなに長い空白期間があったのは初めてかも.

それにしても…繁忙期となる年度末は兎も角として,年度が改まった後もトップギアのままで…っていうのは中々シンドイものがありますな.仕事面で暇過ぎるのは,それはそれで別の意味で不安になったりします.でも,適度な忙しさの波と言いますか,緩急と言いますか,もう少しこう何というか,手心というか…(笑)

さて,では気を取り直して,久しぶりに書くのはどれにしましょうかね…と,思ってネタフォルダをチェックしたら920フォルダ.かなり古く,賞味期限切れになってしまったネタもあるけど,資料的に便利に使えたりするのもあるんですよね…ああ,これなんか懐かしいなぁ…なんて中身を見始めたら時の経つのを忘れてしまう…危ない,危ない.

さて,改めて気を取り直し,今回はT95社製充電式EDCライトのS11をご紹介.

コレ,素晴らしい充電式の小型ライトなんですよ.

え?半透明で安っぽく見える?実はソコにも意味があるんです.

161_20220503160801

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

カロリーメイトがカバンの中で粉々になってしまう問題を解決する:カロリーメイトケースの試作

災害の多いニッポン,普段持ち歩く荷物の中に,ペットボトルに入った飲料水の他に,ちょっとした食糧も入れている人は多いですよね.私もその一人です.そして悩ましいのは食糧として何を持ち歩くか.自分的にはカロリーメイトがベストと考えていまして,理由は…

  • 1本100kcalであり,4本1箱のタイプは2本ずつ個包装されていて管理しやすい
  • 『バランス栄養食』と言うだけあって,ビタミンやミネラル摂取にも配慮されている
  • 入手性が良い
  • 値段が安い
  • 常温保存可能で賞味期限が長い
  • 大きさが手頃で軽い
  • 連食してもシンドくならない味と食感(少なくとも私には)

改めて書いてみると,非の打ち所が無く,完璧じゃないですか.

いえね,シン・エヴァンゲリオンでシンジが食べてたデイトレックスの試食レポや,救難食糧ER9の試食レポ等もしています.でもやはり非常食は非常食であり,好き好んで食べるものでは無いよなぁという感じであります.例えば災害時だけなく,『食事をとる時間が無いー』とか,『こんな時間に開いてる店は無いけど/近くに店が無いけど腹減ったー』みたいなときにも食べることを前提にカバンに入れたいのはカロリーメイトなんですよ.

しかし,カロリーメイトには致命的な欠点があります.それは脆さ.カロリーメイトをカバンやリュックに入れて持ち運んだことがあるのであれば,『さぁ食べよう』と,取り出したときに箱ごと圧迫されて粉々になってしまったカロリーメイトとご対面したことあgあるでしょう.それも1度や2度では無い筈だ.

そんなわけで,inゼリー即効元気のみを持ち歩いていた時期もありました.しかし…カロリーメイトがいいんです.

検索してみると,ぺちゃんこに押し潰されたカロリーメイトの画像と共に,巷にはカロリーメイト保護ケースを待望する声に満ち溢れています.しかし何故か純正はおろか,メーカー製かつ安定的に供給されている製品はありません.そして自作ケースの報告が無いことはないのですが,既製品を用いた物は形が大きくて携帯性が損なわれることが多い.写真を見て『おっ!』という物は大抵は製作に手間がかかるか,3Dプリンタが必要.

そんなわけで,廉価かつ誰でもちょっとした手間さえかければ作れるケースは無いかなぁ…なんてことを,たまに思い出しては考える日々でした.そんなある日,ふと閃きまして,ケース型は必須でなく,バンパー型で十分と思い至りました.押し潰されてて粉々になるけれど,物が突き刺さって潰された経験はほぼ無いからです.小物をポーチ等に入れてカバンやリュックに整理して収納するようになってからは特に.

そんなわけで思い立って製作したのは下の写真の物.

完成後,カバンを床に落としたり荷物を詰め込みまくって圧縮して出張したりetcの怒濤の2週間オーバーのバトルプルーフを経て,完璧にリュックの奥の方に押し込まれつつも内側に収めたカロリーメイトを無事に守り切りましたので,作り方をご紹介致します.

060_20220227003101

» 続きを読む

| | コメント (0)

『プロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆』を持ち運ぶためのペンホルダを作る

昨日は『プロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆』を紹介しました.久しぶりに琴線に触れる万年筆を入手して気分が高揚しましたが,いざ持ち出して/携帯して使おうとしたところ,悩ましい問題が.普通のペンケースに入れようものなら,他のペンとぶつかったり擦れ合ったりして傷が付いてしまうことは明らか.では,万年筆用のペンケースに入れて…となると,保護性は高いけどゴツイものばかりで,この万年筆の最も抜きん出た特徴である携帯性をスポイルしてしまう.『首から提げる一本挿し』タイプで結構良さげな物もありましたが,当たり前と言えば当たり前ですが,普通のサイズのペン用に作られているため,この万年筆を入れると長さ方向でブカブカになることが想像に難くない.

そんなわけで,無い物は作りましょう.道具も材料も手元にあるし,足りなければAmazonでポチれば良いわけですから~.

と,いうことで,以前やったノリで,今回も革で自作をすることにしました.

060_20220226224201

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

ミニサイズだけど本格的な万年筆:セーラー万年筆のプロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆 EF

万年筆沼とインク沼は深く,コレクションを始めると場所も時間もお金も底無しなので要注意.そして最近は,インク沼につまづいて(笑)ガラスペン沼に勢いよくダイブする人続出で,文房具沼も罪深いよなぁ……と,いうことでお久しぶりでございます.

会社の決算月を3月からずらせないかなんて話を社内で提案したりもしているのですが,それ以前にこの時期は対外的な仕事が忙しく,色々と忙殺されてしまいます.なかなかフリーな時間が確保出来ず,ゆっくり自分の時間を楽しむことが出来なくて悲しい今日この頃です.楽しむネタやブログネタは色々と仕込んではいるのですが.

さて,今回ご紹介するのは,昨年末に見かけ,正月にかけて買うべきか買わざるべきか悶々と悩み,結局お迎えすることにした万年筆です.その名は『プロフェッショナルギア スリムミニ 金 万年筆』.万年筆らしいヌラヌラ感を味わおうとしたら,ペン先はFやMを選ぶべきですが,実用性を考えて極細のEFをチョイス.

実は,コチラで紹介したパイロットの『キャップレス マットブラック EF』を常用しており,日常的な使用では他の筆記用具が入り込む余地が無いなぁなんて思っていました.万年筆はインクを入れて放置すると詰まるので,常日頃から使わないとダメになる道具なので尚更です.しかし,本格的な万年筆にも関わらず,小さくて精巧なフォルムを見た瞬間にフラグが立ったのを感じました.そしてお迎え.結果,大満足.

では,紹介していきましょう.

031_20220226193701

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月24日 (月)

『ネコのペンおき』を活用して卓上クリップホルダを作る.それもカワイくてカッコイイのをね.

某所で評判が良かったので,『ネコのペンおき』を活用したクリップホルダの作り方を詳しく紹介します.

クリップって,必要なときにはとても必要なのだけど,出番が来るまでの収納や置き方に困りますよね.机の上にジャラジャラッと置きっぱなしにすると邪魔になりますし,何よりも見た目が美しくない.では…ということでケースに収めて引出に入れておくと,今度は取り出すときに面倒.多少工夫すれば改善の余地はあるけれど,クリップの使用頻度が低い私のような人にとっては,凝った事を考える程の事では無いような感じであります.

しかし,ちょこっとした工夫と労力で実用性が高く,そして見た目も素晴らしいソリューションがあるとしたら,やるしかですよね.

寝ているとき,ふと脳裏にネコがクリップを両手でアーチ状に持ち上げているイメージが 浮かびました.そしてそれを実現したのが下の写真になります.

他の方からも沢山の感想を頂きましたが,ねこが手品を披露しているように見えるし,南京玉すだれをしているようにも見えるし,スタンド使いにも見えるし,凜々しいその表情も含めて『まぁカワイイ』です.そして適度な数のクリップを卓上に綺麗にスタンバイ出来ますし,クリップを1個ずつ取り出すのも簡単.

見た瞬間に『あ,私も作りたい!』と思った方は次に進んで下さい.『ネコのペンおき』以外に必要となる予算は220円(税込)のみです.

Img_5845

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

携帯用の透明水彩小型パレットを自作する

最近は,『ちょっとやってみようかな』の最初のハードルが高くて越えてもらえず,アナログで絵を描く人が少なくなって来ている印象があります.学校の授業では今も水彩画の授業があると思うのだけど,個人の時間に趣味でも…という人はとても少ない印象.

最終的なアウトプットと言える『絵』を得るということであれば,やはりデジタルの方が環境としては手軽で,スマホやタブレットがあればアプリを入れるだけで即はじめられます(更には,ペンがあるとベター).そして製作過程に関しても,デジタルは多機能な物が多いし,失敗してもやり直しが出来て楽な面もある.じゃぁ絵を描くのは全面的にデジタルでいいじゃん…って事になりそうだけど,たまにアナログで描くと楽しいんですよ,これがまた.

アナログで絵を描く良さと言えば,やはり物理的な存在感.そして製作過程の一発勝負的な緊張感と偶然性かなぁと思っています.あくまで『趣味』として描いた場合ですけれども.あと,本ブログ的には『ガジェット』的な側面もあり,色々とワクワクする要素があります.『まずは道具から入る』みたいな(笑)

と,いうことで,楽しむための手軽なお絵描き環境を作ってみましょう.どこへでも持ち運べ,手軽に使えるような道具を得たら,きっと使用頻度も上がるでしょう.例え絵が苦手でも良いのです.楽しめれたら良いのです.下手の横好き上等です.

126_20220117153301

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月16日 (日)

KALDI(カルディ)のバレンタイン向けチョコ入り缶が『男の子のハート』をビシッと打ち抜く件

タイトルの件,ヤバいです.とにかくヤバイですよ.

まず背景情報としてなのですが,KALDIのカメラ缶チョコという製品がありまして,毎年人気で売り切れ続出.そして今年も出ました.

早速嫁さんに『すまんけど買っておいて』をしたのだけど,その際にカタログ的な小冊子を持ち帰って来ました.それを下の子と共に見てみたら…ハートをズキューンですよ.

嫁さんからは,『貴方たちの趣味趣向で購入するのだから,購入するチョコの費用は貴方たちの財布から出しなさい』という指令が出たにも関わらず,下の子と分担して色々と買い漁る事に.男の子のであれば(?),『おおお』と,なる物が多いと思います.まずはカメラ缶の写真を見てみてください.心拍数の上昇を感じたら,あなたもこちら側の人です.

ちなみに下の子は『男のロマンだ……見てるだけでワクワクする』と,申しておりましたが,嫁さんからは『私にはサッパリ分からん』と,言われました…….

では早速,定番のカメラ缶から行ってみましょうか.

カメラ缶は,通常の35mmのタイプと二眼レフカメラ型があります.色は黒と茶の2色.超人気商品のため,大抵のKALDI店舗では『1人1個まで』という購入制限が付いています.

01

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月 7日 (金)

RHODIAのみで薄くてコンパクトなダイアリーとメモのミニマル手帳を作る

昨日RHODIA Diary miniを紹介しましたが,気になる点としてはメモページが少なく,そしてメモページを追加・交換が出来ない事.同じ1冊で1年過ごすため,それなりにメモを書き込む機会があると思いますが,標準構成では足りません.

ならば『スケジュール用とは別にメモ用の手帳を持てば良いじゃん』と,言われるかもですが,折角コンパクトで格好良いダイアリーなのに,サイズもデザインも異なる手帳を一緒に使うのは不格好.と,いうことでRHODIAで固めたコンパクトなミニマル手帳を作ることにしました.

あ,そこの おにーさん,おねーさん.作ると言っても既製品を組み合わせるだけです.手軽に作れますので気軽に見ていって下さい.

456_20220106145901

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月 6日 (木)

携帯性が高く,見た目も秀逸な小型薄型ブロックマンスリー手帳:RHODIA DIARY mini(ロディア ダイアリー ミニ)

年は越してしまったけど,このRHODIAならではでのデザインの手帳は紹介しなければ…と,いうことでご紹介.

15年程前(もうそんなに昔!!)にRHODIAのホチキス止めノートを紹介しましたが,今回紹介するのも同サイズの手帳です.携帯性良し,書き味良し,見た目良しで実用性も高いRHODIAブランドの小型薄型マンスリーブロック手帳です.

411

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年 2022年 元旦

明けましておめでとうございます.

今年もよろしくお願いします.

20220101_tiger

携帯用の小型自作パレットデビュー戦.水筆を使って描く透明水彩は手軽だし楽しいですな.

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

必要な文具一式を美しく収納&持ち運べる素晴らしい付録のポーチ:ロルバーン20周年記念ブック(Rollbahn 20th ANNIVERSARY BOOK)

雑誌の付録…いや,付録付きの本と言った方が良いと思いますが,魅力的な雑誌が今年は特に沢山発売になった思います.例えばこちらで紹介した 『ZUAN LOVE! 「図案スケッチブック」インテリアトートBOOK』.そのデザインだけでなく実用性らも高く評価され,発売直後は蒸発しました.現在は増刷されてAmazonでも在庫があるようですので,買いそびれた方は行っちゃって下さい.私ももう少し買い増ししようかな(笑).

あと,こちらで紹介した,『ゆるキャン△ キャンプしよう! ステンレスなべBOOK リンver. (TJMOOK)』も良い感じでした.こちらも増刷されたようで,また在庫が復活していますね.

で,今回紹介するのは,みんな大好きロルバーン(Rollbahn)の20周年記念ブックです.

そう.ロルバーンは今年20周年なんですよ.『そんなに若い製品だったっけ?』と,思う一方で,『え?もうそんなに経つの?』とも思ったりもします.そして春先に20周年記念の表紙のロルバーンリングノートが何種類か出ていましたが,オンラインストアでは瞬殺.私は出張の帰り道にsmithに行ったのですが,辛うじて欲しい柄のうちの1冊が手に入ったという感じでした.ホント,人気が高いですね.限定版の表紙も売れ残っているのを見ることが殆ど無いし.

話戻して『Rollbahn 20th ANNIVERSARY BOOK』,こちらも想像以上に素晴らしい付録の本だったのと,幸いなことに店頭在庫がまだある感じなので,年を越さないうちにご紹介.

116_20211222185501

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

直販オンリーで復活したNOLTYデイリーブック

NOLTY(能率手帳)70周年記念限定として出た1日1ページタイプの『デイリーブック』.こちらでレビューしましたが,とても使い易いので,(私にしては珍しく)1年間しっかり使い切りました.そして翌年も使いたい…ということで定番化を熱望していたのですが,そうはなりませんでした.同じく限定製品であったメモティが定番化されたのに…と,思っていたのですが,そんな『デイリーブックが』1年ブランクを空けて復刻です.

一度廃番になった手帳って,普通は復刻することはありません.『休刊』となった雑誌は実質『廃刊』と同じであることと同じです.きっとメーカーが驚く程の復刻リクエストがあったんでしょうね.

ただしフォーマットが日付印刷無しとなり,全く同じというわけではありません.そしてオンライン通販の直販のみの扱い.そのため,一般の店頭では購入出来ませんのでご注意を.

では早速見てみましょうかね.

002_20211212212601

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

86(エイティシックス) レギンレイヴのプラモデルが作りやすくて見栄えも良く,ギミックも面白い件

気が付いたら12月ですよ,年末ですよ.一気に仕事の繁忙期に突入し,振り返ってみたら11月は1エントリーしか書けてなかったんですよ.文房具系を中心に新製品のネタは沢山仕込んでいるのだけど,なかなか書けてないですよ.旬な時期がある製品もあるのでマズイっすね.

と,いうことで,8ヶ月程前に…もうそんなに経っているのか…ポストした86(エイティシックス)のジャガーノートプラモでルですが,その後アニメ放送第二期では搭乗機が変わり,バンダイから新搭乗機のプラモデルが発売になりました.

2期の放送前に予約開始になっていたのは知っていたのですが,『こんな忙しいのに,いつ作るんだ?』と,思って当初は自重していました.しかし,発売日前に入荷数が捌けたようでAmazonで購入出来なくなったのを見たら(今は買えます),『手に入る内に入手しよう,その上で,作れるときに作ったらええやん』って感じでECサイトを彼方此方探し,何とか発売日に購入.

価格がジャガーノートの約2千円からレギンレイヴの3千円へと大きくアップしましたが,届いて納得.箱の容積が倍とは言いませんが,巨大化してました.そして箱を開けてみたら,機体も一回り以上大きくなっていることを確認.アニメを見ているだけだと分からないけど,並べてみると『デカっ』という感じです.ジャガーノートを『コクピットに移動用の細い脚を付けた機体』だとしたら,レギンレイヴは『ゴリマッチョ』って感じですかね.

そんなわけで,放送の方は佳境に入りつつあるけど,『1/48スケール HG 86-エイティシックス- レギンレイヴ(シン搭乗機) 』を簡単にレビュー.

131_20211205202201

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

携帯性だけではないんです:ロルバーン(Rollbahn) ダイアリー スリム

テレワークの一般化,そして奥行きが少ない机でノートPCを開きつつ手前にノートを…という流れから,横型手帳やノートが一気に普及しました.その一方で,縦型手帳の人気が一気に落ちたのかと言うと,必ずしもそうでもないようです.特に縦型でもスリムタイプは携帯性もよく,意外と場所を取りません.そしてリング型であれば,折り返して使うことも可能.

そんなわけで,昨年も大人気だったRollbahn/ロルバーン ダイアリー スリムですが,今年も人気が衰えず,既に公式オンラインショップは全色完売のようです.私も興味はあったのですが,昨年は買えずに『ぐぬぬ…』と,なりましたので,今年は8月早々の発売直後に購入しました.

では早速中身を見ていきましょう.

236_20211110133501

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

百均で売られているリフィルを使用し,RHODIA/ロディア3穴バインダー用の下敷きを作る

昨日,RHODIA/ロディアの3穴バインダーのエントリーを書きました.

ノートに限らずメモや手帳でもそうなのですが,紙の束になっている状態で上から筆記すると,とても書きにくいときがある.筆圧が高いと沈み込みすぎたり,下手をすると紙を破って突き抜けてしまう.そして書いた後で紙を捲ると,下の用紙が凸凹していてあまり美しくない.

このような問題があるため,筆記時には下敷きを使う人が多いと思います.しかし当然ながら(?),『3穴バインダー』にはそんな気の利いたアクセサリーは(まだ)発売されていません.かと言って,プラ板を加工してゼロから自作するのも手間.作るにしても,バインダーで使うわけですから,きちんと穴が空いていてバインダーに綴じることが出来,そしてスリットがあって簡単に脱着も出来るようにしたい.

そんな都合の良い物が…あるじゃん! と,いうことでご紹介.

104_20211026154401

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

«モノとして素晴らしく,そして使っていて楽しい:RHODIA/ロディアの3穴バインダー