« ブレードランナー | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか »

2007年11月12日 (月)

僕の小規模な失敗

福満しげゆき氏の作品.

 モーニングに連載中の『僕の小規模な生活』がツボにはまったため,同氏の作品を3冊程購入.一時期は入手困難な本もあったけど,現時点では一通り在庫ありになっている.おそらくモーニングで連載開始になった効果で急に売れ始め,増刷されたのだろう.喜ばしいことである.

 同氏の作品は,絵もストーリー展開も非常にクセがあるので,万人に受ける感じではない.ぱっと見,マイナー誌向きの作品っぽい印象すら受ける.しかしツボにはまる人にとっては,他の漫画家の作品に代え難い麻薬的な魅力があるのである.

 全体的なトーンとしては暗め.主人公(『小規模な~』は作者自身がモデル.あ,基本的に事実を元にしたフィクションでしたね)はイジイジしていて優柔不断.そして悩み,葛藤し,ちょっとした出来事に一喜一憂する.そして絵の味と言って良いと思うけど,良い意味でも悪い意味でも没入/感情移入し切らない.ある一定の距離を取りつつ安心して第三者的な感覚で読める.この『第三者的な』距離感が非常に良く,当事者ではないけれど,全くの他人でもないという感じで,主人公がガッツポーズを取るような喜ばしいことが起きたときには,ほんのりと暖かい気持ちになれ,主人公が絶望の淵に突き落とされそうになったときには,「大変だねぇ」と,言いつつワクテカといった距離感.もしこれがとてもリアルな劇画調の絵だったとしたら,多分読んでいてメンタルが耐えられないだろう.

 まぁそんな雰囲気のマンガなのだけど,同氏のモーニングの連載を読んで『ピピッ』と来た人には,本書を一押ししたい.時系列的には,『僕の小規模な失敗』の後に,連載中の『僕の小規模な生活』の話が繋がるようになっている.

 『僕の小規模な生活』はモーニング編集者とのやり取りが中心となって話が進むけど,『僕の小規模な失敗』は高校に入ってからマンガで飯を食い始めるに到るまでの,極めて私的なエピソードが綴られているので非常に面白い.

 『ストーカー扱いされたときに彼女から渡された手紙』がそのまんま載っていたり(!!),無職同然の状態のときに,駆け落ち的に同棲していた彼女を親が連れ戻しにやって来たときの修羅場の様と言ったらもぉ(笑).そして『マンガかい!』と突っ込みを入れたくなるような,ウソのような展開で窮地を脱したり.現実の話がベースになっているので,都合の良い話を繋げて『作られた』マンガを読むよりも遙かに面白い.そういう意味では,『僕の小規模な失敗』の方は,ちょっと薬も毒も少ないかなぁ.

 そう言えば,後書きで工業高校に関して少し書かれているのだけど,この部分は少し私と意見が異なる.入る学校や学科にも依ると思うけど,大学の方が目標を持たないと無為に時間だけ過ぎていくことが多いような気がする.基礎的な部分に関して言うと,私の場合は大学以降で得たものよりも,工業高校で得た部分の方が大きいような感じがしている.とは言え,高校での同期には,『方向性間違った感じがするから大学では文系行くわ.3年間無駄になったかなぁ』と,言っていた友人もいるけれど(*).

(*) 『i=i+1』と,いう書き方が生理的に受け付けられない人も居るのです.例え「プログラミング言語の文法」だと頭では分かっていても.

 ちなみにwikipediaに福満氏の項目が出来たのが2007年1月10日.そしてここ1,2ヶ月で急激に内容が充実して来ている.人気が急上昇している印だろう.モーニングの連載の方は終了の噂も聞くのだけど,どんな形態であれ新しい作品を発表し続けて欲しい.そして今後とも楽しく読ませて欲しい.

|

« ブレードランナー | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/16709835

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の小規模な失敗:

« ブレードランナー | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか »