« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月13日 (火)

Shureのイヤホンを今すぐに買うべきたった一つの理由:Shure SE535Ltdを購入

Life is musicな皆さん,こんばんは.今日も音楽聴きながら勉強/仕事を頑張っていますか?

キャッチーなタイトルで,大変恐縮です.『てーへんだ,てーへんだ』って感じなので,レビューはまた後日って感じで,今日はタイトルにある件に関して.

Shure掛けで有名な(?)高級イヤホンメーカー製品の値上げが1/23に迫ってます.『前回みたいにちょっと上がるだけでしょ』とか思っていたら,eイヤホンのブログを見てびっくり.爆上げじゃないですか.

特に,私が購入を悩み続けていたSE535 Special Edition(SE535LTD-J)が,販売価格で46,210円から64,580円に上がるとのこと.ちょ,ちょ,ちょっと,どういうことですか.4割近く上がってるじゃないですか.

そんなわけで,駆け込みで購入.

Dsc05052

続きを読む "Shureのイヤホンを今すぐに買うべきたった一つの理由:Shure SE535Ltdを購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

バニラの香りに包まれる:パピエダルメニイ トリプル(papier d'armenie)

人というのは香り/臭いに敏感な生き物で,良い香りに包まれているとそれだけで幸せな気分になれるし,嫌な臭いに触れると,何とも重苦しい気分になったりします.

そんなときは,(あまり強くない)香水使用したり,出先の宿でアロマオイルや,(火を使える部屋であれば)お香を焚いたりというのも良いでしょう.

以前,沈香の香りを楽しむ薫紙を紹介しましたが,ギリギリに予定が決まった出張で,『あっ.喫煙室しか宿が取れない!!』なんてときに私はよく使用しています.にわか京都人としては,和の薫りはとても落ち着くし.

で,今回紹介するのは,フランスで1885年から同じ製法で作られている,紙のお香です.

086

続きを読む "バニラの香りに包まれる:パピエダルメニイ トリプル(papier d'armenie)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

トラベラーズファクトリー エアポート@成田空港に行ってきた:マステその他諸々

昨年(2014)末のことになるのですが,仕事で成田空港方面にお邪魔した際に,少し空き時間が出来ました.空港に着いた途端に何か重要なことを忘れているような感覚に捕らわれて落ち着かなかったのですが,お茶して午前中に行った別件の話を整理しつつ休憩していたらハッと思い出しました.

 そうだ!成田空港には『トラベラーズファクトリー エアポート』があるじゃないか!

と,いうことで,同行者の了解を得た後に(←重要),鼻息荒くトラベラーズファクトリーへGO!しました.

179

続きを読む "トラベラーズファクトリー エアポート@成田空港に行ってきた:マステその他諸々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超極細な万年筆で快適生活:プラチナ万年筆 #3776 センチュリー UEF

ふと思い立ちまして, 新年を迎えるに当たって新しい万年室を購入しました.それも帰省前にオーダーし,配送先を実家に変更して大晦日に実家に届くというAmazon様々な手続きと進行で.(しかし不覚にも帰省後にダウンしてしまい,家に戻ってきてから開封することに…)

万年筆と言えば『ヌラヌラ』な書き味の愛好家が多いわけですが,ヌラヌラ感はインクフローに依る所が大きく,結果,ペン先が太めの方が圧倒的に有利です.その一方で日本は欧米と異なり,漢字を書くために細いペン先が好まれる場合が多く,結果としてインクフローが絞られ気味になり,『カリカリ』とした書き味になってしまう場合があります.

国内外の万年筆をお持ちの方であれば実感していると思いますが,同じ『極細(EF)』と銘打たれていても,国産の万年筆の方が細かったりします.なので,『国産の○○のEFはカリカリだけど,ペリカンのEFならヌラヌラだよ~』と,言われても,一概に比較できないわけです.

ただし,万年筆の書き味というのはインクフローだけで決まる物ではありませんし,ましてや太さだけで判断も出来ません.そのため,万年筆は店頭で試筆してみて『(試筆した)これ下さい!』をしないといけないというのはよく言われるところであります.

と,いうことで,前口上が長くなりましたが,前々から気になりつつ中々手を出していなかった,『超極細(UEF)』というペン先に手を出してみることにしました.『EF』よりも細く,そして国産です.

このペン先を持つ万年筆はというと,現在入手可能なのは(*)プラチナ万年筆製だけです.では,いざプラチナUEFロードへ.

(*)昔はPILOTも作っていましたが,現在は生産終了です.

195

続きを読む "超極細な万年筆で快適生活:プラチナ万年筆 #3776 センチュリー UEF"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

着眼点が素晴らしい.とても便利なハンコ:フリクションスタンプ

昨年に東京で限定発売されて話題になり,昨年末に全国販売になったけれども大人気で通販では瞬殺.私も通販で頼んでいたのに,『注文殺到のためにメーカー欠品中.来年になりそう』との連絡があり,途方に暮れていました.

が,しかし,やはり新しい物はすぐに手に入れたいですよね.

と,いうことで,2013年の年末に近場の店を回ってみたところ,AEONやホームセンターの文具コーナーに普通に売られていました.うちの周りは競争率が低いのかなぁ.リアル店舗万歳.

と,いうことで,早速捕獲.

Dsc04532

続きを読む "着眼点が素晴らしい.とても便利なハンコ:フリクションスタンプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボードメモ:シャア型で3倍速く情報伝達

店頭で見た瞬間,『何でもガンダム関連商品にしたら良いってもんじゃ無いだろ!!』と,いう感情が沸き上がったことは否定しません.そして値段を見て,更にその気持ちが強くなりました.

が,瞬間的に気が遠のき,気が付いたらレジを通った私が手にしていたのはシャァメモの入った買い物袋でした.

284


続きを読む "キーボードメモ:シャア型で3倍速く情報伝達"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクステンションチューブを使ってマクロ撮影

年始の大掃除(!!)をしていたら,おそらく2-3年程前に書きかけたエントリーが公開されずに埋もれていたので,少し加筆・修正しつつ公開することにします.

***

話はかなり遡るのですが,マクロ撮影が可能な手持ちレンズが無かった頃,コストパフォーマンスのことを考えて専用のマクロレンズの購入に踏み切れませんでした.小物を撮影することがあるとは言え,頻度的にはそれ程ではないため,これに何万円も出すのは…というのがその理由.

とは言え,マクロ撮影の上手なお師匠様には,『マクロレンズいいよ~』と,耳元でささやかれ続けておりましたが….

で,そのときに購入したのが,『エクステンションチューブ』という物.

これは『普通の』レンズとボディの間に挟んで取り付けることにより,焦点距離を稼いでズーム倍率を上げたり,マクロレンズ的に使うことが出来るようにするという便利グッズ.値段も手頃で,マクロレンズを買う数分の1で済むほか,単なるアダプタなので小型軽量で持ち運びも楽.

EOS KissX5での使用を考え,購入した物は,Canon  EF12IIエクステンション チューブセットDN-SCM-Auto Extubeシリーズ.後者は上海問屋で品切れになっていますが,類似の商品は結構あちこちで売られています.

EF12II使用時の各レンズとの組み合わせに関する情報はCanonがこちらに公開しています.Canon純正のエクステンションチューブはCanon EF25-2もあるのですが,こちらは流石に大袈裟かなと思い,購入しませんでした.

と,いうことで,以下レビュー.

続きを読む "エクステンションチューブを使ってマクロ撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら新年のご挨拶

バタバタしていたら正月三箇日も過ぎてしまったわけですが….

旧年中は大変お世話になりました. 新しい年が幸多き年となりますようお祈り申し上げます.

Dsc04904

続きを読む "遅ればせながら新年のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »