« 大幅に値が下がってお手軽になった音の綺麗なBluetoothヘッドホン:Jabra REVO WIRELESS | トップページ | ISOT2014(第25回 国際 文具・紙製品展)に行ってみた(2) »

2014年7月11日 (金)

ISOT2014(第25回 国際 文具・紙製品展)に行ってみた(1)

11日の早朝移動でも良かったのだけど,台風の影響を勘案して早めに東京に移動した関係で,空き時間に聖地東京ビックサイトで行われているISOTこと,文具・紙製品展に行ってみたのでそのレポ.

なお,ISOT2014は3日間やっていて,7/11(今日!今日ですよ!!)が最終日です.

きちんと回ろうとすると,丸一日以上かかるかもしれません.それだけ会場は広大で,出展企業も多数.見に行こうと考えている人は,時間的に余裕を持って&心して行くのが良いでしょう.

Dsc08141

展示場に入ったところ,いきなりマステの壮観な姿が見えてきたので,アドレナリンが駆け巡ると共にボルテージが一気に上がりました.

Dsc07994

クリスマス柄は受注生産とのこと.

この手の製品は,このような展示会でないとなかなか見ることが無いので,来て良かったと思う瞬間です.

別メーカーの人の話だけど,マステの特注柄を生産する際には,4000個くらいが最低ロットかなとのこと.マステ以外のメーカーの人の話では一般的な話として(?),国内生産の場合は小ロットも可能な所もあるけど,うちは中国生産なので1万個が最低ロットとのこと.FYIでした.

Dsc07996

次は『彩』.こちらでも紹介したけど,『彩』のシリーズはかなり好き.あと,竹軸の筆ペンもいつか使いたいところ.

Dsc08000

うわっ.季節カラーセットが出てるっ.コレクター魂がくすぐられてしまう…コンプしなくちゃ…(錯乱).

Dsc08002

と,個々のブースをこのペースで紹介すると何ヶ月かかるか分からないので,後ろ髪引かれつつもかなり割愛.

YAMATOからは,塗った所が分かりやすい糊が出ていました.同じコンセプトの『消えいろピット』は淡い色だったけど,こちらは蛍光色で分かりやすい.そして乾くと色が消える所は同じ.

Dsc08006

裁断機やパンチで有名なCARLからは,このような小形のに穴パンチ(かなりいい感じ.欲しい)や…

Dsc08007

鉛筆削りも展示.この手の製品も作ってたんですね.

Dsc08008

台座を折りたたんでコンパクトに出来る裁断機も展示.これ,欲しいかも.

Dsc08009

COCOIROには普段とてもお世話になっている呉竹からは…

Dsc08017

メタリックなカラーの筆ペンが出ており,デザイン部門でグランプリを受賞したとのこと.

Dsc08020

このように,濃い紙の上に描いても映えます.

Dsc08021

インクフローがかなりバシャバシャなので,少々注意が必要.

Dsc08022

LIHIT LAB.からは,5x3の情報カードを収納できるケースが新製品として出ていました.

情報カード属性を持つ人々(もちろん私も属してますよ!!)をターゲットとして,非常ニッチだけどマリアナ海溝よりも深いニーズをメーカーが掘っている感じです.5x3サイズというのが実に心憎い.すごく欲しい!!今すぐ欲しい!!

Dsc08030

そして今回見るのを楽しみにしていたKINGJIMのブース.

まずは実物を見る前から欲しくてたまらないrolto.スマホ用のプリンタです.

Dsc08042

WiFiでスマホから繋ぎ,ロール式の感熱紙に印刷します.

スマホは縦長だし,横幅がある程度狭いので,この手のロール紙と親和性が高く感じます.ココドリのときと同様,海外の某プリンタ(?)と無意識のうちに比較してしまったりするのですが,あれはあれ,これはこれ.こちらはスタンドアロンなプリンタとして成熟させて欲しい所です.

Dsc08048

いろんな印刷が出来るのですが,ToDoリストやWebページの印刷,地図やメモの印刷あたりが実用的かな.

Dsc08041

感熱紙を使用している関係で解像度が低いのですが,それでもこの程度は出力できるので,ちょっとした地図を出す分には十分かと.

Dsc08045

あと,このロール紙のスゴイ所は,裏がシールになってるんです.こんなに薄っぺらいのに.

Dsc08046

そんなわけで,このようなオリジナルデザイン付箋を作っても良さそうですね.

あと,ココドリとの関係を聞いた所,あちらはPC用,こちらはスマホ用とのこと.たしかにゾーンが違うとは違うのですが,スペックも仕様もかなり被っており,用途はベタ被りな感じ.使い勝手から考えて,ココドリはフェードアウトしそうな予感がしなくも無い….

あと,CASIOから出ているBluetooth対応のmemopriであるMEP-B10の方が,ココドリ  CC10よりも正直言って,使い勝手と実用性という面では良く感じました.しかし,roltoはその差を一気に縮めた上に抜き去った感じ.ただし,価格がやや高めなので,もう少し頑張って欲しいと切に願いたい.

やはり一般消費者からすると,フルスペックのインクジェットプリンタよりも高いのは厳しい.ある程度のガジェット好きでも,1万を超えると結構躊躇するのではなかろうか…と,思ったりもします.

Dsc08047

と,ここで着ぐるみのKINGJIM君(?)が登場.

会場はめっちゃ暑く,寒さには強いけど暑さに弱い私はドロドロになって喘いでいたのだけど,着ぐるみの中の人はめちゃくちゃ大変だろうなぁ…ご苦労様です.

Dsc08053

で,KINGJIMの製品でもう一つ見たかったのは,名刺管理ソリューション.

こちらは400枚スタックし,一気にスキャン&PCで管理するための製品&ソフト.

Dsc08050

そしてこちらが私のお目当てであったmeqru

見よ!この存在感.機能美を体現したかのようなデザイン.

私のハートは,プレスリリースを見た瞬間に撃ち抜かれました.

Dsc08061

上に名刺を入れると…

Dsc08054

シュッとスキャンし…(このときのアニメーションも秀逸)

Dsc08057

画像データとして登録されます.そして右側のローラでパタパタとめくったり検索したりします.ローロデックスみたいな感じとでも言いましょうか.

実に軽快&使ってみて楽しいです.

ただし,OCRが積まれているわけではないので,スキャンした名刺をどのグループに入れるか手動で分類登録する必要があります.また,本体にネットワーク機能が搭載されてるわけではないので,別の物とデータ共有するためには一旦吸い上げて…という処理が必要.

でも,それら欠点を補って余りある『モノ』のしての魅力.ホント,素晴らしいです.

Dsc08059

レポの後編は閉会後になってしまうけど,明日アップする予定.

会場では写真撮影不可のブースがあったり,発売予定(かつ,撮影不可)の製品がいくつも展示されたりしていましたので,興味のある人は是非,会場に足を運んでみてください.

展示社の方に聞いたところ,一応業者向けのイベントだけど,一般の人も結構来場されるとのこと.ただし,バイヤーでないと分かると,露骨に態度が変わる場合もありますので,小売店に客として入ったのと同じ感覚で行くと面食らうかもしれません.その一方で,『ファンが出来て,製品を盛り上げて頂ければ嬉しい』と,いう考えの元,凄く親切な営業の方もおられるんですけどね.

なお,繰り返しになりますが,ISOT2014は7/11(今日!今日ですよ!!)が最終日です.そして今日は17時までなので,『見に行きたい!』という人は,招待券請求フォームに必要事項を入力してサブミットし,届いたメールのリンクからPDFを印刷し,必要事項を記入して会社の名刺二枚を持って急ぎなされ.

|

« 大幅に値が下がってお手軽になった音の綺麗なBluetoothヘッドホン:Jabra REVO WIRELESS | トップページ | ISOT2014(第25回 国際 文具・紙製品展)に行ってみた(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/59961958

この記事へのトラックバック一覧です: ISOT2014(第25回 国際 文具・紙製品展)に行ってみた(1):

« 大幅に値が下がってお手軽になった音の綺麗なBluetoothヘッドホン:Jabra REVO WIRELESS | トップページ | ISOT2014(第25回 国際 文具・紙製品展)に行ってみた(2) »