2017年3月23日 (木)

構造・機能だけでなく,名前にも気合いが入っているLIHIT LABのレターオープナー:アケルンダー

春が近付いてきたことを感じられる程度に暖かくなって来たある日,とある書店併設の文具コーナーをブラブラしていたときのことでした.

新製品のパッケージが視界の端にチラリと入った瞬間,脳のシナプスがチカッと派手に発火したような感覚を覚えました.しかし脳内の別の回路が,『スルーしなければならない』という信号を強く送ったようで,その場に立ち止まることなく私は通り過ぎました.

しかし買い物を一通り追えようとしたとき,何故か無意識のうちにその場に吸引され,気が付くと右手がこの製品をかごの中にっ.恐るべし,サブリミナル効果!!(*)

(*)学術的にサブリミナル効果は否定されていたような印象があったけど,最近は(限定的にでも)効果があるという報告が出てきてるんですね.この辺りを読むと興味深い.

黄色背景の黒抜き文字が,脳内の駄洒落回路に直接働きかけて神経を興奮させ,副次的効果として物欲リミッタをぶっ壊し,オヤジギャグ抑制回路がこの反応を押さえ込もうとしたが失敗した…といった感じでしょうか.いや,多分そうに違いない(笑).

人は合理的な判断が出来なかったとき,屁理屈を捏ねてでも何とか辻褄を合わせようとする生き物なんですよ.

と,いうことで,かなり変わった出会いではありましたが,中々良く出来た製品でしたのでご紹介(^^

201

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

上海問屋の同時に充電も可能なLightningオーディオアダプター(914038)で極楽ハイレゾ生活

毎年年度末には,オーディオ関係の製品を買ったり試したりしている気がします.そして今年もその時期がやって参りました.おっと,去年分はアップしてませんが,BOSEの有線式ヘッドホンを買いました.

しかし,今年は例年とは求める物が違います.私が日常的に一番長く使用しているオーディオ機器である所のiPhoneから,イヤホンジャックが消滅したからです.これは痛い.やはり良い音を再生出来る製品を探すと,有線式のイヤホン/ヘッドホンに行き着くことが多いからです.しかし今後は,Lightningアダプタ経由で有線式を接続するか,Lightning接続のアンプ経由で接続しなければならなくなってしまいました.

後述しますが,ポタアンは一つ手持ちがあり,その音質の良さは知っています.しかし新幹線の中で充電しながら使うことが出来ず,また,嵩張るのが難点.

そんなわけで,充電しながら音声出力が可能なLightning変換アダプタを探してました.Amazonで探すと製品自体は沢山出ていますが,安心して購入出来る製品は…無いような感じ.『安い!』と喜ぶよりも不安を抱いてしまう価格であったり,『結線が右と左が逆になってる』とか,『ホワイトノイズが酷い』とか,『最小音量が大きすぎる』というレビューがあったりすると二の足を踏んでしまいます.値段は多少上がっても良いので,MiFi認証済みで音質も安心出来る製品は無いものだろうか…という感じ.

唯一候補になりそうなのはサンワのコレくらい.でも,レビューは酷評に近いです.

で,悶々としながらルーチン化していた上海問屋の新製品を見ていたら…いいのがあるじゃないですか.モノはコレ. Lightning オーディオ アダプター[3.5mmステレオミニ端子・充電&同期用Lightningコネクター付アダプター](914038) です.

MiFi認証済み,充電も同時に可能でハイレゾ対応(24bit/48KHzまでだけど).値段は約5千円と高めだけど許容範囲.不安なのはレビューがまだ一つも無かった点と,当たり外れが極端に大きいことがある上海問屋扱いということくらい.でも当たると凄まじくコストパフォーマンスの良い素晴らしい製品に当たるんだよな…と,いうことで,行ってみました.結果,大当たりでした.勢い余って楽天にレビュー書くくらい(笑).

そんなわけで,こちらにも猛烈プッシュなレビューを書いてみます.

230

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

細芯シャープペンシルの究極進化:ぺんてる オレンズネロ

初代オレンズ(Orenz)についてレビューしたこのエントリーが,既に3年も前に書いた物だなんて…驚愕です.当時スマスマの文房具特集でオレンズが採り上げられたようで,公開してしばらくしたらアクセス数が凄いことになった覚えがあります.時の流れが実に早く感じますな….

さて,文房具クラスターな方はご存知の通り,このオレンズが登場して以降,『芯が折れないシャープ』が各社から雨後の竹の子の如く数多く発売されました.そして長い間地味な進化しかしていなかったシャープペンシル(失礼!)でしたが,新製品ラッシュの関係か,再び眩いばかりのスポットライトが当たりました.

ここ2年くらいは筆箱とシャーペンの進化が著しく感じています.お陰でレビューを書こうとして写真だけ撮っておいたものの,書く時期を逸しかけているエントリーがいくつあることか…(^^;

まぁそれは兎も角として,今年2月に発売になった『ぺんてる オレンズ ネロ』は,それら全ての書きかけエントリーを差し置いてでも,真っ先にアップせねば…という気にさせてくれる製品です.これは凄い,実に素晴らしい.一つの完成形と言えるようなシャープです.

ワンフレーズで紹介するとしたら,『細く,そしてどこまでも気持ち良く書けるシャープ』です.

579

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

ポケットから飛び出さない便利な細軸多色ペン:TOMBOW ZOOM L104

購入以降,休日は主にこのカバンを使っています.

収納力があり,ポケットが適度に付いていて中身の整理もしやすく,元々Loweproのカメラバックのラインなので,ミラーレスカメラやレンズを入れて持ち歩くのに便利.値段も手頃だし,デザインもカメラバックっぽくなくて野暮ったくないのでとても良い感じです.

このカバンのポケットに,これまではこちらで紹介したOHTO MULTI Smart4を刺して持ち歩いていました.細軸だし多色だし書き味も良いしということでお気に入りだったのですが,後述する理由で TOMBOW ZOOM L104 に入れ替えました.

似たような悩みを持った人が結構居られそうな感じがするので,ちょっと紹介をば.

094

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

『アレが今ここにあれば!!』的な機能を詰め込んだコンパクトツールをKeyチェーンに入れて持ち歩く:NITEIZE KMTQK-11-R3&LED LENSER K2 8252

EDC(Every Day Carry)という言葉が日本でもすっかり市民権を得た感じですが,皆様におかれましては,どのような物を携行品として日常的に持ち歩いておられますでしょうか.

一般人が持ち歩くものといえば,

  • 財布
  • 携帯

の3つかなぁと思います.これらがあれば大抵のシチュエーションで困らないですよね.

でも,人によってはLEDライトが加わり,ポケGO/Ingressは大容量モバイルバッテリが加わり,帰宅難民化した経験がある人はエマージェンシーシート等の防災用具が加わり,アウトドア/終末世界サバイバル志向な方は着火用具や非常食,飲料水,ツエルトetc….様々なシチュエーションに対応しようとすると,どんどん重く嵩張るようになるわけです.

この手のツールは,普段は使用頻度が低いけどイザというときの転ばぬ先の杖になるツールが大半です.なので,普段はただのお荷物です.バラストです.なので大げさなものを持ち歩いて重過ぎ/嵩張り過ぎて持ち歩くのが苦行になろうものなら本末転倒です.

まぁそんなわけで何事も『程々』が良いわけですが,日常生活の中で『アレが今ここにあれば!!』的に思う頻度が高い道具であり,非常時にも役に立ち,そして普段携帯していても苦にならないものがあったら最高じゃないですか.

あるんですよ.見つけたんですよ.それがコレ.NITEIZEのKMTQK-11-R3です.

062

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』観るべし

SAOファンの皆さん,こんにちは.観に行きましたか?劇場版.

劇場版のアナウンスが出てからワクワク&ソワソワが止まらず,公開日が告知された直後にカレンダーの2月18日に赤丸を書き,オンラインで席を予約しようとしたら直前まで予約できずに身悶えし(普通は1週間前から予約できるのに,3日前まで取れなかった),子供に『連れてってー』とマジで泣いてせがまれて英才教育の効果を確信し,公私ともに凄まじい状況に陥っていたけど夕方の回でど真ん中の2席クリックしした私です.

いつもは封切り直後の1回目を観に行くのだけど,今回は諸般の事情ですっかり出遅れ,劇場のグッズコーナーはSAOだけ空っぽ.ぐぬぬぬ…と,地団駄踏んで悔しがったものの後の祭り.気を取り直して開場を待って入場しようとしたら,隊列を組んだファンの行列が粛々とスクリーンに飲み込まれていくシーンを見て圧倒されました.横入りが半ば当たり前の関西において,この統率された状況は…全員コミケで訓練されてる?(行ったこと無いけど)

なお,映画の公式はこちら.最近のアニメ映画によくあるように,冒頭12分も公開されています(こちら).動画を観ると気分盛り上がるよね.

あと,公式の予告編はこちら.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

トラベル用に使えるコンパクト フォトプリンタの大本命:エレコム eprie

日常/旅行用の手帳やノートに,ワンポイントでイラストを描いたりする人は多いと思います.文字だけのページと異なってパッと見ただけでホッコリするのと同時に,そのときの記憶が鮮明に蘇るので,過去のページを捲るのが楽しくなりますよね.

私も下手の横好きで,こんな感じに水彩鉛筆を忍ばせて旅行したりすることがあります.でも,中々時間がとれなかったりするし,『印象ではなくて正確な記録』として写真を貼り込みたいときもあります.

そうなんですよ.スマホやカメラで手早く写真を撮ってそれを貼り込めたらすごく楽ですし,『私は絵はちょっと…』という人でも,視覚的に幸せになれる旅ノートを手軽に作れるようになります.写真が気軽に印刷できて手帳に貼れたら,世界が広がるんですよ.

こんな用途のために,『コンパクト フォトプリンタ』というジャンルの製品があります.携帯出来る小型のプリンタで,写真がそれなりに綺麗に印刷できるのが特色です.

私は小型ガジェットが大好きな人間です.当然ながらこの手の製品もいくつか購入しており,いくつかのレビューも書きました.例えばLGのPocket Photo.そしてCanonのCP800.同ジャンルの製品としては,チェキのフィルムを使う『スマホdeチェキ』もメジャーですね.

ただ,この手の製品はどこか我慢しないといけない部分があります.例えばポラロイドのZINKテクノロジーを使ったPocket Photoは,印刷の品質が『味があるね』という感じでカリッとした印刷には向きません.そしてCanonのSELPHY(最新機種のCP1200はWiFi対応でスマホから直接印刷可)は超絶綺麗に印刷できるのですが,筐体がやや大きくてバッテリ駆動させる一式はオプションです.

そんなわけで,『携帯性を維持したままで,綺麗だなぁと思えるくらいの印刷品質のフォトプリンタ出ないかなぁ』とか思い続けていたわけですが,最近エレコムから出ましたよと.eprie(公式)です.

179_2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

コクヨ Campus DiaryとLIHIT LAB.ツイストリングノートで最強のシステム手帳的ノートを創る

昨年末にメイン手帳をmini5からmini6に変更しました.これと同時に,メインのノートもダブルリングノートから別の物に変更しようと目論んでいました.

ワタクシ,ここ数年はetrangerdicostaricaのB5ダブルリングノートのこの辺りこの辺りを主に使っていました.前者は表紙が複数色あるので飽きにくく,また,2011年の心斎橋ロフトの閉店セールの際に山ほど買い込んだ(買い占めた?)ため,1年で2~4冊ペースで使っていてもストックが枯渇せず.そのため,浮気性な私でも長期間使い続けた感じです.ベーシックなノートとして素性が良く,使い易かったということもありますけどね.

しかしふと気が付くと,残り数冊.買い足しても良いのですが,『ちょっと他も試してみようかな』と思った次第です.でも,単に既製品を買って来て試すだけでは楽しくありません.今回紹介するのは,『アレンジを加えて最強のノートにする』という方向性のエントリーです.

477

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

UNIジェットストリーム4&1/フリクションボール3・4を格好良くかつ実用的にカスタマイズするパーツ:SMART-GRIP

私が購入したときは殆どのタイプが売り切れだったけど,在庫が復活したみたいなのでご紹介.

文具マニアは当然のことながら,一般の人も大好きなJETSTREAMとフリクション.特にその多色ペンは大人気.JETSTREAMなら『ジェットストリーム4&1』.ちょっと高級路線なら,こちらでも紹介した『ピュアモルトプレミアム ジェットストリーム4&1』が素晴らしいし実用的.そしてフリクションなら,こちらでも紹介した『フリクションボール4』が鉄板だし,リフィルを0.38mmにして手帳用にするのも素晴らしく良いです.

でも,あまりに『ド定番』なため,最近は人と被る率が高いですよね.

マニアックな物で被るのは『おや,おたくも好き者ですな』的なサインを送り合えるので良いとして,文具愛がほぼゼロな人達と被るのはちょっと気持ち的にアレなので,ワンポイントを入れたい所.そんなときに便利なのが今回紹介する『SMART-GRIP』です.

下の写真はネイビーの溝タイプを装着した状態ですが,落ち着いた大人な多色ペンがスパルタンな装いに一変し,まるでその姿はS&Wのタクティカルペンを連想させます.

…本当のことを書くと,ブラックで落ち着いた装いを醸し出したかったのですが,在庫切れだったんです.でも,これはこれでアリだし,使い勝手も著しく向上しました.

と,いうことで,レビュー開始.

337

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

謹賀新年

初詣ついでのIngressに備えてキーを整理していたら年が明けていた…と,いう実に拍子抜けな年越しだったためもあり,まだ新年を迎えた気がしていません….

それにしても,12月は駆け足で過ぎ去りました.色々とアップしようとしつつ出来なかったエントリーも多々残っておりますが,ボチボチと進めようと考えています.

何はともあれ,今年もよろしくお願いします.

先日,細軸のラッションペンのセットを見てビビッと来てしまいまして,12色のブライトのセットを衝動的に購入.魔が差して帰省先に持って来ているのですが,勢いで5分ほど使ってみました.

線がとても細くて発色が良いので,サラサラと描けて良いですな.筆タイプのペンとはまた別の魅力があります(^^).このペンに関するエントリーも,またそのうちに.

Tori

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

マンスリーとウイークリーを同時に開いて管理できる手帳:ILEKO CALENDER(手帳)

スケジュール管理というと,やはり打ち合わせとかアポ,その他イベント的な物の約束時間の管理に目が向きます.しかし実は一番スケジュール管理が困難な物は,コツコツと継続してやる仕事だったりしますよね.

仕事だと生々しいので(笑),学生のスケジュール管理を例に挙げて考えてみましょうかね.

『○月○日○時,レポート提出期限』と,スケジュール帳に書いたとして,それでスケジュール管理が終わりというわけではないですよね.レポートを出すためにはレポートを書かねばならず,レポートを書くためには諸々の実験が必要だったりするし,そして実験のためには諸々の準備が必要だったりする.これらをデッドラインの『提出期限』に間に合うように調整し,粛々と実行するのが『スケジュール管理』.

この他,スケジュールをトップダウン的管理と言いますか,『年→月→日→時間』といった具合に大きな塊から少しずつ小さな塊にかみ砕いて行き,そして実行しやすい『時間』という単位に落とし込むなんてこともよくしますよね.『今年中にコレをするのだ!』というやや漠然とした計画を,最終的に『△月△日のこの時刻から○時間,□□の準備をする』のような現実的かつ具体的な作業・スケジュール群に落とし込み,そして実行する.そして当初の漠然とした妄想計画を実現可能にするわけです.

と,このようなことを行うためにあると便利な物は,『年-月-日-時間』を相互に俯瞰可能なツールです.自由自在にズームイン/ズームアウトが可能なスケジューラーをイメージして貰うと良いかもです.

こういう部分,アナログツールは弱いです.カレンダー,マンスリー,ウイークリーを別個に用意して同時に開いて管理というのもアリだとは思うけど,大変.でも最近は,このような用途に『使える』とても工夫されたノートや手帳が出ているんです.今回紹介する『イレコカレンダー』手帳もその一つです.

368

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

Lenovo Yoga Bookに合うケース

数誌のガジェット系の雑誌でYoga Bookが採り上げられたこともあってか,本ブログでもYoga Book関係のページのアクセス数が急に増えてきています.例えばココココ

変態近未来的なギミックを散りばめたPCなので,少しでも多くの人に知ってもらいたいなと思う一方で,『1台目のPCをコレに』とか,『バリバリ仕事するためのノートPCとしてコレを』とか考え始めた人には『ちょっと待て…』と,全力で止めに入りたい気持ちで一杯です.

まぁそれは兎も角として,ノートPCは持ち運んでナンボ.更にはYoga Bookの驚異的な携帯性の良さを考えると,オーナーで持ち歩かない人は万死に値する…は言い過ぎですが,何を考えてんねんという感じです.

かくいう私も,『ノートPC』は使う予定があるときしか持ち歩かなくなっていました.でも最近は,通勤鞄の中には常にYoga Bookが入っています.大きさも重さも存在を感じさせない程のものなので,例え使わなくても,『とりあえず入れておこう』という感じです.実際に使わないことが多いのですが,苦になりません.また,スリープ/休止状態でのバッテリーのお漏らしがとても少ない(と,感じる)のも良い点の一つです.入れたまま放置していてもあまり減っていないので,使おうと思ったときにバッテリ切れという事態に遭遇したことはありません.

で,そんなとき問題になるのは,『ケース』.鞄に入れる際にフカフカのインナーバック等に入れてYoga Bookの薄さをスポイルするようなことは論外ですが,かと言って,剥き出しのまま持ち運んで引っ掻き傷等は付けたくありません.

そんなわけで,良さげな製品を二種類ほどご紹介.

047

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

キーボードの下に置いて横に開ける,デジタルツールと併用するのに便利な小型手帳:SHORT SIZE DIARY

このところ小型手帳のエントリーが続いたけど,まだもう少し続きます….

今回紹介するのは,横開きの小型手帳です.横開きが出来ると何が嬉しいかというと,キーボードの上や下に置けるので,見ながら作業したり,逆に手帳に転記するときに何かと便利なんです.また,キーの左右には作業スペースを作りにくいけど,上や下とかはスペースが作りやすいので置きやすいということもあるかな.

100

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

RHODIAの小型マンスリー手帳

前回のエントリーで名刺サイズのブロックマンスリー手帳を紹介しましたが,今回も同じ方向性の小型手帳を紹介.久しぶりにRHODIAの製品を採り上げます.

RHODIAと言えば,元々はオレンジ色の表紙のブロック型のメモで名前が知られていましたが,webnotebookをはじめとするノートでも有名になり,最近はペン等も定番商品として販売しています.そのうちに『ライフスタイルを提案』とか言い出して変な方に行ってしまわないか心配です.

私の中では,RHODIAは紙屋です.それも素晴らしい紙屋.ビシッと筋の通った紙製品を提供し続けて欲しいなぁと思っています.

で,マンスリー.7.7x13cmのタイプと12x19.5cmのタイプがあるのですが,もちろん小型の方.小ささは正義です\(^o^)/

498

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

カードサイズの超小型ブロックマンスリー手帳:CARD SIZE DIARY

手帳系の話は早くポストしないと年が明けてしまう…いや,そもそも『欲しい!』と,思われたとしても買えなくなってしまう…と,いうことで,焦りつつポストです.

今回紹介するのは,『レイメイ藤井 カードサイズダイアリー 手帳』です.『サブ手帳として,いつも持ち歩ける物を』とか,『あまり書かないから嵩張らない手帳を』とか,『小さい物なら何でも愛してる!!』な人にピッタリのカードサイズの手帳です.

488

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Lenovo Yoga Book用に揃えておきたい周辺機器