« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

キンキンに澄み切った高音:BluetoothスピーカーTHERMOS VECLOS

昨年はイヤホンネタとしてコレコレ,スピーカーに至ってはこのエントリーから連続して(2)(3)(4)といった具合にドカドカと投下しましたし,その他にも格安Bluetoothイヤホンイヤホンチップネタをポストしました.

『オノレの耳は一体いくつの再生機器を欲してるんだね』と,ツッコミが入りそうではありますが,好奇心や探究心は失ってはいけません…と,いうことにしておいて下さい.とは言え,格安~ミドルクラスの価格帯の製品を色々と試している感じに止めています.ウン十万円がスタートラインとなるピュアオーディオの世界に踏み込んだ日には,とんでもない事になること必至ですしね.

で,『今年は…まぁゆっくり行きましょう~』と,思っていた所,何やら真空断熱水筒で有名なサーモスから『世界初、真空サウンド』という変わったコピーでスピーカーが発売されていたことを最近知りました.キャッチを見た瞬間に『真空だと音が伝わらないじゃん』とかツッコミを入れたくなったのですが,公式ページの説明を見ると…ナルホド,断熱水筒の製造で培った技術を用い,金属製の真空エンクロージャーでエンクロージャーを経由した余計な音の放射を押さえて綺麗な音を再生するということのようです.

『真空エンクロージャー』.何やら格好良い響きです.ヒーロー物の必殺技のようです.ポーズを取りながら叫ぶと,手からレーザーが発射されてどんな難敵もバタバタとなぎ倒しそうな勢いです.想定外のバグや急な仕様変更,迫り来るデッドラインが怖くなくなりそうです.

と,御侍史な業界での打ち合わせを複数こなし,パトラッシュと大聖堂の祭壇画を見上げたくなる程にヘロヘロになりつつ京都駅に降り立った際に,ふと時計を見ると,まだギリギリでヨドバシカメラが開いている時間です.物だけ見ようと閉店三十分前に滑り込みました.

展示場所が分からずに店員さんに聞くと,BTスピーカーコーナーへ.そしてそのまま試聴へと雪崩れ込みました.

しかしここで強敵出現.別の組が『このスピーカーは低音ガー。音量ガー』と,近くでBTスピーカーを大きな音量で鳴らし始めます.これでは繊細な音の違いが聞き分けられません.こちらもボリュームアップすると,サーモスも音割れせずに音量を上げていきます.するとあちらも….このとき『真空エンクロージャー』と,小声で呟いたのですが,特に何も起きませんでした.

疲れていたこともあって(←言い訳),とりあえず購入することにし,それも折角なので2本セットのステレオタイプを購入することにしました(ステレオとモノラルは別物なので,モノラルを買って,後でもう一つ買い足してステレオにするのは無理っぽいと言われた).

と,いうことで,カラバリ全色在庫アリとのことでしたが,ステレオVECLOS SSA-40S-BK を捕獲して帰宅.

013

続きを読む "キンキンに澄み切った高音:BluetoothスピーカーTHERMOS VECLOS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

眺めているだけでワクワクする逸品:トラベラーズノート ミニ 10周年缶セット

今回の文房具ブームは長く続いており,もしかしたら一過性のブームでは無くて定着するのかなという気がしています…いや,期待しています.

例えば『書く』という事柄の実質面では,長い歴史の中で既に結晶化を果たしている筆記用具ですが,『機能性』や『デザイン性』と『使用感』という面では,まだまだ改良や革新の余地があるわけです.でも,市場として安定し過ぎていると,新製品の投入ペースが鈍くなり,それに伴って変化のペースも鈍くなるでしょう.

そういう意味では,現在のように活気のある『文具界』は,グラグラと煮えたぎる鍋のようなものです.何が飛び出てくるか分からないワクワク感があります.

しかしその一方で,商魂たくましい所が『ブームだ!!』ということで,便乗している部分も目に付くわけです.雑誌記事に多いのですが,メーカーの言うことをそのまま載せたカタログ的なものであったり,『ホントに使ったことあるの?』的な疑問を挟みたくなるような解説文が載っていたり.でも一番怖いのは,メーカーが『ブームだから,何でもいいから今のうちに数を打て』と流れてしまうことでしょうか.

昔,ATARIという仕様がオープンなゲーム機がありまして,売れに売れていました.やがてこのブームに目を付けた他業種メーカーがゲーム業界に参入し,とんでもない低品質なゲームが市場に溢れるようになりました.その結果起きたのが,アタリショック.wikipediaに詳しいのですが,市場が崩壊してゲーム業界が壊滅しました.

一言で言うと『悪貨が良貨を駆逐する』って話だと思いますが,業界では『低品質ゲームの氾濫がユーザーの信頼を損ない,ゲームを買わなくなって市場が崩壊した』という見方が定着しているようです.

そして任天堂は同じ轍を踏まないように(&儲かるように)ファミコンカセットに関しては製造ライセンス制を取るなど,様々な施策を採り,結果,大成功を収めたことが知られています.

Appleが(判断基準がよく分からないと批判されつつも)iOSアプリを承認制にしているのも,こういった流れが影響しているでしょう.ではその一方で,『かなり何でもあり』なAndroidがATARIと同じ道を辿るのかというと,私はそうは思いません.昔はマスメディアに支配されていた情報流通のかなりの部分が,ネットかつ個人ベースに移行したせいで,実際に試してみなくてもソフトの善し悪しを判断出来るようになっているためです.アプリの価格も『だめなら諦めが付く』程度にまで落ちてきている点も大きいかな.

初っぱなから大きく脱線しましたが,話戻して文具の話.一応書いておきますと,全ての『イロモノ文具』とか『トンデモ文具』が文具界を滅ぼす要因になると思っているわけではありません.結果的に『失敗』と言われるようなものであっても,そのときの試行錯誤が新たな革新を生むための土壌になる場合もありますし.3Mのポストイットがその代表例でしょう.

前振りが長くなりましたが,『トラベラーズノート Traveler's notebook 10周年缶セット』届きました.熾烈な争奪戦を予想していたため,以前のポストで予約を匂わせていたアレ(公式)です.

私が予約した先は発売日前に完売表示となっており,物が調達出来たか不安で一杯でした.そして発売日になっても発送メールが届かなかったので身悶えしていたのですが,発送メールがスパムフィルタに引っ掛かって別フォルダに入っていたというオチでした(笑)

そんなわけで,無事に調達出来ました.うれしーっ.そして実物を見てガッカリする製品数あれど,これは実物を見て触って気分が上がる実に良い物ですぞ.

あと,深夜に開けた&興奮しつつ写真を撮ったため,ちょっと写りがイマイチな部分がありますがご容赦を.

009

続きを読む "眺めているだけでワクワクする逸品:トラベラーズノート ミニ 10周年缶セット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

映画『スティーブ・ジョブズ』を観た.凄い映画だわ.

夜に会社で仕事をしていたら,大学時代からの腐れ縁の先輩が背後に立ちまして,『ただっちゃん,ジョブズ観た?面白かったよ.それにしても…主人公を演じた俳優が,ジョブズよりもスカリーに似てたなぁ…フフッ』と,一言二言残して去って行きました.

気になるじゃないかー(笑)

早速公式サイトで調べたら,上映館がかなり少ない様子.うーん.二条まで行くかぁってことで,4時に帰って8時に出かける(もちろん朝ですヨ!)というハードなスケジュールで先々週に観に行きました.

今回も前知識は入れず,聞いた/見たのは先輩から聞いた僅かな情報と,予告編映像だけです.

続きを読む "映画『スティーブ・ジョブズ』を観た.凄い映画だわ."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »