« 質感,携帯性,実用性を兼ね備えたmini6:レイメイ藤井 Davinci アースレザー ポケット | トップページ

2017年4月20日 (木)

映画「ReLIFE リライフ」が予想に反して素晴らしく,疲れた心が癒された件

こんにちは.ご無沙汰しております.tadachiです.出張先の東京から失礼します.今日は良い天気&午後は風が強かったですね.私はと言うと,打ち合わせが長引いてしまい,終わった後に乗った山手線で東京のラッシュの凄まじさを久しぶりに味わいました.荷物が多いときにラッシュに遭うと(周りからも迷惑だろうなぁと思って)ホント,気持的にも辛い.

まぁそんなわけで,ヘロヘロになりつつもポータルをハックしつつ宿に向かったつもりが気が付いたら逆方向に行進中.Uターンして戻ったら今度は通り過ぎていて…って感じで疲れてるな,俺.来月は更にハードだし…とか先のことを考えるとゾッとするわけです.こんなときはアレですよ,アレ.元気になる映画を観るべきなんですよ.そして疲れた心を癒して気持ちを整えるべきなんですよ.

と,いうことで,品川駅前の映画館で上映中の映画のスケジュールを確認したわけですが…困りました.話のネタに攻殻機動隊のハリウッド実写版を…とも思ったけど,ネタにしかならない可能性が高く感じるし,ハードコアはメチャクチャ興味あるけど今日の体調で観たら絶対酔うし休まる気がしないし,SAO二回目は刺激が少ないし…ってことで,半ば消去法的に残って観に行ったのが今回紹介するReLIFE(公式)です.

洋画で同名のものがありますが,今上映しているのは邦画です.comocoで連載中のマンガが原作で,昨年アニメにもなった作品の実写版です.Amazonプライムビデオでも観られます書籍は既に150万部を突破しているようです.凄いです.え?知らない?そんな貴方は幸いです.映画館へ行きましょう.フレッシュな状態でストーリーを追えるから,原作を読んでからよりもメチャクチャ楽しめると思う.

簡単に粗筋を紹介…と思ったけど,まずは映画の予告編を見て下さい.原作に触れたことが無い人は,チャラチャラしたご都合主義炸裂なラノベチックで少女漫画的なキラキラした安っぽいストーリー展開を想像したかもしれません.また,comicoで連載を追っかけてる人や,昨年アニメを観た人は,『原作の世界を壊すなー』とか思うかもしれません.特に後者の人達はハラハラするでしょう.何しろ連載はまだ完結していないので,映画でとんでもない終わり方をされたら…なんて思うでしょうから.他意は無いけど,『信長協奏曲』が思い出されます….

でも安心して下さい.『多分地雷やろうなぁ…BGMか深夜番組として観よう…』とまで思っていたのに想像の斜め上.それも良い方向で.私のストライクゾーンど真ん中をズバッと突いてきました.最初っからダレること無く最後までのめり込み,原作ではまだ描かれていない幕の引き方も,王道的な展開ではありますが,『おおおーーっ』っと納得.原作を読んでいて既にドンデン返しを知っており,アニメを観てこの先品を映像化したときの良さを理解している私が『これはすぐにブログに書いて作品の良さを広めなければ!』と,寝不足でヘロヘロにも関わらず夜中の2時にキーボードを叩いていることからも,作品の良さを察して下さいよ.明日も早いんですよ,私.

この先何を書こうとも,蛇足にしかならないかもしれません.『映画館で観て』の一言で終わるかもしれません.でもそれだけでは味気ないので,少しだけ映画の感想を書いておきます.

  • 日代役を平祐奈が超絶に好演.声も立ち振る舞いも『そう,そう,これだよ,これが日代さん』というくらいにイメージ通り
  • マンガやアニメでしかうまく表現出来ないと思っていた『日代スマイル』も実写で忠実に再現(笑).これは凄い.
  • 原作からストーリーが数カ所変更されているが,嫌味が無く,繋がりも良い.むしろ,『原作の方が映画にあったようなエピソードにしていたら…』とすら思う部分もあります
  • 映画の2時間という短い尺で話を転がすために,若干駆け足で進む所もあるが,要所要所はキッチリ押さえてあり,チグハグな群像劇っぽくはなっていない
  • エンディングに向けてのこの盛り上げ方,この終わり方は反則….ちょっと離れた席で観ていた女の子がすすり泣きしてました
  • 映画に高尚なメッセージ性を求める人には向かない作品かもしれない
  • 原作を知っている人も知らない人も楽しめる.マンガ原作を実写化した作品の中では,上から数えてすぐに名前が挙げられるようになるくらいの秀作ではなかろうか
  • 観る前は『試写会での満足度93%なんて嘘やん,ありえへん』とか思っていたけど,この作品ならアリ

まぁそんなわけで,ちょっとお疲れなオトナの方は,この映画をレイトショーで観て下さい.きっと心が癒され,明日の活力を得られると思いますです.『今を大切に』って言葉が心に染み渡ります.

Pic

|

« 質感,携帯性,実用性を兼ね備えたmini6:レイメイ藤井 Davinci アースレザー ポケット | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/65172784

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ReLIFE リライフ」が予想に反して素晴らしく,疲れた心が癒された件:

« 質感,携帯性,実用性を兼ね備えたmini6:レイメイ藤井 Davinci アースレザー ポケット | トップページ