android

2016年4月26日 (火)

傑作QY8の後継Bluetoothイヤホン.使い易さに目からウロコが落ちるけど,イヤホンは耳から落ちません:QCY QY11

昨年末にQY7とQY8のレビューをポストしましたが,QCY QY8は現在もAmazonでベストセラー1位をキープしています.

約3千円(最近少し値上がりした?)という手ごろな価格,音楽の楽しみ方を広げるBluetoothイヤホンならではのワイヤレスの快適性,そして値段からは想像できない音質の良さ.『安い,便利,音が良い』という三拍子そろったイヤホンが売れないわけはありません.

そしてQYCはハイピッチで新製品を投入し続けていますが,今年の2月に後継となるQCY QY11が発売になりました.価格はQY8から約千円アップで4千円弱.ジワジワと上がってきたその価格とイヤホンの形状からか,QY8と比べるとあまり注目されていない様子.しかしQCYは多分期待を裏切らないでしょう…と,いうことで先日購入してみましたので,レビューしてみたいと思います.

056

続きを読む "傑作QY8の後継Bluetoothイヤホン.使い易さに目からウロコが落ちるけど,イヤホンは耳から落ちません:QCY QY11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

キンキンに澄み切った高音:BluetoothスピーカーTHERMOS VECLOS

昨年はイヤホンネタとしてコレコレ,スピーカーに至ってはこのエントリーから連続して(2)(3)(4)といった具合にドカドカと投下しましたし,その他にも格安Bluetoothイヤホンイヤホンチップネタをポストしました.

『オノレの耳は一体いくつの再生機器を欲してるんだね』と,ツッコミが入りそうではありますが,好奇心や探究心は失ってはいけません…と,いうことにしておいて下さい.とは言え,格安~ミドルクラスの価格帯の製品を色々と試している感じに止めています.ウン十万円がスタートラインとなるピュアオーディオの世界に踏み込んだ日には,とんでもない事になること必至ですしね.

で,『今年は…まぁゆっくり行きましょう~』と,思っていた所,何やら真空断熱水筒で有名なサーモスから『世界初、真空サウンド』という変わったコピーでスピーカーが発売されていたことを最近知りました.キャッチを見た瞬間に『真空だと音が伝わらないじゃん』とかツッコミを入れたくなったのですが,公式ページの説明を見ると…ナルホド,断熱水筒の製造で培った技術を用い,金属製の真空エンクロージャーでエンクロージャーを経由した余計な音の放射を押さえて綺麗な音を再生するということのようです.

『真空エンクロージャー』.何やら格好良い響きです.ヒーロー物の必殺技のようです.ポーズを取りながら叫ぶと,手からレーザーが発射されてどんな難敵もバタバタとなぎ倒しそうな勢いです.想定外のバグや急な仕様変更,迫り来るデッドラインが怖くなくなりそうです.

と,御侍史な業界での打ち合わせを複数こなし,パトラッシュと大聖堂の祭壇画を見上げたくなる程にヘロヘロになりつつ京都駅に降り立った際に,ふと時計を見ると,まだギリギリでヨドバシカメラが開いている時間です.物だけ見ようと閉店三十分前に滑り込みました.

展示場所が分からずに店員さんに聞くと,BTスピーカーコーナーへ.そしてそのまま試聴へと雪崩れ込みました.

しかしここで強敵出現.別の組が『このスピーカーは低音ガー。音量ガー』と,近くでBTスピーカーを大きな音量で鳴らし始めます.これでは繊細な音の違いが聞き分けられません.こちらもボリュームアップすると,サーモスも音割れせずに音量を上げていきます.するとあちらも….このとき『真空エンクロージャー』と,小声で呟いたのですが,特に何も起きませんでした.

疲れていたこともあって(←言い訳),とりあえず購入することにし,それも折角なので2本セットのステレオタイプを購入することにしました(ステレオとモノラルは別物なので,モノラルを買って,後でもう一つ買い足してステレオにするのは無理っぽいと言われた).

と,いうことで,カラバリ全色在庫アリとのことでしたが,ステレオVECLOS SSA-40S-BK を捕獲して帰宅.

013

続きを読む "キンキンに澄み切った高音:BluetoothスピーカーTHERMOS VECLOS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

小型Bluetoothスピーカーを色々試す(4):音の比較

前回予告した通り,今回は一連のスピーカーの周波数特性を調べてみます.

とは言っても,無響室で校正済みの機器を使用して…というものではなく,手元のiPhoneを使って手軽に行う方向です.当然ではありますが,そもそもiPhoneのマイクの周波数特性は悪そうだし,今回の結果はあくまでも参考程度ということででご勘弁を.

使用するアプリはe-scope 3-in-1というアプリで,AppStoreで240円で購入出来ます.かなり高機能で遊べるので,音に興味がある人にはオススメなアプリです.

で,このアプリには『FFT同期スイープモード』というのがありまして,リアルタイムで周波数特性を測定できます.動作としては,特定の周波数をスイープしながら再生し,マイクから拾った音をFFTかけ&音圧をチェックしてプロットしていくというもの.

今回は,このモードでスイープ時間100として実行しました.

下は計測中画面.低音からスイープし,マイクで拾った音を緑で表示.履歴を赤でプロットしていきます.

014

続きを読む "小型Bluetoothスピーカーを色々試す(4):音の比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

小型Bluetoothスピーカーを色々試す(3):Anker ポケットサイズBluetoothスピーカー

このエントリーの続きです.小型BTスピーカーネタ,もう少し続きますw

TaoTronics TT-SK05を購入して大変な満足感を得ていた私ですが,どうしてもAnkerの超小型スピーカーの存在が頭の片隅から離れませんでした.音質的にTaoTronicsで十分だと感じており,そして大きさも『このくらい小さければ不満無し』とか思っていたわけですが,Anker製は

  • 超小型でポケットサイズ
  • 12時間持つスタミナバッテリー
  • キューブ型の心振るわせるデザイン

の3つの武器で私の物欲をゴリゴリと刺激しました.おまけに価格もアンダー2千円.

それにしても,定価(?)が4900円なのに,3000円OFFで売られているってどういうことなのでしょうか.この価格は『今だけお安くしておくから買ってね(ハート)』なサインなのか,はたまた定価は適当な数字で,値引率を見ただけで『安い!お得!買う!』の三段活用を反射的にしてしまう人をターゲットとした罠なのでしょうか….

で,所用で烏丸四条をフラフラ歩いているとき,『まぁ2千円だし…まぁいっか…』と,おもむろにiPhoneを取り出してクリックしてしまいました.『0m商圏』の衝動買い,怖いですね.

で,プライム会員なので翌日配達されました.

231

続きを読む "小型Bluetoothスピーカーを色々試す(3):Anker ポケットサイズBluetoothスピーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

小型Bluetoothスピーカーを色々試す(2):TaoTronics TT-SK05

無印のダイヤル式BTスピーカーの故障により,小型BTスピーカー探しの航海を始め,Amazonに漕ぎ出た私です.しかしアッという間に新天地に辿り着き,カチッと購入に至りました.

モノはこれ,TaoTronics Bluetooth 4.0 ポータブルスピーカーTT-SK05です.正直な話をすると,値段が1599円というのが第一の決め手です.これだけ安いとインパクトあります.

実際にはAnker ポケットサイズ ポータブルワイヤレススピーカーとで若干悩んだのですが,(無印のスピーカーでとても不満に思っていた)低音に関し,TT-SK05の方が良さげなのでこちらにしました.

265

続きを読む "小型Bluetoothスピーカーを色々試す(2):TaoTronics TT-SK05"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

小型Bluetoothスピーカーを色々試す(1):無印良品ダイヤル式Bluetoothスピーカー

無印の店舗に入る度,気になって手に取るけど再び戻すということを繰り返していた製品があります.『ダイヤル式Bluetoothスピーカー』です.

電源およびボリュームコントロールが『本体を回す』という実に直感的なインターフェイスの点,そしてポケットにすら入りそうな超小型軽量な点,そしてBluetooth接続でワイヤレスという点に非常に魅力を感じていました.

その一方で購入に踏み切れなかった理由は,店頭で試聴が出来なかったので音質が確認出来ず,ある意味ギャンブルであった点,そして値段が税込み5,900円もするという点です.これが千円~二千円くらいであれば,『まぁ失敗しても傷は浅い…ネタ的に美味しいやん』と,自分に言い聞かせることも出来るわけですが,流石に5千円オーバーで使い物にならなかったら精神的ダメージが大きいです.

と,いうことで,ずっとスルーしていたわけですが,『例のスピーカーはTEACのOEMなので音が良いよ』と聞き,『TEAC製なら間違いは無いだろう』と,思い,購入に至りました.

この選択,どう転びますか…と,いうことでレビュー.

150704184944_r

続きを読む "小型Bluetoothスピーカーを色々試す(1):無印良品ダイヤル式Bluetoothスピーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

廉価かつ便利に使えるBluetoothイヤホン:QY7とQY8

今年はイヤホンのレビューとして,有線で接続するJVC HA-FX850 Shure SE535Ltd のエントリーを書きましたが,今回はBluetoothヘッドホン.

音楽を聞くためのBluetooth接続のイヤホン/ヘッドセットと言うと,使い勝手の点で抜きん出ているJabra ROX WIRELESSが大人気を博しました.イヤーパッドにマグネットが内蔵されており,左右をくっつけると固定される&電源OFF,離すとONという具合に電源とも連動します.『コストコで安く売られてるいるなー』と,思っていたら,某誌で絶讃された直後に瞬殺でした.

そう言えば,BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン(QuietComfort 25)のときも同じような感じでした.昨年末に某誌でグランプリを取った直後,コストコに山のように積まれていた筈なのに,あっという間に在庫ゼロになっていました.雑誌の影響力って凄いなぁ.なお,現在は在庫が復活していますが,コストコで売られているのは少し前のモデルであり,QuietComfort15です.

で,話し戻ってBluetoothイヤホンですが,やはり『プレイヤーとケーブルを線で繋ぐ必要が無い』というのが最大のメリットで,何かしながら音楽を聞くとき…例えばジョギングのときに手にケーブルが引っ掛かってプレイヤーが吹っ飛んで地面に叩き付けられて『ギャー』とかいう事故を防ぐことが出来ます.また,デスクワークのときもケーブルレスは便利です.常にキーとマウスの上に手がある場合は別ですが,何か作業する度に手に引っ掛かってストレスを感じるという事態を防げます.

難点は『電池の持ち』と『音質』ですが,前者に関してはBluetooth4.0のお陰で,小型軽量の製品でも5時間程度は持つようになりました.普通に使う分には1日中,ヘビーに使う場合はたまに充電してやれば特に問題無く使えるでしょう.

次に音質ですが,やはり数万円台のイヤホンと比べたら勝負になりません.でも,ワイヤレスが求められるシチュエーションというのは,じっくりと音を楽しむような用途ではなく,音質よりも使い勝手,音質はBGMとして流しておくような用途であるため,問題になることはあまり無いのではないかなと思います.とは言え,『音が出れば良いというレベルか?』というとそうでもなく,『普通に音楽を楽しむことは出来る』というレベルですし,最近はcodecとしてAACやaptX対応の物も増えてきているので,それなりに進化してはいます.

で,今回紹介するのは,『消耗品的として考えても良いくらいの価格帯』のBluetoothイヤホンです.2千円台です.ハッキリ言って,音質に関しては全く期待せずに購入しました.でも,意外と『聞ける』のでびっくり.

で,『良い買い物をしたなぁ』と,思って使っていたら,新機種が出ました.そしてこれまた廉価な製品.これは購入して比較するしか無いでしょう…と,いう流れで,SoundPEATS QY7TaoTronics TT-BH06 のレビューです.後者は中身的には『QY8』と同じだと思うので,QY8としてレビューすることにします.

365

続きを読む "廉価かつ便利に使えるBluetoothイヤホン:QY7とQY8"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

microUSB,USB両対応の小型USBメモリカードリーダーは意外と安くて便利

先日は,超小型のカードリーダーとアダプタを使用し,microUSB端子でも使える大容量USBメモリを安く用意するということをしてみました.

結果,機能的に満足の行く物が出来たわけですが,microUSBに変換するアダプタが飛び出てしまうため,収納時にはやや不格好.収まりが悪いです.

しかしUSBとmicroUSBに両対応したUSBメモリは,小容量の物でも良い値が付いていますし,容量が足りなくなったらガワさら買い換えるのは…とか思っていたら,こんな物 を見付けました.

前回同様,microSDのカードリーダー的な製品なのですが,microUSB/USB両対応のガワであるにも関わらず,アンダー600円.『これは!』と,思い,早速行ってみました.

254

続きを読む "microUSB,USB両対応の小型USBメモリカードリーダーは意外と安くて便利"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

超小型アダプタを使用して,USBメモリをmicroUSB対応USBメモリにする

WindowsタブレットもAndroidタブレットも大抵の製品はUSBポートがmicroUSBで困ります.それも1ポートしか持たない&充電用も共用なことが多いので,使い勝手がすこぶる悪くて…と,毒づいてもしかたが無いですが,とりあえず通常のUSB機器類が直結出来ないのは何とかしたい所です.

直にmicroUSBが出ているUSB機器も出てきてはいますが,割高です.変換アダプタ を介して通常のUSB機器を接続するのが一般的ですが,これはこれで嵩張ってイヤな感じです.

そこで3分クッキングの時間です.

今回用意したのは,microSD対応のUSBカードリーダー,64GBのmicroSDXC,そしてメインの素材は『microUSB USB変換OTGアダプタ』です.1個369円也('15年9月現在).

218

続きを読む "超小型アダプタを使用して,USBメモリをmicroUSB対応USBメモリにする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

スマホ/タブレット用のコロコロ型クリーナー

本エントリ,書いた覚えあるのに検索しても見付からないなぁと思ったら,公開していなかった…(^^;

と,いうことで,気を取り直して加筆修正して公開することにします.去年購入したタッチパネルのクリーナーについて.

個人的に何種類か持っていているのだけど,この手の製品の火付け役はキングジム iCOLOCOLO でしょう.非常に評判が良く,発売直後に話題になっていました.

アンチメジャー派な私は,敢えてこれをスルーし,『洗って繰り返し使えるからこちらの方が経済的だよね』という理由でシリコン クリーナー eRoller を導入.

これはこれで結構良かったのですが,出先でローラーが汚れてきた際に,『水場が無いと洗って汚れを落とせない→使えない』という状況に陥りました.シール型のリフィルは使い捨てで勿体ないとも言えるのだけど,逆に言うと『使えなくなったらその部分を破って捨て,新しい面で新品の性能』ってのが実は効率的だったと実感しました.

その後もiCOLOCOLOは売れていて,保護フィルムに対応した保護フィルム用 iCOLOCOLO というのも出たようなのだけど,私は購入に至りませんでした.シリコンゴムを使用したものも含め,あの形状は『嵩張る』ので携帯性が悪いからです.

でもまぁ仕方ないよねとか思っていたのだけど,ITOYAでこんな物を発見.掃除用品等を出しているニトムズ製のタッチパネルコロコロ(ブラック) です.

122

続きを読む "スマホ/タブレット用のコロコロ型クリーナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)