« プラチナ万年筆の『顔料ブルー』カートリッジインクを使ってみる:PIGMENT BLUE | トップページ | シャチハタのアートライン BLOX(ブロックス)の水性カラーペンを使ってみる »

2015年3月 7日 (土)

香り付きのオイルランプで心を癒やす

雑貨屋さんに行き,ふと気が付くと,何故か当初予定とは異なる物が買い物カゴに入っていることってありますよね.まぁ所謂『衝動買い』と呼ばれる現象ですが.

今回紹介するオイルランプも,レジを通った後でふと振り向いた視線の先に綺麗に並べられており,『ワタシをお宅に連れて行って下さいませ』と,心の中に声が響いたので衝動的に購入.だって綺麗だったんだもん.値段も手頃だったし.

このオイルランプ,『単なる飾りとして置いておくのも可』なデザイン・質感なのですが,実際に使ってみて,意外と実用的で驚きでした.

061

今回紹介するランプは,イノブンで2千円で購入しました.後述するオイルは700円也.

『照明器具』としてヘビーに使うなら,アウトドア用の本格的かつ高価なランタンを購入す方が良いけれど,半分遊びと言いますか,趣味で使うとしたら このくらいの価格が手頃で良いですな.

057

店頭には多種多様な形状,色の物がありまして,非常に目移りしました.最終的に重心バランスから安定性が高そうで,控えめかつ実用的な形の物を選びました.型番はPOL-112BLです.

058

本体.

ホヤはシンプルなデザインです.そして色は青.この色,好みです.綺麗でしょ?

流石にAmazonには…あぁ,これも売ってましたか.アンティークオイルランプ POL-112BLです.Amazonは何でも揃うなぁ.あと,値段も微妙に安いし…

059

オイル瓶の部分の形状・色はこんな感じ.Amazonの商品写真よりも実物の質感が分かると思いますが,それでも100%は伝え切れていない感じ.実に綺麗です.ガラス製.

POL-112RD の赤や,POL-105CL の透明なタイプもなかなか綺麗でした.特に透明のタイプは,色付きのオイルを入れると色々と楽しめそう.

060

口金の形状はこんな感じ.明かりを灯すと,この部分の影が綺麗に広がります.

061_2

ホヤはこんな感じ.

POL-112BLのような水仙のような形状もあったけど,私はこんな感じのシンプルな方が好みです.

062

口金はやや強めの力でホヤを『掴む』という感じに固定しています.ホヤを上に引き抜いて分解します.

ハンドルの部分が若干ヤワな印象を受けますが,(この部分に関してのみ)値段相応と言えばそうかも.

063

粗雑な製品では,ガラスの部分の厚みが不均一だったり歪んでいたりすることがよくありますが,これは合格点.まぁアンティークランプの場合,わざと歪ませて味を出す場合もありますが.

064

底面にはポーランド製を示すシール.

この値段で中国製ではないという点も驚きですが,東ヨーロッパ製と言うだけで,そこはかとなく優雅なオーラを纏っているように感じます(←思い込み)

065

口金を瓶から抜くとこんな感じ.

066

一式をパーツ毎に分解するとこんな感じ.芯は2本付いてきます.有り難い.

067

まずは芯を上から挿して…

068

ハンドルを回して長さを調整しました.

069

箱の中には表裏に印刷されている1枚物のマニュアルが入っていました.

074

芯の付け方の部分を読むと…

077

下から繰り出すのが正しいやり方だったようです….

078

で,これが今回購入したオイル.700円也.

071

国産の『レインボーオイル フレグランス』です.

072

『レインボーオイル』には様々な淡い色がラインナップされているのですが,これは薄い青色をしています.そして『フレグランス』と付いていることからも分かる通り,これは香料入り.

ラインナップには,天然ハーブアロマ防虫オイル なんてものもあるようです.夏場に良いかも.

073

香りは『OCEAN』.爽やかなリフレッシュ系の香りです.

079

まずはキャップを外し…

080

注油口から注ぎ込みます.

オイルのボトルですが,この形状だと注ぎやすいだけでなく,こぼれにくいので良いです.また,蓋もしやすくてとても便利.

081

子供達に『早く,早く,今すぐ火を点けてみて』とせがまれまして,カーテンを閉めて蛍光灯の明かりを落としてから点火.綺麗です.

UCOのランタンのエントリーでも書いたのですが,ゆらめく炎を見ていると実に心が落ち着きますな.

明るさはと言うと,蛍光灯やLEDランタン等に慣れてしまっていると暗く感じるでしょう.とは言え,オイルランプとしては実用的だし,停電時にロウソクを灯すことと比べれば,こちらの方が遙かに明るいです.

082

蛍光灯の明かりの下でも十分に炎の揺らぎが見えます.少し照明を落としたテーブルの上で使うと,ムードが出て良いかも知れないですな.

084

芯の繰り出した長さで炎の大きさを調整します.ハンドルを回して少しだけ芯を出した状態で使うとこんな感じ.

085

大きく繰り出すとこんな感じ.あまり繰り出し過ぎると不完全燃焼して黒いススが盛大に出て汚れるほか,炎の先端部がホヤから出て危ないです.

086

今回,フレグランスなレインボーオイルを入れて使ってみましたが,周囲に漂う香りは ほのかに香る程度であり,芳香剤的な効果を期待する人は物足りなく感じるかもしれません.私にとっては,クドくなくて丁度良い感じですが.

それにしても,ぼーっと炎を見ていると安らぎますな.

半分置物的なオモチャとして購入したのですが,ランプとしても普通に使え,使い勝手もなかなか.子供達も大喜びでして,今回の衝動買いはなかなかパフォーマンスが良かったです(^^

このデザイン,色,質感,飾っておくだけでも様になります.ギフトとして人に送っても喜ばれそう.

|

« プラチナ万年筆の『顔料ブルー』カートリッジインクを使ってみる:PIGMENT BLUE | トップページ | シャチハタのアートライン BLOX(ブロックス)の水性カラーペンを使ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/61239240

この記事へのトラックバック一覧です: 香り付きのオイルランプで心を癒やす:

« プラチナ万年筆の『顔料ブルー』カートリッジインクを使ってみる:PIGMENT BLUE | トップページ | シャチハタのアートライン BLOX(ブロックス)の水性カラーペンを使ってみる »