« 『臨場』劇場版を観た | トップページ | 読み出したら止めるの困難:ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり »

2012年7月23日 (月)

『おおかみこどもの雨と雪』を観た

これまでに『時をかける少女』,『サマーウォーズ』と観て来ました.そんなわけで,細田守監督のこの映画も,当然のように期待を込めて封切り日の初回に観に行きましたヨ.

それも必要以上に情報を入れず,先入観無しに観に行くという万全の体勢.

見終わった後の感想は,『温かく気持ちのよい映画だなぁ』という感じ.

巨悪が出てそれを叩きのめすというバトル物の王道でなく,そしてヒーロー的な主人公が様々な困難を克服してスカッとさせるSFでもない.

ストーリーはというと,子供が生まれた後に夫を失うという困難があり,自然の厳しい田舎へ子供達を連れて引越し.お姉ちゃんである雪の思い出話をベースにし,次第に成長する子供達を寄り添うように(観客が)観るという話.

と,書くと,実に眠そうなストーリーなんですが,夫は『おおかみ男』,そして子供達が『おおかみこども』として生を受けたというファンタジー.

公式はこちら.そして予告編.

一歩間違うと北の国から的な話になりかねないのですが,ファンタジー設定のせいで,全然展開が異なります.

話の主体は「『おおかみこども』として生を受けた子供達の成長と苦悩」,そして『苦労しながら育てる母親の包み込むような愛情』でしょうか.

『都会の実に世知辛く住みにくい環境』と,『一見とっつきにくいし暮らしにくいけど,温かい田舎』という対比も実に印象に残ります.サマーウォーズ では,これでもかとネットワーク化社会や電脳が出てきたわけですが,この映画ではインターネットはおろか,コンピュータは全く出て来ません.文明の利器というと,冷蔵庫,車,辛うじて携帯電話くらい.人としての幸せを追求する場合,実はコンピュータのような物は真っ先に削るべきというメッセージなのかも.

そして環境ビデオと思ってしまう程に美しく描写された美しい大自然や,心に響くような音楽が実に秀逸.

『美術』という意味では,新海誠の一連の映画に感動し,そして同監督の星を追う子どもでは,『ストーリーでも死角が無くなってきたなぁ』なんて思ったわけですが,それらともちょっと違います.

『おおかみこどもの~』では,純粋に心を和ます&癒すという方向に特化した新しいアニメ映画のジャンルを創り出したような感じがします.一言で言うと,まるで森林浴のような映画でした.

では,単調な映画かというとさにあらず.様々なイベントやハプニング,そして『子供達の決断』が香辛料としてストーリーに味付けをしています.特に,小さな子どもを持つ/育児経験のある方は様々な記憶が呼び起こされ,更にこの映画をより深く楽しめるのでは無いでしょうか.

癒しの欲しい人,元気が欲しい人は是非観に行って欲しい映画です.

で,私はサマーウォーズを観に行ったときと同様,バイクでシネコンへ行ったのですが,映画館を出ると急にモクモクと厚い雲が垂れ込めて映画のような土砂降りに.全身濡れ鼠になって帰宅しました.

そしてシャワーを浴びて出た所,この本 を読んで感化された子供達がおおかみ耳のカチューシャを被り,灰色の服を纏い,手足にはそれっぽいソックスを履き,ふわふわの尻尾を付けた姿で家の中を走り回って遊んどりました.これに味をしめ,将来レイヤーになったらどうしよう…w

私がそのとき子供達を,『雪!雨!』と呼んだのは言うまでもないですよねw

|

« 『臨場』劇場版を観た | トップページ | 読み出したら止めるの困難:ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/55258335

この記事へのトラックバック一覧です: 『おおかみこどもの雨と雪』を観た:

« 『臨場』劇場版を観た | トップページ | 読み出したら止めるの困難:ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり »