« 映画:『太平洋の奇跡,フォックスと呼ばれた男』を観た | トップページ | シーランド公国から男爵の爵位が授与された »

2011年2月20日 (日)

『ヒア アフター』を観てきた

Hereafter_icon_96x96_01

『ヒア アフター』を観てきた.公式ページはこちら

『感動し,結果的に泣けた』という感じでの造りではなく,前以て『観たら泣けそうだ』と分かるようにし,それを売りにして集客している映画が結構多い気がする.

そしてこのような映画の方が,何となく売れているみたい.数年前にこんな状況を,『わざわざ泣くために金払って映画館に行くなんて…』と,批判していた評論家がいたけど,今でもその状況はあまり変わっていないように思う.邦画では特に.

この映画,劇場で予告編を観て『これは観なければ!』と,とても楽しみにしていたのだけど,そういったフラグが立ちまくってる.そして案の定,大変なことになってしまった.双子の兄弟を…の部分で特に.でも,ただ単に泣かせるためだけの映画では無かった.

以下,既に公式に公開されている以上の内容には触れないように注意しつつ紹介.

この映画,ただ単に『泣けるぜ』って映画ではなく,最新のCG技術を駆使した凄まじい迫力の津波シーンや,スピルバーグが飛び付きそうな『死後』というテーマというかストーリー,クリント・イーストウッドらしい(?)独特なテンポや色彩,音楽など,色々と楽しめる所が多い.

特にこのテンポは実に懐かしい感じがして,逆に違和感を感じる程だった.

例えるとしたら,昭和の頃,深夜の時間帯で観た昔のアメリカの映画かドラマのような感じ.映画の中盤以降,全てが落ち着いた感じで淡々と進む.人によっては刺激というか派手さが足りず,少々退屈に感じるかもしれない.また,全般的に,ストーリー/脚本にもう少し捻りが必要なんじゃないかという気がしないでも無い.

だけど,そういったフワッとした掴み所が無いような感じの映画を受け入れられる人にとっては,素直に楽しめる映画なんじゃないかなと思う.また,明確なメッセージを分かりやすく提示するって感じの映画でもないので,色々と考えて自分なりの解釈で納得できる人でないと辛いかもしれない.また,『全てに意味が無くてはいけない』とか,『「分からない」という状況は嫌だ』とかいう感じの人も,少々苦手なカテゴリの映画かもしれない.

そういう意味では,観て楽しめる層がかなり偏るかもしれません.私は幸い,とても楽しめる側でした.

それと最後に重要な注意点.死別に際し,人に語れないほどの悲しい思いをしたことがある人,『この人とはずっと一緒に居たい』と大事に思う人がそばに居る人がこの映画を観ると,劇場内で嗚咽することになるかもしれないので注意が必要です.

|

« 映画:『太平洋の奇跡,フォックスと呼ばれた男』を観た | トップページ | シーランド公国から男爵の爵位が授与された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/50921320

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒア アフター』を観てきた:

« 映画:『太平洋の奇跡,フォックスと呼ばれた男』を観た | トップページ | シーランド公国から男爵の爵位が授与された »