« [4本式] SHARBO-X (2) | トップページ | アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語 »

2008年1月30日 (水)

抜本的な対策の検討とその手段

最近はネットでの書き込みに関して,『匿名 vs 実名』の話題が盛んですが,一部の論者を除いては,『匿名だからって勝手なこと言いやがって!』のような論調で,『実名公開』というのが一つの抑止力になるとお考えのようだ.

まぁ実際に実名では言えないこと,書けないことも多いわけで,抑止力として働く面もあると思うけど,これを推し進めてしまうと,多数の利益になる発言まで封じてしまう可能性もある.例えば内部告発のような類.投票も基本的に無記名だよね.

そんなわけで,匿名性っていうのは基本的には維持されるべき物だと私は考えている.

だけど,『匿名としての存在=現実社会の自分とは切り離された存在』っていう考えは違うと思うんだ.あ,いや,ネカマとかそういう話ではないよ.

もうちょっと正確に書くと,やっちゃなんねぇことをやったらアカンし,ネットの世界でアカンことをしても何も起こらないと甘く考えてはいけないと思うんだ.

と,いうことで,『ソフトバンクBB インターネットセキュリティチーム』の方とメールのやり取りをしてみた.


YahooBB! は,『ネット上の迷惑行為を一切許しておらず、発信者に対して厳重に対応を行っている』とのことで,問い合わせに対しては丁寧かつ誠実に対応してくれる.非常にレスポンスも早く,好印象.

迷惑行為を受けた場合は,まず窓口(abuse宛)にメールをする.すると,『次のような確認項目を送って欲しい』というメールが来るので,粛々と書いて送る.必要なのは,迷惑行為を受けたURLとそのログ情報(IP,時間,内容等),申請者が当該URLの管理者か,申請者の氏名,住所,電話番号.ただし,迷惑行為の内容によっては,確認項目が変わると思う.

個人情報を送らないといけないので少し抵抗があるけれど,これは悪戯で申請されるのを防ぐためだろうね.何かあった場合は連絡をさせてもらうかもしれないとのこと.そして先方で確認が出来た後に,会員に対して規約に基づいた対応が為されるという流れだ.なお,このときに,申請者の個人情報は開示されないけど,『確認項目』として送ったものは会員に対して提示されるので注意が必要.

一連のメールは自動応答ではなく,全て人が対応してくれているため,柔軟な対応をしてもらえる.柔軟とは言っても限度はあるし,過剰なサービスを求めてはいけないだろうけど.

で,基本的にどのプロバイダでも同じように窓口を設けているようで,大抵の場合は会員規約に迷惑行為の禁止と書かれているし,違反した場合の社内フローもきちっと決まっているようだ.

もし,誹謗中傷やSPAMや荒らしに困っている場合は,基本的にはスルーや削除,フィルタリングで対応するのが上策だとは思うけれど,あまりにも限度を超えている場合は,抜本的な対策を検討しても良いと思う.

『犬も歩けば棒に当る』の意味が2通りあるように,何らかの露出があると,良い面も悪い面もありますなぁ…

そんなわけで,今しばらくは,『コメントは記事投稿者が公開するまで表示出来ない』設定にしておきます…

 


今回の問い合わせに際しては,ここしばらくの記録をまとめてドカッと送ったのだけど,

また、書き込み内容が誹謗中傷等の内容のようでございますので、
所轄の警察所等にご相談されることをお勧めいたします。
(原文ママ)

と,いうありがたいアドバイスも頂いた.

きっと私が送った迷惑行為のログ(書き込み内容含む)を読んだ担当の方,相当頭がクラクラしただろうなぁ.嫌なものを読ませてしまって申し訳ない.あと,誠実な対応に感謝の意を表します.

仕事とは言え,きっとこういうメールを沢山読んでいるんだろうなぁと思うと,ホントに頭が下がります.

[2007/01/31追記]
逆リン辿ったら誤字の指摘があったので,1箇所修正&1箇所「(原文ママ)」を追加.それにしても…本エントリーは,誰かを名指しで書いたわけではないのだけどな.それにYahooBB!に申請する場合,管理者しか申請出来ないため(私が申請出来るのは,ココとあっちのサイトで行われた行為だけ),何が起きていたかは当事者同士しか知り得ないと思うんだ.

で,昨日は対応をどうするか聞かれていたのだけど,思う所あって,ひとまずペンディングにしていました.でも,踏ん切りが付いたので,進めて頂く旨をお願いしておきました.

それにしても…こういうことをするのって凹むなぁ.

|

« [4本式] SHARBO-X (2) | トップページ | アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/17900886

この記事へのトラックバック一覧です: 抜本的な対策の検討とその手段:

« [4本式] SHARBO-X (2) | トップページ | アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語 »