« 形状,耐荷重共に秀逸なバックハンガー:Clipa | トップページ | 「アゲイン!!」が面白い »

2012年4月23日 (月)

写真を撮る楽しみを味わう:Canon EOS Kiss X5 (4)

この回の続き.今回は持ち運びについて.

デジイチは何かと嵩張るので,旅行移動時のパッキングや屋外に持ち出す際に何かと面倒です.実際に撮影をし始めたら首からネックストラップでぶら下げておけば良いのですが,かと言ってずっとむき出しのまま持ち歩くというのも精神衛生上よろしくないシチュエーションがあります.

そんなときは素直にカメラバックに納めておくのが良いのですが,これがまた銀塩カメラの頃からの長い歴史ある分野なため,実に多彩な形状,デザイン,価格な製品が出ています.

私はというと,『とりあえずAmazonのランキングに従っておけば大きな間違いはない』とばかりに,本体購入時にHAKUBA  フォトランドブロス SPL-BSS-BK を購入しました.

このカメラバックは実にオーソドックスかつスタンダードな構造・デザインのショルダータイプのカメラバックです.別な言い方をすると,あまり特徴が無いのが特徴という感じ.特筆するべき所はその値段.約1500円.安い.かと言って安かろう悪かろうではなく,ハクバ製という点にも安心感あり.

で,SIGMAのレンズ+花形レンズフードを付けた本体+レンズ1本を収めた状態が次のような感じ.

049

とりあえずこのバックですが…まぁ普通に使えました.必要な物をきちんと整理して収められ,可もなく不可も無く.何事もそつがなくこなせるバックでした.

必要十分といえばそうなので,これで満足出来る人も多いと思う.でも,やっぱりワタクシ的には,『カメラバックでーす』的なデザイン・形状と,そこはかとなく漂う野暮ったさと言いますか,シニアの趣味的雰囲気がちょーっと合いませんで,別の物も探しました.

そして購入したのは『エレコム 低反発ポリウレタン デジタルカメラ単体ケース SサイズZSB-SDG006BK』です.

『え?ダウングレードしたんじゃない?』なんて声が聞こえる気がそこはかとなくするのですが,私の用途にはこれが合ってるんです.

オーソドックスな形状のショルダータイプのカメラバックを使用して感じたのは,

  • 私の場合,撮影オンリー(or メイン)で外出することはまず無い.カメラ以外の荷物も結構あるので,カメラバックだけ持つなんてことは出来ない.
  • 一般的な形状のカメラバックは,結構嵩張る.別にもう一つショルダーバックを持つのは困難(旅行に手提げバックなんて使い勝手からして論外)
  • 普通のカメラバックは,本体および周辺機器を収めることに特化した物が殆どで,他の荷物が入らない/入れにくい

というマイナス点.

これらを解決し,私が欲しいバックの条件として考えたのは,

  • 首からカメラをブラ下げているような感覚で使えるバック/ケースで,必要最低限の物が入れば良いので,容積も必要最小限にしたい
  • カメラをさっと収められ,さっと取り出せる構造
  • カメラの保護が出来る程度のクッション材も入っていて欲しい
  • 少々の雨でも平気な防水加工がなされているとベター
  • 交換用レンズは別に持つので,一緒に入らなくても良い
  • ボディの方は,レンズを取り付けた状態ですっきり収まって欲しい
  • 野暮ったいデザインでないもの

というものでした.

下の写真は,EOS Kiss x5に標準ズームのEF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS IIレンズフード を取り付けた状態です.

138

これをそのままケースに納めて…

140

はみ出すこと無く(ネックストラップを外に出しつつ)ファスナーを閉じることが出来ます.前々回採り上げた単焦点レンズのSIGMA 30mm F1.4 EX DCでも,花形フードをひっくり返せばはみ出さずにケース内に収めることが出来ます.

139

素材は撥水性で,ファスナーも止水ファスナー.少々の雨なら浸水による故障の心配をしなくて良いですし,内側には低反発ポリウレタンが貼られているので,少々の衝撃が加わっても大丈夫.そしてレンズカバーやバッテリが収まるポケットが外側に付いているし,前述の私が挙げた条件を満たしています.デザインはもうちょっと改善の余地があるかな.

今回購入したものはSサイズなので容積が小さく,肩から下げていてもあまり気になりません.実に良い感じです.

そして一連の写真の中で左上に写っている円筒形の物体は,HAKUBA レンズポーチS KLP-06SBKです.小型ですがきちんとクッション材が入っていますので,少々の衝撃であれば耐えられます.大きさに複数種類ありありますが,EF-S55-250mm F4-5.6 IS II もSサイズに収めることが出来ます.私は替えのレンズはこれに入れ,別のショルダーバックに放り込んでおくというスタイルで使用しています.

旅行時の荷造りの際には,これらをトローリーバック内の隙間に適当に放り込んでおけば良いので,パッキングがとても楽になりました.やはりガッツリ容積を取るカメラバックの場合,矩形かつ立体的にかなりのスペースをを確保しないといけませんでしたから.

で,今はダブルズームキットに付いてきた2本とSIGMAの単焦点1本が手元にあり,外出時はそのうちの2本をチョイスし,1本を本体に取り付け,もう1本はポーチに入れて持ち運んでいます.

流石に3本以上持ち歩くのは(他の荷物もある場合は)容積的にきつい.でも,広角と望遠の両方欲しいし,暗いところでも撮影するかも…なんてことを考えると,ズームレンズ2本を1本にまとめるために,これこれこれ のような,万能ズームレンズが欲しい所です.うーん.次第にレンズ沼にはまりつつあるような気が…自重,自重.

あ,そうそう.カメラバックとしてもう一つ気になっているのが『とれるカメラバッグ』です.これはデザインも良いし,何よりも使い勝手が良い(特に取り回し)という話を聞いています.カメラ以外の荷物が少ない時用に…いや,自重,自重.

|

« 形状,耐荷重共に秀逸なバックハンガー:Clipa | トップページ | 「アゲイン!!」が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/54538758

この記事へのトラックバック一覧です: 写真を撮る楽しみを味わう:Canon EOS Kiss X5 (4) :

« 形状,耐荷重共に秀逸なバックハンガー:Clipa | トップページ | 「アゲイン!!」が面白い »