« 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ | トップページ | 遊び心に溢れているけど実用的なLEDブックライト:Lightman &電子書籍に関して考えてみる »

2014年5月19日 (月)

Anker 40W 5ポートUSB充電器:大容量かつ賢いUSB充電器の決定版.ケーブルを変更して更に使い易く

今年の頭にAnkerの25W版USB充電器をレビューしたのですが,サイズ,デザインと質感,使い勝手何れも素晴らしい製品でした.唯一の物足りなさは『出力がもう少しあれば…』と,いう点だったのですが,今回は40Wにパワーアップした製品を紹介.

今回紹介する製品ですが,Amazon.comの方では結構前から販売されていました.しかし,送料などを考えると結構付いてしまうので躊躇…しているうちに,Amazon.co.jpでも扱いが始まりました.しかし当初は超品薄.その後4月くらいに一気に流通状況が改善したので今は問題ありませんが,何度『高く付いても良いので,Amazon.comから買おうかなぁ』と思ったことか…. 

そしてレビューを書き上げてアップする前に,既にメジャーな感じに.少々出遅れた感もありますが,折角なのでアップ.

現状,小型で携帯性の高いUSB充電器として出力を求める場合は,この製品一択と言って良いほどの完成度です.実に素晴らしい.

なお,私が購入したのはAnker 40W 5ポート USB充電器(ブラック)ですが,カラバリとして,ホワイトもあります.

071

伊ANKERのハイセンスなデザイン.高級感溢れています.そしてよく見ないと,25W版と見分けが付きません.

046

『40W』に注目.

048

『IQ』.メーカーページに説明がありますが,『PowerIQ』技術とは,接続されたデバイスを認識し,最短時間で充電が完了するよう,インテリジェントに充電制御を行う技術です.

上海問屋の9A USB充電器にもsmartってありましたが,最近は同様な機能が積まれるのが流行ですな.

049

超意訳すると,『何も無いことを祈るけど,何かあったら気軽にサポートに連絡してね』ってメッセージ.実に日本的ですな.

この部分,米国的だと,『あなたにはこんな権利があってー サポートを受ける権利はー』的なことが書かれる感じがする.

052

あちこちで使用されているこの丸っこいフォントが,この製品の印象を柔らかくしている感じがします.

以前,米国政府のドキュメントで使用されるフォントを変更すれば,年間数百万ドルの節約になるって話が出ていましたが,色んな意味でフォントって大切.

053

さて,開梱しましょう.

054

開けるとお礼のメッセージが.『心尽くし』とかいう日本的な言葉を連想.

056

開けますよー.

057

中身はこんな感じ.

059

本体です.マットな仕上げの黒が渋い.

060

『ANKER』のエンポスが控えめで良い感じ.

061

062

横から見るとこんな感じ.

063

こっち側も何も無し.

064

正面には5つのUSBポート.

065

裏側にはメガネの電源端子.

066

背面に印刷されているスペック等.AC入力が100-240V対応のワールドワイドです.また,出力が5V8Aの40W.つまり,2Aを4ポート供給したり,2Aを3ポートと1Aを2ポートという使い方も出来ます.これだけ大出力であれば,大抵何とかなるでしょう.

あと,改めて見ると,25Wのタイプは中華メーカーのOEMって感じがしており,実際に中身が同じ製品があちこちのメーカーから発売になりました.が,の製品はAnkerの専用品かなぁと思います.

それにしても,『アンカー・ジャパン 株式会社』の印刷には驚き.ワールドワードで共通にし,コスト削減する所が多いと思うのだけどな.日本市場がそれだけ大きいし魅力的ってことでしょうかね.

067

電源コードはベルクロの結束バンドで結束されています.

068

伸ばすと結構な長さ.まとまりも悪くて美しくないですな….

069

では,早速使ってみましょう.

071

競合商品と比較すると厚さ・大きさがかなり控えめ.iPhoneよりは厚みがあるけれど,並べて置いても違和感が無い大きさ・デザインです.

073

ただ,やはりACケーブルがちょっとベロ~ンとだらしなく伸びるってシチュエーションがちょっと嫌だったので,折角電源端子が『メガネ』なことを利用して,ケーブルの分を別の製品に交換することにしまいた.

今回は『こんなケーブルもありますヨ』という紹介のために,4種類ほど採り上げました.

まずはELECOM ACアダプタ直結プラグ

074

プラグ部だけのアダプタです.無駄なケーブルがありません.コンセントとメガネを直結するアダプタです.

077

こんな感じで挿せます.が,これはちょっと実用的では無いですね.パッケージに印刷されているように,本来は別のケーブル/ACアダプタと組み合わせて使う物です.

078

次はSANWA 2P・L型プラグ

041

このケーブルの特徴はケーブル超が20cmと短いことと,

044

めがねの部分がL型である点.

045

そのため,このように取り付けられます.

このようにL型であると,持ち運び時にケーブルを本体にグルグル巻いた際に,メガネのコネクタの部分が後ろに飛び出さないため,収まりが良くなります.

079

単に短ければ良いという話であれば,ELECOM メガネ 0.2m 等があります.

 

024

ケーブル超が20cmであることを除けば,ごく普通のケーブルです.

026

出張先のホテルで使う場合,大抵は机にコンセントが出ているため,このような短いケーブルの方が使い易いです.

080

そして最後はiBUFFALOのタップ付きメガネプラグ

028

こんな感じでケーブルの途中にACタップがあり,2Pの口が表面に1つ.

033

裏面に2つあります.合計3個.

ホテルの卓上に出ているコンセントは大抵2つです.PCやルータ等諸々同時に使おうと思うと,微妙に足りないことが多いでしょう.そんなとき,この手のケーブルが役立ちます.

036

出力はこのようなメガネのオスなのですが,

034

入力はメガネのメス.

037

ANKER 40Wに繋げるとこんな感じになるのですが,入力がメガネなため,コンセントに直結して使えません.

081

そこでELECOM ACアダプタ直結プラグの登場です.こんな感じで使えます.

ただ,この形態ではコンセントに挿したときに取り回しがしにくい場合もあるので,別の20cm程のケーブルとの組み合わせた方が実用的です.

082

***

さて,一連の写真を見て,『25Wのタイプと同じ大きに見える/同じ金型を使っているのかな』と思われた方が多いでしょう.しかし,微妙に違うんです.

並べてみるとこんな感じ.白い方が25Wモデルです.

Dsc06007

厚さはほぼ同じだけど,微妙に小さい.

Dsc06008

底面積は奥行きが短くなり,幅も微妙に狭くなっています.感覚的には,一回り小さくなった感じ.性能アップと共に小型化.更には値段も良心的な上昇に止まっており,実に良いです.

Dsc06009

参考までに,某所に旅行に行った際の,机上の惨状を載せます(^^;

私の場合,iPad3(子供用),iPad mini(2013) ,iPhone5がスタメンで,場合によってはこれに家族のiPhone5S,iPhone4,Nintendo 3DS等々がぶら下がるという感じです.

直結するとポート数が不足しますが,二股ケーブルを使用しているため,一応間に合っています.

上海問屋 DNSB-40453』というこの二股ケーブルを使用しているのですが,100円しないというコストパフォーマンスの良さと共に,ケーブル長が短いので持ち運びしやすく,microUSBとLightningとか,DockとLightningのような組み合わせの物もあるので,非常に重宝しています.しかし現在は在庫切れ.予備をストックしたいので,早く在庫復活しないかなぁ.

他社製も探したのですが,二股ケーブルって意外と無いので辛い.

Usbac

と,いうことで,Anker 40W 5ポート USB充電器(ブラック)の紹介でした.

製品その物の性能は言うに及ばず,小型軽量かつ高級感あるデザインが素晴らしいです.そして値段も2千円台と廉価.更には電源ケーブルとして汎用のメガネタイプを使用しているため,用途に合わせてケーブルを付け替え/カスタマイズすることが出来ます.

ThinkPad E130もMac Book Airも実は何気にメガネだったりするので,色々とアダプタやケーブルを買い込んでカスタマイズしたりしているのですが,詳しくはまた別の機会に.

|

« 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ | トップページ | 遊び心に溢れているけど実用的なLEDブックライト:Lightman &電子書籍に関して考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/59600749

この記事へのトラックバック一覧です: Anker 40W 5ポートUSB充電器:大容量かつ賢いUSB充電器の決定版.ケーブルを変更して更に使い易く:

« 長期保存用の非常食:土佐のミリメシ | トップページ | 遊び心に溢れているけど実用的なLEDブックライト:Lightman &電子書籍に関して考えてみる »