« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

まつもとゆきひろ氏の「世界に通用する技術者になるためには」を聴講してきた

立命館大学の教授に,『(Rubyの)まつもと ゆきひろ氏が今度来られるけど』ってメールをもらい,速攻で参加申込みをし,先週の金曜日(5/17)に行ってきた.ちなみにメールをもらった際に,一瞬『(2chの)ひろゆき』に空目したのは秘密だ(笑)

この講演は,立命館で立ち上げる『みらい塾』の記念講演という位置付け.

塾のコンセプトが『グローバルに活躍できる人材の養成』とのことなので,『世界に通用する技術者になるためには』という講演タイトルにしたのかな.生Matzは初めてなので,ワクワクしながら行った(*).

(*)道中,『「放出」(地名)って何て読むんだろう?』と会話されていた老夫婦を見かけ,『「はなてん」って読むんですよ』と教えたりしながら(^^;

Rits1

続きを読む "まつもとゆきひろ氏の「世界に通用する技術者になるためには」を聴講してきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

ThinkPad Edge E130にCrucial mSATA SSD 256GBカードを取り付ける

ThinkPad Edge E130関連のエントリーですが,作業をした後,結構時間が経っていたりします(1~2ヶ月).そのようなわけで,私が購入したときと少し事情が異なっている場合があります.例えば新製品が出ていたり,価格が円安の影響で値上がりしていたり.

今回のエントリーでは,Crucial製の256GBのmSATA を使用していますが,当時はなかなか市場に出回らなかった同容量のPLEXTOR製の256GB mSATA も購入可能です.両者間では性能等に差がありますが,機能的な面では同じですので,その辺りは好みの問題で選んでみて下さい.

と,いうことで本題に戻りますが,ThinkPad Edge E130には,mSATAが接続可能なスロットが1個用意されています.ここにはBTOで16GB/32GBのmSATA SSDカードを挿し,ExpressCacheソフトを使用すると,内蔵ディスクのキャッシュとして使うことが出来ます.

ディスクキャッシュというと,今ひとつパットしなかったReadyBoostを思い出してしまうのですが,利用者のレビュー記事を読むと,このmSATAを使用したキャッシュはかなりの効果があるようです.とは言え,既に内蔵HDDをSSDに換装していますので,SSDに(同等のアクセス速度の)キャッシュを付けるというのは全く無意味.

そこで今回は,『通常のストレージとして使用』するために,mSATA SSDカードを付けてみました.と,言いますか,昨年度末に急にバタバタと1ショット10GB単位の実験データをバリバリ使う機会が増え,データ置き場としてディスク増設を…という流れです.

通常のノートPCでは内蔵ディスクは1台だけです.しかしThinkPad Edge E130のように,mSATAでのストレージの増設に対応している機種の場合,ストレージ2ドライブの内蔵が可能です.また,mSATAに接続したSSDをブートドライブとして起動や処理速度を高速化し,2.5inchドライブは敢えてHDDとし,容量単価が安く,かつ,大容量なをデータ置き場として使用するという運用方法もありです.

 

336

続きを読む "ThinkPad Edge E130にCrucial mSATA SSD 256GBカードを取り付ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

ThinkPad Edge E130のHDDをSSDに換装し,リカバリ用SDメモリからリストアする

今回もThinkPad E130の拡張について.前回はメモリを16GBに増設してリカバリイメージをSDメモリに取ったわけだけど,今回はノートPCパワーアップのド定番と言える『SSDへの換装』について.

今回使用するのはPlextor PX-256M5P .256GBのSSDです.

255

続きを読む "ThinkPad Edge E130のHDDをSSDに換装し,リカバリ用SDメモリからリストアする"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

出張・旅の必需品.超小型WiFiルータ:MZK-UE150N(ちびファイ2)

こちらのエントリをアップした以降,出張セットを構成する小型のbag in bag内には常にPLANEXの『ちびファイ』が入っており,出張/旅行時に大活躍でした.宿泊先で有線LANにポチッと繋ぐだけでWiFi環境が構築出来,無線LAN設定済みのNotePCやiPad mini等が設定変更無しでサクッと繋がるというのは実に便利です.

この手のポケットルータは,機能的に見ると横並びです.差別化要因と言えば,その形状と大きさ,つまりポータビリティと言い切って良いでしょう.私自身も既に3機種ほど乗り継いで来ていますが,次第に小型になって来ています.

で,『ちびファイ』は有線ポートも付いているタイプとしては既に究極なサイズなので,これを超える製品は現れないだろうなぁなんて思っていました.が,『ちびファイ2』は予想の斜め上を行きました.驚異的です.

と,いうことで,『ちびファイ2(MZK-UE150N) 』のレビュー.これは究極とも言えるポケットルータです.

585

続きを読む "出張・旅の必需品.超小型WiFiルータ:MZK-UE150N(ちびファイ2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

映画『藁の楯』が予想に反して凄く面白かった件

4月26日から公開されている『藁の楯』なんですが(公式ページはこちら),27日に観に行きました.

ネタバレしない程度にあらすじを書くと,唐突に政財界の大物が『この犯人を殺したら,10億円をお支払いします』というメッセージを新聞やwebで発信します.孫娘が殺害されたのでその仇を…という流れです.

そして日本は法治国家なわけで,私刑は禁止.裁きを受けさせる前に殺させてはマズイ.そんなわけで,修羅の国福岡で逮捕された犯人を東京まで護送することに相成ります.

内容が内容なだけに,護送班として刑事だけでなく,SPも2名付けます.それが大沢たかおと松嶋菜々子.犯人は連続幼女暴行殺人を繰り返しており,今回は出所後の犯行.まぁ更生の見込みのないクズですな.『そんなクズを警護する価値があるのか?』って軸と,『10億円欲しさに寄ってくる人達との対決』ってのが軸になり,更には『信頼出来る仲間だと思っていた,この5人の中に内通者が居る』ってサスペンス的展開がピリッと味付け.

観る前は,『どうせ適当なアクションを盛り込んで適当に盛り上げ,こんなクズを警護する意味があるのかっていうSPの葛藤を描いた安っぽい映画なんでしょ?』的なフラグが立っているように感じました.実力派俳優を揃えていたりする点も不安材料の1つ.

で,冒頭の松嶋菜々子の射撃場での発砲シーンを観て,『あちゃー.やっぱ外したかー』と,一瞬後悔したんだけど,その後の展開は,邦画としては最近感じたことのなかった素晴らしいアクション系のエンターテイメント.この映画,オススメです.

続きを読む "映画『藁の楯』が予想に反して凄く面白かった件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »