« 楽しくそして実用的:『あなたの心を読み取ります』ココロスキャナー | トップページ | トラベラーズノートを指向したバインダー:マルマン puo その2 »

2014年11月17日 (月)

トラベラーズノートを指向したバインダー:マルマン puo その1

本製品,ここ数ヶ月内に出た月刊誌のの文房具特集に採り上げられることが多かったのだけど,何故かリフィル保存用のバインダーが『puo』として紹介されている件.

確かにアレも『puo』のラインナップに含まれている製品なんだけど,(おそらくメーカー的にも)イチオシはそれではなくて…と,いうことで,マルマンのpuoをご紹介.

私の主観と偏見でカテゴライズすると,トラベラーズノート系のバインダタイプといった感じです.

103

本体

シリーズ物で色々と出ています.後で『あ,あれも欲しいかも.追加発注!!』なんてことをするくらいなら,予めじっくり吟味してまとめて買いましょう.家の近くで購入出来るなら問題無いけど,通販だと送料もかかりますしね.

と,いうことで,色々と買い込みました.これでもかなり吟味して絞った方です.

102

これが本体.『メタルバインダー ファイルノート puo スリムA5サイズ』(マルマン公式ショップ)です.箱入りで高級感アリ.

104

カバーは程良い硬度があり,立ったままでの筆記も可能な感じ.そして樹脂コーティングされており,手に馴染みます.

カラバリはグリーン,オレンジ,ブラック,アイボリーとあるのですが,無難なアイボリーを選択.カジュアル路線なら,オレンジが綺麗です.

あと,サイズはA5ベースなのですが,横幅が少し狭いスリムタイプです.

105

カドは金具で補強されています.ラフに使って痛み方を楽しむという方向性もあると思うけど,呆気なくお釈迦になっては困ります.

(一般論として)傷みやすい部分の耐久性が上げられており,全体的に『あぁ,もう寿命だなぁ』って所まで使い込めるようになっていると有り難いですな.

106

結構収納力があります.リング径は実測で20mm.

トラベラーズノートの場合,リフィルを無理矢理パンパンに詰め込む方法があるわけですが,バインダーの場合は径以上のリフィルはセットできませんし,無理に詰め込むとページが捲りにくくなる.その一方で,径が大きすぎると物理的に場所を食うだけでなく,筆記時に手に引っ掛かって使いにくくなる.

20mmというのは,容量と使い勝手的に微妙なバランスだと思います.

107

前述した通り,リフィルはA5のスリムタイプです.

開いたときのこの感覚,初めてバイブルサイズのシステム手帳に触れたときの感じに近い物があります.

108

『puo』というブランドでシリーズ展開しています.ロゴはこんな感じ.

109

最低限のリフィルがセットになっています.

110

まずはインデックス(5枚).

111

そして横罫ノート.

112

そしてポケット…ではありません.

113

これはA4用紙を3つ折りするためのガイドです.

縦がA5サイズですので,A4を3つ折りすると丁度うまく収まるんです.

115

こんな感じで使います.

114

パンチは付属しませんが,穴を開ける位置の目安も印刷されています.

116

で,リング径は20mmですが,概ね25mm程の厚さになります.

『手帳』として考えると厚いです.

118

リフィル

そして今回買い込んだリフィルはこんな感じ.

バインダーなのでパンチで穴を開ければ自作も出来ますが,まずはpuo用の純正で揃えてみます.マルマンは紙の品質にも定評がありますしね.

127

まずはルーズリーフ 7mm横罫 50枚入り.オーソドックスなタイプです.

128

サイズがスリムタイプなこと,罫線が淡いグレーな点と,端まで罫線が引かれている点を除くと,普通のルーズリーフです.紙はそこそこコシがありつつも厚過ぎず薄過ぎずの丁度良い感じ.

ぱっと見,片面1Pだと筆記面積が狭い印象がありますが,見開き2Pだとかなり広大な感じがします.バインダータイプのため,パタッと180度開く点も良いですね.

171

次はルーズリーフ5mm方眼罫 50枚入り.やはり方眼ですよ,方眼.図を描くにも文字を書くにも(特に箇条書きや字下げの時とか)方眼は便利.方眼とプレーン(無地)があれば,ご飯三杯行けます.

131

こちらも淡いグレーの印刷で目に痛くありません.罫線が強すぎると書く際に邪魔になったりしますが,それがありません.また,端までキッチリ印刷されています.これは良い方眼.

175

次はクリアポケット8枚入り

筆記用具としてのノートには,収納は不要な感じがします.が,旅ノート的に使用する場合,チケットやレシート,ちょっとしたメモや紙片を入れることが出来るととても便利.

(メーカー的には)puoは机の上から持ち出すノート的な方向性のようですので,クリアポケットリフィルも普通に出ています.

133

硬すぎず柔らかすぎずで程良い柔軟性のあるポケットです.ビニールに毛が生えた程度の薄過ぎるポケットはすぐに破れたりしますが,コレはかなりしっかりしており,耐久性がありそうです.

176

当然ながら『クリアポケット』なので,外から中身が透けて見えます.

パンチで穴開けしたくないモノで,サッと見る必要のある資料や地図等を入れても良いでしょう.

177

クリアポケットがあれば,当然こちらもあるわけです.ファスナー付きホルダー1枚入り

135

文字通りファスナーでフタが出来ますので,細々とした物や落としたくない物,厚みのある物等を入れることが出来ます.

ただ,形状的にマチが取れていませんので,ペンや予備のペンフィリルを入れる程度なら問題ありませんが,ペンケース/収納袋としてガッツリ使うには不向きです.

181

ファスナーはオーソドックスなこのタイプ.昔は使っているうちによく裂けてしまいましたが,最近は滑りも耐久性も良いですな.

182

そしてメーカーが旅ノート的用途を想定しているのがよく分かるのが,ルーズリーフ スクラップリーフ 20枚入りが用意されている点.

137

クラフト紙っぽい用紙.所謂『スクラップブック』的な色合いです.

178

スクラップ用紙は厚紙に分類されるほどの厚みがある場合がありますが,こちらは『普通のルーズリーフよりも少し厚め』程度の薄めです.なので,複数枚入れておいても邪魔になりません.

180

貼り付ける際に位置決めの目安となる,ドットが印刷されています.

179

そして本エントリー最後はポケットリーフ 2枚入り

140

クラフト紙っぽいカラーの台紙.

172

こんな感じにポケットが付いており,上から滑り込ませることが出来ます.

173

裏側にもポケット有り.

クリアポケットとの違いはというと,こちらは出し入れし易いという点でしょうか.用途的にも,クリアポケットは入れっぱなしにしておき,ポケットの外から見るような物を収納し,こちらは必要に応じて取り出すような物を入れる感じ.チケットとかその手の類いに丁度良いでしょう.

でも,フラップもフタもありませんので,脱落の危険があります.挟むだけでは心許ないような重要な物は,ファスナー付きフォルダの方へどうぞ.

174

この他に『カードホルダー 3枚入り』も用意されていますが,私は多分使わないだろうな…と,思いましたので購入しませんでした.

と,いうことで,『その2』へ続きます.

|

« 楽しくそして実用的:『あなたの心を読み取ります』ココロスキャナー | トップページ | トラベラーズノートを指向したバインダー:マルマン puo その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/60602629

この記事へのトラックバック一覧です: トラベラーズノートを指向したバインダー:マルマン puo その1:

« 楽しくそして実用的:『あなたの心を読み取ります』ココロスキャナー | トップページ | トラベラーズノートを指向したバインダー:マルマン puo その2 »