« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月16日 (火)

待望の新しいiPad miniを大型連休前に購入&セットアップ.機種変時のkindleの問題等:iPad mini(2019)

iPad miniは2015年に発売されたiPad mini4以降,モデルチェンジがありませんでした.もうこのラインは終息という噂が当初支配的でしたが,最近は『出る』という噂が囁かれ始めました.私はと言うと,タブレットはiPad mini系がメインウエポンで,無印→2→4と購入して来ています.iPad mini2とmini3は中身が殆ど一緒なので,ほぼフルコンプと言って良いと思います.7インチって携帯性が良いし,情報の一覧性や視認性とのバランスも絶妙なんですよね.

一番最近のiPad mini4購入の経緯はこんな感じで,ポストしたのは2017年9月です.凄まじく昔に感じますな.

で,iPad mini4を愛でつつかなりヘビーに使い続けていたのですが,中身は4年も前の製品.CPUはA8でメモリは2GB.最新のiOSである12.xでも使えないことはありませんが,サクサク感はありません(極端なモッサリ感もないけど).その一方で,重いアプリは死ぬほど重くなりまました.

具体的には,kindle.私の場合は本を詰め込み過ぎなのだと思いますが,起動後の同期チェック?が数分間終わらなかったり,裏でダウンロードが始まると長時間固まったりして悶絶したり.また,本を溜め込み過ぎて128GBではiOSのアップデート時にストレージが足りないという問題も起きていました.特にkindle起動直後の固まる時間の長さは,隙間時間の読書を絶望的に不可能にするため,かなり気合いと諦めを入れないと使えない状態になりつつありました.まぁ端末から本のデータを大幅に削除しておけば軽くなるんでしょうけど,読みたいと思ったときに即,読みたいじゃないですか.

『もう限界!』と,思い始めたのが今年の初め.『新しいiPad miniが出るよ』という噂がまた出ていましたが,『また肩透かしだろうなぁ』と思っていたら今回は本当に出ましたヨ.

そしてちょっと出遅れましたが,3/30の販売開始前の3/29の超早朝に,出張先の宿から悩みつつソフバンにオンライン予約.その後悶々としつつ『在庫確保出来ました』メールを待っていたのですが一向に来ず.『スペースグレイは人気のようで入手しずらいらしいよ』の声が耳に入り始め,4月末からの連休までに間に合うのか?と,いう事に不安を感じ初めました.そして4/8の昼まで待ちましたがソフバンから連絡来ず.

『ええい,アポー直販で行くぞ!』と,ソフバンをキャンセルして『出荷日1~3営業日』となっていた直販にオーダーしました.すると…

  • 4/8 12:13オーダー
  • 4/8 15:21 発送通知
  • 4/9 9:01 今日お届けしますよ通知
  • 4/9 12:02 お届けしましたよ通知

オーダーから24時間かからずに手元に届いてしまったという….Amazon Primeかヨドバシドットコム並のスピード感です.ソフバン何しとんねん.

そのようなわけで,これからセルラータイプをオーダー&連休前に入手したい方は,公式で購入すると良いかもデス.先程見たところ,スペースグレイ 256GB セルラーの構成でも2日後には手元に届くとのこと.

で,『明日届く』ってんで急いでフィルムその他も発注したのですが,苦しみは物が届いた後で訪れるのでした…(後述).

004_1

続きを読む "待望の新しいiPad miniを大型連休前に購入&セットアップ.機種変時のkindleの問題等:iPad mini(2019)"

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

これぞ究極のバッグインバッグ:『SONIC utlim スマ・スタ ワイド A5 立つバッグインバッグ』

カバンやリュックを複数持っている人,ないしはTPO等によって使い分けている人にとっての悩みの種の一つに『荷物の入れ替え』があります.

最近のカバンは収納機能性指向と言いますか,ポケットが豊富な製品が多く,『このポケットにはペンを.このポケットには8インチまでのタブレットを…』のような感じに,半ば指定席のような状態で用意されています.指定席が用意されていると,物の収納場所が固定されるのである意味悩まなくて済むので収納が楽になります.しかし各ポケットにバラバラに物を収めることになるため,使用するカバンを変えるときは『出して…入れて…』がかなり手間です.更にはカバン同士が同じ仕様でポケットの位置も数も大きさも同じなんてことは無いし,そもそもモノを入れ替え忘れたりする際の事故も発生したりするわけです.そのようこともあり,『バッグインバッグ』というカテゴリの製品が登場しました.

あとポケットの多いカバンの問題点をもう一つ挙げると,ポケットその物が問題になることが挙げられます.

時代と共に持ち物は変わります.そのため,例えばスマホのサイズはカバンの耐用年数よりも早いペースでサイズが変わることがあり,『スマホ用ポケット』にスマホが入らなくなるなんてこともあります.こんな状態になるとこのポケットはスペースを取るだけの無用の長物です.また,最近はノートPCの他にタブレットを持ち歩くことも多いので,共に専用の保護ポケットが欲しい.でも少し前のカバンには,タブレットのポケットが付いていなかくて不便を感じた事があるのは私だけではないでしょう.

と,いうことで,バッグに収納されることを前提とした一回り小型の『バッグインバッグ』に収めておけば,カバンを入れ替える際に『バッグインバッグ』を入れ替えるだけで済むわけです.楽ちん.そして『バッグインバッグ』はカバン本体よりもハイペースで買い換え可能な価格帯であるので,そのときの自分のニーズに合った製品を選び,不便になったら『バッグインバッグ』だけ買い換えるということもしやすい.更には,カバンには『物を入れて/包んで持ち運ぶるための袋』という本来の仕事に原点回帰してもらえば良いので,コテコテしたポケットは不要になります.汎用的なザックリした適度な容量のある入れ物であれば良くなるわけです.すぐに陳腐化してしまうガジェット向けの機能ではなく,デザインや使い勝手だけで選択出来るようになり,選択肢が広がります.

そんなわけで便利なことが多い『バッグインバッグ』ですが,元々カバンの中に入れる物のため,単独でバッグから出して持ち運んだり使用したりするシチュエーションでは不便な場合があります.例えばケーブル固定用のバンドやポケット類が剥き出しになっていてジャラジャラと丸見えになってしまったり.カバンの中に入れて使う場合はこの方が便利なんですけどね.でも,フリーアドレスで…とか,打ち合わせのときに会議室間を移動して…のようなちょっとした移動のときに中身だけ持って行くような用途には使えない/使いにくい物が大半です.

『じゃぁ一回り小さい普通のバッグを入れたらいいじゃないか…』なんて話になりそうなのですが,求めているのはそうじゃないんですよね.欲しい物を具体的に書くと,

  • 単体で自立する,もしくは省スペースであること
  • 単体で持ち歩いても/卓上に置いても違和感の無いデザインであること
  • 適度・適切なポケット/気室を持ち,必要な物を適切に収納出来ること
  • サイズが丁度良いこと
  • カバンの中で収まりが良く,出し入れがし易い形状であること

という感じでしょうか.

それ程贅沢な望みではないと思うけど,意外とこれらを満たす製品って少ないんですよね…と,思っていたら見付けました.なんばパークスのノイエ店頭で発見.ちょっと悩んだ末に購入.A5サイズはよく売れているそうで,在庫は展示品のみとのことだったので展示品を捕獲.

SONIC utlim スマ・スタ ワイド A5 立つバッグインバッグ』です.

158

続きを読む "これぞ究極のバッグインバッグ:『SONIC utlim スマ・スタ ワイド A5 立つバッグインバッグ』"

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

流石の使い心地とデザイン:『大人の太芯シャープ』コクヨ 鉛筆シャープ/enpitsu sharp Type MX

コクヨの『鉛筆シャープ』ことenpitsu sharpですが,Type MおよびType Mx(公式)というシリーズが出ました.

従来からあった『鉛筆シャープ』は手軽に使えるけどクリップが無く,『鉛筆シャープ TypeS』はイレーサーやクリップが付いて実用性が上がったけど,黒以外はカジュアル過ぎて仕事場で使うのには抵抗があって…あと,プラスティッキーな感じが…という感じでした.

元々このゾーンには『大人の鉛筆』のような『芯ホルダー』と呼ばれるカテゴリの筆記用具があり(『大人の鉛筆』は比較的新しい製品ですが),2mm芯またはそれ以上の太さの芯を使われていました.古くからある製品のためか年配のユーザにコレクター的な熱狂的なファンが多いのですが,かく言う私も最近ではコレとかコレを使っていました.が,2mm~の芯は中途半端に太く,シャープナーで削らないと今ひとつ使いにくい感じ.ラフスケッチのときは別に気にならないし,製図の時はどっちにしろ削るんですけどね…と,言うか最近製図はドラフター使いませんかCADですかそうですか(笑)

で,何年か前から雑誌付録その他で0.5mm以上の所謂『太芯シャープ』の布教活動が進んだせいか,ちょっとした文房具屋でも0.3mmや0.5mm以外の芯も購入出来るようになりました.ようやくリフィルの兵站が不安無く使えるようになったと言えます.十分に普及したと言えましょう.

シャープを使用していて使い勝手が悪いと感じるポイントは,書いていてポキポキと芯が折れる事です.最近はオレンズをはじめとする『芯が折れないシャープ』の普及によって様相が変わってきていますが,『複雑な構造が無くても,芯が折れないくらい太ければ折れない』という至極当たり前の理論を体現しているのが太芯シャープです.更には芯が太いために使い易い.これは鉛筆を使っていて感じることと同じですが,ペンを立てても寝かせても使えることにより,実に使い勝手が良くなります.例えばカリカリと細かく時を書くときと,ザックリと絵や図を描くときは,ペンの持ち方が違いますよね.0.5mmくらいのシャープの場合,ザックリと絵を描こうと思っても,紙の上で素早くペン先を走らせるのは危険.ノートに穴を開けて紙を引き千切ってしまうこともあるわけです.太芯シャープの場合はそういう心配はほぼ皆無.

ところが前述の通り,なぜかこのゾーンにはカジュアルな製品しかありませんでした(一部,こういった高級志向の製品もありますが…).特にアウトなのが,ビビットなカラーリング.デザイン系の業界であれば良いのでしょうけどね.

そんなわけで,『太芯シャープがあれば便利なんだけどな』というときでも,職場や客先で使うのが憚られていました.が,そんなフラストレーションも,TypeM および TypeMxの登場により解決です.

019_1

続きを読む "流石の使い心地とデザイン:『大人の太芯シャープ』コクヨ 鉛筆シャープ/enpitsu sharp Type MX"

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

想像を掻き立てるフォルムの日本海軍機,『震電』のハセガワ製1/72プラモデルを作る

荒野のコトブキ飛行隊』ですが,『あれに乗る』と言った瞬間にピンと来たけど最終回でジェット機化されたものまで出すとは…という感じであった『震電』.740km/hという高速性や30mm機関砲4門という強武装を持ち,高空を飛来して日本の市街地を爆撃するB29を迎撃(他の日本機では性能面で困難であった)するために大いに期待されていた機体です.しかし試験飛行には成功したものの終戦になり,量産や戦力化は間に合わず.

結局のところ,全く活躍の場が得られなかった局地戦闘機ですが,前翼型かつ推進式のプロペラ配置という特異な独特のフォルム.そして実戦に参加しなかったこともあって性能が未知数であることから,『もしコレが実戦配備されていたら…』という『if戦記』での大活躍もあり,知っている人には大人気の機体です.

実機の写真等はこちら(youtube)にまとめられていますが,試験飛行等の様子を撮影した貴重な映像(youtube)も残っており,色々と妄想が広がる所であります.現在は接収された1機が米国に保存されていますが,組み上げてレストアされた状態で一般公開されないかなぁなんて首を長くして待っているいる人は多いはず.

そんなこんなで男の子には大人気な震電ですが,プラモデルも色々と出ています.特に定番なのは,フォルムが良くて作りやすく,更には価格がアンダー千円('19/4/4現在Amazonで766円)と手頃なハセガワの1/72かなと思います.私も幼少の頃より何度か作った記憶があり,おそらく5~6機は作っている筈.小学生の頃は塗装せずに組み上げただけでしたが,それでも机の上に飾ってワクワクしながら眺めたものです.

で,『荒野のコトブキ飛行隊』の影響か,最近また人気が出てきたようで,Amazonランキングの上位に食い込んできました(「飛行機・ヘリコプターのプラモデル・模型」カテゴリで20位前後をウロウロ).そんな様子を見ていたら,やっぱり作りたくてウズウズして来ますよね.

私はコトブキのオンエアが始まって少し経った頃に積みプラを崩しました.おそらく5~10年ぶりのハセガワ製1/72震電の作成かな.ゆる~く作ってみましょう.

104_1

続きを読む "想像を掻き立てるフォルムの日本海軍機,『震電』のハセガワ製1/72プラモデルを作る"

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

『荒野のコトブキ飛行隊』に刺激を受け,積みプラになっていたフジミの1/72隼1型を作ってみる

気が付くとすっかり出遅れており,最終回が今週放送予定という状況になってしましましたが…凄いです.『荒野のコトブキ飛行隊』(公式)のメカの精緻な描き込みや動きの凝り方,半端ないです.いくら手描きでないから…CG技術が向上しているから…と,言っても,普通は戦闘機の始動の仕方から離陸までの作業を順を追って描く…なんてことはしないでしょう.せいぜい描いても『エナーシャ回せ!』くらいでしょう.実にイカレてる!(最高の褒め言葉)

まぁそんなわけでと言いますか,ティザーPVを観たときはそこはかとなく不安を感じましたが,PVを観てからは傑作を確信してオンエアを待ち,1話を観てからは翌週が楽しみでたまらないという感じに相成りました.ただ,ほぼ同じ方向を目指している『ガルパン』と比べるとマニア度が高く,ミリヲタ純度がある程度高くないと…ちょっと敷居が高いかもです.

この作品の目玉はというと,様々な日本の陸海軍機が登場すること.そして大空を飛び回り,空中戦を繰り広げます.その辺りはこの動画(オススメ)やこの動画(超オススメ)をご覧頂くと,この作品の凝り度のイカレっぷり(褒め)の片鱗を感じることが出来るのではないかと思います.

そしてこの手の作品の場合,主人公は有名な機体もしくは高性能機に乗っていることが多いのですが,なんと『一式戦闘機(隼)1型』です.『加藤隼戦闘機隊』に出てくる『隼』です.それも性能の低い『1型』.この時点でマニア受け確定ですね(笑).一般受けさせるとしたら『ゼロ戦』の愛称で有名な海軍の『零式艦上戦闘機』(『レイシキ艦上戦闘機』なので,『レイセン』が正しい)に乗せるのでしょうが,敢えて避けてる感じです.

それはそうと,本日新しい元号が『令和』になりましたが,今年の5月2日生まれの人が今から20年くらいして会社に入ってきたときに,『さすが令式(レイシキ)52型.性能が違うな』なんて言ってみたいな...なんて妄想が…閑話休題.

海軍の『零戦』と比べて海軍の『隼』は実績の割に人気が無いようで(まぁ当時陸軍も一旦『イラネ』ってした機体だったけど),プラモデルでも冷遇されています.それも初期型の『隼1型』となると更に人気が…な感じで,金型が古く,その代わり安い製品ばかりのような気が.そんな中,俄にブームが来てしまったので『艦これ』ブームでウォーターラインシリーズに急に火が付いたときと同じように,店頭から手頃なプラモデルが蒸発.今回紹介する『フジミ 1/72 隼1型』は千円くらいで売られていたように思いますが,現在Amazonでは3万4千円で売りに出てます.一時期の仮想通貨以上の爆上げです.

そんなわけで,本エントリーを読んで『隼作ってみようかな』と思われたら,少し沈静化するのを待つか,『モデルグラフィックス 2019年 03 月号』を購入しましょう.値がちょっと張りますが,付録として最新技術を駆使した緻密な『隼1型』のプラモデルが付いてきます.

では,『一機入魂!』.

140

続きを読む "『荒野のコトブキ飛行隊』に刺激を受け,積みプラになっていたフジミの1/72隼1型を作ってみる"

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »