« 食品の裏側 | トップページ | ブレードランナー »

2007年10月13日 (土)

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス

「エンジニアが身に付けておく知識として,やっぱガンダム(主にファースト)とスターウォーズ(主にIV~VI)は外せないよなぁ」

なんて話で30代の者同士で盛り上がったことがあった.人によってはスタートレック等も含まれる場合があるだろう.

そして会話の中で,歴史上の偉人や名作の中の登場人物のセリフをさり気なく使う人は多いわけだが,シャァやアムロのセリフも高確率で同列に扱われている.そして彼等のセリフを絶妙なタイミングで呟こうものなら,かなりの高確率で「ニヤリ」とされることが多い.

 例えばこんな風に…

 A:「何故こんなミスを犯すんだろうねぇ」
 B:「坊やだからさ」

知らなくても別に困らないわけだけど,猛烈な疎外感を感じたり,酷いときは「常識を知らない奴」扱いされる場合もあったりするので注意が必要だ.

とは言え,これらの作品は何れも放送/上映から20年以上経っている.10代~20代の人が知らなくても別に不思議とは言えない.ジェネレーションギャップと言っても間違いは無いであろう.少し若い世代になるとガンダム世代ではなく,エヴァ世代になるのかな.私の周りを見回すと,どちらにもドップリ浸かっている人が多いような気もするけど.


で,上の方にリンクを張ったけど,今度ようやく公開時オリジナルの機動戦士ガンダム劇場版 DVD が発売になります.「え?劇場版って既に出てたよね?」と,言う人も多いと思う.ハイ.確かに2000年に出ています.完全新アフレコ&dolby digital 5.1chの音声でリニューアル版として発売されたものが…

でも,ファンはそんな改変(改悪)を望んじゃいない.オリジナルがもう一度観たいんだ.当時のあの声,あの音で楽しみたいんだ.怨嗟の声は Amazon のレビューにも 溢れかえっている.私もあのDVDを喜び勇んで観た際に,ガンダムのビームライフルの音を聞いた瞬間に幻滅した…

何故こんなことするかなー.もう上映時のオリジナルは出ないのかなー.BSアニメ夜話で放送していたのを録画しておけば良かったなー 等と思っていたら,今回ようやく発売されることに.思い入れのある作品なので,迷わずカートに入れ,現在予約中.届くのが楽しみである.

今回の劇場版の話はさておき,DVD は製造コストが安いためかどうかは分からないのだけど,最近は「○○版」とか「HDリマスター」とか「○○コレクターBOX」とか「Dolby Digital 5.1版」等々,内容が若干変わったり,パッケージが変わったり,特典が変わったりする等多少の差異はあるものの,何度も何度も同じコンテンツを新製品として発売し,同じく何度も何度も繰返しファンに購入させようと(メーカーが?)目論んでいることが多いような気がする.

値付けもうまいことヤラレテいる感があり,「ファン待望のDVD BOXが発売!」と,最初に出るときにはかなり高価で(おまけにファンが望む内容と異なる場合もある),次に出る「少し変えた版」(リマスター版等)は若干安くなっていて,そしてさらに「抱き合わせセット版」でドドーンと安くなっていることがある.そして大抵の場合は「期間限定」や「初回限定生産」と銘打たれて「今買わないと入手できなくなるかも!」と,巧妙に危機感を煽る.しかし,売り上げが好調だった場合は,「好評により」とか「ご要望が多数寄せられた」ために期間延長とか定番商品化されたりするので焦って買った人は呆然とすることになる.定番商品化されたときには大抵安くなっているし.でも,本当に限定発売の場合もあり,スルーしていて悲しい目に遭うことが無いともいえないのが辛いところだ.

 

また,比較的お金が自由に使える層が狙われているためか,大抵こういった売られ方のターゲットとされるのは,20代後半~30代男性が好むコンテンツが多い感じがする.そういう意味では,ガンダム(シリーズ),スターウォーズは鴨ネギゾーンという感じで,かなり酷い状態だ.

Amazonでこれらの関連商品を検索すると,過去にどんな感じでパッケージングされて売られて来たかの暗黒歴史を紐解くことが出来るはずだ.Amazonの場合,「Amazonスペシャルセット」というものまである.

私の場合,特にスターウォーズ(IV~VI)にはかなり散財させられていて,内容的には「劇場公開時のオリジナル」と「特別編」という2種類,メディア的には LD,DVD(一部VHSもアリ)といった具合に,購入した製品はかなりの数になっている.振り返ると,Aが欲しいのにBが出て,Bを買ったらAが出たということの繰り返しであった.

今,新規に購入するのであれば『「スター・ウォーズ」トリロジー リミテッド・エディション 30周年記念特製缶BOX』を購入すれば完結するし,金額も5千円以下である.私がこれまで投資した金額と比較すると頭が痛くなりそうだ.

と,まぁ被害妄想も若干交えつつ書いてみたたけれど,「手元に置いておきたい」という欲求を質に取られ,ごま油のように絞るだけ絞られているような気がしないでもなく,あまりいい気はしない.また,最近発売になったコンテンツは大抵 HDリマスターも完了しているはずなので,数年後には『Blu-ray版』か『HD DVD版』がサクッと出てくるであろうことも想像に難くない.

でも,ガンダム劇場版に関しては,今回の買い物で最後かな.SDで撮影されている物や,古いアニメ等のソースが古い物は, DVD 画質で充分.将来,次世代DVDが普及したときも,アップスケーリングを行えば,DVD画像のも画質的には全然問題ないのではなかろうかなぁと思う次第.

***

昔は気になる DVD は大抵購入するようにしていたのだけど,最近はTSUTAYA DISCASを使うようになり,殆ど借りて済ますようになった.書籍に関しては現在も積極的に購入するようにしているけれど,保存スペースの問題もあり,図書館の積極利用を検討中.

『モノ』に対しての所有欲は昔と比べて薄れて来ていて,必要なときに観られれば/読めれば良いかなぁという感じになって来た.そういう意味では,ネット経由の様々なサービスの充実に期待したい所だ(ストリーミングとか電子図書とか).

と,言いつつも,コレとかコレ とかコレ とかコレ をAmazonで現在予約中である…

|

« 食品の裏側 | トップページ | ブレードランナー »

コメント

ただち様、ミリ☆マニのただち様にお知らせしたい事があるのです。
PS2のシンプル2000シリーズでザ・零戦、ザ・戦艦、ザ・戦車等が
リリースされてるみたいですよ。
パッケージを見た感じだと、どれもシミュレーションではなく
アクション系っぽかったです。
僕なんかは高卒で頭も悪いんで、戦略云々とかは全然出来ないんで
アクション系、すなわち現場で戦う兵士(コンバット)になって
敵を撃破していくタイプのゲームが良いなぁって思えるんですよね。
以前にメールでお話したとは思いますが…。
ただち様はシミュレーションもアクションも得意だから
鋼鉄の咆哮でしたっけ?そういうゲームも出来るから羨ましいです。
僕は、PS1で一番のゲームはゼロ・パイロット、
PS2ではシークレットウェポンオーバーノルマンディーですかね…。
戦車だと、パンツァーフロンドビスとかいうのが良さそうですが…
まだプレイした事がありません。

全く関係ないコメント失礼致しました・・

投稿: | 2007年10月14日 (日) 18時34分

↓スタートレックエンタープライズって良いですよねぇ…↓
http://www.superdramatv.com/line/st/ster/cast.html

↓B-29エノラゲイ乗組員(スタートレックE.P.乗組員と酷似)↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ce/Hiroshima_Atomic_bomb_crew.jpg

投稿: シマコ | 2007年10月14日 (日) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/16739044

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス:

« 食品の裏側 | トップページ | ブレードランナー »