« 本とは何かとか本について考える人の話を聞いて考える本:かーそる 2019年5月号 | トップページ | 手軽で便利なノートに挟めるハードケース入りボールペンセット:uni-ball R:E+アールイープラス) »

2019年6月18日 (火)

素晴らしいアイデア.パッと開いてすぐに使える便利なリング型メモ帳:『パッとメモ』PATTO

ワイシャツのポケットにもスッと入るサイズで携帯性が良く,手持ちで立ったままでも簡単にメモが出来る『リングメモ帳』.実に便利ですよね.ただ,これまた私の大好物の『RHODIA』に代表されるような『書き終えたページはピリッと破って別途保管』(散逸し易い)のようなスタイルの手持ちメモ帳と異なり,リング型は『書いたページをそのまま折り返してリング内に保管出来る』というメリットがあります.しかしその反面,表紙を開いて即,書き始めることが難しい.と,言うのは,パッと開いた後で『新しいページは…』と,ページを捲る必要があるため.筆記開始前にワンクッションが必要になります.

そんなわけで,書き終えたページは破って取り外したりしている人が多いと思います.こうしておけば常に表紙を開いてすぐに書き始めることが出来ますしね.

『書き終えたページの保管』と『書き始めの初動力』の両立は出来ないものだろうか…という工夫は多くの人が試みている所でもあり,ある人は書き終えたページの角を破ったり,ある人は輪ゴムで止めたりなどしています.

ところがです.ユーザー側がそんな工夫をしなくても,『これを買ってそのまま使えばそんな問題は解決です!』と,いう製品がミドリから出ました.その名も『パッとメモ』.名は体を表すですが,正にそんな感じです.

459

このメモ帳,今年(2019年)の1月に発売だったのですが,近場の文房具屋で見かけることがなく,通販で…も送料を考えると『うーん.まとめ買いするか?』な状態で入手出来ていませんでした.後者の話で言うと,300円台というとてもリーズナブルな価格になっているため,かえって送料が目立つということでもあるわけですけどね.

と,いうことで,なかなか入手の機会が無かったのですが,先日出張ついでに『ナガサワ文具センター』の本店詣でをする機会があり,ふと見ると普通に売られているじゃないですか.雰囲気に飲まれ,ついでにアレもコレもで鼻息荒く余計な買い物もしてしまった感じがとてもしますが,大満足です.梅田茶屋町店や楽天経由では何度も利用しているのですが,やはり本店は独特な雰囲気がありますな.かなり駆け足だったけど,時間を作って行って良かった.

Nagasawa

モノはこれです.

デザインは普通のリングメモ帳と同じ.色も黒色なため,ある意味没個性.逆に悪目立ちしないという意味では良いのですけどね.

しかしこの手の手帳には珍しく,本体剥き出しではなく袋入り(後述).『書きたいページがすぐ開く』というキャッチーなポップが書かれたシールが貼り付けられています.

456

サイズは128mm*76mmで片手で掴むのに丁度良く,そして筆記エリアも必要十分なサイズ.厚さが15mmと少々厚めな感じがしましたが,80枚入ということで納得です.あと,『PAT.P』(Patent Pending:特許出願中)の文が輝いて見えますな.

 457

本体を包んでいる袋をペリペリっと破って…

458

表紙は黒色のプラ製.肌触りも良し.また,白で印刷されている『PATTO』が良いワンポイントのアクセントになっています.

459

表紙を開けるとこんな感じ.まずはグレーの表紙がコンニチハ.

460

『パッとメモ』だからPATTO.文房具の名称には何故こうも駄洒落が多いのかと小一時間….

461

そしてMIDORIブランドの見慣れたロゴ.品質に対しての安心感があります.

462

このグレーの紙の裏側には,この『PATTO』の『PAT.P.』であろうところの特殊な構造についての使い方説明が書かれています.

  1. 書く
  2. 書いたら、はがす
  3. 新しいページがパッと開く

です.文字だけで書くと『えっ?どういうこと?』ですよね.

463

厚みが結構あるという話は前述しましたが,このような厚さです.そして一辺がバラけないように糊付けされています.

468

そうなんです.この『パッとメモ』の工夫というのは,リフィルの左側の1辺だけ糊付けしてある点なんです.

467

一番上のページを書き終えたら,ポストイットを剥がすようにペリペリと糊を剥がします.こうすることにより,書き終えたページはバラのページになり,未使用ページはブロックとして残るわけです.次にポケットからこのメモ帳を取り出して書き始めるとき,ブロック側を掴みながら開けば『次に書き始める1枚目』がパッと開きます.実に素晴らしい構造.

この構造を見て改めて思ったのは,『実に単純.誰でも思い付くやろ』というシンプルなもの程,実は優れたアイデアなんですよね.

例えばこのメモ帳で言うと,余計なパーツを追加しないのでコストアップもそれ程ではないし,構造的に筆記アクションを阻害しないので(この機能を追加することに伴って)使い勝手が低下しない.製造面からも利用面からもよく考えられている.ほんと,素晴らしい.

そしてパテントホルダーとして見ると,汎用的かつ広い範囲で網を被せられる特許は会社的にも美味しい(笑).他社にパクられないための防衛特許としても完璧に見えます.新製品を見た際に『このアイデア,凄いよね』と,感銘を受けたら半年後に百均に類似商品が並んでいて…なんてことはよくあります.そんなとき,開発者は忸怩たる思いでしょうね.

アイデアも財産なので,守るためにも出来るだけ特許化しましょうよ.私も今年度はヒィヒィ言いつつ既に2本程出願しました.出願用の書類や資料を作るのはシンドイけど,何もやらずに他にやられちゃうのは悔しいし.…閑話休題.

471

この手のメモ帳には珍しく,コストアップになるにも関わらず袋入りである事は前述しましたが,糊付けしている部分が剥がれてしまうと製品としての価値が大幅に削がれるので,これを保護するための袋入りという感じですな.輸送中や展示中の事故だけではなく,剥き出しで店頭展示してあると,おそらくペリペリと剥がす人が居るでしょうから.

さて,では気を取り直して『工夫』以外の部分のディテールを見てみましょうかね.

リングメモの標準的な筆記スタイルは,このように表紙を180度回したスタイルでしょう.前述した通り,片手で容易に掴めるサイズであり,表紙の固さもあって実に書きやすいです.

464

そしてリフィルは2.5mmの方眼.横罫ではなく,方眼方眼ですよ,方眼.角が微妙なRで裁断された端まで方眼が印刷されています(大興奮)

466

当然,リング穴のある上面も端から端まで方眼です.

465

そして裏面も方眼です.ヤバイです.また,このサイズの用紙に2.5mmという方眼サイズは実にバランスが良い.

470

リング型メモ帳は表面だけしか使わないようにすることがありますが(私だけ?(^^;),両面方眼なので,折り返した後できっちり裏側も使わせて貰おうかと思わされます.そうすると,160ページというかなりのボリュームのメモ帳になります.実に良い.

472

まとめ

と,いうことで,ようやく入手出来た『パッとメモ』ですが,思った以上にワクワクを感じる文房具でした.

良い点を列挙すると,

  • 片手で掴むのに丁度良いサイズ感
  • リフィルが2.5mm方眼.それも両面かつ端まで全面印刷
  • リフィルの1辺を糊付けすることにより,『筆記済みのページをリング内に保管する』ことと『取り出し直後に真っ新なページを即開いて書き始められる』という機能を両立
  • 80枚,160ページというボリューム

実に使い勝手が良く,そして使い出があるリングノートであります.この機能が特許化出来たら,唯一無二な孤高のリングメモになることでしょう.

そんなわけで,『パッとメモ』手放しでオススメです.メモ魔な人には特に.Amazonでも送料が安めのショップが扱い始めたので,近くの文房具屋に売られていないとお嘆きな方は,是非ポチってみてください.使い始めたら便利さが分かると思うので,1冊と言わず複数冊の入手をオススメします.

あと,先日発表があったのですが,記念すべき 30th周年となる『文具・紙製品展 ISOT』(今年は行けるかなぁ…)の日本文具大賞2019年の機能部門で優秀賞に選ばれました.おめでとう!

|

« 本とは何かとか本について考える人の話を聞いて考える本:かーそる 2019年5月号 | トップページ | 手軽で便利なノートに挟めるハードケース入りボールペンセット:uni-ball R:E+アールイープラス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本とは何かとか本について考える人の話を聞いて考える本:かーそる 2019年5月号 | トップページ | 手軽で便利なノートに挟めるハードケース入りボールペンセット:uni-ball R:E+アールイープラス) »