« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

mSATAなSSDをUSB3.0接続の外付けHDD化する(1):SSDMB v1.4a

外付けの手軽なストレージと言えばUSBメモリでしょう.32GB~64GBくらいの容量であればかなりガッツリと使え,また,廉価かつ小型軽量で手軽.

しかしそれを超えた容量となると,USB3.0接続の2.5inchディスクを選ぶことが多くなるでしょう.速度もUSBメモリと比べてかなり速く,中身をHDDではなくSSDにすれば,更なる高速性と共に耐衝撃性と安心感が得られます.まぁSSDはまだかなり割高なので,1TB前後であればHDDの独壇場ですな.

しかし,専用のSSDを内蔵したものは別として,2.5inch HDDはかなり大きく感じます.

私は普段この辺りの外付けディスクを使用しているのですが,薄いし小型だと思うのですが,少し大きく感じます.まぁ贅沢と言えば贅沢な話なのですけどね.

と,いうことで,唐突ではありますが,mSATA用のSSDを使用して,2.5inch HDDの半分のサイズの外部ストレージを作って使うことにします.容量は流石に1TBというのは無理だけど,128GB~256GBの外付けディスクが簡単にできます.

009

どうですか.小さいでしょ?

続きを読む "mSATAなSSDをUSB3.0接続の外付けHDD化する(1):SSDMB v1.4a "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ThinkPad Edge E130のディスク/SSDを換装し,環境をコピーする

出張が昨年度末から多く,月の半分くらい東京に出ていたりしていたのですが,ようやく一段落という感じ.が,戻ったら戻ったで出先からメールで『戻るまでちょっと待っててね』していた仕事が山積していたりするので,何とも休まらない日々です.

まぁそれはさておき,これまでは(基本的に)デスクトップ型PCで業務をこなすスタイルでした.しかしこのような状態であったので,通り一遍のことを出先で出来るようにと言うことで,ThinkPad Edge E130を強化して出張の連続に備えていました.

そしてその中でまず障壁となったのは,内蔵ディスク容量.

一応これまでの流れを振り返ると,内蔵ディスクを256GB SSDに換装し,そして追加ディスクとしてmSATAの256GBを追加し,合計容量は512GBとなっていました.しかし,mSATAの方はシミュレーション用のデータ置き場として使用しているため,実質256GBしか使えない感じ.絞ればこの容量でも使えないことは無いのですが,デスクトップPCのデータをそのままE130の内蔵SSDに同期コピーして…ということしようとすると,微妙に足りません.そこで今回,より大容量の物に換装することにしました.

なお,OSは1,200円だったときライセンスを購入したWin8に載せ替えており(このときのバタバタは何れまた…), 環境設定もかなり詰めた後でしたので換装後のリカバリでは無く,TrueImageを使用した環境コピーを行いました.

310

続きを読む "ThinkPad Edge E130のディスク/SSDを換装し,環境をコピーする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

拭いても取れない縦縞ノイズの除去:ScanSnap S1500の分解と清掃

ScanSnap S1500 はScanSnap iX500が出たために旧機種になってはいますが,性能的にはあまり変わらないこともあり,未だに多くの個体が現役で稼動していると思います.特にパッドユニットピックローラユニット のような消耗品をある程度の数量ストックしている(私のような:-) )人にとっては,少なくともこのストックが無くなるまでは,新機種に移行することは無いでしょう.

そんなわけで,こまめにメンテナンスしながら使い続けているわけですが,気が付くと,スキャン結果に派手に縦縞が乗るようになりました.このような症状の原因は,読み取り面に埃(雑誌に付いていた糊が付着している場合もある)が付いていることが大半です.そして脱脂綿等を無水アルコールで濡らし,綺麗に拭き取ることで解決します.

しかし,今回は拭いても綺麗になりません.Scansnapを使い始めて3年と少し経ちますが,こんなことは初めてです.そして取り込み面を確認すると,本体内部側に埃が付着していることが確認出来ました.

ScanSnapは,簡単に分解清掃出来るような構造になっていません.こんな所に埃が侵入するというのは,想定外なのかもしれません.かと言って買い換えるのは勿体無いですし,メーカーにメンテに出すのも大げさな感がします.この手の製品は,構造さえ分かれば何とかなることが多いので,自分で何とかする方向で試行錯誤してみました.

続きを読む "拭いても取れない縦縞ノイズの除去:ScanSnap S1500の分解と清掃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »