« 第65回正倉院展に行ったついでに奈良で文具・雑貨屋巡り | トップページ | 駆逐艦 荒潮(プラモデル)を娘に作らせ,様子を見ながら色々と考えてみるテスト »

2013年11月13日 (水)

ポケットに入る140文字原稿用紙:POKE-GEN,MEMO-GEN

昨日のエントリーに続いて,奈良で購入した文具を…と,思っていたのですが,他にもアップ待ちの物が諸々あるので,そちらを先にまとめておきましょうかね.

今回紹介するのは,ほぼ日手帳と合わせて購入した,POKE-GENとMEMO-GENです.

メーカーの公式ページはPOCKE-GENがこちらでMEMO-GENがこちら

簡単に紹介すると,細部にまで色々と拘った作りのメモパッドで,用紙は横型の140文字の原稿用紙のような体裁をしています.この文字数,twitterユーザだけでなく,日本人の心にも色々と響く物があります.

そしてPOCKE-GENが3分冊にして1冊を薄くし,携帯性を良くした物.そしてMEMO-GENはガッツリ書くための原稿用紙の束という感じです.

 

275

Amazonや楽天で取り扱いが無いようで,見当たりませんでした.ネット上では,PORTの直販か,ほぼ日のweb shopくらいしか販売している所を見付けられていません.

ある意味,今回『ほぼ日2014』関連商品ということで扱っていなかったら,その存在を知らなかったかもしれません.ありがたや,ありがたや.

276

そんなわけで,一応バーコードは付いているのですが,コード体系が少し異なるような気が.街の少し大きめの文房具屋で普通に売られるようになれば,気軽に購入できて嬉しいんだけどなぁ.

277

で,今回購入したのはこの2つ.手前が『POKE-GEN』で奥が『MEMO-GEN』です.『GEN』は『原稿用紙』のGENを意味し,ポケットに入る方は『ポケットに入る原稿用紙』ってことを意味しているんでしょうね.

 

280

ではまず,POKE-GENの方から.帯には,

五・七・五の俳句から、Twitterの140文字にまで対応した原稿用紙に、カバーをつけて持ち歩けるようにしました。手帳(ポケットノート)に忍ばせるのも良し。気分に合わせて色を変えてみるのも良いかもしれません。

と説明書き.カバー,本文共に活版印刷されいます.そして7文字x20行の原稿用紙20枚で1冊を構成し,3冊がセットになっています.表紙は厚紙になっており,鞄に無造作に放り込んでおいても,中身がクシャクシャになりにくくなっています.

281

今回購入したのはこのセット.表紙が橙,緑,青色です.

282

表紙を開くとこんな感じ.本文の罫線の色も表紙に準じた色になっています.

活版印刷は独特の味がありますね.指先でなぞると,その微妙な凸凹が何とも懐かしい感じです.

278

そしてこちらがMEMO-GEN.

279

この分厚さ.一冊で140文字原稿用紙が80枚.

285

裏側にしっかりした厚紙が入っているので,立って手に持った状態でも筆記できます.

283

表紙はなく,帯を取るといきなり一枚目です.なので,鞄に入れて持ち歩く…という使い方でなく,卓上に常備しておく方が使い勝手が良さそうです.

そしてこの罫線の淡い緑…何とも言えない雰囲気です.

私が高校や大学で使用していた学校指定のレポート用紙は,罫線が共に青色だったし,横書きでした.しかし,この原稿用紙というスタイル,そしてこの罫線の色に,何とも言えない懐かしさを感じます.

284

サラサラっと書いた後はこのように めくり…

 

286

ペリペリっと剥がすことが出来ます.上部はマイクロミシンカットではなく,糊でとめられています.

まぁこの形態は普通のメモパッドと同じですな.

288

俳句や短歌に合いまっせとのことなので,,早速下手な字で書いてみるテスト.ペンはCOCOIROで毛筆ちっくに…と,思ったけど万年筆で.なお,筆圧があまりかからない毛筆で書くのであれば,紙を一枚剥がしてから書くのではなく,書き終わってから剥がした方が良いかもしれませんね.

ちょっと季節がズレてしまったけど,書いた歌は柿本人麻呂の歌です.意味は…調べてみて下さい(^^

289

Twitterと文字数が同じ(140文字)だよとのことなので,書いてみるテスト(※既に出張先の九州からは帰ってきています).ここから半分ベッタリ埋めたとしても70文字也.

こうして見ると,Twitterの140文字って結構ボリュームがありますな.ちょっとしたことを書こうとするとスカスカ.しかし,説明をガッツリ書こうとすると,この文字数では全然足りなかったりするので,短くまとめるのに苦労することも.中々微妙なバランスで,きちんと使おうとしたら色々と考える必要のある文字数と言えそうです.

それとこのメモのサイズおよび体裁は,所謂『一筆箋』に近いものがあるように感じます.しかし文字マスが印刷されている関係で,一筆箋と比べて沢山の文字を一枚に詰め込む使い方になると思います.

罫線の色が薄いのであまり強制されている感じはしないのですが,それでも線に沿って書くのは気持ちが良いので,マス通りに書くように誘導されている感じです.

290

半分に折るとカードサイズ.予め半分に折って,カードケースや財布に数枚忍ばせておくというのも良いかも.

291

そしてほぼ日の一緒に売られていたので,カバーのポケットに入るかと思ったのですが…

292

微妙に入りません.

しかし文字の大きさを考えると,無理にA6に入るサイズにしないほうが良く,文字が大き過ぎず小さ過ぎない現行のサイズがベストのような気もします.

オリジナルのほぼ日手帳に入れて持ち運びたいのであれば,メモ数枚を半分に折り,カードポケットに入れておくのが良さそうですね.

と,いうことで,140文字の宇宙空間のための,手軽に持ち運べる原稿用紙の紹介でした.

|

« 第65回正倉院展に行ったついでに奈良で文具・雑貨屋巡り | トップページ | 駆逐艦 荒潮(プラモデル)を娘に作らせ,様子を見ながら色々と考えてみるテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/58565246

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットに入る140文字原稿用紙:POKE-GEN,MEMO-GEN:

« 第65回正倉院展に行ったついでに奈良で文具・雑貨屋巡り | トップページ | 駆逐艦 荒潮(プラモデル)を娘に作らせ,様子を見ながら色々と考えてみるテスト »