« TerminatorII AE1にSATAカード増設 | トップページ | これは良い!:マクロスフロンティアO.S.T. »

2008年6月 7日 (土)

eSATA接続の外付けディスクでバックアップ

先日のエントリーではSATAインターフェイスカードを接続する所まで書きましたが,本エントリーでは最後まで(実際に利用可能になる所まで)を書こうと思います.

一応改めて書かせて頂くと,今回の一連の作業の目的は『次から次へと貯まっていくデータの効率的なバックアップ/ストレージからの退避フローの確立』です.

用意した物は,前回のSATAカードの他に,1TBディスク2台,そして外付けケースです.


SATAII 1TB Disk (WD10EACS)

まずは今回購入した1TBディスクに関して.購入したのはWD10EACS. そう,最近価格下落の著しいWesternDigitalのSATAII 1TBディスクです.型番はWD10EACS-00ZJBOで,250GBの4プラッタ品.このディスクの素晴らしい所は,低騒音と低消費電力,低発熱.カタログスペッ クを並べると,アイドル時で4W,アクセス時で7.5W,スピンアップ時(?)で10.1Wしか電力を食いません.これは信頼性向上のために必須と言える冷却の容易さにも結び付くので,実にありがた い.実際に使ってみても,かなり温度が『ぬる』く感じます.

アイドル時のヘッド退避が頻繁に発生しているという話もあり,若干の不安材料はありますが,今のところ品質に関しての深刻な報告は無いので,まぁ安心できるのではないかと思います.

余談ですが,WesternDigitalは以前は『安物で品質もそれなり』というイメージがありましたが,最近は信頼性も高くなり,市場シェアもかなり伸びているようです.私の手元の環境でも,250GBのモデルを10本以上3年強使っていますが,今の所壊れたのは1台のみ.MAXTOR製のはSound of Deathを奏でて壊れるのがポロポロ出ているので,余計にその差が目立ちます.

一方アクセススピードはと言うと,回転数は当初『5400~7200rpmの可変』なんてアナウンスがあったわけですが,このモデルは5400rpm固定であることが確定しています.そのようなわけで,アクセス速度は7200rpmのディスクよりも劣り,10000rpmのWD VelociRaptorとは比較になりません.そんなわけで,『速度より容量重視』といった方向で利用するような,『倉庫目的』に適した製品と言えましょう.


Tbb20 ワンズで17,600円のときに購入.

その後このモデルは新モデルの登場(後述)に伴って値段が下落し,現在は15,000円台で売られている模様.台数限定で,12,000円を切っている場合もあるとか.

このペースで安くなり,秋口~年末に1万円くらいになっているとうれしいなぁ.
Tbb18 表面
Tbb17 裏面.

WDは基盤の方向が普通のメーカーと逆.基板上に実装されたチップが外側から見えない

で,新モデルについて.

WD10EACS-00D6B0という型番の新モデルが先々週から出回り始めています.このモデルは334GBの3プラッタという構成に変更になっています.つまり,理論的には,記録密度が高くなっている分,より高速にデータにアクセス可能.そして早速上がり始めたレポートでは,『アクセスが速い.7200rpmでは?』とか,『消費電力が少し上がってるかも』とか,『発熱と騒音はあまり変わっていないんでは?』なんて話が出ています.その他,SMART値のC4値が上がっているとか,不意に落ちるという不具合報告も見かける.

[2008/06/20追記] 00D6B0は5400rpm確定のようです.7200rpmの1TBモデルは,WD Caviar Blackシリーズとして出るようです.

新モデルはまだ出たばかりのため,中・長期的な信頼性に関してはまだ未知数です.その辺りが気になる方は,旧モデル指名で購入すると良いでしょう.私も入手可能なうちは,旧モデルを購入すると思う.

RAIDを組む場合はちょっとしたジオメトリの差(容量の差)で混在できなくなる場合もあるので,少し慎重に選ばないといけないかもだけど.


外付けeSATA/USB2.0 ディスクケース(Owltech OWL-EGP-35/EU(B))

次に外付けディスクケース.

こちらもカードと同様,購入する製品を予め決めずにに日本橋をブラブラし,あれこれ店頭で比較しながら決め&購入しました.当初はCenturyの裸族系とかにしようかなぁとか思いつつ見ていたのだけど,最終的にOWL-EGP-35/EU(B)に決めた.

この製品に決めた理由はいくつかあるのだけど,主なものを挙げると以下のような感じ.

  1. 大き目の冷却ファンが付いており,騒音も抑えられている
  2. ディスクの交換が比較的容易
  3. ディスクがケーブル付きコネクタ結線で無い
  4. eSATAとUSB2.0の両対応
  5. 安い

以下,若干の補足説明.

ディスクは発熱するもであるし,きちんと冷却しないと故障率が高くなる可能性がある.Google論文(Failure Trends in a Large Disk Drive Population)では『動作温度と故障率の間に相関は無かった』と報告されており,これを引いて『(アクティブな)冷却は不要』という人もいるのだけど,論文で示されているグラフを見ると分かるとおり,基本的にメーカーの動作推奨範囲内の温度で使用されている.ファンレスのケースを使用すると,この範囲を超えた高温に達する場合もあることは,昔こちらのページの動作温度の章で示した通りです.かと言って,充分な冷却能力を確保するために『爆音』ファンを付けている製品は,騒音の問題が出てきてしまう.比較的大き目の(7cm~)ファンを搭載しているものであれば,比較的騒音は少なく,冷却能力も充分確保出来るでしょう.

次にディスク交換の方法ですが,外付けケースでは,内蔵するディスクを頻繁にとっかえひっかえするような設計になっていません.このような用途に使用するのであれば,リムーバブルケースを選択した方が良いでしょう.しかし,今回のようにバックアップ用途に使用するとしたら,『バックアップメディア』として使用するディスクの交換が発生するのは必然.頻度が高くないとは言え,交換の度に何箇所もネジを外して…とかするのはかなり辛いものがある.そういった意味では,本製品のガチャポンパッツ!は非常にメンテナンス製も良好です.

そしてコネクタに関してですが,SATAのコネクタは耐久性に関して非常に心許ない部分があります.SATA登場当初はスカスカ過ぎて接触不良の原因になっていたし,その後はある程度きつくなったけど,今度はキツ過ぎて外す際にケーブルの部分でコネクタがモゲたり.この辺りの問題を改善すべく,ラッチ付きのSATAコネクタケーブルも出ています.

外付けケースと言えども,基板と内蔵ディスク間を何らかの形で接続する必要があるわけで,コネクタの耐久性には慎重にならざるを得ません.その点本製品では,基板にコネクタが固定されているので,もげる心配は無いので安心.

前振りが長くなりましたが,以下,画像ギャラリー.

Tbb16 パッケージはこんな感じ.ワンズで3970円也
Tbb14 内容物はこんな感じ.

同梱のUSBケーブルはあまり品質がよろしくないという噂もあるので注意.そういえば私も1回,このケーブルを使用してUSB接続していたら,接続が勝手に切れたことが1回ありました.
Tbb13 購入した後で驚いたのは,内蔵のSATAをeSATAとして出すためのアダプタが同梱されていたこと.ブラケットを1スロット分ふさぐけど,内蔵のポートが余っている人にとっては便利かも.
Tbb12 本体の後側
左からリリーススイッチ,電源,eSATA,USBポート.
Tbb11 リリーススイッチをスライドさせ,本体の中身をスライドさせて取り出します.
Tbb10 裏側の吸気ファン.2500rpmで30.2dBA

静かなので,家で使っていても気にならない.
Tbb09 ディスクは本体にネジ止めしませんが,このラッチできちんと固定されます.
Tbb08 ディスク取り付け時はディスクをスライドさせ,直接基板上に実装されたコネクタにはめ込みます.
Tbb07 ディスクの取り付けが終わったら,スルスル~とスライドさせる.

このときに背面に力を入れると,ファンガードが本体から外れてしまうので注意(引っ掛けてあるだけなので,外れてもすぐ取り付けられる).
Tbb05 スタンドに立てて完成.
Tbb02 電源ボタンは前面の上側.通電時にボタンの周りが緑に光り,アクセス時にはこれが点滅する.

外付けケースは過去にいくつか購入したけど,使い勝手がここまで進化していたとは….


使ってみる

では見せてもらおうか,その実力とやらを.

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   78.722 MB/s
  Sequential Write :   74.241 MB/s
Random Read 512KB :   40.124 MB/s
Random Write 512KB :   59.685 MB/s
   Random Read 4KB :    0.690 MB/s
  Random Write 4KB :    2.485 MB/s

         Test Size : 100 MB
              Date : 2008/05/11 10:37:47

※フォーマット直後にテスト.Test Sizeは1000MBの方が良かったかも.

もぉ個人的には充分すぎるくらいの速度が出ています.シーケンシャルでアクセスした場合,2台ぶら下がったらそれだけでPCIバスが飽和する程の速度です.

フラグメンテーションが発生してこない限り,殆どシーケンシャルアクセスになるはずなので,バックアップ用途なら快適に利用できそうです.

次にUSB2.0接続の場合のパフォーマンス.eSATAでの快適さを見てしまったので,こちらで使うことはまず無いと思うけれど,参考までに.

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   30.262 MB/s
  Sequential Write :   28.142 MB/s
Random Read 512KB :   22.383 MB/s
Random Write 512KB :   27.436 MB/s
   Random Read 4KB :    0.667 MB/s
  Random Write 4KB :    2.323 MB/s

         Test Size : 100 MB
              Date : 2008/05/14 22:33:18

 30.262MB/sは約252Mb/sなので,USB2.0の理論値480Mb/sの半分近くは出ていることになります.これも結構良い線行っている感じ.UATA/33の頃から考えたら,USB接続でも凄いことになっているなぁ.

新モデル(WD10EACS-00D6B0)を計測したデータも某掲示板に上がっていたので貼ってみるテスト.

536 :Socket774:2008/05/27(火) 23:36:40 ID:Ur563i+c
    アーク通販で買ったWD10EACS-00D6B0が届いた
    代理店の保証書が一緒に付いてないんだけど皆そう?


    お土産で旧機種も持ってるので比較ベンチ
    予想以上に速くなってる印象
    ランダムも速くなっているのは予想外

    HD Tune: WDC WD10EACS-00D6B0 Benchmark

    Transfer Rate Minimum : 54.3 MB/sec
    Transfer Rate Maximum : 123.2 MB/sec
    Transfer Rate Average : 95.6 MB/sec
    Access Time : 11.4 ms
    Burst Rate : 196.5 MB/sec
    CPU Usage : 2.2%

    HD Tune: WDC WD10EACS-00ZJB0 Benchmark

    Transfer Rate Minimum : 34.7 MB/sec
    Transfer Rate Maximum : 101.7 MB/sec
    Transfer Rate Average : 79.0 MB/sec
    Access Time : 13.1 ms
    Burst Rate : 165.7 MB/sec
    CPU Usage : 1.6%

539 :536:2008/05/28(水) 00:03:21 ID:CGWVRPGG
    ついでに
    --------------------------------------------------
    CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    --------------------------------------------------

    WDC WD10EACS-00D6B0

    Sequential Read : 91.006 MB/s
    Sequential Write : 90.841 MB/s
    Random Read 512KB : 38.955 MB/s
    Random Write 512KB : 57.054 MB/s
    Random Read 4KB : 0.620 MB/s
    Random Write 4KB : 2.277 MB/s

    --------------------------------------------------

    WDC WD10EACS-00ZJB0

    Sequential Read : 74.600 MB/s
    Sequential Write : 74.626 MB/s
    Random Read 512KB : 23.173 MB/s
    Random Write 512KB : 41.894 MB/s
    Random Read 4KB : 0.309 MB/s
    Random Write 4KB : 1.458 MB/s

    Test Size : 1000 MB


    SATAコントローラは両方とも同じICH9Rにつないでの結果

新モデルはやはり速いですな~.


外付けディスクの場合,USB接続の外付けディスクのように,必要なときだけ繋ぎ,不要になったら接続を切るという使い方がしたいという方が大半ではないでしょうか.内蔵ディスクの交換のように,PC本体の電源を切らないと取り外しや交換が出来ないとしたら非常に使い勝手が悪い.eSATAでこういうことをしたいときに便利なのは,HotSwap!という常駐ソフトです.

このソフトを起動するとタスクトレイに入り,eSATAディスクの『ハードウエアの安全な取り外し』を行えるようになります(SATAコントローラの方でHotSwap機能に対応している必要があるでしょう.幸いなことに,今回使用したSil3512は対応しています).使い勝手としては,USBのそれと一緒です.

TerminatorII AE1の環境が滅茶苦茶快適になりました.これであと数年は戦える.


875 名前:Socket774[sage] 投稿日:2008/06/01(日) 17:54:04 ID:fYM3Es7w
そうなのか?
倉庫は4.32TあるけどOSドライブは14Gしか使ってない
いったいOSドライブに何入れるの?

876 名前:Socket774[sage] 投稿日:2008/06/01(日) 17:54:38 ID:f2kj6YAW


877 名前:Socket774[sage] 投稿日:2008/06/01(日) 17:58:57 ID:OVoHNosl
夢のサイズは人によって違うから何とも言えん。

いいなぁ.この流れ.

試算してみたら,私の場合はとりあえず10TBくらい無いとささやかな夢も入り切らないようです.手持ちのCDやDVD,録画データetc等をファイルサーバに置いておき,どこからでも視聴出来るようにしたいなぁ….やはりメディアとしてオフラインに置いてあると何かと面倒.

再生側は(wizdをupdateしてDVDISOとかも再生できるように修正はしているけど)今もこんな感じでやっている.最近はDLNAもきちんと立ち上がっているし,環境をそちらに移行しようか検討中.クライアントもPS3をはじめ,色々と対応しているしね.

|

« TerminatorII AE1にSATAカード増設 | トップページ | これは良い!:マクロスフロンティアO.S.T. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/41420638

この記事へのトラックバック一覧です: eSATA接続の外付けディスクでバックアップ:

» 1TBディスクを買い足した(WD10EACS-00D6B0) [tadachi-net 出張所]
と,いうことで,新型WD10EACSこと WD10EACS-00D6B0を3台程 [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 00時45分

« TerminatorII AE1にSATAカード増設 | トップページ | これは良い!:マクロスフロンティアO.S.T. »