2016年12月 9日 (金)

持ち歩き手帳をmini6へ移行する(2)

さて,こちらのエントリーの続きです.色々と試行錯誤し,ようやく中の構成が落ち着きまして,12月に入ってから全面的にこの手帳に移行しました.来年はこのセットで迎えることになりそうです.

264

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

持ち歩き手帳をmini6へ移行する(1)

何年も使い続けていた手帳,mini5.愛用のカレンダーリフィルの供給がメーカーから断たれるという非常事態に際し,こんな感じで何とか延命を計っていました.しかし,今ひとつシックリ来ないデザインと使い勝手に対し,『いっそのこと,サイズを変えよう』と,思い至った次第.

思い返すと大学時代はずっとmini6を使い続けていましたし,普段mini5を入れて持ち運んでいるポケットにも,mini6が入らないこともありません.そんなわけで,mini6への移行を決意した次第.今回は背水の陣で望みます…と,言いますか,アレコレ試行錯誤していたら結構な出費になってしまって,後に引けなくなって来た感じかも.

少し蛇行しつつ試行錯誤した関係で,mini6編は2回に分けてお送りします.

それにしても…気が付くと12月ですなぁ.

260

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

映画「この世界の片隅に」を観て

映画『この世界の片隅に』(公式).

マンガ好き,もしくは映画好きの人であればこの作品のことは知っていると思います.本作は,クラウドファンディングを利用して制作費の一部を集めたこと,そして主役の声優を能年玲奈(本名)がキャスティングされたことでも一部で話題になりました.でも,大手のメディアでは殆ど採り上げられていませんよね.これについては,実に苦々しい理由であると言われており,このツイートを読むと,芸能界ってなかなかエグイ世界だなと思ったりもするわけです.

しかし63館(現在は82館)での上映にも関わらず,11月29日の時点で動員22万人突破して興行収入も3億円.動員数は今も上位を維持しています.そして観た人は大絶賛.更にその情報はネットを駆け巡り,新たな人を劇場に呼び寄せ,また感想が拡散していく…というループを経て,未だに劇場では満席が続いているとのこと.

『名作』『傑作』等,ネットを駆け巡る大絶賛のオンパレードに焦れつつも,上映している映画館が少いため,都合が付かずになかなか行けていませんでした.が,急な出張&ポコッと夜に時間が出来たので観てきました.

いやぁ,凄い映画でした.

前述の諸般の事情のため,おそらく地上波では放送されないと思うし,前述のようにマスメディアに採り上げられることも少ないと思う.そのため,この作品の存在を知らずに終わる人も多いと思う.もったいないです.実にもったいない.

このエントリーを読んで『え?そんな作品あったの?』と,少しでも興味を持った人は,映画館に行くべきです.一度観ただけで心に刻み込まれる映画です.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

知的生産の技術で盛り上がる雑誌『かーそる』創刊号を読みましょう,いや,読むべきです.

久しぶりに書評をしましょうかね.

雑誌『かーそる』ですが,先週末にAmazonで目にして早速購入.そして一気に読んでしまいました.夕食時,嫁さんにもよく『せっかく作ったんだからゆっくり味わって食べて下さい!!』と怒られるんですが…すんません.近々二週目の読みに入ることにします.

で,『おおお.これは!』と,思ってカスタマレビューを書きました.でも,あのレビューは思いっ切り端折った部分がありまして,後でまとめようとメモしておいたトピックはあの数倍はあったんです.

そんなわけで,レビューの補完的な意味も含め,本書の凄さを紹介してみようと思った次第です.

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

幸せな気分になれる鉛筆:サンスター さくらさくえんぴつ

急激に寒くなってきました.気が付いたら年末になり,時の過ぎる速さに驚いているうちに年が明け,フッと正気に戻ったら春が来ていそうな悪寒予感がして恐れ戦いています.

そう言えば,今年は桜を見るのに一番良いタイミングで雨が多くて辛かったですね.来年は天気が続いて青空を背景に満開の桜を見たいなぁ…なんて感じで,強引に桜ネタにしてみます.

今回紹介するモノは,サンスター文具賞を受賞したさくらさくえんぴつです.メーカーの商品紹介はこちらのページなのですが,出るという話は知っていたものの,定期的にAmazonや楽天で検索しても出てこないため,まだ未発売なんだと思っていました.しかし事実は異なっていました.出荷量が少ないためか,速攻で売り切れになり,検索に引っ掛からなくなっていたということのようです.

ところがなんということでしょう.日頃の行いが良いせいか(厚顔),通販の神様が微笑んだようで,在庫有りのタイミングにたまたま出会うことができました(歓喜).

実際に手にして感じたのは,その素晴らしい質感.メーカーが考えているであろう『合格おめでとう』の贈答用に打って付けです.贈る方も贈られる方も幸せな気分になりそうです.そして眺めているだけでも使うときも.

と,いうことでレビューしてみます.

148

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

リフィルを変えてmini5の延命を図る(2)

このエントリーの続きです.

日本能率協会から見捨てられたリフィルが販売されなくなったmini5の延命について.今回はシステム手帳の本家本元と言えるファイロファックス(Filofax)のリフィルを試してみました.

『システム手帳のサイズ』と言えば『バイブルサイズ』がスタンダード.そして『システム手帳のメーカー』と言えば,真っ先に挙げられるのが英国の『ファイロファックス』です.始まりは1910年とのことなので("Filofax"になったのは1921),今年(2016年)で106年.1世紀以上の歴史があるわけです.流石大英帝国ですな.

で,これだけの歴史あるブランドともなると,驚愕のエピソードも枚挙に暇がないわけです.一番有名なのは,ノルマンディ上陸作戦の際に将校が胸ポケットにバイブルサイズのファイロファックスを入れていたところ,これが敵の銃弾を止め,命拾いをしたというもの.日本でシステム手帳が『ファッション』としてブームになったバブル期に,このエピソードがよく宣伝文句に書かれていたように思います.この他,秘書グレース・スカールの話とかも有名ですね.

『重要な情報全てをこの1冊に集約して記録』といった使われ方がされるシステム手帳ですが,そのために必要なのはキャパシティ.バイブルサイズやA5サイズ,かつ,バインダー径の大きい物が好まれたのは,こういった事情です.しかしその一方で,『手帳は持ち歩く物』ということで携帯性を重視する風潮もあり,その流れでmini6やmini5が出た…ということだと思います.

システム手帳の歴史はFilofaxの歴史であると言って良いと思いますが,mini6は1989年に.そしてmini5は1996年に出ています(ついでに書くと,A5サイズは1993年).そんなわけで,mini5も『本家』にラインナップされているサイズであり,一番の新参者ではありますが,それでも23年の歴史があるわけです.

と,いうことで,Amazonにはmini5サイズが無かったので,本家のリフィルを楽天にて2種類ポチってみました.一つは見開き一ヶ月のマンスリーブロック(17-68110).そしてもう一つはイヤープランナー(17-68108)

001

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

リフィルを変えてmini5の延命を図る(1)

日本能率協会がシステム手帳のmini5のカレンダーリフィルのラインナップ全てを廃番にした件は先日書きました

日本能率協会はリフィルだけでなく,バインダーも良い製品を出していただけに,残念でなりません.今一度見てみると,バインダーの方はmini5だけでなくてmini6も全て無くなり,バイブルサイズだけになっているような気が…

しかし,是を以てmini5製品が世界的に死滅したというわけではありません.また,無くなった物を嘆いていても仕方ありません.泣いても笑っても,次の曲が始まるのです.もとい,来年はやって来るのです.

035

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

モニタの横に付箋スタンドを立ててToDoを効率的に管理する方法を考えてみる:カウネット メモスタンド ふせん置き付き

今回は,タスク管理の王道とも言うべき『ToDo』について,『形から入って』色々と考えてみようと思います.

『形から入る』という意味では,過去にテンミニッツに関して書いたり,NOLTYとの組み合わせ技に関して書いたり,KING JIM電子吸着ボード RACKAGEについて書いたりしてきました.

アナログツールを使用すると,目の前に物理的なオブジェクトとして『やるべきこと』が配置されますので,存在感が半端ありません.目を向けると『私を忘れていませんか?』と,物質化したタスクと視線が絡み合う感じです.そしてたまに視線を背けたくなることも…(笑).

この他,ひとつのエントリーとしてはまとめていませんが,オンラインサービスのNozbeについてもたまに触れてきました.フルデジタルでやりたい場合や,細々とした項目が山ほどあってアナログで管理しづらい場合は超絶便利なサービスです.

と,いうことで,スケジュール/タスク管理に関して色々な方法を試行錯誤して来ましたが,今も悟りを開くまでには至っていません.しかし,多種多様な方法論を多方面から突き詰めて考えていくと,『エッセンス』的な物に到達するのではないかなと思うわけです.エッセンスを把握できれば,それをどのように実現するかを考え,自分に合った方法論を持てば良いわけです.少し大袈裟な表現かもしれませんが,その一端に手が届いたような間隔に至ったので,紹介をしたいと考えています.

と,いうことで,まずは形から入ってみます.『カウネット メモスタンド ふせん置き付き』です.

Dsc06784

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

素晴らしい質感.大人のためのゲルインキボールペン:ぺんてる エナージェルフィログラフィ /ENERGEL PHILOGRAPHY

このペンが発売されるのをふでばこ氏のtwitterで知り,軸の色を見た瞬間に予約した『ぺんてる エナージェルフィログラフィ(公式)』ですが,入荷遅れで発売予定日に届かなかったものの,先日なんとか入手.

袋を開けて見た瞬間にイメージ通りだった軸の美しさに一目惚れし,そして持った瞬間に感動し,そして実際に書いてみて確信を持ちました.これは素晴らしいペンです.ここ数年で最高に感動的な出会いに感じました.

少々興奮気味なスタートですが,レビューを始めましょうか.なお,エナージェルは複数の色・太さのリフィルをラインナップしているため,ボール径の違いによる書き味の差なども試してみました.

このページを読まれている方には既に想像が付いていると思いますが,私はダークブルーをチョイス.品番は『BLN2005C』.この他に,ブラックターコイズブルーホワイトシルバーの合計5色のバリエーションがありますが,いずれも綺麗な色ですな.

129

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

『5x3情報カード』をジョッターとして使える携帯性抜群な製品:『Memottala』メモッタラ

昨年このような製品を紹介したわけですが,私の情報カードライフを支える強力なウエポンとして,今も活躍中です.

まとまった枚数をガッツリ持ち運ぶときはコチラの製品が便利なのだけど,数枚程度携帯したいということで良ければ,コレでも十分.最近は,ジョッターとして使うよりも,カードを持ち運ぶための薄型の入れ物としての用途をメインで使っています.

しかし収納部もジョッター部(?)も剥き出しなため,ポケットに突っ込んでおくとカードがヨレたりしがちです.かと言って,ガッチリした製品は携帯性を損なうわけで….

そんなわけで,倉下氏のように自作を考え始めていたのですが,今回も例の如く『こんなの無いかなぁと思って探すと大抵既に存在する』の法則発動でした.

モノはこれ.『memottala』です.

104

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

125周年の美しいブルーブラックの輝き:パーカーのジョッター スペシャルエディションにJETSTREAMを入れて使う

『ジョッター(Jotter)』と言うジャンルの文房具があります.メモ用の紙を挟めるカード型の下敷きのような構造で,立ったままでもサラサラとメモがしやすい道具です.紙製から革製まで様々な製品が出ていますが,一般に(実際の価格は兎も角)高級感漂う物が多い印象です.以前紹介した製品もジョッターに分類される製品です.

そしてジョッターで使う『書く方』の道具に目を向けると,机の上で使うペンとは別の要件が求められることが多いでしょう.個人的な主観と独断で条件を挙げさせてもらうと,

  • 携帯性が良いこと
  • 構造的に壊れにくいこと
  • 書きやすいこと.インクが出なかったり掠れたりしにくいこと
  • チープ過ぎないこと

辺りでしょうか.

RHODIA系ではなく,敢えてジョッターを使うというシチュエーションを想定すると,会社支給の事務用ボールペンでは(気分的に?)都合が悪いことが多いわけです.そんなわけで,実用性は当然のこととして,見栄えにもある程度配慮が必要です.

話は飛びますが,昔,パーカーの『ジョッター』というシリーズの安物ラインを使っていた時期があります.日常使いの他に,記録用筆記用具として山とかにも連れて行ったことがあるのですが,実に使い勝手が良かった.無くしても困らない価格ということもあって海外を連れ回すことが多く,思い出深いペンでした.しかし,先日部屋の片付けをしていたら,ラバーの部分がベトベトになっていました.所謂加水分解.アルコールでゴシゴシやっても根本解決にはなりません.今年はピュアモルトも加水分解にやられたし,ゴム系は嫌いになりそうです.

無くなると無くなるで寂しくなる物.同じ物を…と,思って探していたら,画像を見た瞬間にハートを打ち抜かれました.『PARKER JOTTER 125th スペシャルエディション・ヒストリカルカラー ブルーブラック』です.

094

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テクノロジーの革新者か徒花か:Lenovo YOGA BOOK with Windows

淀でポチるときは最高にドキドキしたんですよ.Amazonでポチろうとしたのだけど,Konozama喰らいそうな嫌な予感がしたのと,直販は直販で色々な思いが走馬燈のように駆け巡りまして….

まぁそんなわけで,淀に予約したのは大正解でした.YOGA BOOK with WindowsのLTEモデルが10/14の発売日に手元に届きました.ホント,良かった….他のショップ/直販で予約してお預け食らっている皆様におかれましては,一日も早くお手元に届くことを心よりお祈りしております&心中お察しします.

さて,アンテナが高い人はこの革新的なマシンの噂を聞いていたでしょうし,今年のCEATECHでは準グランプリを取ってしまっていたので,『競争率高くなるかもしれないから目立たないで~』とか思っていたのですが,案の定,人柱として突撃した人数は半端なかったようです.

直販は早々に相当なバックオーダーを抱えてしまったようで,予約を締め切るタイミングが遅かったらしく現在も注文再開の見通しが立っていない模様Amazonも注文出来ない状態ですし,難民化しそうだった私を救ってくれた淀も現在販売休止中です.

11月末か12月には入荷が…なんて噂が聞こえてきたりもするのですが,欲しくても買えない今現在のこの状況でも,敢えてレビューを上げますヨと.クセが強いマシンであることは確かなので,欲しくなった人は冷静に考えつつ,流通が復活するのを気長に待ちましょう.

さて,本題です.YOGA BOOK(公式)ですが,簡単に書くとこんなマシンです.

  • 小型,超軽量(690g!!),超薄型(9mm!!)
  • マシンパワーは控えめ.ストレージは更に控えめ
  • AndroidモデルとWindowsモデルの2タイプ
  • 2in1タイプ.タブレットではなく,ノートPC寄りの立ち位置
  • LTEモデルもあり,SIMを刺せばどこでも快適通信
  • 物理キーではないHaloキーボードを搭載.タブレット面としても利用可能

スペックを見るとCPUがAtom x5-Z8550だったり,メモリが4GB,ストレージが64GBしかなく,液晶も10インチのフルHD液晶であったりなど,少々見劣りがするかもしれません.しかし,『Core i5だったら…』とか『ストレージが128GBあったら…』とか言い出したら切りが無いのですよ.バッサリと贅肉を切り捨て,勢い余って必要な肉まで削ってしまって出血&ちょっと不便する…くらいが丁度良いのですよ.本格的に不便だと救いようがないけど,少し不便するくらいの方が色々と工夫するので,使っていて逆に楽しくなるものです(誰ですか?マゾとか言うのは!!).

で,このマシンの究極のポイントは『Haloキーボード』です.製造コストや厚さ等,設計上のアキレス腱であった物理キーボードをバッサリ廃止です.キーボードの使い勝手に定評があるThinkPadの系譜を継いで…はいないけど親戚の筈なのに,思いっ切りが良すぎて鼻血が出そうです.でも,単に廃止してタブレット化するのではなく,『変態キーボードHaloキーボード』を乗せてきました.

***

予約するか否か迷っていたときに,『これは技術革新のモニュメントとして燦然と輝く,もしくは盛大に自爆して黒歴史化する製品になるだろう.どちらに転ぶとしても,永遠に語り継がれる可能性が高い!!』と,考えまして,私はポチりました.

発売日入手組は既にかなり使い込み始めていますが,巷の評価はまだ定まっていないように思います.でも,私は非常に気に入ってと言いますか,惚れ込んでしまっておりまして,常に身近に置いています.道具はやはり気に入るかが大事ですな.

と,いうことで,レビュー開始.

060

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

ファンはシズノの深い悲しみを知るために観るべき:ゼーガペインADP

ゼーガペイン(公式)ですが,『最初の数話が面白くなかった』と,いうことで,オンエア途中から観なくなった人が結構居ると思います.正直言うと,私もその一人でした.しかし,熱狂的ファンが『凄い,凄い』と言うから観てみたら…めちゃくちゃ凄いじゃないですか.これは名作ですよ.観てない人は人生を損してる.

Amazonのプライム会員なら,プライムビデオで1話から26話まで見放題です(今だけ?).観たことが無いなら,今すぐ観始めるべきです.

最初は『ん?』という感じですが,4~5話目くらいからエンジンがかかり,気が付くと一気にトップスピードへ.大抵こういうアニメって先の展開が読める単純なストーリーが多いのですが,最近で言うとCharlotte(シャーロット) で主人公の妹が『えええーーーって』なったときの展開並みに,エンジンがかかった後の展開はジェットコースターです.

で,このアニメは今年10周年と言うことで,10th ANNIVERSARY BOX (Blu-ray)が発売されたり,イベントが開催されたりしています.そんなわけで,改めて作品の素晴らしさを実感すると共に,『ファンがこんなに居て,10年経った今でも根強く支持されているのか…』っていうことを認識.共有しているものを思うと胸熱です.

そしてこれで終わりではありません.2016/10/15から28日まで,2週間限定で全国8劇場で『ゼーガペインADP(公式)』が上映中です.ファンなら行かないとダメでしょう.

この劇場版,『TVシリーズを再編集&新規カットを加えた新しい形の…』って書かれていますが,TV放送シーンを切り貼りして少し新カットを少々加えただけの所謂『総集編』ではなく,完全新作と言って良いほどの内容です.良い意味で看板に偽り有りです.その反面,TVシリーズを観ていない人にはサッパリ意味が分からない内容になっています.なので,記憶が飛びかけている人も含め,観てから劇場に行くべし.

関西では『なんばパークスシネマ』で上映しています.そしてセレブラントの末席を汚す私めは封切り当日に観に行くことが出来たので,少し書いてみます.

(*)この特報,劇場を観た後で改めて見ると『??』という感も….こちらの方が適切かも.

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

LOFTで売られていた身悶えするような可愛らしい小型文具

文房具愛好家の皆さん,こんにちは.『必要か否かじゃないんだよ.愛だよ! 愛!! 文具愛!!!』と,豪語して諸々収集してしまう文具廃人の皆さん,こんばんは.

…ワタクシ,またやらかしてしまいました.

ふとロフトに立ち寄り,気が付いたらこれですよ\(^o^)/

下の写真を見てもパッと見は何のことだか分からないと思いますが,凄いんですよ,これ.

001

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

ThinkPad Yoga 260を使う場合に揃えておきたい周辺機器

ThinkPad Yoga 260を使い始めてから半年過ぎたわけですが,すこぶる快適です.当初は少し毛色の変わったノートをチョイスしたつもりだったけど,今はこのタイプでないと使いにくく感じる程.

(詳しくレビューした際のエントリーはこちら

ただ全く不満が無いかというとそうでもなく,EthernetポートやD-SUBポートが無いために不便を感じることもあります.しかしこれらポートと引き替えに,薄さや軽さが得られているとは言え,どの会社/会議室にもHDMI対応のプロジェクタがあるわけではありません.また,どこでも無線LANが使えるわけでもありません(セキュリティ上の問題で有線LANしか使えない所もある).

そんなわけで,今回はYoga 260を便利に使うための周辺機器について.『これだけは買っておけ』に近い物に絞って紹介することにします.

114

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«低コストで色々と遊べるトラベラーズノート的バインダーノート:マルマン septcouleur FILE NOTE mini