« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

実用的かつ小型な指輪型のストラップ:HAND LINKER

周りを見回すと,携帯電話にストラップを付けていない人は皆無と言って良いほど居ません.脱落防止目的ではなく,デザイン性追求がメインの方も居られますが….

今回紹介する物は,小さなUSBメモリに取り付けるためのストラップを探していたときに見付けた品です.実用面に対してよく考えられており,そしてデザインも秀逸で,かつ,コンパクトにまとまっている点が素晴らしい製品です.

続きを読む "実用的かつ小型な指輪型のストラップ:HAND LINKER"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドロイド君をiPhoneに座らせるグッズ

先週末にLoftに行った際に,店頭で発見して捕獲.陳列されている棚が一瞬ちらっと見え,そのときに『え?』と,思って見直してしまった.

実用性云々では無く,これは正直『オモロイ』.かと言って実用性皆無かと言うとそうでもないので,100%冗談グッズでもない.なかなか良いポイントを突いています.

続きを読む "ドロイド君をiPhoneに座らせるグッズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

一式がA7サイズに凝縮出来るカバーノート:KOKUYO SYSTEMIC active&Campus Dialyとの組み合わせ

Js_ura_2

毎年廃番にビクビクしながら使用しているmini5サイズのシステム手帳.この携帯性とカスタマイズ性は何物にも代え難く,機会を見て探してはいるのですが,すんなり移行できる環境には未だに出会えていません.

そして今回採り上げるノートカバーは,『mini5の移行先候補』として検討を始め,そして『通常の持ち歩きメモ環境』としても使えるかな…と,試してみた製品です.

前者に関しては,諸々カスタマイズしているmini5の移行先としては(私にとっては)力不足でした.しかし,『普段持ち歩けるメモ帳を探している』とか,『スケジュール帳を使いたいけど,機動力が低下するのは嫌』という人には,打って付けの製品だと思います.特にメモを時系列で残しておきたいと考えている人(つまり,普通のノートのように使いたいという人)にとっては,ストライクゾーンど真ん中の製品.

続きを読む "一式がA7サイズに凝縮出来るカバーノート:KOKUYO SYSTEMIC active&Campus Dialyとの組み合わせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

機能面で意欲的かつコンパクトなノートカバー:キングジム ノートカバー(マグネットタイプ)

Js_ura_2

スキルアップのためのノートカバー』なんてアグレッシブなキャッチコーピーが大きく書いてありますが(こっちが商品名かと思った(笑)),メーカーのページを見ると,『ノートカバー(マグネットタイプ)』というのが商品名.

ボタン式やジップ式と異なり,マグネットタイプは

  • 開け閉めが楽
  • 厚みの点で有利(凸凹しないように出来る)

というメリットがある反面,磁石を使用しているが故に,PC系の機器との同居の際に神経を遣ってしまうのが難点.例えばHDD内蔵のPCと一緒に鞄に放り込んでおくと…とか思ったのですが,最近は持ち運びノートPCとして,SSDを使用したMacBookAirを使用している関係で,あまり影響ないじゃんって話に.

この製品の磁力の強さを考えたら,それ程ナーバスにならなくて良い問題だと思います.しかしそれ以前に,磁気にセンシティブな物が身の回りから減ってきているような感じ.磁気カードにさえ気をつければ,まぁそれ程気にしなくても良いのかなという印象.

そんなわけで購入に踏み切ったのですが,この製品を試してみようと思った理由は,

  • 非常にコンパクトで収まりが良いこと
  • 色々なギミックが詰まっていて,使い応えがありそうなこと

の2点.

続きを読む "機能面で意欲的かつコンパクトなノートカバー:キングジム ノートカバー(マグネットタイプ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

便利なファスナーラウンド仕様のノートカバー:レイメイ藤井 カバーノート

Js_ura_2

約1年ほど前に,レザフェス ノートカバーに関するエントリーをポストしました.当時はアンダー1万円の廉価なノートカバーが少なかったのですが,その後ガラリと様相が変わりました.ビジネス向けからカジュアルまで,ターゲットは様々ですが,多種多様な製品が出ています.

アクセスログの検索キーワードの上位を見てみると,ここ数ヶ月ほど,ノートカバーに対する関心が急激に高まっているようです.そのようなわけで,購入後かなり経っている物もありますが,今年購入したノートカバーをいくつか紹介して行きたいと思います.

その第一弾は,レイメイ藤井の『カバーノート』です.

続きを読む "便利なファスナーラウンド仕様のノートカバー:レイメイ藤井 カバーノート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

アルファ化米を使ったサタケのマジックライスを食べてみる

その1その2その3のように,引き続きアウトドア系の飯作りの話.でも今回はインスタント食品系の話でして,別にシングルバーナーでなくても,お湯さえ沸かすことが出来ればOK.調理器具も選びません.

ただ,インスタント物と言うと,所謂『カップ麺』を連想するかも知れませんが,今回採り上げる物は,アルファ化米を使用した製品です.

『アルファ化米って何だ?』と,言う人は,この辺りを読んでみてください.長期保存が可能で,水/お湯で戻すことが出来,そして食感も普通に炊いたご飯と同じような感じになることを特徴としています.『不味いけど我慢して食べよう』と,ならない点に,大いにメリットがあります.

災害用の非常食といえば,昔は『乾パン』が定番でしたが,普段と同じような物を食べる方がストレスが少ないということで,最近はアルファ化米を備蓄している自治体が多いそうです.

続きを読む "アルファ化米を使ったサタケのマジックライスを食べてみる"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

シングルバーナーでおかずを作る:フライパン

と,いうことで,シングルバーナーで主食のトーストもしくはが簡単に出来るようになったので,次は副食です.

前回のエントリーで,蓋がフライパンになるクッカーに少し触れました.しかしこれを何も考えずに普通のフライパンとして使うと,多くの人はおそらく,焦げ付かせて後片付けでエライことになるでしょう.かと言って,焦げ付きを恐れるあまり,なみなみと注いだオリーブオイルの海に食材を泳がせるというのもアレです.これでは炒め物ではなくなってしまう…

手軽に副食を作るには,やはり焼き物や炒め物が一番.そしてその調理器具としては,フライパンが便利.そこで今回は,焦げ付き防止加工を施した,アウトドア用のフライパンを紹介.

続きを読む "シングルバーナーでおかずを作る:フライパン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シングルバーナーを使って簡単に米を炊く:『不思議なめし袋』の活用

随分と間が開いてしまったけど,このエントリーの続き.シングルバーナーを作ってメシを作ってみましょうか.

メシと言えばコメ.日本人なら米でしょ.米を食べましょうよ.

幼少の頃にキャンプに行った経験がある人であれば,『焚き火で飯盒炊飯』をしたことのある人が多いと思います.ところが最近は,焚き火が禁止のキャンプ場があるのだとか.色々と面倒なことが増えて来ていますな.

そんなわけで,今回は(火を使ってはいけない所を除いて)どこで使用できる,『シングルバーナー』を用いて米を炊く方法に関して書いてみることにします.

一気に寒くなって来たため,『ちょっと行楽でキャンプに…』と,いう感じではなくなって来ていますが,オールシーズン使えるノウハウですし,停電時/災害時にも応用できる話なので,知っておいて損は無いかと思います.

経験者であれば御存知の通り,飯盒なりクッカー/コッヘルでの炊飯はコツがありまして,美味く炊くのが結構大変.そして使用する道具によっては焦げ付きやすいため,後片付け(洗い流し)もかなり手間.こんなこともあるため,『炊飯は面倒なのでアルファ米を…』という人も多いと思いますが,今回は秘密兵器を紹介.

続きを読む "シングルバーナーを使って簡単に米を炊く:『不思議なめし袋』の活用"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

Jetstreamの裏抜け問題

Js_ura_2

約1年程前からジェットストリームの裏抜け問題が話題になっていましたが,『まぁ多少抜けても問題ないっしょ』とか思っていました.

しかし,『事件』は2012年用のカズン本体を購入し,来年の卓上手帳の候補として検討し始めたときに起きました,

『カバーは使い回しをしよう…』と,2010年版を引っ張り出して見てみると,右の写真のような状況.いや~.壮絶な状態ですな.

この写真は,2010年の1月に書いたページの裏側を2011年10月に写した物です.薄い色のペンで書いたような感じで,しっかり読める濃さで裏抜けしています.こちらのページにもギッチリ何かを書いてあったら,きっとゴチャゴチャして読み辛くなっていたことでしょう…

続きを読む "Jetstreamの裏抜け問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »