« 固形燃料を使ってみる:Esbit/エスビット | トップページ | 炎の揺らめきが心を和ませ,そして9時間OKの虫除けとしても使えるUCOキャンドルランタン »

2013年8月20日 (火)

『風立ちぬ』を観に行ったわけですが…

封切りから時間が経ったので,そろそろネタバレ的な話を書いても良いかな.このエントリーはお蔵入りにしようか迷っていたけど,帰省した際に妹に映画の感想を聞かれたこともあり,勢いで公開状態にすることにする(笑)

私は公開直後に観に行ったのですが,封切り直後ですらこの映画の評価は賛否両論あり,それも極端に二極化されている感じで,その後は更に加速している印象.

観に行く人にとっては,『他人がどう評価するか』なんて別にどうでもいいんです.自分にとっての評価が全てで,他人が酷評しようとも自分が満足すればOK.だけど,観に行った結果が『ジブリの最高傑作映画だ!!』の方では無く,『これは酷いっ!!』って側に倒れると被害甚大なわけで….

私はというと,素晴らしく美しい絵,動き,そして雪が積もった寒い朝に暖かい布団にくるまっているような心地良い暖かさを感じました(ちょっと季節外れな表現だけど).人を感動させる力に関して,純粋にパヤオ宮崎駿はクリエイターとして凄いなぁと思った.

が,その一方で,チラチラと見える現実の冷酷さ,そしてラストの『えええーっ』という感覚に,『これは共感出来ないなぁ』という感情を強く持った.ある意味,『ジブリの映画』ということで,ハッピーエンドな冒険活劇を期待している人は,観るべきではないかもしれない.

ちなみに4分間の予告はこちら.予告編は文句なく素晴らしいし,誰が観てもワクワクすると思う.

今回はネタバレをかなり含みますので,ここから先は,まだに観に行っていない人はよく考えてからお読み下さい.

と,いうことで,無粋を承知で色々と考えてみるテスト.とは言え,長くなりすぎるのもアレなので,今回は3点に絞って書くことにします(それでも十分長いけど).

***

○女性の描写が変わった

宮崎駿のアニメというと,『元気で明るく,生命力に満ちあふれ,パワフルで未来志向のロリ少女』というのがジブリ映画のストーリーを動かすための陰の原動力になっていたわけだけど,今回は正反対.ヒロインがロリ少女ではなく,大人の女性である.

監督の趣味が変わった!?とかいうことではないと思うんだけど,まずこれにビックリした.

そして敢えて私の主観で書かせてもらうと,病弱ではあるけど,大人の女性の持っている,女の強さやズルさが実にうまく描かれているように感じた.少なくとも『表裏が無く正直で真っ直ぐな女の人』ではなく,実にリアリティがあるように感じた.

以下,こう感じた具体的な描写について.

二郎は帰京の途中で列車の中で関東大震災に被災し,(たまたま近くに居合わせた)足を骨折したお絹を背負い,少女と共に避難します(*).そして少女の家の使用人達に後を託し,名も名乗らずに立ち去ります.このときの行動を見ていると,二郎は少女を子供としてしか見ておらず,お絹を女性として意識しているように見えます.

(*)このときの裕福な家庭の少女が後の二郎の妻,お絹は少女の家の使用人です.

お絹に対しては背負って避難しているし,自分の新品のシャツをタオル代わりにして顔を拭いたり等,過剰なほど世話を焼いているのだけど,少女は『ついでに』という感じです.自分たちの荷物は捨てる一方で重そうな二郎のトランクを持って歩く少女に対し,『それを捨て身軽になりなさい』なんて話をしないわけです.二郎の態度は嫌みな程ではないけれど,この態度の違いに,きっと子供であったとしても女性であれば何か感じ,傷付くことでしょう.

そしてそれから二年後.本郷の大学に,お絹の骨折した足の添え木として使用した計算尺等と共に手紙が届くわけですが,入れ違いで会えません.しかし何とか会おうと駆け出す二郎が追っていたものは少女の影では無く,『お絹』の後ろ姿です.

このとき,『先の列車の事件が後の伴侶との運命的な出会いであったのなら,何故少女ではなくてお絹の後ろ姿なんだろう…少女のお使いとして来たのかなぁ』なんて単純に思っていたわけですが,謎は後に解かれます.

それから更に何年も経ってから,二郎と(このときの)少女は軽井沢のホテルで偶然に再開を果たします.そして,大人の女性になった菜穂子は,美しく澄んだ泉の前で二郎に語ります.

  • あなたは私たち二人の白馬の王子様だった
  • お絹は結婚の2日前にあなたに手紙を渡しに行った
  • お絹は二人目の子供を授かった

映画を観ていて妙に引っ掛かりました.

これが運命的な出会いであるとか,泉に再会できるようにお祈りしていたとかetcも語られるわけですが,上の3つの話は,既婚/女性との同棲が長い男性であれば,『ピン』と来ると思います.

この話からは,

  • お絹も私も二郎に恋心を抱いた
  • あなたがお絹に好意を抱いたのは分かっている
  • お絹は結婚したし,子供も居るので,あなたが今も彼女に恋心を抱いていても,叶わないわよ

ってことを訴えているわけです(断言).

もし,お絹を恋のライバル視していなければ,『私の白馬の王子様だった』と言うでしょうし,お絹の話を振られたら,『結婚して二人の子供をもうけ,今は幸せに暮らしている』程度の話で済ますでしょう.もっと分かりやすく書くと,『あっちには行けないわよ』と釘を刺し,『こっちを向いて』と言っているわけですね.

女性の奥底の情念と言いますか,熱く,そして一歩間違うとドロドロしてしまう部分をリアルにさらっと描いているなぁなんて思ったりしました.

子供向けの映画では無いですなぁ….

***

○夢の追い求め方と人生の意味

既婚者の大半の方には納得して頂けると思うのですが,結婚は人生の墓場とは言わないまでも,色々な不自由を背負い込みます.その代わりに様々な喜びも得られるわけですが,気楽な独り身のときには自由に出来たことが,中々出来なくなったりします.

でも,二郎は伸び伸びと自分のしたいことをし,まるで独身貴族のように,人生を謳歌しているわけです.あぁ,なんてうらやましい.

その後の二郎と菜穂子の関係で見てみると,次のような感じ.

  • 二郎は菜穂子をほったらかし.看病の『か』の字もない
  • 二郎は仕事に専念.菜穂子への手紙でも会話でも仕事の話ばかり
  • この状況を菜穂子から理解を得られており,仕事で遅く帰ろうとも,一言も文句を言われない.実にうらやましい
  • 菜穂子の仕事に対する理解(内容に対してでは無く,打ち込む姿勢に対して).うらやましい
  • 菜穂子の父からも,『男は仕事だから』と理解を得ている
  • その一方で,菜穂子にかける言葉は『綺麗だよ』くらい
  • 一瞬躊躇するも結局我慢出来ず(吸わないと逆に気を遣わせるからという説もあろうかと思うけど,それは無いと思う),結核の妻の横でたばこを吸う
  • 体調が思わしくなくなると,菜穂子は一人身を引き,自分で勝手に病院へ帰って行く

あぁ,何て男にとって都合の良い妻なんでしょう.

おまけに上司の家に居候している関係で,最低限の部分は上司の妻や使用人が面倒を見てくれています.そのため,家で倒れていないか,食事は採れているだろうか等の心配をしなくて良い.おまけに『離れ』で暮らしているため,上司の一家からの過剰な干渉も無し.

妻が結核を煩っている点を除くと,仕事人間にとって,何て理想的な妻・環境なのでしょうか(羨望).

菜穂子が病院に去った後,上司の奥さんが二郎に対して『綺麗な所だけあなたに見せたかったのね』って言ってましたが,付き合い始めの中高生であるまいし,そんなアッサリした割り切りが出来るもんじゃないと思うんですけどね.相当に主人の仕事(地位や名誉では無く)に誇りを持つ妻であればアリかもしれないけど,今の時代だとリアリティに欠けるかな.

あと,所帯を持つと子供の話が出てくると思うのですが,子供の陰すら見えません.あの状況で菜穂子が妊娠・出産なんて話になったら,『それでも家庭を放置して仕事に没頭する二郎』なんていう印象の悪い描写になってしまうので,まぁ仕方ないかもですが.

そして戦後の描写を見ると,妻が死んでも何のリアクションも無く,そして蛋白.信じられない程に仕事以外に対しては無感情です.

人生の意味とは自分の夢を追い求める事であり,夢を仕事にし,そして仕事に没頭・邁進するのが真の幸せであると言わんばかりです.

***

○芸術家/クリエイター/仕事人間の人生観や家庭の投影か?

映画を観終わった後,冒頭に書いたような暖かさを感じると共に,寂しさを感じました.そして違和感.これまでの宮崎駿オリジナル脚本のジブリ映画とは全く異なる物を感じました.

既にあちこちで語られていそうな話だけど,結局この映画は宮崎駿監督の人生の投影なのかなという印象を持ちました.

素晴らしく夢のある仕事,仕事に没頭する自分,そして仕事に対して理解のある賢い妻.その一方で,殆ど描写されることのない『家庭』の空気や,子供が出てこない辺りも監督の考える人生のプライオリティなのかなぁと….

一応補足すると,子供達を愛していないということではないと思います.ただ,ハードワークの代名詞であるアニメーターという仕事であったり,以前『自分は息子の育て方を間違えた』なんて発言をされていた所を見ると,家庭をあまり顧みる感じではないのかなぁという感じもします.

『没頭して好きな仕事をして来たし,成果も素晴らしく満足している.だけど最終的に滅茶苦茶になり,何も残らなかった.仕事の成果を出せる「10年」が終わって自分は燃え尽きた.後は気心の知れた者と酒を酌み交わしなが昔を懐かしんで生きるだけ』のようなメッセージのようにも思え,寂寥感が半端なかったです.

一応フォローしておくと,私はこういう映画も好きです.嫁さんからは『どうして面白いか分からない』って言われることもあるけど.

***

『未来』や『夢を引き継ぐ者』を連想させる子供出てきていたりすると,印象が変わったと思った.ある意味そういった中途半端なことはせず,宮崎駿監督は『これで俺の映画人生は幕引きするんだ』という強い意志を表明したのかなぁ.

それと個人的には,見終わった後の感覚が宮崎吾朗監督の『コクリコ坂から』に微妙に近いものを感じたかな.両作品共に『戦争』という存在/時代が大きく影響しているけれど,どの世代から見ているかということで描写が全く違うという感じ.そしてコクリコ坂からの方は未来志向.

以上,映画に対して全く異なる感想を持った方も多いと思うので,『こんな見方をした人がいる』という1つのサンプルと捉え,より深く諸々考察するネタにして頂けると幸いです.

例えば『火垂るの墓』.何度観ても涙無くしては観られない人が多いと思うんだけど,私も最初は惨い悲しい兄弟の話だなぁと思って再放送を何度も観てました.が,ふと,兄ちゃんがエゴと言いますか,浅はかかつ幼い判断で家を親戚の家を飛び出さなければ,妹が餓死することは無かっただろうって気が付いたら,何も判断できず,無邪気に兄ちゃんに付いて行った妹が不憫過ぎて別の理由で泣けた.

同じ映画でも,視点が変わると抱く感想もガラッと変わりますな….

|

« 固形燃料を使ってみる:Esbit/エスビット | トップページ | 炎の揺らめきが心を和ませ,そして9時間OKの虫除けとしても使えるUCOキャンドルランタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/57843975

この記事へのトラックバック一覧です: 『風立ちぬ』を観に行ったわけですが…:

« 固形燃料を使ってみる:Esbit/エスビット | トップページ | 炎の揺らめきが心を和ませ,そして9時間OKの虫除けとしても使えるUCOキャンドルランタン »