« 金環日食をデジカメで撮影する準備:NDフィルタ | トップページ | Moleskine 2012年の新製品:ノートカードとポスタルノートブック »

2012年5月21日 (月)

金環日食を撮影した

早朝,京都はかなり厚い雲がかかっており,『ちょっと無理かも』と思うときもありました.が,日食終盤にかけて雲の切れ間から見え始め,金環も薄い雲を通して見ることが出来ました.天気予報を見てヤキモキしていた人も多いと思いますが,きっと大勢の祈りが通じたんでしょうね.

私はと言うと,近所のNikon派のおっちゃんと砲列を並べて撮影.結局光量不足のため,先日紹介したNDフィルタは完全に雲から抜けるまでは使用しません/使用できませんでした.

と,いうことで,Wズームキットレンズを使い,どんな写真が撮影できたかを紹介しましょう.月食のときは手持ちでしたが,今回は三脚使用です.

前半は雲に隠れていたため,殆ど撮影できず.金環からの撮影.ジャストタイミングの一葉はこんな感じ.

Sunj

少しトリミング.クリックして拡大したものを見て貰えるとよく分かるのですが,雲のかかり具合や透け方,ピントの合い方(MFでやりましたが,雲のせいで結構厳しいときがあった)等,状況的に非常に運が良かったです.

Sunj2

月が次第に地球と太陽との間の軸線から外れて来て…

 

3

明るさは全然違うけど,まるで新月近くの月を見ているかのような形に.

2

ほぼ完全に雲を抜けたのでNDフィルタを付けて撮影.

1

2009年の皆既日食の時は,曇天のせいで太陽が全く見えなくて残念でしたが,今回は観察出来た人が多かったのではないかと思います.楽しみにしていた人が多かったと思うので,ホント,良かった.

そして撮影の方はと言うと,曇天のため,1/100000のNDフィルタは殆ど役に立ちませんでしたが,それがかえって良かったのかも.モノトーンの影絵のような感じでは無く,雲もうまく映り込み,良い方向にリアリティを感じる写真になったかな(←自画自賛).

Copyright (C)  2012 by T.Adachi All Rights Reserved.

|

« 金環日食をデジカメで撮影する準備:NDフィルタ | トップページ | Moleskine 2012年の新製品:ノートカードとポスタルノートブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/54762672

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食を撮影した:

« 金環日食をデジカメで撮影する準備:NDフィルタ | トップページ | Moleskine 2012年の新製品:ノートカードとポスタルノートブック »