その他

2018年5月10日 (木)

デスクトップオーディオとしてだけでなく,テレビ用スピーカーとしても秀逸.格安入手はラストチャンスかも:YAMAHA NX-50

ちょっと聞いて下さいよ.いえね,家(←洒落では無い)のテレビではスピーカーが背面にあり,後ろ向きに音が出るんですよ.人はテレビの前に座って視聴するのに,スピーカーは後ろ向きなんですよ.

壁に反射させてサラウンド的に音に広がりを持たせるための設計なんでしょうが,うちの場合はリビング・ダイニングの間にテレビ台を置いており,その上にテレビを設置しているので,裏側はスカスカなんですよ.背中のあるテレビ台を設置して…というのもアリだと思いますが,そうすると部屋の開放感が無くなってしまうじゃないですか.テレビがちょっとした仕切り代わりに置かれているのがいいんですよ.

結果として,テレビを観ている人が『音が小さいな』と思ってボリュームを上げると,ダイニングに居る家族から『うるさい!』って文句が来るわけです.かといって文句が来ない程度にボリュームを絞ると,今度は台詞が聞きづらい音量に….

同じような悩みを抱える人は結構居るようで,最近はテレビの下に設置する棒状の外部スピーカー,所謂『サウンドバー』と呼ばれる製品が一つのジャンルを形成しています.使用中のテレビと同じメーカーからもサウンドバーが出ております.ただ,元々のテレビの状態で不都合があり,それを補うために余計な機器を買わされる的な感覚があり,正直複雑な心境なわけです.値段も2万オーバー.『高音質は求めないけど,人の声は適切な音量できちんと聞けるようにしたい』って悩み事,それだけのコストをかけないといけないような贅沢な悩みなんですかね?

と,そんなことを思っていたら,YAMAHA NX-50が7千円台で売られていました(2018年3月時点).2012年発売の製品(公式)ですが,発売当初より評判がすこぶる良く,当初は倍額の1万5千円くらいで売られていたように思います.それが半額ですよ!! これは行くしか!!!

018b

続きを読む "デスクトップオーディオとしてだけでなく,テレビ用スピーカーとしても秀逸.格安入手はラストチャンスかも:YAMAHA NX-50"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

旅先/出張先の宿を自分好みの香りで満たして快適空間を作る:無印良品 フレグランススティック(携帯用)

大変ご無沙汰しております.仕事や学業で年度末に忙しくなる皆様,もう一息です.無事に乗り越えましょう.

さて,ここ数年出張が増えて来ていて…という話しは何度かしておりますが,宿泊先で如何に快適環境を作るかがパフォーマンスに直結することを実感しておりまして,アレコレと試行錯誤の日々です.ツッコまれる前に書きますが,手段の目的化は楽しいですな.ご想像の通り,面白そうなガジェットを買ってきて試してみて…とかをしているわけですが,指向している状態/方向を3つ程挙げると,

  1. 効率的に仕事が出来る
  2. リラックス出来る
  3. ぐっすり睡眠が取れる

かなと思います.

宿に着いたらネクタイ取ってリラックスして,早めに横に入ってグッスリ眠って翌日に備える…と,いうのが最も理想的ですが,宿題/翌日の準備をしたり,たまったメールに返信したりという仕事時間を持ち込むこともあるでしょう.まずは集中状態になって短時間でそれらをこなせるようにしたい.そして仕事が一通り終わったら,緊張しまくった神経のスイッチを切ってリラックスしたい.そして最後にスッと心地よく眠りに入りたい.

このように感情をスイッチする際に重要なのが,『音楽(BGM)』と『灯り』,そして『香り』だと考えています.そして今回は『香り』の話.

以前,携帯型のお香(papier d'armenie)の紹介をしましたが,これは火を使うため,喫煙可の部屋でしか使えません.安全面でも配慮が必要です.お香系も同じですね.

かと言ってアロマディフューザーは嵩張るし,ルームディフューザー系は更に持ち運びに向きません.きちんと香りが広がり,そして手軽かつ携帯性に富んだ製品は無いものか…と,探していたときに見付けたのがこの無印良品の『フレグランススティック(携帯用)』です.

これ,私が『こんな製品無いかな…』にドンピシャでした.

136

続きを読む "旅先/出張先の宿を自分好みの香りで満たして快適空間を作る:無印良品 フレグランススティック(携帯用)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

使い易く,そして素晴らしい音質.Ankerの完全ワイヤレスイヤホン:Zolo Liberty+

(感覚的には)半年近く前に,廉価な完全ワイヤレスイヤホンのレビューをしました.3千円くらいなので,『まぁお試しに』という感じです.そして案の定,音質に関して大いに不満が残り,特に片耳だけ極端に音質が悪い点にはガッカリでした.

ただ,ケーブルに全く拘束されない『完全ワイヤレス』の手軽さと気軽さは体験出来,『これで音質が良ければなぁ』という感じでした.

それにしても,最近のAmazonの中華製品のレビューはかなり酷い状態ですな.日本語の怪しい高評価レビューや他社叩きと思わしき書き込みが非常に多く,正常な判断がしにくい.

で,その後数ヶ月でメジャー所が出揃ってきました.AppleのAirPodsは『耳からうどん』なんて揶揄されながらも相変わらずの鉄板で,SONYのWF-1000XBoseのSoundSport Free wireless headphones 辺りが音質的に非常に評判が良いようです.でも,楽しむソースによってはディレイの問題が出たり,環境によっては音切れの問題が出るという報告も多く,完全ワイヤレスは構造的に難しい部分もありますな.

俯瞰すると,概ね2万~3万円出せば『音を楽しめる』完全ワイヤレスイヤホンが購入出来,『音が聞けたら良い』なら2千~3千円出せば良いという感じに二極化して来ている感じです.

懐具合が許せば万札二枚で安全に幸せになれるのでしょうが,殆どの人はこの価格帯の中間部分で『マトモな音質の製品を…』ということを求めるでしょう.そしてサクラまみれのレビューを読みつつ,ややリスキーなギャンブルに賭け,ポチって届いた製品を使ってみて(一定の割合の人は)愕然とする…なんてことが全国各地で起こっているのではないかと思っています.Amazonの売上げランキングを見ると,この中間の価格帯の製品がよく売れているみたいですしね.

と,いうことで,ようやく本題ですが,今回この価格帯の本命の登場をご紹介します.それはAnkerのZolo Libertyです.

クラウドファンディングで数億集めたってのが話題になっていましたが,うっかり忘れて締め切りに間に合わなかった私は地団駄踏んでいました.『Ankerならいきなり製品として出荷してよ』と,渇望していたら昨年冬に『Zolo Liberty』と『Zolo Liberty+』の扱いがAmazonで開始.

そして私は機能・音質的に上位機種という扱いの『Zolo Liberty+』を購入.でも,これは値段が違って機能が完全上位互換で…という感じではなく,2つは別の製品と考えた方が良いんではと思う所もあります.詳しくは後述.

349

続きを読む "使い易く,そして素晴らしい音質.Ankerの完全ワイヤレスイヤホン:Zolo Liberty+"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

冬を快適に過ごすための必需品:ハクキンカイロmini

今年は例年と比べてメチャクチャ寒いですね.同様のことは毎年言ってる気がするけど,東京23区に33年ぶり低温注意報が出たとのことなので,やっぱり今年は本当に寒いかもしれない(笑).

で,東京から来られたお客さん曰く,『東京の寒さと京都の寒さは違う.東京は風が吹いて表面から冷える感じだが,京都は芯から冷える感じでとても寒い』とのこと.そう,それが『京都の底冷え』ってやつですわ.足元からピキピキと冷えてくる感じ.あまり科学的な言い方ではないけど,体感温度で5度くらい違う気がする.

まぁそんなわけで,ちょっと外に出るだけでブルブルなわけですよ.そんなときは,『ゆるキャン△』(*)でも詳しく解説されていた貼るカイロの出番なわけですよ.でも,コスパやパワーの面で使い捨てカイロはちょっとアレだし,個人的には大きなゴミが出るのが一番嫌.

(*)『ゆるキャン△』いいっすね~.コミックで読んでたファンなのだけど,アニメ化であの雰囲気が壊れるのでは…と,不安に思いきや,逆に良さが増幅されてる感じでした.子供もハマっており,先日はシングルバーナーでお湯を沸かしてカップヌードルのカレー味を作らされたりしました(^^;.コミック最新刊の5巻では掛川~浜松まで回ってるし,開春楼も出てくるし(馬淵君,元気かな…),奥浜名湖や弁天島も描かれるし,色々と昔を思い出して懐かしいです.

そんなわけで,かれこれ10年くらい,『Zippoハンディーウォーマー』を使ってます.これはこれでとても役立っていたし性能に不足は無かったのだけど,『もう少しだけ小さければな…』なんて思うことも度々ありました.

そんなわけで,前から気になっていた『ハクキンカイロ ハクキンウォーマー ミニ』を購入した次第です.

結論を一言でまとめると,『これ,良いですわ』.

055

続きを読む "冬を快適に過ごすための必需品:ハクキンカイロmini"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

キャリーバッグのハンドルに取り付けて傘や袋を引っ掛けられるようにする出張/旅行時にめっちゃ便利なフック:Easy Hang! キャリーハンガー

出張族の皆さん,こんにちは.旅行好きな皆さん,おはようございます.

この素晴らしいツールの機能を簡潔にまとめ,タイトルに短く書きたかったのですが難しく…長いタイトルでスミマセン.しかしその便利さは百聞は一見にしかず.今回紹介するのは,こんなことが出来るようになるツールです.

082

メチャクチャ便利なのでご紹介.

続きを読む "キャリーバッグのハンドルに取り付けて傘や袋を引っ掛けられるようにする出張/旅行時にめっちゃ便利なフック:Easy Hang! キャリーハンガー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

気が付くと年が明けていたわけですが…

大変ご無沙汰しております.

年末年始の休みも,『え?』とか言う間もなく終わってしまった感じですが,皆様如何お過ごしでしょうか.

最近更新ペースがめっきり落ちておりますが,ボチボチ更新して行く予定にしておりますので,今年もよろしくお願いいたします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

リビングにAmazon echo無しでは生きられない体になるの巻

先日,大学時代の先輩から『Amazon echo届いたぞ』と,写真付きで連絡がありました.

私も招待申し込みをしてた筈なんだけど…と,メールボックスを見てみると,『Amazon Echoの招待者に選ばれました!招待購入の有効期限は、本メールを受信されてから4日間です 』というメールが既に届いており,そして『あなたのAmazon Echoの招待購入の有効期限は残り24時間です』というメールも届いてました(^^;

これはえらいこっちゃと急いでオーダー.危ない,危ない.そして無事に翌日に届きました.

早速実戦配備したのですが,感想を一言で言うと,Amazon Echo,素敵です.

007

 

続きを読む "リビングにAmazon echo無しでは生きられない体になるの巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

簡単に作って飾れる戦車プラモデルのススメ:ズベズダ 1/100 KV-2

忙しいときって,目の前の事以外も色々とやりたくなるじゃないですか.このエントリーもその産物です.

いえね,急にKV-2を作りたくなってしまったんですよ.今度最終章が劇場公開されるガルパンのTV版再放送観たからとかそういうのではなく,街道の怪物の話をふと思い出しまして.

凄いっすよね.ドイツ軍の補給路上の街道にたった1両で陣取り,破竹の勢いで侵攻していたドイツ軍を数日間足止め.輸送トラックを12台撃破,急派されて攻撃を開始した50mm対戦車砲の命中弾を軽々と跳ね返した後に反撃して返り討ち,後に様々な伝説を残す88mm砲も設置中に撃破.工兵が肉薄して行った夜間の爆薬攻撃にも耐えます.

そして困り果てたドイツ軍は,軽戦車(38(t))を囮として走らせて,そちらに目を向けている隙に88mm砲を設置して攻撃する作戦を立てます.作戦はうまく行き,88mmが砲撃開始.しかし大抵の戦車を一撃の下に撃破する88mmが6発の直撃弾を与えたにも関わらず,貫通したのはたった2発.そして有効弾を与えて撃破したかに思われたのに,反撃のために砲塔が回転を開始.結局工兵が肉薄して貫通孔から手榴弾を投げ込み,トドメを刺したという話.

まるで『それってどんなフューリーこちらでレビュー)?』みたいな話です.

ただ,いざ作ろうと思っても,(現在の)私の場合は

  • ハッキリ言って忙しいので,手軽にサクッと組み上げたい.時間が掛かる物だと積みプラ,もしくは未完のまま何年も放置になる危険性(*)
  • 組み上げても置く場所が無い.コンパクトな奴で!
  • でも,格好悪いのはヤダ!

(*)95式が,かれこれ10年程未完のまま放置されてます…

のような条件を満たす必要がありまして,中々難しい物があります.

大きさの面では,戦車のプラモと言うと1/35が一般的で,最近はタミヤの1/48も良い仕事してるかなという感じかと思います.タミヤでKV-2はと言うと,1/35がコレ1/48がコレです.

リンク先の商品説明写真やレビューを見てもらうと分かる通り,『流石タミヤ,凄いぜ』レベルなわけです.十分な時間さえあれば,快感に悶えまくる組立時間を堪能し,陶酔感すら覚えるような出来映えの物を得ることが出来るでしょう.時間があれば.元々プラモデルって,贅沢に時間を使うための娯楽なんですよ!(断言).今は時間が無いんですよー.

と,いうことで悶々としていたら,ズベズダから1/100のKV-2が出ていることを発見.画像検索すると結構品質も良い感じ.そしてパーツが少ないので組み上げも簡単.価格はアンダー700円.大きさも1/100なのでとてもコンパクト.卓上の隙間空間にも十分置けるサイズ.上手くすれば嫁さんからの『また新しいの買ったの?』攻撃を掻い潜れる可能性すらあります.

行くしか!ウラー!!

178

続きを読む "簡単に作って飾れる戦車プラモデルのススメ:ズベズダ 1/100 KV-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

廉価な完全ワイヤレスBluetoothイヤホンを試す&廉価なコンプライもどきで高音質化:X2T+KingYouのイヤーピース

安くて楽しいガジェット好きな皆さんこんにちは.定期的に廉価なイヤホンをレビューしている気がしますが,今回は完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンについてレビューしてみます.今回紹介する製品も,価格帯は3千円くらいです.

この手の製品としては,やはり安心確実高品質かつ先行していたERATOがまず筆頭に上がると思いますが,高い.そしてやはり火付け役のAppleのAirPodsも無視できませんが,『いかにも』な感じで敬遠したく,そして前から見ると格好悪い.かと言って一歩間違うと地雷を踏みそうなジャンルですので,あまり名前の通っていない高額な製品は躊躇する…って世界です.期待していたAnkerのLiberty+の発表はあったものの,発売日未定だしなぁ.

あと,普通のBluetoothのワイヤレスイヤホンは,安くて音が良い物が沢山出ているので,完全ワイヤレスに拘らなければ,こんな感じで3千円くらいの価格帯のBTイヤホンを使うと幸せになれます.

今回私が敢えて完全ワイヤレスが欲しいなぁと思ったのは,ハンダ付け作業中の集中用.例えば先のQY19とかであれば,首の後ろにケーブルを回すので普段は邪魔にならないとは言え,ポロッとイヤホンが耳から脱落してケーブルがコテ先にでも引っ掛かったりすると大惨事.完全ワイヤレスなら引っ掛かる部分が無いし,落ちそうになったらそのまま床に落とせばセーフ(^^;です.

と,いうことで購入したのはX2Tです.Amazonで探すと似たような物…と言いますか,同じ物が様々なメーカーから別製品として売られていますな.『X2T』と印刷があるものは,おそらく中身はどれも同じOEMだと思われます.

023

続きを読む "廉価な完全ワイヤレスBluetoothイヤホンを試す&廉価なコンプライもどきで高音質化:X2T+KingYouのイヤーピース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

ペンや情報カードをきれいに整理して置け,そして複数台のスマホをエレガントに充電出来るスタンド:MixMart 充電スタンド

Amazonが扱う商品数は何千万個なんだろうか….このような素朴な疑問を抱いたことのある人は多いと思いますが,このようにAPIを使用してカテゴリ毎に製品数を取得出来るようです.日々その数は増えていますが,既に全ての商品を普通に見て回ったらとんでもない時間がかかるレベルになっていることは間違いありません.そのようななわけで,大抵は商品を見て回って…というよりも,リコメンドや口コミ,ベストセラーを辿って出会った商品を購入することが多いでしょう.

逆に言うと,たとえどんなに素晴らしい製品が売られていたとしても,何らかの切っ掛けが無ければ,その存在すら知らずに終わってしまうこともあるでしょう.そんなわけで,メーカーもしくは作者的には,売るために如何にベストセラーにランクインさせるかを常に考えているように思います.例えばkindle本の場合は,価格を一時的に安くし,ランクインしてしばらくしたら元に戻すという手法がよく採られていますね.場合によってはそのタイミングでサクラを動員したりもして.

さて,話を戻すと,今回紹介する『MixMart 充電スタンド』も,私にとってはそんな製品でした.見た瞬間に惚れるフォルムかつ機能性.しかし,つい最近までその存在すら知りませんでした.

知った切っ掛けは,たまたまクリックしたAmazonのサマーセールに並んでいたこと.『どこがサマーやねん』という感じがしないでもありませんが,いいんです.許します.で,『どうしようかな~』と,悩んでいたときに,嫁さんに(リアルな)買い物に付き合わされ,帰って来たときはタイムセールが終わってました.しかし『「安ければ買う」ではなく,「良い物は買う」だ!』と,クリックした次第.

561

続きを読む "ペンや情報カードをきれいに整理して置け,そして複数台のスマホをエレガントに充電出来るスタンド:MixMart 充電スタンド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧