« イキガミ と スカイハイ | トップページ | 工人舎 SA1F00D 購入 »

2007年2月 6日 (火)

気まぐれコンセプト クロニクル

 今日はもう1つマンガの紹介.

 高校生の頃,「めぞん一刻」が読みたくて「ビックコミック スピリッツ」を読み始めました.その後は「美味しんぼ」や「ツルモク独身寮」を読むために買っていました.そんな中,ふと読み始めた「気まぐれコンセプト」は,4コママンガの面白さを私に開眼させてくれた連載.

 正直言ってこの作品に出会う以前は,4コママンガは殆どスルーでして,「ページ埋めのための連載?」「何が面白いの?」とか感じてしまう作品ばかり目にしてまして….

 その後,「伝染るんです」や「コージ苑」等,4コママンガの珠玉の宝庫であったスピリッツですが,次第に読みたい連載が無くなりまして,気が付いたら,たま~に読む程度という感じに.

 そう言えば,『ブラックジャックによろしく』がモーニングからスピリッツへ移籍(*)とのこと.関西のローカル番組である「せやねん!」(*2)でも取り上げられており,うはーっとビックリ.また読み始めるかも.

(*)『ブラックジャック』はビッグな作品の移籍ということで話題になっていますが,私は「東京トイボックス」が「モーニング」から「バーズ」に移籍した際にもショックを受けたました.色々と張り巡らされた伏線がようやく…と,いった矢先に「あれっ?連載終わりですか?」と,なったので.若干の空白期間の後,バーズで「大東京トイボックス」として復活してもらえて嬉しい限りですが,月刊誌になったので悲しい&売っているお店が近くにないので辛い.

(*2)関西ではすごくメジャーな番組[wikipediaリンク].
 「今週の気になるお金」(関西らしいなぁ)という1週間に起きた様々な出来事を,お金の側面から色々と調査して話を進めるコーナーがある.「この出来事の経済効果は○円!」とか,「□が△して×億円吹っ飛んだ!」等,お上品な番組では殆ど触ないような面を掘り下げてくれるので,観ていてひじょーにオモロイ.最近のネタでは,「『華麗なる一族』のこの1シーンのセット総額が○万円!」とか.今年の
女優のCM契約料の浮き沈みとか.
 関東方面ではあまりメジャーではない印象を受ける「トミーズ」も,関西ではスゴイ影響力があり,この番組で「この本はオモロイ!」とかちょっと言っただけで,本屋に問い合わせ殺到&絶版だった本が再販されたりとか,「この映画は泣けた!」とか言っただけで,同じく映画館に問い合わせ殺到して,急遽上映していなかった映画館でも上映されたりとかetc.話題に事欠かない.一方,関西ではオリエンタルラジオがあまりTVに出ていないので,そんなに売れているのかなぁ...という印象を受けたり….閑話休題.

 そんな折り,「気まぐれコンセプト」の単行本が無茶苦茶久しぶりに出るとのこと.Amazonでもベストセラートップ10に入っている.収録作品は,1984からの23年間分の連載の中から厳選したとのことで,バブル前から現在までのネタを時系列で追えるとのこと.早速購入してみると,すごい厚さと重さ.読む前に,まずはそのボリュームに圧倒された.

 このタイミングで出版されたのは,映画「バブルへGO!!」の宣伝の意味も込めてということに間違いないと思うのだけど,この映画も予告編を見る限りは面白そうだし,観に行きたいなぁ.2月10日からとのことなので,今週末行けるかな?

 思えばホイチョイの映画では,「私をスキーに連れてって」以来,単純に「楽しめる」という意味では,外れは無かったように思う.あぁそう言えば「私をスキーに…」は,東京で行われたマイクロマウスの大会で予選落ちを喫して(*3),時間が余っちゃったね…と,一緒に出場した友人と観に行ったっけ.映画館を出たときには予選落ちしたことなどすっかり忘れる程の爽快な気分になっていたような覚えがある.

(*3)本番前の調整時にセンサー部に触れてしまい,受光部を少し歪めてしまった.本番中にこれに気が付けなかったのは痛恨の極み.昨年はたまたま,CEATECH 2006の会場近くで行われていたロボット相撲を休憩時間にちょろっと抜け出して見に行けたのだけど,出場ロボットの完成度の高さには正直驚いた.マイクロマウス等が行われていた頃と比べると,隔世の感がありますねぇ.

 何だか話題が脱線しまくりだけど,「気まぐれコンセプト」はそんなマンガでした.

 もうちょっと分かりやすく書くと,読んでいて「あっ.これ読んだ覚えがある!」とか,「昔はこんなことあったよな~」とかいう話から,色々と昔の記憶が掘り出されて来ると言うか….

 「物心付いた頃には既にバブルが弾けてました」的な世代だと,このマンガを読んでも,今ひとつ面白さが分からないかもしれない.だけど,30代以上の人なら,かなり楽しめると思う.読んでみて1度面白く,色々思い出して2度おいしいというマンガです.

|

« イキガミ と スカイハイ | トップページ | 工人舎 SA1F00D 購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198640/13813594

この記事へのトラックバック一覧です: 気まぐれコンセプト クロニクル:

« イキガミ と スカイハイ | トップページ | 工人舎 SA1F00D 購入 »