« AEONのトラベラーズノート風ノート:カスタマイズノートシリーズ | トップページ | ある意味『完璧』と言えるMONOのシャープペンシル:MONO graphとMONO graph one &ダストキャッチとの合わせ技 »

2016年5月24日 (火)

大型バインダークリップ/ダブルクリップの便利な使い方

今回は小ネタです.

『バインダークリップ』,もしくは『ダブルクリップ』というクリップをご存じでしょうか.

専用器具不要で手軽に使え,分厚い紙の束もしっかり綴じることが出来,大きさにバリエーションがあって数枚から数十枚まで綴じられるサイズがあり,挟む物を痛めず,そして使い捨てで無いために何度でも使える…という便利ツールです.

写真を見た方が速いですよね.コレです.

172

比較対象が無いと大きさが分かりませんが,これは51mmの巨大なタイプです.ダイソーであれば6個入りで100円で売られています.きちんとしたメーカー製が良い場合は,こちらとかがオススメかな.50mmサイズ10個入りで700円弱.

本来の使い方であれば『ステップラーやガチャ玉では歯が立たない分厚い書類を綴じる』用途に使ったりするわけですが,こんなまとめページがあるくらい,この手のクリップは本来の使い方以外も出来て重宝します.

で,今回提案するのは,室内に収納場所を新規に確保し,そして持ち出し時にサッと手に取れる場所の作り方です.

用意するのは,大型のバインダークリップとワイヤーネット,そしてS字フック.

まずはドア,もしくはある程度しっかりした棚の扉部分にクリップを挟みます.

165

二箇所挟みます.扉を閉じるとこんな感じ.幅は用意したワイヤーネットの幅と同じくらいが良いでしょう.

あ,上の積みプラは気にしないで下さい.勢いでオーダーしてしまったフィギュア も積んでありますが,絶対に家族に告げ口しないで下さい.

166

上の写真に既に写っていますが,ここにS字フックを引っかけ,ワイヤーネットをぶら下げます.

形状的に少し飛び出してしまうのと,この形状のタイプだと,突起の部分で扉を傷付けるかもです.本来の意味での『S字』のフックか,適度に耐荷重のあるカラビナにした方が良いかもですね.

167

ワイヤーネットは自由に使ってやって下さい.私はS字フックをじゃらっと付け,色んな物をぶら下げています.

ワイヤーネットの固定方法としては,メタルラックからぶら下げたり,壁に固定金具を取り付けて…というのが一般的でしょう.しかし今回紹介した方法であれば,壁や扉に傷を付けずに済み,そして大抵の場所に取り付けることが出来ます.汎用的.

168_3

使い勝手を向上させるためには,適度に隙間を作りつつ吊すことを心がけましょう.あまり吊すと地層のようになってしまい,下の物が取りにくくなります.

また,扉に吊す場合は耐荷重を考慮すること.扉を閉めているときは良いのですが,勝手に開き,重さのせいでガコッと扉が外れて全部落下…なんてことになったら目も当てられません.扉に簡易ストッパーでも付けておくと良いかもですね.また,重さによってはクリップの増設も視野に入れて下さい.

大きさが一定で無かったり,形状が凸凹していて綺麗に収納しにくい物等は,このようにぶら下げて保管/収納というのもアリかなと思います.アウトドアグッズではよくやる方法です.それぞれの荷物の指定席を決めておけば,パッと見で紛失しているものが無いかを確認出来ます.また,通気性もある程度確保出来るので,少し雨で濡れてしまったようなものも,ぶら下げて乾燥させることも出来るかと.

私がこの方法を採るようになって特に便利に感じているのは,『出張に行くぞー』というときに,必要な物をサッと外して詰め込んで…のような形に出来ること.以前は収納の中を探し回り,『あれ~.前回ここに仕舞ったはずなのだけどなぁ』なんてことがありましたが,そういうことが『ほぼ』無くなりましました.

その一方でデメリットとしては,全て丸見えなので,『隠して収納』や『ゴチャゴチャしたものを置かずに部屋を広く見せる』のと対極を行くことでしょうか.お客さんが来る所でこれをやると,自分のいろんなものが赤裸々に開陳されているような錯覚に陥るでしょう.いや,むしろ開き直って,『魅せる展示』にシフトするって手もあるかも.

***

で,この大型サイズのクリップは結構使い勝手が良く,例えばチャック付きの袋に付け,このようにぶら下げることにも使えます.細々とした消耗品を入れておくとバラけないし,補充し時も一目で確認出来て便利です.

これも見た目をある程度犠牲にしていますが….いいんです.我が魔窟で使うだけですから.

え?誰ですか?こっちの方 が近いんじゃ無いかという人は!!(敢えて否定しない)

173

ついでに書くと,似たような構造だけどワイヤーのみで構成さた『リーンクリップ』というタイプのクリップもあります.こちらは前出の実用本位でクラシックなタイプと正反対で,スタイリッシュでオシャレな感じ.

私はこれを充電ステーション的に使用している机の一角に使用し,このように充電ケーブルをひっかけておき,ケーブルの取り回しを向上させるために使用しています.

3台以上の携帯なりスマホなりタブレットを充電する人は,卓上でバラけるケーブルの取り回しは悩ましい問題ですよね.色々とケーブル固定用の製品を試したのだけど,この方法が一番手軽で便利でした.一度お試しあれ.

171

と,いうことで,ちょっとした文房具/小物も工夫次第で,本来の用途以外に超絶便利に使える場合があります.例えばダイソーのステンレスボールもこんな使い方が.

皆様におかれましても,色々と工夫してみて下さい.楽しいですよ~.

Have fun!

*****

あ,そうそう.『林檎の樹の下で -アップルはいかにして日本に上陸したのか-』の復刊をクラウドファンディングでやられています.もうちょっとなので是非参加を~.

|

« AEONのトラベラーズノート風ノート:カスタマイズノートシリーズ | トップページ | ある意味『完璧』と言えるMONOのシャープペンシル:MONO graphとMONO graph one &ダストキャッチとの合わせ技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/63678963

この記事へのトラックバック一覧です: 大型バインダークリップ/ダブルクリップの便利な使い方:

« AEONのトラベラーズノート風ノート:カスタマイズノートシリーズ | トップページ | ある意味『完璧』と言えるMONOのシャープペンシル:MONO graphとMONO graph one &ダストキャッチとの合わせ技 »