« microUSB,USB両対応の小型USBメモリカードリーダーは意外と安くて便利 | トップページ | フリクションで書いた物を紙を傷めずに綺麗に消す(1):電動イレーサーをフリクションイレーサーに »

2015年10月13日 (火)

2016年の手帳を購入(3):ほぼ日手帳WEEKS 2016と『サンドイッチ ミッドナイト』カバーでオールインワン環境

『いったい何種類買うんや?』と,突っ込まれそうですが,気になるモノは色々と試したりしたいじゃないですか(笑)

3年に2回くらい購入しては『うーん,やっぱり私の用途には合わない…』と,途中で使わなくなることが多い『ほぼ日手帳WEEKS』ですが,2016年版を購入してみました.理由は『心ときめくカバー』があったからです.

このパターンは3年前も同じだったのですが,前回は『デザインと質感は良いけど,使い勝手が…』という理由で,結局お蔵入りに.しかし今回は,デザインだけではなく,機能性もピピッと来たんですヨ!!

と,いうことで,簡単なレビュー.

594

ほぼ日手帳オリジナルを購入した後で追加購入したため,第二便という感じで9月上旬に届きました.

前述した理由でWEEKSは購入しない予定だったのですが,WEEKSのラインナップページを見たのが運の尽きでした(笑)

580

WEEKSはハードカバーの『ネイビー』をチョイス.無難な選択です.

582

WEEKSに関しては説明するまでも無いですよね.詳しくはこちらをご覧下さい.

583

2016は黄色.

手元の2015年版のネイビーを確認してみたら,緑色でした.毎年変えていたんですね…気が付きませんでした.

586

中身はブロックマンスリーと…

587

レフト型がメインで,あとは豊富な方眼ノート(71P)がWEEKSの売りかな.

588

ポケットは自分で貼るようになっており,手頃な大きさの路線図が付いてきます.

589

そしてこれがお目当てのカバー.

590

サンドウイッチ ミッドナイトです.

カラバリとして,ミッドナイト,ワイン,オリーブの3種類があったのですが,何れも大人気につき品切れで,10月中~下旬に再販予定とのこと.

592

カバーはこんな感じです.

593

タグはPORTERと『ほぼ日』のダブルネーム.

595

ぱっと見,コットン製のペンケースに見えますが,違うんです.

596

一箇所止まっているボタンを外し…

599

ぺこっと開くと…

598

こんな形状のカバーなんです.

600

流石にそれなりの値段することもあり,説明書一式もしっかり揃っています.

601

では,ポケット類を見てみましょう.

602

まず左側に差し込み式の牛革のポケットがあります.

ネイビー色に染められたコットンと牛革の黒の組み合わせが実に落ち着いた良い雰囲気を醸し出しています.

604

そして内側のポケット.奥は滑りの良いナイロン製の生地になっています.

603

右側はカード用のスリット.しかし…サイズが微妙で,挿しにくいし抜きにくい印象が….

606

そしてこちら側にもポケットがあります.

605

金色のジッパーを引くと…

608

それなりにマチのあるペンケースになっています.

形状が不安定な袋状のペンケースをノートカバーに一体化させると,筆記時に凸凹して書きにくいことがよくあります.しかしこのカバーの場合,ハードカバーのWEEKSを入れてやれば多少の凸凹は気になりません.また,立って手に掴んで筆記することが多いでしょうから,そもそも問題になりにくい感じです.

607

WEEKSの表紙を片方のポケットに突っ込み…

609

カバーに両方の表紙を収めるのではなく,このように片方だけ収めるスタイルで使います.

なお,左側のポケットには,WEEKS用のメモ帳を入れておくと良いでしょう.

611

革製のポケットに航空券等を挟むようにしておくと,空港で使い易そうですね.

613

蓋をするとこんな感じ.
ペンケース部の収納力はそれなりです.私はペン3~4本とリフィルを入れていますが,パツンパツンに詰め込むと極端に使い勝手が悪くなるので,控えめに入れた方が良いでしょう.

620

WEEKSのサイズ感(特に幅)は実に素晴らしく,このように無造作に掴んだ際に,手の中で実に収まりが良いです.

621

*****

ふと思い立って,NOLTY WIDE3をこのカバーに入れられないか試してみました.

614

サイズ的には,縦方向にかなり余裕が出来る感じ.そして幅はピッタリ.開いたときも普通に使えます.

617

栞がこんな感じに飛び出るのが少々厄介なのと,縦サイズに余裕があり過ぎてズレるのが難点.

618

また,表紙がソフトカバーのため,(カバーを付けたままで)立って書くには使いにくく,そして机上に置くと,諸々詰め込んだ物で凸凹して書きにくい…と,いう感じになります.

やはりWEEKS,それもハードカバーの表紙のタイプで使用するのが良い感じです.

619

今ひとつ使い勝手が良くなかったので,中身をWEEKSに戻しました.

***

で,触っているうちにとても気に入りまして,『来年まで待てない!』と,いうことで,本棚の片隅で埃を被っていた2015年のWEEKSを突っ込んで使い始めました.

このカバーの良い所は,

  • パッと掴んで持っていくのに丁度良いサイズ感
  • 必要最小限の物をコンパクトに纏めることが出来る収納力と使い勝手の良さ
  • デザインが秀逸で,落ち着いた雰囲気.スーツのときもカジュアルなときも浮かない

辺りだと思いますが,機能性とデザインが丁度良い感じでバランスしています.そしてWEEKS用に作られていることもあり,組み合わせた際の収まりも完璧です.

WEEKSはノートページが多いので,多少ディープな打ち合わせが続いたとしても,このカバー一式を持っていけば,『筆記スペースが足りない!!』なんてことにはならないでしょう.打ち合わせノート・筆記用具一式としても十分使えると思います.

その一方で,一ヶ月ほど使用してみて感じたマイナスな点は,

  • コットン生地だと汚れやすくて汚れが目立つ
  • ジッパーポケットの中でペンの収まりが悪い

辺りでしょうか.

コットン生地,特に濃い色の生地の場合,ちょっと擦れたりした所が白っぽくなったり,糸くずや埃が付きやすく,ナイロン製の生地と比べて直ぐに使用感が出てきます.まぁ仕方ないですな.諦めます.

そしてジッパーのポケットですが,当然と言えば当然ですが,中には内容物を固定するための仕組みが備わっていないので,ラフに扱うと,中でゴロゴロと転がることになります.そしてペン同士が傷付け合って,表面の塗装が剥げてツルツルになってしまうことがあります.特にローレット加工されたペンは御法度です.

と,いうことで,主従が入れ替わってしまった感がありますが,好みのカバーを入手したせいで,埃を被っていたWEEKSを使い始め,そしてWEEKSの使い勝手の良さを再発見したりしています.

このカバー,コンセプト的には『オリジナル』の『ジッパーズ』に近いと思いますが,実際に使ってみると似て非なる物です.ジッパーズは『オリジナル』を周辺ガジェットと合体させることによって重厚なノート化するためのツールであると感じるわけですが,今回紹介したカバーは,手帳の軽快性を損なわず,『もうちょっと』を満たすためのカバーであるように思います.

実に良いです.オススメでございます.

|

« microUSB,USB両対応の小型USBメモリカードリーダーは意外と安くて便利 | トップページ | フリクションで書いた物を紙を傷めずに綺麗に消す(1):電動イレーサーをフリクションイレーサーに »

コメント

はじめまして!
私は、情報管理LOGというサイトを運営しているyoshinonというものです。
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/

先日、この記事を読ませていただき、いたく感銘を受けたので、私のブログで紹介させていただきました。
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-420.html

事後承諾になってしまい、申し訳ありません。
もし、何か不都合などございましたら、おっしゃってください。

投稿: yoshinon | 2015年11月 6日 (金) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/62468854

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の手帳を購入(3):ほぼ日手帳WEEKS 2016と『サンドイッチ ミッドナイト』カバーでオールインワン環境:

« microUSB,USB両対応の小型USBメモリカードリーダーは意外と安くて便利 | トップページ | フリクションで書いた物を紙を傷めずに綺麗に消す(1):電動イレーサーをフリクションイレーサーに »