« ダイソーの新しい情報カード | トップページ | うっとりするような美しさ.真鍮無垢の万年筆インクカートリッジケース:TF ブラス インクカートリッジケース »

2018年1月25日 (木)

冬を快適に過ごすための必需品:ハクキンカイロmini

今年は例年と比べてメチャクチャ寒いですね.同様のことは毎年言ってる気がするけど,東京23区に33年ぶり低温注意報が出たとのことなので,やっぱり今年は本当に寒いかもしれない(笑).

で,東京から来られたお客さん曰く,『東京の寒さと京都の寒さは違う.東京は風が吹いて表面から冷える感じだが,京都は芯から冷える感じでとても寒い』とのこと.そう,それが『京都の底冷え』ってやつですわ.足元からピキピキと冷えてくる感じ.あまり科学的な言い方ではないけど,体感温度で5度くらい違う気がする.

まぁそんなわけで,ちょっと外に出るだけでブルブルなわけですよ.そんなときは,『ゆるキャン△』(*)でも詳しく解説されていた貼るカイロの出番なわけですよ.でも,コスパやパワーの面で使い捨てカイロはちょっとアレだし,個人的には大きなゴミが出るのが一番嫌.

(*)『ゆるキャン△』いいっすね~.コミックで読んでたファンなのだけど,アニメ化であの雰囲気が壊れるのでは…と,不安に思いきや,逆に良さが増幅されてる感じでした.子供もハマっており,先日はシングルバーナーでお湯を沸かしてカップヌードルのカレー味を作らされたりしました(^^;.コミック最新刊の5巻では掛川~浜松まで回ってるし,開春楼も出てくるし(馬淵君,元気かな…),奥浜名湖や弁天島も描かれるし,色々と昔を思い出して懐かしいです.

そんなわけで,かれこれ10年くらい,『Zippoハンディーウォーマー』を使ってます.これはこれでとても役立っていたし性能に不足は無かったのだけど,『もう少しだけ小さければな…』なんて思うことも度々ありました.

そんなわけで,前から気になっていた『ハクキンカイロ ハクキンウォーマー ミニ』を購入した次第です.

結論を一言でまとめると,『これ,良いですわ』.

055

使い捨てカイロしか知らない人からすると『なにそれ?』かもしれませんが,『ハクキンカイロ』は由緒正しき歴史あるメーカーです.メーカーページにもある通り,1923年に『創業者、初代社長 的場仁市が、白金属の触媒作用による酸化反応熱原理を発熱器に利用する特許を取得、長年に亘っての研究実験の結果 、遂にその実用化に成功、白金懐炉(ハクキンカイロ)と命名』であり,この手のカイロの本家本元です.

パッケージからは昭和な香り感じますな.ハクキンカイロは(現在のと同タイプではないけれど)昭和3年から全国販売開始になっています.

035

そしてこれは『mini』と書かれている通り,小型タイプです.でも,小型でも18時間も暖かい状態を維持します(フルサイズは24時間).十分です.

039

パッケージ裏側に動作原理が書かれています.

ベンジン(炭化水素)の気化ガスがプラチナと接触することで発熱する化学反応を利用しています.たまに勘違いしている人がいますが,Zippoライターのように,気化ガスに火を着けて燃焼させているわけではありません.

036

セットはこんな感じ.マニュアル,本体,オイルを計量しつつ入れるカップ,そして袋.

037

マニュアルは多国語対応.パッケージは昭和テイストだけど,流石ワールドワイドな会社です.

038

マニュアルはこんな感じでイラストを多用.

040

操作法もイラストを見るだけで分かります.

041

これがカップ.Zippoのハンディウォーマーは水差しのような形でしたが,ハクキン製はこの形.後述しますが,実に良く考えられています.

049

この状態で本体に差し込んでオイルを注いで…

050

このように くるっと90度回すと,オイルが本体内に流れます.

051

そして袋.本体は直接触ると火傷しそうになるほど熱くなります.そのため,単に持ち運び用というだけではなく,熱さを若干マイルドにするために必須です.

052

袋にループが付いているので,ここにカラビナ付けたり出来ます.私の場合はネックストラップを付け,首からぶら下げることが多いかな(本体がちょうどミゾオチの辺りに来るから具合が良い).

053

入り口はベルクロになっており,中身が飛び出るのを防ぎます.

054

そして本体.ギラギラテカテカでメタルメタルしてます.手で触れるとバッチリ指紋が付きます.

055_2

PEACOCK BABY SIZEの刻印とクジャク型の通気用の穴.

057

使う際には,まずこのようにフタを外します.

058

そして火口を外します.

059

火口に詰まっているのがプラチナ触媒.カイロの最重要パーツです.

元々焦げたような色をしていますが,これが正常です.

061

そして本体の中にはオイルを染みこませておくための綿が詰まっています.

で,ここが重要なのだけど,この綿と火口の触媒の間に十分なスペースが無いと,オイルが十分に気化しないので性能を発揮出来ません.使っているうちに綿が変型して飛び出てくるような場合は,意識して押し込み,空間を作る必要があります.

前述したように,同梱されているカップを本体に差し込むと,副次的に綿の上に空間が作られる構造になっています.よく考えられているなぁと感心.

062

こちらはハクキンカイロ専用オイル.このように,冬になると価格高騰でとんでもないことなるので,メーカーが推奨しているエビスベンジンNTベンジンを使用した方が良いかと思います.

あと,Zippoのライターオイルも使えるので,少し割高だけど,喫煙者でZippoライターを使用していてオイルを共用出来る人や,あの匂いが好きな人にオススメ.コンビニにも売っているので,入手性も良いしね(私も普段はZippoオイル).

063

このハクキンカイロ専用オイルは,キャップが二段締めになっています.

フタを開けてダバダバと注ぐタイプだと,盛大にぶちまける等,絶対事故を起こす人が出るのと思われるので,懸命な策かと.

070

さて,カップに1目盛りオイルを入れました.これで9時間分くらい.

072

くるっと捻るとジャバッと本体に注ぎ込まれ,カップは空になります.

073

オイルは綿に染みこんでおり,そして綿の上には前述のように適度な空間が出てきています.

少しでも長時間使えるように…といったことを考えて染みこみ切らない程のオイルを入れると火口が湿って逆効果です.適度な量を入れるようにしましょう.

074

火口を付け,ライターかマッチで中央部を少し炙ると化学反応を開始します.

指先で軽く火口の周りに触れて熱ければ,反応が始まっています.反応すると水蒸気で少し曇ったりもするので,見るだけでも判断出来ると思います.暗いところで見ると,プラチナ部分が赤く光って見えるので,更に分かりやすいかも.

火口の下に十分な空間がなくてオイルが気化しにくかったりすると,すぐに反応が止まって冷めてしまします.繰り返しますが,火口にオイルを吸い上げて火口で気化させたものに着火するわけではありません.本体内上部で気化したベンジンがプラチナに反応して発熱する現象を利用しています.火口がオイルで湿っていたらNGです.発熱量が少ないと感じる場合も含め,本体の綿の上にきちんと空間が出来ているかを確認してみて下さい.

075

反応開始したら袋に入れ,温めたい場所に入れましょう.

使い捨てカイロの13倍の熱量を誇りますので,下手な場所に入れると/肌に密着させると低温火傷するかもなので注意が必要です.

077

ちなみにminiの大きさはこれくらい.

078

Zippoハンディウォーマー(写真のものは古いタイプ)も手元にあるので,大きさ比較.

袋の大きさで言うと,あまり違いが無いように見えますが…

180101040438

本体はこんな感じで,二回りほど巨大です.

180101040505

ただ,火口は互換.良い感じです.

Zippo用は『ハンディーウォーマー用バーナー ZHW-JHG』として交換用が売られています.基本的に1年毎に交換することが推奨されていますが,3年以上普通に使える印象.

あと,価格が倍になるけど,ハクキン製換火口の方が性能が良く,不良率も少ないとの巷の噂です.Zippoを使っていて性能に不満を感じる人は,一度ハクキン製を使ってみるのも良いかも.

180101040528

厚さを見るとこんなに違います.

180101040541

まとめ

ハクキンカイロ mini』のご紹介でした.

サイズが一回り小さいため,ポケットに入れたときも変にゴツゴツせず,使い勝手は良好です.そして性能が落ちるかというとそうでもなく,火口が共通と言うこともあり,発熱は同じような感じ.ただし持続時間が24時間から18時間(カタログスペック)ということで,3割ダウン.でも,丸一日ずっと使い続ける人は少ないでしょうから(例えば寝るときに布団の中で使うかと言うと…),逆にスタンダードサイズはちょっとオーバースペックかもです.

と,いうことで,性能,使い勝手共に素晴らしい製品であります.家のゴミ箱が使い捨てカイロの山で一杯になる人には,特にオススメしたい.是非試してみて.

あと,出張や旅行の際にも使おうと思われている方は,是非『ZIPPO携帯用オイル キーホルダー』も合わせて購入してみて下さい.丁度1回分程度のオイル入りますので,1泊二日のときに使うと便利です.それ以上の日数で使い続ける場合は,Zippoオイルの小さい缶を持って行く感じですかね.

嗚呼,この製品が継続して販売されていたらなぁ….

|

« ダイソーの新しい情報カード | トップページ | うっとりするような美しさ.真鍮無垢の万年筆インクカートリッジケース:TF ブラス インクカートリッジケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/66321198

この記事へのトラックバック一覧です: 冬を快適に過ごすための必需品:ハクキンカイロmini:

« ダイソーの新しい情報カード | トップページ | うっとりするような美しさ.真鍮無垢の万年筆インクカートリッジケース:TF ブラス インクカートリッジケース »