« Corei5マシンを買う | トップページ | 映画『ソーシャルネットワーク』を観て »

2011年1月12日 (水)

Seagate製ディスク突然死予防のためにファームアップ

Seagate_firm_2

仕事で使用しているマシンだけど,何となくHDDの挙動がおかしいような『予感』がしたので,調べて見た.その結果,重大事が発覚.虫の知らせはあるんだなぁと実感.きっと日頃の行いが良いからに違いない(笑)

私はベアドライブを購入する際に,まずは『メーカー』を選ぶようにしています.しかし当該のマシンは完成品として納品されているため,ドライブの指定は不可.届いてから一応ドライブを確認してみると,Seagate製でした.当初から少し嫌な予感.

以前,ファームウエアのバグにより,HDDが突然認識しなくなる問題があり,その対応の不手際も酷く,『Seagateの購入はしばらく避けよう』と考えておりました.エンタープライズ向けのRAID製品とかであれば(使用ドライブとしてSeagateが指定されている場合があるので)別ですが,それ以外の用途であれば,不安を抱えながら使うのは精神衛生上よくありませんしね.

少しヒヤヒヤしながらこのページを見ると,やはり更新ファームが案内されています.
更に調べて見ると,『HDDがロックされアクセスできなくなることがある』とのこと.こりゃ一大事.

まずはファームの確認方法を…と,思ったのですが,既にこのような素晴らしいページが公開されていましたので,屋下に屋を架すのはやめておきます.有り難く拝読しましょう.

で,使用中のディスクのファームを確認したところ,冒頭の画像のように,SD15とのこと.ビンゴです.

そのようなわけで,ファームアップを実施.私は,メーカー提供のブータブルCDを用いてファームアップする方法を使用しました.

まずはこちらのページにある,ST3500620AS(使用中ドライブ)に対応した『推奨されるファームウェアの更新』をクリックし,ISOファイルを落とします.そして落としたファイルをCD-Rに焼き,焼いたCDでブートします.

ブート後にメニューが表示されますので,SATAバスをスキャンし,再度HDDの型番をチェックしてみましょう.そしてディスクに対応したファームの番号を選んで書き込み開始です.

表示されるメッセージは全て英語ですが,平易な文章なので,迷うことは無いでしょう.

そしてファームアップ後はALT+CTRL+DELで再起動してはいけません.必ず電源を一度落とす必要があります.アップ後に表示されるメッセージに従い,何かキーを押してください.自動で電源が落ちます.

少し待ってから,『無事に上がってきますように』と,祈りながら電源を投入します.この瞬間は本当にヒヤヒヤしますね.紺ハイは成功です.無事に上がってきました.

起動後,再びファームのバージョンをチェックし,きちんと上がっていることが確認出来たら作業完了です.

***

それにしても…私と相性が悪いようで,先日はUSB外付けHDDに使用されていたSeagate製ドライブ(ST9500325AS)が突然死しました.普通に使えていたのに,デバイスの取り外しをして別のマシンに繋げたら認識せず.数分間の出来事でした.

通電しており,スピンドルが回っている振動もあるのですが,PCからディスクが認識されず.ディスクを取り出し,別のアダプタに入れてみても復活しませんでした.

購入後1年ちょっとで故障.保証期間が切れた直後に壊れる辺り,昔のS○NYタイマーを彷彿とさせます.ドライブ単体でRMA出来るか調べてみたのですが,こちらもNG.同じく故障したMac用の外付けUSB HDDでは,中身だけはRMA出来たんだけどな….こちらはWestern Digital製でした.まぁ諸々対策を採っていたので,ロスしたデータが皆無だったのは不幸中の幸いでした.バックアップは転ばぬ先の杖.

やはりしばらくSeagateは避けておこう…と,決意を新たにした日でした.
HDDメーカーの栄華盛衰のサイクルは結構短いので,2,3年後にはSeagate万歳になっている可能性もありますが.

|

« Corei5マシンを買う | トップページ | 映画『ソーシャルネットワーク』を観て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/50508874

この記事へのトラックバック一覧です: Seagate製ディスク突然死予防のためにファームアップ:

« Corei5マシンを買う | トップページ | 映画『ソーシャルネットワーク』を観て »