« 長期保存用の非常食:えいようかん | トップページ | 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ »

2014年5月15日 (木)

長期保存用の非常食:究極の非常食,救難食糧ER9

このエントリーの続き.今回も,非常食の紹介.

『非常食』と言うと,乾パンやアルファ米を真っ先に想像するわけですが,『これぞ非常食』と言えるのが今回紹介する『救難食糧 イーアール9(ER9) SOLAS条約準拠』です.

見て下さい.この神々しいまでの非常食感.そして非常食オーラを.

134

 

まず商品名にある『SOLA条約準拠』ってどういう意味かと言うと,タイタニック号の海難事故を契機として規定され始めた条約に,『海上における人名の安全のための国際条約(The International Convention for the Safety of Life at Sea)』という条約があります.

日本では,昭和40年に国際条約に則って国内法が改正され,救命筏等の救命設備の偽装品として救難食糧を装備することになりました.そして救難食糧の基準として『救難食糧の型式昇任試験基準』が策定されており,ER9はこれに準拠しているという意味になります.(参考ページ

海だけでは無く,空自の救命装備品にも救命糧食として含まれています.こちらのページには,梱包その他の情報も素晴らしくまとめられているので,ご興味をお持ちの方はご一読を.

125

さて,このER9は一般消費者向けということもあり,『ご家庭やオフィス等に常備しましょう』とあります.

126

詳しくは後述しますが,非常食としてよく考えられており,『調理不要』『水が無くても食べられる』等といった特徴があります.

127

こちらもえいようかんと同じく2013/1/7に購入したのですが,約5年の賞味期限を残しています.

128

ブロック1個(56g)あたりの熱量は,274kcalです.ご飯一膳(140g)よりも少し多いといった所.

チーズ味のカロリーメイト2本と比較すると,熱量で3割増し,タンパク質が2割程多く,脂質は同程度.そしてナトリウムは1/7です.

重労働をし,汗を大量にかく場合は,ナトリウム欠乏性脱水にならないために,ナトリウム(つまり『塩』)を意識して採る必要があります.

しかし塩分を採ると喉が渇きます.しかし水が貴重となる船舶遭難時に食されることが想定されているER9では,乾きを出来るだけ押さえるために,意識してナトリウムを少なくしているのでしょう.

129

パッケージには,穀物が主原料であり,そのまま食べられるの説明が書かれています.

130

『スポーツ・登山・海外旅行に!』『保存性に優れた真空パック』『お菓子感覚で食べやすい!』という文言だけそのまま読むと軽薄に感じます.

しかしこれらの意味していることは,『携帯性抜群なため,持ち運びしやすい』『非常時に,子供や高齢者であっても食べやすい』とも言い換えられるわけで,実に非常食向きです.

132

この箱,ズッシリとかなりの重量がある(500gオーバー)のですが,中は個包装になっており,9個入りです.ギッシリと詰め込められているため,少々取り出しに苦労.

133

1食分が1個.56gです.

薄いアルミ包装の真空パックなため,このようにピッチリしています.持ち運びの際には,余計なスペースを必要としません.また,針状の物で刺さない限り,鞄の中で破損して中身が…というような危険性は少ないでしょう.

134

iPhone5との大きさ比較.

135

流石に『薄型』というわけには行きません.そこそこ厚さがあります.

136

では開封してみましょうか.

137

パッケージはこのように引き裂いて,手でペリペリと容易に開けることが出来ます.

138

本来は,少しだけ露出させて囓るのが正しい食し方なのでしょうが,撮影用に全て露出させてました.

139

見た目は色付きの大きな落雁という感じです.

140

しかし落雁のような味・食感を想像していたのですが,少し違いました.味は小麦とコーンの粉末を混ぜたような感じで,穀物の味がします.ただし美味いかと言うと,少し微妙.かと言って不味いのかと言うと,別に嫌では無いといった感じ.連食する可能性がある場合は,このようなあまり特徴の無い味の方が良いのでしょうね.

ただし味も食感も比較的単調なので,一気に1個を食べ切ろうとすると,最後の方で味に飽きが来るもしれません.2~3回に分けて食べた方が良いかも.

そして見た目はやや硬そうに見えますが,歯がたたない程カチカチでなく,触れるとボロッと崩れる程でもなく,ほど良い硬さに固められています.齧るとポロポロとほぐれる感じ.そして唾液で少し溶けるような感じで,小さい子や高齢者でも危険無く喫食が可能かと.そして味が濃かったり粉っぽ過ぎたりしないので,食べる際に水が欲しくなる感じでもありません.ナトリウムと同様,海上遭難等の場合は水が貴重な場合があるため,食べる際に水が欲しくなることがないように,意図的にしてるのでしょうね.

そしてこれ1個で1食というのは量が少ないのでは…と,思っていたのですが,胃もたれこそしなかったものの,意外とドシッと来ます.そして腹持ちも良いです.

家で夕食の1時間程前に軽く試食するつもりで食べてみたのですが,夕食が殆ど入らないくらいの満腹感が持続しました.

では食べてみて気になった点は無いのかというと,1点だけ.囓って粉状になった物が,唾液と混じって口蓋に貼り付いて食べにくいときがありました.この状態で口の中が渇いてくると,そのまま貼り付いて余計取れなくなるので,水を口に含んで流し込みました.

救難食糧 ER9は,それ以外の点では実に非常食らしい究極の非常食でありました.机や鞄,非常持ち出し袋等に1,2個入れておくと,何かあったときにとても心強いと思います.

|

« 長期保存用の非常食:えいようかん | トップページ | 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/59635988

この記事へのトラックバック一覧です: 長期保存用の非常食:究極の非常食,救難食糧ER9:

« 長期保存用の非常食:えいようかん | トップページ | 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ »