« SHARBO-X | トップページ | 知的ストレッチ入門 »

2007年4月24日 (火)

LAMY PICO

  以前に少し触れた LAMY の Pico

 LAMY社は秀逸なデザインで人気の文具メーカーです.私は LAMY 2000 の4色ボールペンとSafariの万年筆,Scribble(0.7mmメカニカルペンシルと3.15mmの芯ホルダ)そしてPicoを使っています.2000 4BP と Scrible は実用性重視,Safariは遊び用,そしてデザインにビビッと来て購入したのが,今回取り上げるLAMY Picoです.

 Picoの何に惹かれたかというと,まずはそのカラー.メタリックなレッド.この輝きは店頭で見かけて一目惚れでした.次にそのギミック.普段は 92[mm]しかないのですが,ノックするとその長さは 約123[mm]に.

 コロンとポケットに放り込んでおき,いざ使うときには使いやすい長さに一瞬でなります.そして軸の太さも私の手には丁度良い感じで,握り心地も Good.パッと見,握ったときに金属製特有のひんやりした感じになるように見えますが,実は手にピタッと吸い付く感じの素材で,予想を良い方向に裏切ります.一度握ると癖になる感じ.で,最初は赤を使っていたけど,その後,青も購入.メタリックなカラーのペンは一歩間違うと安っぽく or 下品に見えるのだけど,Pico はちょっと遊び心のある高級感が漂う感じ(うまく表現できない.写真でも100%表現仕切れているとは言えないので,興味がある人は是非,実物を見てみて欲しい).

小型の箱に入って届く.
収納時
軸中央のマークは,凸になっており,転がり防止の役目も果たす
ノックすると伸びてこんな感じに
リフィルは M22
色は黒と青,太さは F,M(黒のみ)の種類アリ.型番は何れも『M22』
ペン先はこんな感じ.ノックしたときにのみ出る.
伸びる部分のアップ.
LAMY 2000に入っていた『M21』油性BPのリフィルはベトベトという感じで非常に書き心地が悪いのですが,Picoの M22 は万年筆のヌラヌラに近い感じで非常に書いていて心地良いです

 と,いうことで,黒(F)を入れた赤軸と青(F)を入れた青軸の合計2本は,常にリュックのポケットに入っています.本当は持ち歩きペンにしたいのですが,上着やズボンのポケットに入れて持ち歩いていたときもあったのですが,小さいので落とさないかいつも心配でヒヤヒヤしていまして….ちょっとした穴があれば,Dリングかカラビナでベルトループか何かに引っかけられて便利だと思うのですけどね….

 なお,LAMY の正規代理店から販売店に対して,インターネットでの販売価格表示等は行わないよう要請されているとのことで,通販ショップで売値が表示されている所は希です(大抵は見積もりオーダー時に教えてくれたり,プライスリストが書かれているページのURLを教えてくれる自動応答 Email アドレスがあったりする).

 なお,LAMY Pico は定価7000円ですが,ざっと調べてみた限りでは,安い店では 4千円台で売られています.--- [楽天shopリンク]

|

« SHARBO-X | トップページ | 知的ストレッチ入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/14205929

この記事へのトラックバック一覧です: LAMY PICO:

« SHARBO-X | トップページ | 知的ストレッチ入門 »